Hatena::ブログ(Diary)

活字中毒者地獄のりす蔵 RSSフィード

2016-08-14

昭和御前試合/清水義範

| 10:01

昭和御前試合 光文社文庫』を読んだよ。清水義範の原点。

作家清水義範を知ってかれこれ30年。折に触れて清水氏の作品を読み続けているけれども、デビュー作を読んでいないということが最近判明。ということで、デビュー作品と言われている本書。パロディー小説集と書かれているけど、SFチックなものもあり、カテゴライズは微妙。シニカルな作品もあるし。

中でも、「怪盗光小僧」、「逆らうな」、「振らずの辰」は筒井道隆を彷彿させるような作品。っていうか、一度はやってみたいけど…といった人々の隠れた願望を実現してくれる喜びというか。だから、「逆らうな」には、

目の色が輝いている。一度でいいからこういうことをやってみたかったというふうだ。おれの命令なんだから、何をしたってかまわない。それが嬉しくてたまらんらしい。
というセリフ。うん、この作品を読んでスカッとした気分になるのは確かかも。

自分的にはパスティーシュとか名古屋弁が登場する作品が好きなので、この路線はあくまでもデビュー当時ということで、納得。もう少し、初期の作品を掘り出してみるかなぁ〜。

昭和御前試合 光文社文庫
昭和御前試合 光文社文庫清水 義範

光文社 2005-12-15
売り上げランキング : 128866


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

応援クリックはこちら→にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/risujii/20160814/1471136499