Hatena::ブログ(Diary)

活字中毒者地獄のりす蔵 RSSフィード

2017-12-02

空港は誰が動かしているのか/轟木一博

| 19:18

空港は誰が動かしているのか (日経プレミアシリーズ)』を読んだよ。題名と内容の乖離

このところ、飛行機に乗る機会が続き、またもや乗り物好きの血が騒ぐ自分。また、乗りたいなと思うけど、その機会もお金もないので、手っ取り早く本を読むことで誤魔化すことにする。本書と同著者が書いた『航空機は誰が飛ばしているのか』は興味深く読めた記憶があるので、その続編という感覚で本書を手に取ったわけ。

で、本書の内容は、新関空会社経営統合問題。具体的には、関空伊丹の両空港を運営する民間会社設立までの経緯をまとめたもの。だから、自分は空港の運営について書かれた本だと思っていたので、その違いに愕然。しかも、後半になるにつれて、契約とかの話が増えてチンプンカンプン。そもそも用語が分からないから。

では、改革前の関空運営はどうだったのか。それは完全にお役所仕事

それなのに、何億円もの投資は採算性や必要性についてたいした議論もされずに通っていく。暴れるトラは放置して、ハエばかり追い回していては、職員が疲弊するだけである。
とか、
お役所組織は担当によって縦割りにするから、各担当部局は各自の業務だけを見て、投資・プロジェクトの全体像、会社全体の収益性を把握する意識が薄くなりがちだ。
とか。どこの組織でも有りがちな課題…。耳も痛いし。

それでも、自分的には面白いなと思った観点は、民間と公共の狭間でどう折り合いを付けていくかという点。空港という公共性が高い事業体で民間的な手法をどう活かしていくのかは、普通の経営書では得られない情報かも。この点に関して、筆者は、

そして、このプロジェクトを成功させるには、「民間のビジネスの知識」と「公共的な解決」の両方を掛け合わせた総合力が要求される。課題を数え上げればきりがないが、組織人として、すでに厳然と存在する課題をどうこう言ったところで課題がなくなるわけではないので、ミッションの実現というゲームを戦う上でのハンデに過ぎないとなる。
と言っているよ。ある意味、やりがいのある仕事だったということなんだろうね。

そう、期待していた内容と違っていたのは確かなんだけど、組織論という意味で幾つか参考になる本書でした〜。

空港は誰が動かしているのか (日経プレミアシリーズ)
空港は誰が動かしているのか (日経プレミアシリーズ)轟木 一博

日本経済新聞出版社 2016-05-10
売り上げランキング : 30602


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

応援クリックはこちら→にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

2015-09-13

未来の図書館、はじめませんか?/岡本真,森旭彦

| 06:56

未来の図書館、はじめませんか?』を読んだよ。これはビジネス書だ。

佐賀県武雄市図書館メディアで話題になってからというもの、今ちょっとした図書館ブーム。っていうか注目されていることは確か。蔦屋書店しかり、本の周辺が騒がしくなっていて、本そのものっていうより、本を巡る環境にも注目されて始めているって感じかな。本がある場所と言えば、まずは図書館だからね。

という訳で、本書はその図書館の未来について語るもの。どうしてこのタイミングかというと、70年代に続々と建てられた公共図書館がそろそろ建て直しの時期に来ているということもあるんだろうね。だから、まずは、「図面から生まれる図書館は正しいのか」という問いから始まる。当然ながら、建物ありきではダメ。そのビジョンが重要であり、ビジョンなき図書館は単なる箱ものと化してしまうわけ。

では、未来の図書館をどのように考えたらいいのか?そこでの考え方の一つが「VMSO」。筆者が前職のヤフーで教わったというもの。経営的発想だよね。このVMSOのうち、一番重要なのはVision。これが共有化されていれば、セルフガバナンス効果が効き、うまく事が運ぶっていうわけ。つまりは、判断の根拠として、いつでもVisionという原点に戻れるってことだよね。

この考え方を図書館に活かすとどうなるか。

図書館がつくられることで、市民はどんな恩恵を受け、どのような課題が解決されうるのか」、これをまず最初に定め、VMSOを策定し実行することが大切なのではないでしょうか。そしてそれこそが、いわゆる“お役所仕事”から抜け出す方法の一つなのかもしれません。
うん、VMSOでお役所仕事から抜け出したい。

未来の図書館の為のもう一つの観点は「まちの課題」は何か?ということ。

図書館は、まずは地域の課題が出発点です。課題が見つからないままに「図書館まちづくり」とだけ言っても、その図書館は「まちの課題を何も解決できない」という特徴を持ち合わせるだけに終わってしまうでしょう。
そう、これもVisionに繋がることだよね。しかも、まちのVisionも確認する必要があるってこと。だから、市区町村の総合計画を見ておけとも。

後半はアイデア出しの手法などの紹介があり、図書館の本だけど、これは完全にビジネス書。「図書館」を「会社」とか「組織」に読み替えて、応用できそうです〜。

未来の図書館、はじめませんか?
未来の図書館、はじめませんか?岡本 真 森 旭彦

青弓社 2014-11-15
売り上げランキング : 182794


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

応援クリックはこちら→にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

2014-02-23

県庁おもてなし課/有川浩

| 06:53

県庁おもてなし課 (角川文庫)』を読んだよ。時間が一番のコストだ。

最近、ハマっている有川浩氏の作品。何故かと考えてみるに、その素材がアッシに合っているというか、興味があるというか…。図書館然り、この県庁然り。特に、この県庁は非営利団体の仕事って何?ってことに繋がっているからね。

さて、物語の舞台は高知県の県庁。観光部おもてなし課。課の名前がユニークだけど、実際に高知県庁にはこの課が実在する。で、おもてなし課の若手男性職員がこの物語の主人公。高知県に観光客を如何に呼び込むかが彼の仕事な訳だけど、それがまったくのお役所仕事。そこに登場するのが、高知県出身で東京在住の若手作家。お役所仕事にビシバシとダメ出しする。

そのダメ出しとは、時間感覚の無さとか民間との視点の違いとか。そう、これら大昔から言われているお役所仕事の代名詞のようなもの。分かっちゃいるけど止められないというのも昔からなんだろうけど、主人公はこれを打破しようと奮闘する。

何度もピンチを乗り越えていくけれども、最大のピンチが訪れた時の主人公の思い。

あなたが納得するかどうか知らない。ただ俺たちは、誰がいてもいなくても自分たちの全力で踊るだけだ。

それがどんなに無様でも、滑稽でも。でたらめに、がむしゃらに。だからあんたはそこで見ていろ。踊れと突きつけたあんたは見届けろ。

と。若い彼だからこそ、そうやって頑張れるんだよね。羨ましくもあり、頼もしくもあり。

物語の結末はまだまだ続きがありそうな感じで終わるんだけど、それはそれで読者の想像を膨らませるという意味でいいよね。

最後に、筆者が巻末の対談でおもてなし課の仕事について、こう言っているよ。

自由であること、やることが決まっていないことが価値である。

そう、「これをやりなさい」って言われていないってことは、ある意味、終わりがない旅のようなもの。自分で目的と目標を設定して実行していくって、貴重な体験だよね。若いうちからこういう仕事を経験できるっていいよね。

おっと、本書の話から脱線したかも。いや、何が言いたいかといえば、お役所仕事からの脱却を頭の中で考えておりました〜。

県庁おもてなし課 (角川文庫)
県庁おもてなし課 (角川文庫)有川 浩

角川書店 2013-04-05
売り上げランキング : 4803


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

応援クリックはこちら→にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ