Hatena::ブログ(Diary)

活字中毒者地獄のりす蔵 RSSフィード

2018-06-17

さらば国分寺書店のオババ/椎名誠

| 18:05

さらば国分寺書店のオババ 「椎名誠 旅する文学館」シリーズ』を読んだよ。オババに会っていたとは…。

本書が情報センター出版局から出版されたのが1979年11月。どうして、本書を知ったのかは全く記憶にない。けれども、本書は当時の自分にとって衝撃的な出会いだったんだと思う。本の帯には「スーパーエッセイ」という文字が有ったのは覚えているから。そして、本書で椎名誠を知り、ハマっていった自分。本書が椎名誠のデビュー作でもあったんだけどね。

何が衝撃的だったかと言えば、その文体と内容。文体は昭和軽薄体と名付けられていたけれども、なんとも言えないリズムというか、繰り返し感というか、比喩的表現というか。

例えば、自動改札になる前の駅の改札にいた仏頂面の駅員(そんな人達がいたことさえ知らない世代がいるという事実にもショーゲキだが)と、それに対比し、必要以上にマイクでがなりたてる車掌車掌がこんなことをしていたという事実もスゴイ話だけど)について、

改札口とかキップ売場では「オレここ数年口ひらいて声なんか出したことねえよ」というような、東日本仏頂協会専務理事みたいな顔をしている奴ばっかりなのに、車掌という職業になるととたんに雄弁デカ声になってしまう、というのはこれはどう考えてみてもおかしいではないか。
シーナ氏。そんな調子で論調的には日本の制服関係の人たちに対する「おまえら気に入らない」話が続く。おっと、キップ売り場なんてものもあったな…。

ところが、シーナ氏が属するマスコミ業界のパーティーに参加して、気がつく。

マスコミは消えてしまってもいいが、消えてしまっては困る、という人々に、なんと「制服関係」の人々が多いことか。これはまったくショーゲキ的なことである。
と反省の弁。さらに、制服関係の人たちと同類だと思っていた国分寺書店のオババ。そして、その国分寺書店がある日突然になくなってしまうと、
不思議なもので、人間というものは自分の生活にとってそんなに深い関係があるわけでもないのに、そこに黙って存在していれば安心し、なにかの都合で急になくなってしまった、ということになると、その空虚感は思いがけないほど大きなものになるらしいのだ。
シーナ氏。今回、改めて読み返してみるとこんなストーリーがあったんだね。自分の初読は文体と表現に圧倒されていただけで、終わってしまっていたんだろうね。改めてシーナ文学の魅力を知りました〜。っていうか、これって文学か?

さらば国分寺書店のオババ 「椎名誠 旅する文学館」シリーズ
さらば国分寺書店のオババ 「椎名誠 旅する文学館」シリーズ椎名 誠

クリーク・アンド・リバー社 2014-05-29
売り上げランキング : 36185


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

応援クリックはこちら→にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

2018-06-09

時をかける少女/筒井康隆

| 19:26

時をかける少女 (角川文庫)』を読んだよ。原田知世の歌はヤバイ。

原田知世が主演した映画『時をかける少女』が1983年ということだから、もうかれこれ30年以上前の話。TVの歌番組で盛んに流れていたっけ。YouTubeで探してみると夜のヒットスタジオにも出ていたんだね。完全に口パクだったけど。

そんなにヒットしていたのに、その原作本を読んでいなかったのに、読んでみて初めて気がついた。ストーリーを全く知らなかったことが分かったから。やっぱり、原田知世の歌の方が強烈にインプットされて、映画や本はオーバーフローを起こしていたのかもしれないね。

では、そのストーリーはというと、時間と空間の自由な移動とほろ苦系の恋愛もの。おや、これって『小説 君の名は。』のコンセプトと同じでは?という感じ。もともと、中高生向けの雑誌(月刊誌?)に掲載されていたものだから、科学的な知識の習得も意図するところではあったのかもしれないね。

本書は、表題作の他に、短編が2編収録されているよ。そのどれもが主人公が中学生女子。それぞれの名前が、和子、昌子、暢子。これを見るだけで昭和を感じてしまうのは、やっぱり自分が昭和の人間だからかなぁ〜。

時をかける少女 (角川文庫)
時をかける少女 (角川文庫)筒井 康隆 貞本 義行

KADOKAWA / 角川書店 2012-06-25
売り上げランキング : 27107


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

応援クリックはこちら→にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

2018-06-05

ポケットに名言を/寺山修司

| 01:48

ポケットに名言を (角川文庫)』を読んだよ。名言は無数にある。

読書の端境期には軽めのものを選んで、ツナギにしているんだけど、本書はそのストックのうちの1冊。とは言っても、相手は寺山修司。手強いイメージがあるので、どうなるかとは思ったけれども、結論的には、寺山修司の選んだ名言集。古今東西書物から俚諺まで、多種多様といった感じ。

名言と言っても、切り取られた言葉なので、話の前後も背景も全く分からない状況で掲載されているので、ちょっと解釈に困るものも多数。だから、日本の小説から切り取られた名言は比較的納得しやすいよね。だから、自分的には、太宰治とか三島由紀夫の小説からの名言についつい首肯してしまうわけ。

例えば、三島由紀夫金閣寺」から、

記者が走っているあいだ、乗客は止っておる。記者が止ると、乗客はそこから歩き出さねばならん。走るものも途絶え、休息も途絶える。死は最後の急速じゃそうだが、それだとて、いつまで続くか知れたものではない。
とか。

太宰治「女生徒」から、

ぽかんと花を眺めながら、人間も、本当によいところがある、と思った。花の美しさを見つけたのは人間だし、花を愛するのも人間だもの。
とか。

もう少し名言っぽいものといえば、小林秀雄

歴史意識とは――しまった、とんでもないことをしてしまった、どうしようという悶えだ。
かな…。

では、最後に寺山修司自身の言葉を紹介。

そして、「名言」などは、所詮、シャツでも着るように軽く着こなしては脱ぎ捨ててゆく、といった態のものだということを知るべきだろう。
うん、これならば、自分自身の名言集でも作ってみようかななんて気になる。これだけでも、本書を読んだ意味があったかな…。

ポケットに名言を (角川文庫)
ポケットに名言を (角川文庫)寺山 修司

KADOKAWA / 角川書店 2003-07-11
売り上げランキング : 35954


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

応援クリックはこちら→にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

2018-06-03

雁道/三遊亭円丈

| 17:39

雁道(がんみち)―名古屋禁断の書』を読んだよ。まだまだ知らない名古屋弁、多し。

『日本の異界 名古屋』の中で、名古屋人による名古屋の分析本の嚆矢として紹介されていた本書。そういえば、清水センセーも本書の著者である三遊亭円丈も若くして名古屋を脱出したクチ。だからこそ、外部の視点で名古屋を冷静に評価できるんだろうね。

では、本書は名古屋をどう評価しているか?まずは、名古屋人の特徴から。ケチだとか見栄っ張りだとか言われることが多いけど、東京大阪とのライバル意識も面白い。

近鉄に対する名古屋人の認識は、あくまでも近鉄は地元の鉄道ではなく人知れず大阪から伸び続けて鈴鹿山脈を越え遂に名古屋にやって来た侵入者であり、異邦人であり、他者である!!
うん、これは新しい視点。そう来たか〜と思わせるほど。確かに、近鉄は関西資本だし、愛知県近畿じゃない!!っていう思いが強いかもしれないね。地元志向の強い名古屋人らしい発想とも言えるよね。

さらに名古屋の食文化。タモリの発言で有名になったエビフライだが、円丈自身は名古屋時代には一度も食べたことがなかったという。

名古屋時代エビフライの食べられなかったボクに言わせれば、タモリのあの言葉は名古屋人に対する絶賛に思えてくる。そう名古屋人は更に努力してタモリ名古屋人は、シャブシャブを食べてミャアミャア言っていると言わせるようにしなければいけないと思う。
これも郷土愛。でも、ミャアミャア言うことは変わりないのね…。

最後に名古屋弁を紹介。

鳴かんなら殺したろか、ホトトギス
鳴かんなら鳴いちょーヨ、ホトトギス
鳴けへんなら、待っとったるギャー、ホトトギス

いかがでしょうか?

ところで、名古屋弁新潟弁、似ているところがあるんだけど…、気の所為?

雁道(がんみち)―名古屋禁断の書
雁道(がんみち)―名古屋禁断の書三遊亭 円丈

海越出版社 1987-09-26
売り上げランキング : 254257


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

応援クリックはこちら→にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

2018-06-02

蝶々殺人事件/横溝正史

| 19:07

蝶々殺人事件 「由利先生」シリーズ (角川文庫)』を読んだよ。時代背景にも興味が。

久しぶりに推理小説。しかも横溝正史ということだから、例の金田一耕助モノと思うかもしれないけど、本書は金田一耕助が登場する前の由利先生シリーズの第1弾。だから、横溝正史の著作としては初期のものだと思う。表題作の他に短編2編が収録されているけれども、この2編はどちらかと言うと、金田一耕助シリーズの萌芽を感じさせ、オドロオドロシイ作品になっているよ。

この由利先生シリーズは、由利先生と三津木という新聞記者がペアになって、事件を解決するというもの。内容的には怪奇性はなく、現代推理小説に近い感じかも。由利先生も金田一耕助とは違い、極々真っ当な人物っぽく書かれているし。

それでも、時代は昭和12年。舞台は東京大阪。その間に関係者の移動があるんだけど、当然に時間が掛かる。だから、現代ではこの話は全く成り立たなそうな感じ。まぁ、そこがこの物語を楽しめる要因でもあるんだけどね。その他には、ちょっとした暗号とか、芸術家の気質とか、男女の機微など、この物語を盛り上げている多くのアイテムがいいよね。

では、犯人はというと、それほど意外性もないというオチ。ポイントは、現場は東京なのか大阪なのかという点。文中でも筆者は読者に対し、「犯人が分かるかな?」と問いかけているから。

自分的に意外だったのは、由利先生の奥さん。いや、それはないだろう…というオチだったわ〜。

蝶々殺人事件 「由利先生」シリーズ (角川文庫)
蝶々殺人事件 「由利先生」シリーズ (角川文庫)横溝 正史

KADOKAWA / 角川書店 2002-03-08
売り上げランキング : 82975


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

応援クリックはこちら→にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ