Hatena::ブログ(Diary)

活字中毒者地獄のりす蔵 RSSフィード

2018-08-16

時刻表2万キロ/宮脇俊三

| 15:56

時刻表2万キロ (河出文庫)』を読んだよ。時刻表は楽しい!!

中学の時にハマった時刻表。専ら眺めるだけだったけど、関連本から知った東海島本線の大垣行き夜行鈍行にはよく乗ったっけ。今は「ムーンライトながら」だったっけかな?その流れでよく読んでいたのが、今回の宮脇俊三氏の著作群。だから、再読ってことになる。

で、本書は宮脇氏のデビュー作。作家専属になる前だから、某出版社の編集者の仕事の傍らで、全国国鉄を乗りまくり、全線完乗することになる記録の本。とは言え、当時の国鉄は約20,800kmも路線があったから、それを記録にするとなると膨大な分量になる。宮脇氏自身も全線に乗ろうなどと考えて乗っていたわけではなく、90%を乗ったあたりで、全線を意識し始める。そして、その目的のために乗り始めたのが昭和50年9月。そして、全線完乗したのが、昭和52年5月。その2年間の記録が本書っていうわけ。

その記録って簡単に言ってしまったけれども、それは闘いだと思う。実際に筆者は、

国鉄全線完乗はあなたが考えるほど簡単なことではないのである、あなたはよく大阪へ行かれるが尼崎港という国鉄の駅があることを知っているか、そこへの線には一日二本しか列車が走っていない、自分もまだ乗っていないが、などと説明や弁明をしていると、だんだん自己主張のごとくなってくる。
と周囲の人々への説明には苦慮している(理解してもらえないという諦めの境地もあるような…)し、
私だって東京や自分の家にいるのがいやで出歩いているわけではないし、日曜日ぐらいは家でゆっくりしたい。
という泣き言や、
そこまでゆくとあまりかけはなれて随いてゆけないけれど、趣味昂進の極限を垣間見る思いがして粛然とさせるものがある。私のやっていることも相当な阿呆と自覚しているけれど、上はあるものだ。
という趣味の世界の奥深さまで語る。

いや、いささか否定的なことを書いてしまったかもしれないけど、これが本になり、何十年も経っても、こうやって読まれ続けるということは、それだけの楽しみというか評価があってのことなんだよね。自分だって、お金と時間があれば、挑戦しているかもしれないからね。

時刻表2万キロ (河出文庫)
時刻表2万キロ (河出文庫)宮脇俊三

河出書房新社 1980-06-04
売り上げランキング : 67319


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

応援クリックはこちら→にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

2018-08-10

新幹線事故/柳田邦男

| 16:45

新幹線事故 (1977年) (中公新書)』を読んだよ。この歴史の上に、今の新幹線有り。

柳田邦男氏の交通機関の事故シリーズの1冊。柳田氏のこの手の本は航空機ものが多いけど、今回は鉄道。と言っても新幹線なので、そのシステムは航空機ほど複雑ではないけれども、大規模なシステムに運行が支えられているのは変わらないわけで、やはり事故の原因と背景を掴み、その根本的な対策を図ることは重要だよね。

本書で検証されるのは鳥飼車両基地品川車両基地、新大阪駅構内で発生した3件の新幹線による事故。その全てがATC絡み。これほど完全なシステムはないと当時の国鉄が自信を持っていただけに、これらの事故はかなりのショックだったみたい。でも、異常事態の発生は事実であり、それぞれにそれなりの原因があるわけ。

事故調査とは何かという観点では、

事故を調査し、安全を考えるということは、例えば落ちた橋を架け直せばよいというようなものではない。なぜ橋が落ちたのか、その原因となったいくつもの要因の、システム全体の中での位置づけを浮き彫りにし、なぜ「絶対安全」と考えられていたシステムの中に、事故の「落とし穴」があったのかを、普遍的な教訓として導き出さない限り、システム全体の安全への道を切り開くことはできない。
と筆者。そう、巨大システムには膨大なファクターがあり、あるファクターを改修しても、それにより別のファクターに影響を及ぼすことも多くあるよね。特にヒューマンファクターへの影響が大かな。

そして、そのヒューマンファクターについては、

安全にかかわる基本的な部分については、人間がいつでも取って代われるだけの対応力(知識判断力、処理技術)を保持するような教育訓練体系を整えることが、最低限必要な条件ではないか。機械と人間との間に境界線を引くのではなく、相互に重複させ、人間の主体的能力の退化を防ぐ道を考えることこそ、これからの技術に不可欠なのではないか。
と筆者。うん、多分、本書が上梓された時期には納得できる論調だったと思うけど、現代のAIの時代にこの論点はどう考えていけばいいんだろ。機械と人間との関わり方って、随分と変わってきているよね。そういう意味で、最新の新幹線ATCの仕組みを知りたいな…。

おっとその前に、ATSとATCの違いってなんだろ…とか、ATSも進化しているとか聞くし。交通系システムについて、知りたいことが多過ぎるわ…。

新幹線事故 (1977年) (中公新書)
新幹線事故 (1977年) (中公新書)柳田 邦男

中央公論社 1977-03
売り上げランキング : 982416


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

応援クリックはこちら→にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

2018-06-07

ロングテール/クリス・アンダーソン

| 13:22

ロングテール(アップデート版)―「売れない商品」を宝の山に変える新戦略 (ハヤカワ新書juice)』を読んだよ。ロングテールの次は何だろう。

「ロングテール」という言葉は知っていたけれども、体系的に詳しく知りたいと思い本書。実は以前から読みたい本リストに入っていたんだけど、新書版でも450頁の大書なので、ちょっとタイミングを見ていたって感じ。

では、本書のテーマから。

文化を席巻する大きな箱への需要はまだあるけれども、唯一の市場ではなくなった。ヒット市場はいまやあらゆる大きさの無数のニッチ市場と競い合い、消費者はもっとも選択肢の多い所に引きつけられている。「全員にフリーサイズ」時代は終わりを告げ、新しい傾向が見えてきた。マルチ市場だ。
と冒頭に宣言。そう、ロングテールの概念はここに集約されているんだけど、キーワード的には、ヒットとニッチ、選択肢、全員にフリーサイズ辺りかな。

で、最初のキーワードである「ヒットとニッチ」の関係はというと、

ロングテールの本当の凄さはその規模にある。繰り返すが、ヒットしない商品を集めればヒット作に匹敵する市場が作られる。
ということ。だから、本書の“「売れない商品」を宝の山に変える新戦略”という副題はちょっとヘン。「売れない商品」というのは有り得ないって筆者は言っているんだからね。少数でも買ってくれる消費者がいるので、そこにいかに届けるかという戦略なんだよね。

そして、ロングテールの三つの追い風。それは、「生産手段の民主化」、「流通手段の民主化」、「需要と供給の一致」。これをしっかりと抑えておけば、ロングテールとは何かが一望できる。そして、どんな商品にでもロングテールの波が押し寄せてくる可能性があるのがわかると思う。商品…いや、もっと広げて、サービスと言ったほうがいいかな。

本書の初版は12年も前。だから、現代にロングテールが着実に定着しているのが分かるよね。そう、だからこそ、ロングテールの次は何が来るんだろ…と興味津々だよね。

ロングテール(アップデート版)―「売れない商品」を宝の山に変える新戦略 (ハヤカワ新書juice)
ロングテール(アップデート版)―「売れない商品」を宝の山に変える新戦略 (ハヤカワ新書juice)クリス アンダーソン Chris Anderson

早川書房 2009-07
売り上げランキング : 278693


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

応援クリックはこちら→にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

2018-05-27

パラダイス山元の飛行機の乗り方/パラダイス山元

| 13:55

パラダイス山元の飛行機の乗り方 (新潮文庫)』を読んだよ。徹底ぶりが凄い。

いつも飛行機に乗りたい気分なのは、自分も筆者も同じ。乗り鉄という嗜好があるように、乗り空という嗜好があって当然なんだけど、一般化しないのはなぜだろう?お金が掛かるから?オタク的なイメージにならないから?いや、自分のように隠れ乗り空は少なからずいると思う。

ところが、筆者のパラダイス山元は規格外の乗り空。1年間で1024回の搭乗。1日に11回も搭乗することがあったとか。いやはや、これは異常値。乗り方も、到着地についたら空港の外には出ずに、そのまま折り返すタッチ&ゴーが基本。到着口からそのまま保安検査場に移動するってこと。大抵の飛行機は、到着後に折り返し便になるから、降りたばかりの乗客がすぐに折り返し便に搭乗してくるから、CAもビックリなわけ。

前段の話が長くなっているけれども、筆者自らの言葉として、

宮脇俊三著『時刻表2万キロ』を読んだ鉄道ファンならあたりまえに思いつくようなことを、なぜ飛行機でやってはいけないのか。誰もやってはいけないなどとは言っていないようなので、ならば自分がやってみようと思い立ちました。
と言っているくらいだから。いや、その実行力が凄いってことなんだけどね。

ひとつの事例として、「羽田⇔オホーツク紋別」便で、往復する話。

この路線のいいところは、会社に出社したあと「お得意先回り」と書き残し、11時00分羽田発のオホーツク紋別行きに乗って、折り返し便で15時15分には羽田へ到着できる点です。もう一度会社へ戻ってきたところで誰一人として、オホーツク海で流氷を見てきたなんて、想像すらしませんから安心です。
だって。

いや、楽しすぎます、パラダイス氏のヒコーキ旅。あって、旅って言っちゃいけなかった。ヒコーキ乗りだね。それにしても、いつかはファーストクラスに乗りたいなぁ〜。

パラダイス山元の飛行機の乗り方 (新潮文庫)
パラダイス山元の飛行機の乗り方 (新潮文庫)パラダイス山元

新潮社 2018-03-28
売り上げランキング : 14189


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

応援クリックはこちら→にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

2017-12-18

ローカル線で地域を元気にする方法/鳥塚亮

| 23:31

ローカル線で地域を元気にする方法: いすみ鉄道公募社長の昭和流ビジネス論』を読んだよ。鳥塚社長的人生訓。

前作『いすみ鉄道公募社長 危機を乗り越える夢と戦略』に続き、いすみ鉄道社長の著作第2弾。この前作は書き下ろし風だったけど、今回は社長が公開しているブログをまとめたもの。だから、読みやすいんだけど、ところどころで多少???の箇所があるのが気になる点。

あと、内容的にも、まとまりがないかも。まぁ、ブログだから徒然なるままにだよね。

とは言え、鳥塚社長の発想は豊かなのは確か。

例えば、「電車は大人の事情で走っている」という観点

私が心配するのはこの部分で、なぜなら、これからの日本は少子化で人口がどんどん減っていきますから、自分たちの都合を最優先に商売をすることは、とてもリスクが高くなることなのです。「そのぐらいどうして気づかないのか」というのが、冒頭に申し上げた私の友人が言うところの、「電車は大人の事情で走っている」ということなのです。
つまりは、自らの存在そのものが求められているという勘違い。存在よりもサービスを求めるのが顧客なのに、それが分からない。そういう仕事をずっと続けてきていたから。うん、耳が痛い話…。

さらには、アインシュタインの言ったINSANITYという単語の説明を引用して、

地域がダメになってきているというのに同じことをしていてよくなると考えている人がいたらその人は「INSANITY」ですからね。
と追い打ちをかける。もっと、耳が痛い…。

そして、航空業界にいた鳥塚社長が空と陸の違いを語る。例えば、最近の航空業界ではパッセンジャーとは言わずにカスタマーと呼び始めているという。

私は、鉄道をいうツールを使って、パッセンジャーの輸送からもう一歩踏み込んだ、カスタマーサービスを目指しているのです。
と鳥塚社長。顧客に対する姿勢の違いだよね。元々、陸は甘いんだよね。

そう、鳥塚社長の話は元気づけられるというか、なんだか希望が持てる感じ。これともって、閉塞感を打破したいなぁ〜。

ローカル線で地域を元気にする方法: いすみ鉄道公募社長の昭和流ビジネス論
ローカル線で地域を元気にする方法: いすみ鉄道公募社長の昭和流ビジネス論鳥塚亮

晶文社 2013-07-02
売り上げランキング : 109874


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

応援クリックはこちら→にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ