Hatena::ブログ(Diary)

活字中毒者地獄のりす蔵 RSSフィード

2013-06-30

知らないと恥をかく世界の大問題4/池上彰

| 07:05

知らないと恥をかく世界の大問題4 日本が対峙する大国の思惑 角川SSC新書』を読んだよ。次の参議院選挙に注目。

すっかりシリーズ化した池上氏のこの本はこれで4冊目。毎回、欠かさずに読んでいるけど、次々に変わる国際情勢についていけない感じ。それでも、前回の復習やら、改めて解説してくれる部分もあるので、読んでみて、一応分かった気になっているアッシ。

で、今回の目玉は何かというと、あちこちの国でトップの交代があったこと。アメリカは代わらなかったわけだけど、ロシアは返り咲き、韓国中国、そして日本。それによって、世界情勢が一気に変化するわけではないけれども、必ず動きはあるはずだよね。

では、まずはアメリカから。

シェールガスが話題になっているけれども、これも世界情勢への影響が大みたい。アメリカが自国内でエネルギー調達を賄うことでできれば、中東からの原油の輸入に頼ることもなくなり、且つ、シーレーンの防備に第五艦隊を置いておく必要もなくなり…。アメリカに守ってもらっていた日本は如何に…という話になるよね。

そして、中東から北アフリカアルジェリアでのテロ事件は記憶に新しいよね。筆者は、北アフリカテロが育ちやすい土壌があると。それは若者の失業率の高さ。結果、有力な就職先が武装勢力になってしまうのだという構図。つまりは、

失うと困るものがたくさんできることが、大事なのではないかと思います。仕事をつくり、若者の失業率を下げる。そういう仕組みをつくることが、テロを減らすことにつながるはずです。
ということになるよね。若者の半分が失業者なんて、国力としては勿体無い話だよね。

その他、中国の習体制やEUの動きも気になるけど、アッシ的にはやっぱりエネルギー問題は気になる話題。ホルムズ海峡が封鎖なんてことになれば、日本はひとたまりもないんじゃない?また、戦争の引き金になりかねないし。そんなわけで、中東問題は分からないなりにも注目していかなくてはね。

知らないと恥をかく世界の大問題4 日本が対峙する大国の思惑 角川SSC新書
知らないと恥をかく世界の大問題4  日本が対峙する大国の思惑  角川SSC新書池上 彰

角川マガジンズ 2013-05-10
売り上げランキング : 3336


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

応援クリックはこちら→にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証