Hatena::ブログ(Diary)

活字中毒者地獄のりす蔵 RSSフィード

2014-05-11

文系のためのエネルギー入門/リチャード・A・ムラー

| 07:21

バークレー白熱教室講義録 文系のためのエネルギー入門』を読んだよ。「白熱教室」って単なる流行になっちまった?

NHK人気番組「バークレー白熱教室」の書籍化って書いてあるから、多分TV番組でも放送されたのかもしれないけど、「ハーバード白熱教室」とどう違うのって感じ。

まっ、それはともかく、本書はそのカリフォルニア大学バークレー校の人気教授リチャード・A・ムラーによる5回の講義録。そして、テーマはエネルギー

では、どんな講義内容なのか?

最初の2回分は、さまざまなエネルギー源に関すること。いわゆる化石燃料と言われている石油、石炭天然ガスの他に、太陽光、風力、地熱、波力、バイオ、そして原子力。どのエネルギーも特徴があり一長一短。それって言葉としてはそうだけど、決定的なエネルギーではないってことなんだよね。

あとは、コストの問題。太陽光だって、商用化されてからだいぶコストが下がったと言っても、普及が進んでいるって感じでもなく、そのうち助成金も出なくなったりして、尻すぼみの感が否めないし。風力も一見有望そうだけど、送電網の整備が普及のポイントということで、これは莫大な費用が掛かること。

そして、エネルギーと切っても切り離せないのが、地球温暖化について。根本的な話だけど、地球温暖化は事実なのか?ムラー教授は、

「私たちが考えている地球温暖化は事実である。だが、ほとんどの気候変動は地球温暖化とは関係ない」
と言っているよ。う〜ん、微妙な…。その事実というのも、地球の歴史的スパンで言ったら、誤差の範囲だと思うんだけど。

さらには、事実だという前提のもとに、

地球温暖化のマイナス面は、人類がかつて経験しなかった変化をもたらすことだと思う。それが平和を破壊する。だから温暖化は良くないと思っている。
と。う〜ん、それなら地球温暖化は嘘であると言ってしまえばいいのに…。

最終回はエネルギーの未来について。

アメリカではシェールガスが次世代エネルギーの最有力候補だけども、これにも多々問題有り。本書では結論らしきものを提示してはいないけれども、何ヶ所かで出てくる省エネルギーアメリカ省エネなんかに興味がないのかと思っていたけど、そうでもなかったということ。アッシ的にはエネルギー源を求めるより、まずは省エネ推進派なので、これを知ったことは収穫。是非とも、アメリカには省エネを頑張ってほしいなぁ〜と思うのでありました〜。

バークレー白熱教室講義録 文系のためのエネルギー入門
バークレー白熱教室講義録 文系のためのエネルギー入門リチャード・A・ムラー NHKバークレー白熱教室」制作チーム+杉田晶子

早川書房 2013-12-19
売り上げランキング : 45597


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

応援クリックはこちら→にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

読書ログ読書ログ 2014/05/15 10:15 はじめまして。
私は「読書ログ」という読んだ本の管理やレビューを書くサイトの運営をしています。

ブログを拝見したのですが、ぜひ読書ログでもレビューを書いて頂けないかと思い、コメント致しました。

トップページ
http://www.dokusho-log.com/

こちらでメンバーたちのやり取りの雰囲気がご覧になれます。
http://www.dokusho-log.com/rc/

また、本を本棚に入れていくだけでグラフが作れます。
http://www.dokusho-log.com/profile/dokusholog/

読書が好きな人同士、本の話題で盛り上がっています。
もしよろしければ遊びにきて頂ければと思います。

よろしくお願い致します。