Hatena::ブログ(Diary)

活字中毒者地獄のりす蔵 RSSフィード

2016-12-03

億男/川村元気

| 11:15

億男』を読んだよ。お金があれば幸せか?

気になる作家の川村元気。手始めはこの本から。と言っても、図書館の予約無しで読めたのが本書だけだったからなんだけど。

世の中には、お金と幸せのどっちが先か…なんていう鶏と卵風の議論があるけれども、本書のテーマはまさにこれ。主人公の一男とその友人である九十九が「お金と幸せの答え」を考えるというようなストーリー。

物語の途中で何度も出てくるのが、偉人のお金に対する言葉。

「うまくお金を使うことは、それを稼ぐのと同じくらい難しい」
ビル・ゲイツ
「お金は鋳造された自由である」
ドストエフスキー
「富は海水に似ている。それは飲めば飲むほど、喉が渇いていく」
ショーペンハウアー

そして、今話題の人はかつてこんなことを言っていた。

「動機はお金ではない。本当に面白いのはゲームをすることだ」
そう、ドナルド・トランプ

最後に、本書を象徴する言葉。

「人生に必要なもの。それは勇気と想像力と、ほんの少しのお金さ」
とチャップリン。何度も出てくる言葉だから。

お金って不思議なもの。あればあったでいいんだろうけれども、それほどなくてもなんとかなるものだし。自分自身がどれだけお金に価値を見出すのか、人それぞれの価値観の話だからね。

億男
億男川村 元気

マガジンハウス 2014-10-15
売り上げランキング : 4126


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

応援クリックはこちら→にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ