Hatena::ブログ(Diary)

活字中毒者地獄のりす蔵 RSSフィード

2018-04-22

リベラルアーツの学び方 エッセンシャル版/瀬木比呂志

| 11:52

リベラルアーツの学び方 エッセンシャル版 (リベラルアーツカレッジ)』を読んだよ。教養でないのは確か。

本書のオリジナル版があるのは知っていて、気になってはいたんだけど、あの大きさにたじろぎ、あきらめモード。と思っていたら、そのエッセンシャル版が出た〜とことで早速に手に取る。

リベラルアーツ」とか「教養」とかが、キーワードとして気になるんだけど、そもそも論として、この2つの違いは何か?ってところから始まると思うんだけど、筆者曰く、

そのような意味で、考える方法や感じる方法の生きた蓄積であるリベラルアーツは、個々人みずから考え、発想し、自分の道を切り開いてゆくための基盤として、まず第一に必要とされるものではないかと思います。
と。そう、単なるインプットされただけの知識ではなく、考えていくための基盤となるものなんだよね。でも、自分的にはこれは認識済み。

そして、リベラルアーツを身に付けるための方法論。

自分の世界の方法とほかのさまざまな世界の方法との間に、また、人々の生き方の方法との間に、新たな橋をかけ、そこに共通するものを探るためには、視点の移動と並んで、先のような「方法の転用」が非常に重要なのです。
自分的にはこの考え方が好き。何の関係もないと思っていたことが、ある日突然に橋が架かって、新たな視点が開ける。それを次に応用していく。いいよね。

後半はリベラルアーツを学ぶための書物の紹介。

実はこれに期待していたんだけど、どうもレベルが高過ぎて、付いていけない感じ。

最後にこんな記述も。

この宇宙が「ある」というのは、考えてみればそれ自体一つの奇跡であり、ある意味では、僕たちは、奇跡の中に住んでいるのです。そして、あらゆる種類のリベラルアーツは、その奇跡の一端にふれようとする人間の企てだともいえます。僕たちがそれらから学びうるのは、単なる発想や方法にとどまらず、もっと深いものでもあるのです。
これは、まさにリベラルアーツ的な発想と発言だよね。自然科学から一般論に橋を掛けているよね。いいなぁ〜。

リベラルアーツの学び方 エッセンシャル版 (リベラルアーツカレッジ)
リベラルアーツの学び方 エッセンシャル版 (リベラルアーツカレッジ)瀬木 比呂志

ディスカヴァー・トゥエンティワン 2018-01-26
売り上げランキング : 87879


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

応援クリックはこちら→にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

2018-02-05

教育とは何?/尾木直樹,茂木健一郎

| 00:19

教育とは何?-日本のエリートはニセモノか (中公新書ラクレ)』を読んだよ。尾木ママの意外な背景。

尾木ママこと尾木直樹氏と茂木健一郎氏の教育に対する思いを伝える本書。構成としては、法政大学女子高等学校で行われた二人の公開対談と、それぞれがリレー的に書いた教育論をまとめたもの、そして、それぞれのまとめという感じ。

尾木ママって、数年前からメディアでよく見かけるようになったけど、その人物も思想もまったく知らなかったので、ちょっと興味。茂木さんとセットだったこともあったし。

二人の主張に通底するものは、偏差値主義と一斉教育方式の打破。

まずは、偏差値について、茂木さん曰く、

よく、学力は必要だから偏差値も必要だという議論を見るが、お笑い種です。アメリカ英国にはそんな指標など一切ないが、優秀な学生も、卓越した大学もないというのでしょうか。偏差値を盲信する人は、それだけで、人間感や学力感が浅いと思います。
と、茂木節が炸裂。さらにメディアにも問題があるとし、日本のメディアは「そもそも論」のメタ認知を持つことが不得意だとも。そう、自分的にはこの「メタ認知」に反応したんだけど、日本人そのものが「メタ認知」的な考え方が不得意なんじゃないかと…。

一斉教育については、尾木先生のこの意見が象徴的。

それぞれの家庭が生活に根ざした独自の伝統的な価値観を持っていたんですよね。今、まるで逆です。学校の価値観の中に同心円状に各家庭がストンとはまってしまっている。むしろ家庭のほうが求めている。
そう、家庭は学校に丸投げしたがっている。丸投げされた方は一斉教育をやるしかない…という悪循環。どっちが悪いっていうことではないけれども、やっぱり、ここでも日本の教育に「そもそも論」が抜け落ちていないか…。

最後に尾木ママのイメージ。思ったより過激。「闘う」という単語が出てきたり。「そもそも論」で言えば、ママは闘う人なのかもね。

教育とは何?-日本のエリートはニセモノか (中公新書ラクレ)
教育とは何?-日本のエリートはニセモノか (中公新書ラクレ)尾木 直樹 茂木 健一郎

中央公論新社 2017-09-06
売り上げランキング : 25143


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

応援クリックはこちら→にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

2006-07-29

社会人から大学教授になる方法

| 15:51

『社会人から大学教授になる方法』を読んだよ。鷲田先生も久しぶり〜。

だいぶ以前に『大学教授になる方法』を読んだけど、その時の印象は「もしかしたら、アッシも大学教授になれるかぁ〜」って感じだったんだけれども、今回の本の読後感はまったくの逆。

何でだろうって考えるに、世の中が変わり、大学自身が色々な意味が厳しい世界に変わってきているからのような気がするんだけど。そう、だから本書は新手の大学論にも通じているよ。

ところで、社会人から大学教授になりたいと思う人ってどんな人たちなんだろう。想像するに、休みは多いしから自分の好きなことに時間が使える。ノルマもないし…なんて思うんだろうけど、そんな考えの人には筆者がピシャリと撥ね付ける。大学教授にはいろいろな特権があるけれども、それはフルタイムで教育・研究に打ち込んで貰う為の特権であり、余生をのんびり過ごす為のそれではない…と。

ということで、それに関して最後に引用。

自分の好きな研究や教育にフルタイムで打ち込む、これがじつは大学教師の最低条件なのである。
大学教授への道は意外に厳しいよ。

社会人から大学教授になる方法 (PHP新書)
社会人から大学教授になる方法 (PHP新書)鷲田 小彌太

PHP研究所 2006-02
売り上げランキング : 47203

おすすめ平均 star
starレビュアーの方々、肩に力が入りすぎないように
starそもそも論
starこの本には哲学書や啓蒙書と同じ匂いが・・・

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

応援クリックはこちら→にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ