Hatena::ブログ(Diary)

活字中毒者地獄のりす蔵 RSSフィード

2018-04-07

ゲゲゲの女房/武良布枝

| 00:06

ゲゲゲの女房』を読んだよ。ごく普通の人生。

NHK連続テレビ小説「ゲゲゲの女房」の原作本。この番組の放送は2010年の春秋だったけど、なぜか自分も見ていたのをよく覚えている。普段はNHK連続テレビ小説を見ることはないから、不思議。余談だけど、NHKの番組Webページを見ていたら、登場人物に今人気の星野源が…。意外にこういうことって多いよね。

内容としては、漫画家水木しげるの妻・武良布枝が著した自伝エッセイ。とはいえ、本人のことよりも、夫・水木しげるのこともかなりの分量で書かれている。ん?もしかしたら、水木しげるのことの方が多いかも。

自伝だから、まずは自身の生まれ育った街のこと。島根県安来市。そこでは、

目には見えないけれども、私たちを守ってくれる神様や、無礼を働いたら怒って 災いを引き起こす存在が、いたるところにいるということを、町の人たちみんなが肌で感じ、心から信じていました。それは、怖いことではなく、むしろこの町に住む安心感につながっていました。私が、魂や神様、仏様を身近に感じるようになったのも、こうした古里があったからだと思っています。
という経験。これは、のちの水木しげるの妖怪を扱った漫画に繋がっていくよね。水木しげるとの縁というか。

そして、結婚。水木しげるの仕事ぶりについて、

精魂こめてマンガを描き続ける水木の後ろ姿に、私は正直、感動しました。これほど集中してひとつのことに打ち込む人間を、私はそれまでに見たことがありませんでした。
という思い。見合いをして5日後には結婚というスピードだったけど、こんな夫の様子を見て、尊敬の念さえ抱くようになる筆者。

そして、貧乏生活から抜け出て、売れっ子漫画家になる水木しげる。生活がガラッと変わってしまうが、ベースとなるポリシーは変わらない二人。

晩年。自身の人生を振り返って筆者は、

人生は入り口で決まるのではなく、選んだ道で「どう生きていくか」なんだろうと、私は思います。
と。自身の生き方もそうだったんだろうけど、水木しげるの生き方も同じだったんだろうね。いい話を読ませていただきました。

ゲゲゲの女房
ゲゲゲの女房武良 布枝

実業之日本社 2011-09-20
売り上げランキング : 37150


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

応援クリックはこちら→にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/risujii/20180407/1523027179