Hatena::ブログ(Diary)

活字中毒者地獄のりす蔵 RSSフィード

2016-07-25

貴婦人Aの蘇生/小川洋子

| 16:14

貴婦人Aの蘇生 朝日文庫』を読んだよ。不思議な物語。

小川洋子の小説は『博士の愛した数式』以来2冊目。2冊目に本書を選んだのはたまたま。確かamazonkindle本がセールされていたからだったと思う。

主人公は伯母さんにあたる貴婦人Aと一緒に住むことになった女子大学生。伯母さんの夫が母親の兄にあたる関係。しかも、貴婦人Aはロシア人という設定。

そして、話の中心は、貴婦人Aの出自。いわゆる「アナスタシア伝説」っていうやつなんだけど。

貴婦人A曰く、

「自分の出自を背中に書いている人間など、一人もおりませんわ。それに、自分が何者であるかを、一口で説明するのは、誰にとっても困難なことじゃありませんかしら。ロマノフ家の人間であろうと、そうでなかろうと」
優雅な物言い。結局最後まで、のらりくらりなんだけど。

登場人物で助演男優賞は、主人公のボーイフレンドのニコ。ニコが奇病という設定が、『博士の愛した数式』を思い出させ、さらに不思議な感覚に陥る。

小川洋子の小説って、どれもがこんな風な不思議な感覚なんだろうか。これが小川ワールドっていうやつ?次は何を読もうか…。

貴婦人Aの蘇生 朝日文庫
貴婦人Aの蘇生 朝日文庫小川 洋子

朝日新聞出版 2005-11-30
売り上げランキング : 50749


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

応援クリックはこちら→にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/risujii/20160725/1469430882