Hatena::ブログ(Diary)

活字中毒者地獄のりす蔵 RSSフィード

2016-09-19

陰陽師/夢枕獏

| 04:50

陰陽師(おんみょうじ): 1』を読んだよ。安倍晴明、カッコイイ。

歴史ものは漢字が多いという理由だけで、敬遠気味だったけれども、kindle本でセールをしていた時に購入しておいた本書。映画やテレビドラマにもなっていたし、ちょっと気になっていたから。

時は平安中期、場所は京都。伝記ロマンとか書かれているけれども、分類は微妙。そして、主人公は陰陽師安倍晴明。その相棒として、源博雅という武士。この二人が、いわゆる「ものの怪」を相手に立ち向かうというストーリーの短編が6話。

それぞれの話は完結しているので、それだけで楽しめるけれども、この二人の掛け合いもまた楽しいよ。

博雅の問いかけに晴明が話をはぐらかすシーンでは、

わかるようなわからぬような、博雅はそんな顔つきをして、腕を組んでいる。
と博雅。こんなシーンがそれぞれの話の中で登場し、読者もわかったようなわからないような気にさせられたまま、本題のストーリーに入っていく。主人公と相棒という意味では、ホームズワトソンという関係かもしれないね。

「ものの怪」の登場もそれほど不気味な感じがしないのは、この二人の関係が爽やかな感じを与えているせいかもしれないね。この「陰陽師」シリーズ、癖になりそうです〜。

陰陽師(おんみょうじ): 1
陰陽師(おんみょうじ): 1夢枕 獏

文藝春秋 1991-02-10
売り上げランキング : 7956


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

応援クリックはこちら→にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/risujii/20160919/1474228231