Hatena::ブログ(Diary)

活字中毒者地獄のりす蔵 RSSフィード

2018-03-03

ネットの高校、はじめました。/崎谷実穂

| 19:05

ネットの高校、はじめました。 新設校「N高」の教育革命』を読んだよ。ネット時代の教育のあり方だ。

2016年4月に開校したN高等学校。メディアや業界では話題になり、去年に本書が本屋の店頭に並んだ時に、すごく気になったんだけど、なぜか読みたい本リストに入れていなかった。どうして今頃になってという感じなんだけど、きっかけは高大接続。高校を知らずして、大学を語るべからずというか。今や、初等中等教育の改革はどんどん進んでいるしね。

N高校とはなにか。ドワンゴKADOKAWA設立した通信制高校のこと。ネットとメディアがタッグを組み、それらのノウハウを活かした教育を行っていることが一つの特徴。でも、それだけではないっていうのがミソで、やっぱり教育内容(カリキュラムとか教育体制)がユニークなんだよね。そして目指すは生徒数12万人。これは凄い数字。これが実現すると教育の有り様が変わるかもしれないね。筆者曰く、

N高は、未来の“普通”をつくろうとしているのだ。
と。そう、N高校がスタンダードな高校の有り様になる日を目指しているってこと。目標は高いほうがいい。

で、授業の方法は基本はeラーニング。でも、ニコニコのノウハウや技術を使っているので、一般的なeラーニングとはちと違う。そのリアル感というか双方向性のレベルが違うんだよね。だから、分からないことはすぐに確認できるし、その場で他の生徒から教わることも可能になるっていうわけ。しかも、教育コンテンツが必要に応じて作ることもできるわけで、

むしろ、自主性があれば、通常の高校生以上に学べる環境を用意している、というところを売りにしている。
というネットを活かした展開も有り。N高校にしたら当然の帰結なんだろうけど。

最後に、N高校の野望。

そこで、N高はイデオロギーではなく、具体的な「結果」を重視することにしました。
と。その結果とは「仕事に就ける」と「大学合格」の2つ。分かりやすく、シンプル。これがいいよね。

さらには、

そもそも「こういう子に入ってほしい」というのではなく、入ってくれた子にどれだけ役立つ教育を僕らが提供できるか、という考え方をしています。
と、アドミッションポリシーを否定。いや、これも考え方の一つだよね。うん、悪くない。

N高校と普通の高校、両方あっていいと思う。それこそ、人の生き方の問題だからね。

ネットの高校、はじめました。 新設校「N高」の教育革命
ネットの高校、はじめました。 新設校「N高」の教育革命崎谷 実穂

KADOKAWA 2017-04-14
売り上げランキング : 222055


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

応援クリックはこちら→にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

2017-10-01

いすみ鉄道公募社長 危機を乗り越える夢と戦略/鳥塚亮

| 18:34

いすみ鉄道公募社長 危機を乗り越える夢と戦略』を読んだよ。鉄オタ強し。

千葉県房総半島外房から内陸部を走るローカル鉄道いすみ鉄道」。今年の夏にその社長である鳥塚亮氏の講演を聞くことがあり、そのバイタリティーとユニークな発想に惹かれて、氏の著作を手にとってみたというわけ。

講演では、自分自身の話はあまりしなかったけれども、本書を読むと子供の頃から鉄オタということで、鉄道にはかなり造詣が深く、結果的に子供の頃の夢を実現したという感じ。そして、本書はその成功途中の物語かな。

まずは、公募社長採用面接での発言。

「この程度の経営なら、できるかできないかではなく、やるかやらないか、つまりは方法論の問題。具体的にひとつひとつ積み上げていくしかないわけで、イデオロギーを語ってもしょうがない。私に言わせれば、廃止する理由が見あたりません」
と。かなり大胆な発言。でも、この言葉に鳥塚氏の思想が表現されているんだよね。いや、本人はイデオロギー無しと言っているんだけど。

そして、もう一つ大切なのは地域と鉄道との関係。

いすみ鉄道」を残したいのは、たんに僕が鉄道マニアだからというわけではありません。本当に残らなければならないのは、「地域」なのです。ローカル線を赤字だからという理由で廃止してしまうような地域に活性化はあり得ない、というのが僕の持論。鉄道を廃止するということは、時刻表の地図から自分たちの町を消してしまうことと同じだと、僕は考えています。
そう、この最後の一文が子供の頃から時刻表を眺めていたという鉄道マニアならではの視点だよね。

そんな思想の上で、目指すは「いすみ鉄道」の観光鉄道化。ムーミン列車で女性を集め、キハ52でテツな人々を集め、ブランド化を勧めていく。そこには地域の人々の協力も多大な力になっていくんだよね。

いすみ鉄道に、いつかは乗ってみたいなぁ〜。

いすみ鉄道公募社長 危機を乗り越える夢と戦略
いすみ鉄道公募社長 危機を乗り越える夢と戦略鳥塚 亮

講談社 2011-05-10
売り上げランキング : 312402


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

応援クリックはこちら→にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

2017-08-29

知らないと恥をかく世界の大問題8/池上彰

| 23:19

知らないと恥をかく世界の大問題8 自国ファーストの行き着く先 (角川新書)』を読んだよ。ファースト流行り。

このシリーズも第8弾。シリーズが進むに連れて、発刊の間隔が短くなってきているような気がするけど、それだけ世界の情勢の変化が激しいということなのか…。

今回の副題は「自国ファーストの行き着く先」。自分的には、何とかファーストという言葉は東京都知事選挙で初めて聞いて、それから流行り始めたように思えるけど、世界の潮流から見ると「都民ファースト」の方がその流れに乗っただけだったのかとも思えるほど。そして、それを本書では「反グローバル現象」と表現しているよ。要は揺り戻しってやつね。

で、その反グローバルの急先鋒がドナルド・トランプという人物。池上さんは彼を様々な言葉で表現しているよ。「トランプという人物の精神分析が必要」とか、「彼はイデオロギーなきビジネスマン」とか、しまいには「トランプに騙されたと気づく人たちが出てくるでしょう」とまで。いや、当たっているとは思うけど。

そして、毎度の中東問題。いつまでもぐずり続けるのは何故なのか?そもそもの原因を作ったのは欧米諸国+ソ連なんだろうけど、現地の人たちの歴史的な事実も民主化が進まない要因だとか。例としてアフガニスタン。

独裁政権を倒せば、人々は民主主義国家をつくると思っていたのです。実際には、そんなことにはなりませんでした。アフガニスタンに、そもそも民主主義の歴史はなく、民主主義がどんなものか、理解できる人は少なかったのです。
とか、
しかし、イラクには過去、国民が民主的な選挙で代表を選ぶという仕組みはありませんでした。
ということで、前の政権が倒れても何をしていいのか分からないとか。

そして、それと同じことが長い間軍事独裁政権だった韓国にも言えるとも。

そう、だから本書に通底するキーワードは“民主主義”。池上さん曰く、

私は、世界を見ていると「民主主義の国とは何か」と考えます。結論としては、選挙結果にみんなが従うことではないでしょうか。
と。確かに、選挙結果がヘンな国はたくさんありそうだよね。人類はまだまだ勉強不足ってことなのかなぁ〜。

知らないと恥をかく世界の大問題8 自国ファーストの行き着く先 (角川新書)
知らないと恥をかく世界の大問題8 自国ファーストの行き着く先 (角川新書)池上 彰

KADOKAWA 2017-07-20
売り上げランキング : 3597


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

応援クリックはこちら→にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

2012-10-23

街場の中国論/内田樹

| 06:46

増補版 街場の中国論』を読んだよ。中国のことは中国人にしか分からない。

内田先生の街場シリーズ、かれこれ何冊目だろう。内容的には、あの大ベストセラー『日本辺境論』と重複する部分もあるけど、それは「辺境」とは中華からの視点の言葉だから。今回読んだものは増補版で、初版は2007年だから、『日本辺境論』の原点は本書の初版にあったのかもしれないね。しかも、2007年にも尖閣諸島問題が起きていて、中国国内では日本企業や店舗が襲撃されていた時期だったから、注目度は高かったはず。そして、この増補版が出たのが2011年6月。今日も、本屋では本書がたくさん並んでいたっけ。

さて、本書は当然ながら、内田先生の考える中国論なんだけど、その視点に注目。日本人は中国人は何を考えているのか理解できない。訳が分からないと思っているわけで、そこを解明したいというのが本書はねらい。

内田先生曰く、

僕たちの眼から見て理不尽なふるまいに見えても、中国人にとっては主観的には合理的なもののはずなのです。どういう文脈の中に置けば、この「意味のわからないふるまい」が合理的なものとして立ち現われてくるか、その文脈を探り当てることがこの本における僕の主要な関心事でした。
と。そう、これってアッシ知りたいこと。あらゆる日本人の関心事のような気がするけど。う〜ん、日本の歴史は中国との関わりが大きかった訳で、日本人の心の底流には、中国の存在が離れないのではないか…なんて気もする。

では、中国人の不思議なロジックとは何だろうか?それは、「中華思想」をベースにしたイデオロギー。中国共産党の指導者の行動を中華思想に当てはめてみると、ピタリと嵌るから面白い。それを考えると、単純で分かりやすい思想なのかもしれないね。

もう一つはサイズの問題。13億人という総人口を抱え、日本人より多い人口の他民族を含む中国。全体を統括するには日本人の感覚では想像を超えるものがあるのでは…。例えば、毛沢東について。

毛沢東はつねに「話を異常に簡単にする」ことで、国民的エネルギーを動員することに繰り返し成功した。どのような制度的難問も主体の断固たる革命的決意のひとつでどうにでもなると信じさせる能力において、毛沢東は世界史上有数の天才でしょう。
と表現しているよ。話を簡単にするすること以外で、13億人を動かす手法は考えられないよね。そういえば、かつて日本の総理大臣にもそんな人がいたっけ。「郵政は、民か官か」って。話はすごく単純だよね。

最後は近代史。植民地化とか、アメリカとの関係とか。グローバル化と中華思想は全く相入れない思想だけど、内田先生の提案はどちからというと中華思想派。

だから、「儒教に還ろう」と僕はご提案申し上げているわけです。グローバリズムはもう止めて。
と言う。

うん、内田先生の言うことはよく分かる。でも、やっぱり中国って国はよく分からないんだよなぁ〜。それはアッシが単にそう教育を受けてきたからという理由だけなのかなぁ〜。

増補版 街場の中国論
増補版 街場の中国論内田樹

ミシマ社 2011-02-25
売り上げランキング : 96949


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

応援クリックはこちら→にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

2011-03-06

消費社会から格差社会へ/三浦展,上野千鶴子

| 08:30

消費社会から格差社会へ 1980年代からの変容 (ちくま文庫)』を読んだよ。結論がよく分からないけど…。

上野千鶴子氏は『サヨナラ、学校化社会』、三浦展氏は『下流社会』『下流大学が日本を滅ぼす!』と読んでいたけど、どちらからというと上野氏が何を言うかに興味があり、本書を選択。

で、本を開いて、初めて知ったけど、二人の対談集だった…。

対談の内容は前半と後半で大きく変わるよ。前半は一応本書のタイトルに沿った内容。後半はよく分からない話になるんだけど、それはのちほど。

まずは、教育行政と格差の話。上野氏が、

九〇年代の教育行政から出てきた「個性化」っていうのは、格差を正当化する教育イデオロギーでした。階層格差を「個性化」と「多様化」という教育イデオロギーで粉飾して、「まんまでオッケー!」というメッセージを送った。それを文部省(現・文科省)は自覚的にやっていたと思います。
と言う。学校の問題に詳しい上野氏らしい見解だよね。「個性化」って、今の学校教育としては難しいわけだから、自己責任にしてしまえ…ということ。でも、本当の「個性化」って何だろ。「長所を伸ばす」と捉えれば、またそれなりの解決策も見えてくるんじゃないかなぁ〜。

上野氏の「負け犬」の解釈も面白いよ。

なぜ彼女たちが、自分のことを「負け犬」って自称できたかというと、「負け犬」をパロディ化できるゆとりがあるからこそですよ。つまり「負け犬」という表現にある諧謔が読めていない。裏返して言えば、彼女たちの対極にいるはずの、彼女たちと同じ年齢層の結婚していない男たちは、自らを「負け犬」と呼ぶことすら抑圧している。
う〜む、男女でこんなに考え方の違いがあるのかなぁ〜。何となく酒井順子氏が言い出したから、「負け犬」って女性専用になっているような気がするんだけど…。

でも、結局は世代論のような。上野氏は団塊世代、三浦氏は団塊にいじめられる世代。世代論的には、新人類世代って言われているんだけどね。アッシもその仲間。

さて、本書の後半は、三浦氏の個人的な話。パルコとか西武とかセゾンとか。あまり、興味が無かったので、さっさと読み飛ばす。

社会学でよく出てくる世代論。いつも標的になるのが、団塊世代と団塊ジュニア。この二つの世代を通して、他の世代が語られることが多いような。

次は、団塊ジュニアジュニアの時代。そろそろ小学校に入る年齢だよね。何となく教育が肝のような気がするんだけど。手を打っているのか、日本の教育行政…。

消費社会から格差社会へ 1980年代からの変容 (ちくま文庫)
消費社会から格差社会へ 1980年代からの変容 (ちくま文庫)三浦 展 上野 千鶴子

筑摩書房 2010-09-08
売り上げランキング : 121640


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

応援クリックはこちら→にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ