Hatena::ブログ(Diary)

活字中毒者地獄のりす蔵 RSSフィード

2018-06-07

ロングテール/クリス・アンダーソン

| 13:22

ロングテール(アップデート版)―「売れない商品」を宝の山に変える新戦略 (ハヤカワ新書juice)』を読んだよ。ロングテールの次は何だろう。

ロングテール」という言葉は知っていたけれども、体系的に詳しく知りたいと思い本書。実は以前から読みたい本リストに入っていたんだけど、新書版でも450頁の大書なので、ちょっとタイミングを見ていたって感じ。

では、本書のテーマから。

文化を席巻する大きな箱への需要はまだあるけれども、唯一の市場ではなくなった。ヒット市場はいまやあらゆる大きさの無数のニッチ市場と競い合い、消費者はもっとも選択肢の多い所に引きつけられている。「全員にフリーサイズ」時代は終わりを告げ、新しい傾向が見えてきた。マルチ市場だ。
と冒頭に宣言。そう、ロングテールの概念はここに集約されているんだけど、キーワード的には、ヒットとニッチ、選択肢、全員にフリーサイズ辺りかな。

で、最初のキーワードである「ヒットとニッチ」の関係はというと、

ロングテールの本当の凄さはその規模にある。繰り返すが、ヒットしない商品を集めればヒット作に匹敵する市場が作られる。
ということ。だから、本書の“「売れない商品」を宝の山に変える新戦略”という副題はちょっとヘン。「売れない商品」というのは有り得ないって筆者は言っているんだからね。少数でも買ってくれる消費者がいるので、そこにいかに届けるかという戦略なんだよね。

そして、ロングテールの三つの追い風。それは、「生産手段の民主化」、「流通手段の民主化」、「需要と供給の一致」。これをしっかりと抑えておけば、ロングテールとは何かが一望できる。そして、どんな商品にでもロングテールの波が押し寄せてくる可能性があるのがわかると思う。商品…いや、もっと広げて、サービスと言ったほうがいいかな。

本書の初版は12年も前。だから、現代にロングテールが着実に定着しているのが分かるよね。そう、だからこそ、ロングテールの次は何が来るんだろ…と興味津々だよね。

ロングテール(アップデート版)―「売れない商品」を宝の山に変える新戦略 (ハヤカワ新書juice)
ロングテール(アップデート版)―「売れない商品」を宝の山に変える新戦略 (ハヤカワ新書juice)クリス アンダーソン Chris Anderson

早川書房 2009-07
売り上げランキング : 278693


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

応援クリックはこちら→にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

2018-05-12

革命のファンファーレ/西野亮廣

| 00:51

革命のファンファーレ 現代のお金と広告』を読んだよ。これも革命か?

お笑い芸人キングコング西野亮廣。お笑い番組をほとんど見ない自分にとって、この筆者がどこの誰かも知らず、なぜ本書を手に取ってしまったのかも、今となっては闇の中。なんだか話題になっていそうだな…という感覚だけだったのかもね。

副題は「現代のお金と広告」ということで、なにやら直前に読んだ『YouTube革命』に繋がるものがありそうな感じだし、まさに結局は同じことを言っているような…。

では、「現代のお金と広告」について、どんなことを言っているか。

まずは、クラウドファンディングについて。

筆者は絵本の出版に際し、クラウドファンディングを使って、資金を集めたわけなんだけど、

お金は信用を数値化したものであり、クラウドファンディングは信用をお金化する為の装置だ。
という考え方。だからこそ、信用を勝ち取れと。ここで登場する「信用」という概念は本書に通底するキーワードで、「お金より信用を」ということを本書の中で言い続けているといってもいいかもしれないね。

もう一つのテーマ「広告」について。

キーワードフリーミアム戦略。よくある戦略だけど、筆者の主張は、

ニュースを出すな。ニュースになれ。自分の時間を使うな。他人の時間を使え。
ということ。自分で自分のことを話すより、他人が自分のことを話してくれるだで、それさえもニュースとなるということ。1日100時間にする為の極意だよね。

「しるし書店」や「おとぎ出版」の話はこれからのネット社会での生き方を捉えたユニークなアイデア。きっと、筆者は芸人よりビジネスマンなんだろうね。もしかして、芸人になったのは、売名の為?なんて思えてきたわ〜。

革命のファンファーレ 現代のお金と広告
革命のファンファーレ 現代のお金と広告西野 亮廣

幻冬舎 2017-10-04
売り上げランキング : 245


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

応援クリックはこちら→にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

2018-04-22

リベラルアーツの学び方 エッセンシャル版/瀬木比呂志

| 11:52

リベラルアーツの学び方 エッセンシャル版 (リベラルアーツカレッジ)』を読んだよ。教養でないのは確か。

本書のオリジナル版があるのは知っていて、気になってはいたんだけど、あの大きさにたじろぎ、あきらめモード。と思っていたら、そのエッセンシャル版が出た〜とことで早速に手に取る。

「リベラルアーツ」とか「教養」とかが、キーワードとして気になるんだけど、そもそも論として、この2つの違いは何か?ってところから始まると思うんだけど、筆者曰く、

そのような意味で、考える方法や感じる方法の生きた蓄積であるリベラルアーツは、個々人みずから考え、発想し、自分の道を切り開いてゆくための基盤として、まず第一に必要とされるものではないかと思います。
と。そう、単なるインプットされただけの知識ではなく、考えていくための基盤となるものなんだよね。でも、自分的にはこれは認識済み。

そして、リベラルアーツを身に付けるための方法論。

自分の世界の方法とほかのさまざまな世界の方法との間に、また、人々の生き方の方法との間に、新たな橋をかけ、そこに共通するものを探るためには、視点の移動と並んで、先のような「方法の転用」が非常に重要なのです。
自分的にはこの考え方が好き。何の関係もないと思っていたことが、ある日突然に橋が架かって、新たな視点が開ける。それを次に応用していく。いいよね。

後半はリベラルアーツを学ぶための書物の紹介。

実はこれに期待していたんだけど、どうもレベルが高過ぎて、付いていけない感じ。

最後にこんな記述も。

この宇宙が「ある」というのは、考えてみればそれ自体一つの奇跡であり、ある意味では、僕たちは、奇跡の中に住んでいるのです。そして、あらゆる種類のリベラルアーツは、その奇跡の一端にふれようとする人間の企てだともいえます。僕たちがそれらから学びうるのは、単なる発想や方法にとどまらず、もっと深いものでもあるのです。
これは、まさにリベラルアーツ的な発想と発言だよね。自然科学から一般論に橋を掛けているよね。いいなぁ〜。

リベラルアーツの学び方 エッセンシャル版 (リベラルアーツカレッジ)
リベラルアーツの学び方 エッセンシャル版 (リベラルアーツカレッジ)瀬木 比呂志

ディスカヴァー・トゥエンティワン 2018-01-26
売り上げランキング : 87879


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

応援クリックはこちら→にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

2018-03-12

FinTechが変える!/小林啓倫

| 23:16

FinTechが変える! 金融×テクノロジーが生み出す新たなビジネス』を読んだよ。そして、社会が変わる!

ここ数年の気になるキーワードがこの「Fintech」。当初は証券市場での新たな展開かと思っていたんだけど、ビットコインが出始めてから、おや何か違うな…と感じ始め、あら世の中変わるわ…という展開に、自分的な注目がさらに増加。その後は、『仮想通貨革命』などを読んだけど、その後の展開が気になり、次は本書ってわけ。

まずは本書の冒頭に紹介されているエムペサの事例。ケニアで展開されているモバイルマネーなんだけど、要は金融機関が利用できない人々が手軽に送金できるシステムであったことが普及のポイントになっているよ。そして、金融機関といえば、リーマンショックによる「金融サービスへの意識変化」の影響も大きいと。つまりは、若者の金融機関への不信感。信頼と安定が従来の金融機関の強みだったのにね。「銀行は必要なくなる」という意識が人々の間にどう広まるのか、今後のFintechの命運を分けそうな感じ。

そして、Fintechは電子マネーだけの世界に留まらない。クラウドファンディングとか、投資とか、保険とかにもその活用の場が広がっている。そう、学費ローンにまでも。そうなってくると次はPFM(個人資産管理)の世界に辿り着く。ネットの世界にどこまで個人情報を公開するかが課題にはなるけれども、そのリスクを受け入れてまで、メリットがあれば人々は利用するようになってくる。特に若い世代はそう考える人が多いかもね。

SNSの世界にもFintechが及ぶ。つまりは、

このように人々が長い時間滞在しているのが、メッセージアプリやソーシャルメディアである以上、彼らにわざわざ企業ウェブサイトを訪問してもらうのではなく、企業側から出かけていくというのが懸命な判断だ。
ということ。ここに決済機能を付ければ、それは便利なことこの上ないよね。

そして、総括。

フィンテックは金融テクノロジーではなく、社会全体を変えるテクノロジーだ。
と筆者。お金という概念を一変させる効果があるよね。そういう意味で、テクノロジー以上の意味があるんじゃないだろうか…。

FinTechが変える! 金融×テクノロジーが生み出す新たなビジネス
FinTechが変える!  金融×テクノロジーが生み出す新たなビジネス小林啓倫

朝日新聞出版 2016-06-07
売り上げランキング : 164047


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

応援クリックはこちら→にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

2018-02-03

シンギュラリティは近い[エッセンス版]/レイ・カーツワイル

| 19:45

シンギュラリティは近い[エッセンス版] 人類が生命を超越するとき』を読んだよ。人類は加速度的。

『シンギュラリティ・ビジネス』を読んで以来、気になるキーワード「シンギュラリティは近い」。『シンギュラリティ・ビジネス』では、本書を取り上げて、何度も「カーツワイルによれば、」というセリフが登場するよ。ということで、その原典を読んでみたというわけ。

とは言え、本書は「エッセンス版」という位置付け。原書の邦訳は『ポスト・ヒューマン誕生』という分厚いもの。洋書って、記述がしつこいものが多いから、この「エッセンス版」で十分かも。

で、本書の内容はというと、タイトルではピンと来ない。原書の邦訳本も同じ。分かりやすいのは「人類が生命を超越するとき」という副題。原書の邦訳本は「コンピュータが人類の知性を超えるとき」というもの。そう、後者の方が分かりやすい副題だよね。もっと端折ってしまうと、シンギュラリティ時点で人間とコンピュータは融合してしまうだろうという話。

では、実際に筆者はどう言っているか。

シンギュラリティとは、われわれの生物としての思考と存在が、みずからの作りだしたテクノロジーと融合する臨界点であり、その世界は、依然として人間的ではあっても生物としての基礎を超越している。
ということ。いや、これは完全に人間のコンピュータ化。その区別がつかない世界に到達するということを言っているわけだから。

もう少し具体的にいうと、身体はハードウェア化され、その精神はソフトウェア化される。ナノボットというコンピュータが身体の中を流れ、(ハードウェアの)不具合を見つけ、調整する。脳の中身はスキャニングされ、ダウンロードも可能となる。もちろん、他の身体にアップロード可能というわけだ。

そして、最後はハードウェアも消滅する。筆者曰く、

最終的に、ソフトウェアをベースとする人間は、今日われわれが知っている人間の厳しい限界を大きく超えるものになる。彼らはウェブ上で生きていき、必要なときや、そうしたいと思ったときには体を映し出す。その形態は多様で、VRのさまざまな世界を舞台とするヴァーチャル体、ホログラフィで投影された体、フォグレットが作り出す体、ナノボットの大群やその他のナノテクノロジーの形態で組織された物理的な体などがある。
と。いや、そんな世界が2045年に来るのだろうか。そう、それは確実に来る。人類は加速度的に進化しているのだから。あ〜。

シンギュラリティは近い[エッセンス版] 人類が生命を超越するとき
シンギュラリティは近い[エッセンス版] 人類が生命を超越するときレイ・カーツワイル NHK出版

NHK出版 2016-04-22
売り上げランキング : 2631


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

応援クリックはこちら→にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ