Hatena::ブログ(Diary)

活字中毒者地獄のりす蔵 RSSフィード

2015-10-04

別冊図書館戦争II/有川浩

| 06:44

別冊図書館戦争II (図書館戦争シリーズ 6) (角川文庫)』を読んだよ。めでたしめでたし。

図書館戦争シリーズもこの第6巻で最終巻。別冊とはいえ、結局続編のようなものだから、楽しさは本編と変わらず。しかも、読むにつれて、登場人物の人となりが徐々に明らかになるから、余計に彼らに親しみが湧いてくることになるわけ。

最終巻の話の中心は、柴崎と手塚。この二人の関係はず〜っと微妙だったよね。で、いよいよ決着かということになるんだけど、その前に大事件がありということで。

個人的には、緒方副隊長のストーリーが好き。柴崎と手塚の話より甘酸っぱいストーリーだからか…。

そういえば、最後は玄田隊長まで幸せ風な話になっていたっけ。ハッピーエンドってこのことか。

最後に筆者へのインタビューを紹介。

私の作品を読んで、何かを思った、何かを得たということがあるんだとしたら、それは本がもたらしているものではないんです。本を読んだ方が考えたから、得られたものなんです。
と。そう、そもそも小説ってそういうものでいいんだと思う。何かを伝えたいなら、小説にする必要はなく、直接評論や論文で書けばいいわけだからね。

アッシにとって得られたもの、何だろ、これからゆっくり考えてもいいよね。

別冊図書館戦争II (図書館戦争シリーズ 6) (角川文庫)
別冊図書館戦争II (図書館戦争シリーズ 6) (角川文庫)有川 浩 徒花 スクモ

KADOKAWA/角川書店 2011-08-25
売り上げランキング : 1412


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

応援クリックはこちら→にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/risujii/20151004/1443908673