Hatena::ブログ(Diary)

活字中毒者地獄のりす蔵 RSSフィード

2018-01-20

これからの日本、これからの教育/前川喜平,寺脇研

| 10:37

これからの日本、これからの教育 (ちくま新書)』を読んだよ。その「これから」が分からない。

二人の元文部科学省官僚の対談をまとめたもの。特に、話題の前川喜平氏の登場とあれば、興味津々で読んでみたってわけ。でも、結局は、前川氏の言葉としては、冒頭と最後にまとめた文章だけ。それも、なんだかスッキリしたものではなかったような…。本書の大半を占める二人の官僚の対談は、ほとんどが寺脇研氏が話をし、前川氏が相槌程度にコメントや補足情報を付け加えるだけといった感じだし。

では、その少ない前川氏からの情報で、その精神に通底するものを見ていくと、初代文部大臣森有礼の言葉「自警」に辿り着く。前川氏曰く、

私なりに「自警」を要約すると、教育と学問にかんする行政をつかさどる文部省の責任は大変重いもので、その職務をになう人間は、十二分にその自覚をし、他の省庁と比較したりせず、その職に死んでもいいくらいの気持ちで、つねに自らを向上させ、職務に励まなければならない、ということが言われています。
と。この「自警」を幾つか引用して、退官前に文科省職員全員宛にメールで送ったのはその当時に話題になったよね。加計学園問題での一連の発言は、この精神から発せられているような…。

そして、日本の教育改革。二人の主張は「学校教育だけが教育ではない」ということ。例えば、

寺脇さんの言われるように、大事なのは、学習者の学ぶ場を保証することです。一人ひとりの、多様なあり方に即した、多様な学びの場を用意すること。
と前川氏。うん、これは間違ってはいないはず。逆にこの主張は旧来の文科省の考え方とか、他の省庁(財務省とか内閣府とか)とぶつかるんだろうね。

最後に、気になる前川氏の主張。

数学に関していえば、高校の必修科目から外したほうがいいと、ずっと思っています。
と。ドロップアウトの原因だからと言っているけれども、これはちょっといただけない。ちょっと拙速すぎやしないか?まぁ、反対は多数だろうから、実現はしないだろうけど。いや、実現したら日本は終わりだ…。

これからの日本、これからの教育 (ちくま新書)
これからの日本、これからの教育 (ちくま新書)前川 喜平 寺脇 研

筑摩書房 2017-11-08
売り上げランキング : 6171


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

応援クリックはこちら→にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

2017-10-28

伊藤元重が警告する日本の未来/伊藤元重

| 22:23

伊藤元重が警告する日本の未来』を読んだよ。世界の経済的潮流を知る。

自分的にはちょっとした伊藤元重先生ブーム。池上彰氏とはちょっと違った観点で世界の潮流を知ることができるのが、今のお気に入りの理由かな。経済的な視点て、自分の中で過去にあまりなかったし。

さて、ではどんな警告なのか。前半は技術革新の社会がどう変わるのかという点。後半はトランプ大統領を中心とした保護主義が世界の経済に与える影響について。でも、警告っていうのは大げさで、まさに潮流を詳しく解説し、伊藤氏の見解を披露するという感じ。

では、前半の技術革新について。IoTAIが社会を変えるというのは既に既成の事実となりつつあるけれども、日本は乗り遅れていないか?と懸念は大きいよね。でも、少子高齢化先進諸国の中で最も進んでいる日本は、その課題解決に技術革新によるソリューションを展開するには最適な環境なわけ。だからこそ、

企業が生き残るには、過去に見てきた世界のイメージを捨て、これから先の世界の変化に対してフォワード・ルッキングの姿勢を取ることが求められているのではないでしょうか。
と伊藤氏。破壊的イノベーションって、まさにこういうことなんだよね。日本の得意とする改良型イノベーションではダメなんだよなぁ〜。

後半は通商政策と経済問題。自国ファーストという保護主義政策が進む一方で、グローバル化といった流れもあり、単にアメリカに踊らされているだけのような気がしないわけではない日本の現状。それに対し、

もちろん私は、保護主義的な議論のすべてが悪いだとか、未熟だとかいうつもりはありません。正しい議論もたくさんあります。しかし、何か問題が起こればすぐにその原因をグローバル化市場経済に求める保護主義的な考え方は、物事単純化しすぎていると思います。またそれが単純でわかりやすいがゆえに、多くの人々の間にどんどん広まってそれが世の中全体のムードになってしまうことこそ、むしろ問題だと思います。
と筆者。あぁ、ここでもやっぱりわかりやすいことに流れてしまう思考停止という課題が…。自分の頭でしっかり考える事。それこそが、筆者の発する警告なんじゃないかなぁ〜。

伊藤元重が警告する日本の未来
伊藤元重が警告する日本の未来伊藤 元重

東洋経済新報社 2017-06-02
売り上げランキング : 80455


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

応援クリックはこちら→にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

2017-10-17

アジア辺境論/内田樹,姜尚中

| 19:11

アジア辺境論 これが日本の生きる道 (集英社新書)』を読んだよ。現実的なんだろうか…。

内田先生の『日本辺境論』を読んで、自分的には目から鱗。そう、辺境だから故に、世界から見たらヘンな日本なんだいう認識が持てたっていうわけ。それ以来、内田先生の辺境論に傾倒しているわけで、本書が出た時は勿論必読を決意ってこと。

で、今回は内田先生と姜尚中氏がユーラシア大陸の辺境地域について、語るというもの。その主旨は、東アジア地区を辺境であると定義し、日本、韓国、台湾(場合によっては香港まで)での連帯を!ということ。その是非は本書を読んで、考えてもらうとして、自分としては、内田先生の目から鱗的な論考を本書の中から読み取りたいな…というイメージ。

まずは、はじめにから。

日本が「アメリカの属国であって、主権国家ではない」限り、日本が自前の世界戦略を語る日は来ないだろうと僕は思います。
と内田先生。つまりは、日本は未来を語るビジョンを提示てきていないということ。だからこそ、本書でそれを語るのだとも。

そして、反知性主義という用語から。複雑な話から単純な話に還元しようとする誘惑を反知性主義と定義する。そう、本当は「そんな簡単な話じゃない」ことは分かっているのに、「簡単な話」にして、知的負担を軽減する。そう、今の社会はそういう傾向が強いよね。政治の論点にしてもそう。だから、

反知性主義は感染力が強い。あくびがうつるように、ため息がうつるように、「もう難しいことを考えるのに疲れたよ」という愁訴はあっという間に広がってしまう。この徒労感からどうやって民主制を守るのか、それが喫緊の課題だと僕は考えています。言い換えるなら、「難しいことを考えることを厭わない」という意欲をどうやって保持するか、もっと踏み込んでいえば、「難しいことを考えることをむしろ好む」ような傾向をどうやって創り出すか。それが民主制を守るための思想的な急務ではないか。僕はそんなふうに考えています。
と内田先生。いや、まさにおっしゃる通り。論点が単純なのは分かりやすいけど、そうそう物事の本質は単純ではないからね。考えることを厭うことを放棄したくはないよね。

それを思うと今度の選挙。なんだかそれでいいのかなぁ〜という違和感だけが残るんだけど。

アジア辺境論 これが日本の生きる道 (集英社新書)
アジア辺境論 これが日本の生きる道 (集英社新書)内田 樹 姜 尚中

集英社 2017-08-19
売り上げランキング : 1693


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

応援クリックはこちら→にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

2017-10-09

スノーデン 日本への警告/エドワード・スノーデン,青木理,井桁大介,金昌浩,ベン・ワイズナー,宮下紘,マリコ・ヒロセ

| 23:59

スノーデン 日本への警告 (集英社新書)』を読んだよ。対岸の火事ではないってこと。

本書は、2016年6月に東京大学で行われた公益社団法人自由人権協会のシンポジウム「監視の“今”を考える」を書籍化したもの。自分的には「スノーデン」の反応してしまったという感じ。その後の彼の動きが気になったはいたから。

本書は二部構成で、その前半がスノーデン氏の話。もちろん、当のスノーデン氏が日本に来たわけではなく、ロシアからのビデオ出演。後半は前述のシンポジウムの内容。

まずは刊行の辞でのスノーデン氏。トランプ大統領の登場について、かなりの警戒感を露わにし、

想像もできなかった事態が現実となった今、アメリカを含む民主的な国家の市民が、民主主義とは、引き継がれてきたものの上にあぐらをかいていればよいのではないということに気付くことを願っています。<中略>「トランプ大統領」は、私たちを自らの理念に改めて積極的にかかわらせるための“目覚まし時計”となるかもしれません。
と言っているよ。そう、トランプ大統領だったら、権力の強権発動による監視活動を正当化するだろうからね。

で、日本にとってはどうなのか。

このテーマは現在の日本にとって極めて重要な問題です。ここ数年の日本をみると、残念ながら市民が政府を監督する力が低下しつつあるといわざるを得ません。2013年には、政府がほとんどフリーハンドで情報を機密とできる特定秘密保護法が、多数の反対にもかかわらず制定されてしまいました。
という状況だよね。しかも、それほどプライバシーについても敏感ではなく、その点についても、
今現在のあなたにとって、プライバシーはそれほど大切ではないかもしれません。しかし少し想像してみて下さい。プライバシーがなくなれば、あなたはあなた自身ではなくなるのです。社会のものになってしまうのです。<中略>プライバシーは自分自身の判断を可能にするのです。プライバシーは、自分が自分であるために必要な権利なのです。
と、スノーデン氏は警告するよ。あ〜、怖い世界になったもんだ。

おっと、第二部に言及する字数がなくなった。いや、結局スノーデン氏の言葉の繰り返しだから、まぁいいか。うん、それよりも監視を監視するという議論。やっぱり、そうせざるを得ないのかなぁ〜。

スノーデン 日本への警告 (集英社新書)
スノーデン 日本への警告 (集英社新書)エドワード・スノーデン 青木 理 井桁大介 金昌浩 ベン・ワイズナー 宮下紘 マリコ・ヒロセ

集英社 2017-04-14
売り上げランキング : 1499


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

応援クリックはこちら→にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

2017-09-22

失敗の本質/戸部良一,寺本義也,鎌田伸一,杉之尾孝生,村井友秀,野中郁次郎

| 23:55

失敗の本質―日本軍の組織論的研究 (中公文庫)』を読んだよ。この教訓が活かされているのだろうか。

小池知事の座右の書として本屋の平台にPOPが立ったのは、去年くらいだっただろうか。自分的にはそれ以前から気になっていたんだけど、これを契機に俄然読む気になり、図書館に予約。当然、人気の書になっていたので、半年待ってようやく落掌となったわけ。

副題は「日本軍の組織論的研究」ということで、本書の意図するところは、

より明確にいえば、大東亜戦争における諸作戦の失敗を、組織としての日本軍の失敗ととらえ直し、これを現代の組織にとっての教訓、あるいは反面教師として活用することが、本書の最も大きなねらいである。
ということ。だから、小池知事の座右の書でもあるんだね。そういう自分も反面教師として活用しなければいけないんだけど…。

本書で取り扱っている失敗は、ノモンハン事件、ミッドウェー作戦、ガダルカナル作戦、インパール作戦、レイテ海戦、沖縄戦の6作戦。どれも聞いたことがある作戦だよね。これらの作戦を詳細に分析し、失敗の原因を探り出すのが本書の前半部。大量にページ数を咲いているけれども、失敗という視点に特化していることもあり、きちんと整理されているから意外に分かりやすいよ。

では、その失敗の本質とは何か。

目的の不明確さとか、コンティンジェンシー・プランの欠如とか、人事の情緒主義とか、現代でも通用する失敗原因が書かれているわけだけど、最も重要なのは、本質的にはその失敗を繰り返さないこと、失敗を次に活かすという視点の欠如なんじゃないかと。つまりは、

そして、記述したように、日本軍の最大の失敗の本質は、特定の戦略原型に徹底的に適応しすぎて学習棄却ができず自己革新能力を失ってしまった、ということであった。
ということ。ということで、自分的に本書のキーワードはこの「自己革新能力」となったわけ。「変えられない」組織にはなりたくないし、「変えられる」組織にしないとダメだよね。

このどう活かしていくかなぁ〜。

失敗の本質―日本軍の組織論的研究 (中公文庫)
失敗の本質―日本軍の組織論的研究 (中公文庫)戸部 良一 寺本 義也 鎌田 伸一 杉之尾 孝生 村井 友秀 野中 郁次郎

中央公論社 1991-08-01
売り上げランキング : 221


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

応援クリックはこちら→にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ