Hatena::ブログ(Diary)

活字中毒者地獄のりす蔵 RSSフィード

2018-05-19

未来予測の技法/佐藤航陽

| 19:29

時代を先読みし、チャンスを生み出す 未来予測の技法 (リベラルアーツカレッジ)』を読んだよ。テクニックではないような…。

特段に未来予測に興味があるわけでもなく、何気なく手に取った本書。占いとかいうわけでもなく、単にビジネス書だったからかも。読んでいて分かったんだけど、最近本屋で山積みになっている『お金2.0』の筆者だったんだね。図書館では予約多数で、順番が回ってくるのがいつになるか分からないから、もう『お金2.0』は読まなくてもいいかな…なんて。あぁ、どうでもいいことを述べてしまった。

本書はビジネス的な観点から、如何に未来を予測するか、その手法というより考え方をまとめた本。冒頭で、手法をまとめたと書いているけど、結局は考え方になってしまっているのではないかな…と。

この変化の激しい時代に予測なんてしたって、意味がない。それよりも変化に素早く対応できるようにした方が得策という考え方があるけれども、筆者の考えはちと違う。

「予測を放棄し、変化にすかさず対応する」。一見理にかなったこの戦略は、もはや戦略として意味をなしません。変化を見抜くことが難しい時代だからこそ、未来を的確に予測し、先回りできた企業と個人が最終的には勝利を収めるのです。
と。やっぱり、予測は必要なのね。いや、確かに必要だと思う。何もなければ、対応が対処療法になってしまうからね。

では、その具体的な手法。筆者は、

変化には一定のパターンが存在します。一見ランダムに動いているような市場の変化も、一定のメカニズムに則っています。その意味において、現在は過去の焼き直しであることが多いのです。
と言う。そう、これはそう思う。過去に起こったことが形を変えて、また現れる。それを人類は繰り返しているんだよね。だから、現象だけを捉えるのではなく、その原理を捉えることが重要なんだと思う。手法的には一般化してみるとか。

その一つの例として登場するのが、「エントロピー」。

エントロピーの増大は多くの物事に当てはまるパターンであり、今後IoTがますます進んでいくというのもその具体例のひとつです。なかでも注目すべきは、センサーの拡散です。
ということ。一般化して物事を眺めると、いろいろなことが分かってくるよね。こういう考え方、楽しいなぁ〜。いいなぁ〜。

時代を先読みし、チャンスを生み出す 未来予測の技法 (リベラルアーツカレッジ)
時代を先読みし、チャンスを生み出す 未来予測の技法 (リベラルアーツカレッジ)佐藤 航陽

ディスカヴァー・トゥエンティワン 2018-01-26
売り上げランキング : 86929


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

応援クリックはこちら→にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

2018-03-17

ブロックチェーン革命/野口悠紀雄

| 11:33

ブロックチェーン革命 分散自律型社会の出現』を読んだよ。IT革命の完成版。

今回も引き続き「Fintech」。筆者は野口悠紀雄先生だから、『仮想通貨革命』の続きっていう感じかな。だから、『FinTechが変える!』よりは、さらに社会的な観点からの「ブロックチェーン」を論述しているよ。

そして、論点は副題にある「分散自律型社会」ということ。要は、ブロックチェーン技術が分散自律型社会を出現させるということ。いや、Internetの出現により分散型社会になりつつあるんじゃないの?って思うかもしれないけど、金融的にはまったくそうなっていないということ。改めてそう言われると確かにそうかも。お金って未だに金融機関を通さなければ、何もできない状態だよね。でも、ブロックチェーンの技術は金融機関だけに留まらない。そこで、

世界はいま、ブロックチェーンという新しい技術の潜在力に気付いた。そしてそれが、未来のビジネスチャンスの宝庫であることに気付いた。それだけではなく、この技術が社会と経済を根底から変えてしまうことを認識したのだ。これはインターネット黎明期と同じような状況だ。
と筆者。金融機関以外では、IoTサプライチェーン医療、教育などでも用いられるということ。ピンとこない分野もあるかもしれないけど、P2Pという概念が分かれば、同じことだと気づくんだよね。

もう一つ、信頼性をどう考えるかという問題。

ブロックチェーンの世界においては、人や組織を信頼する必要がない。改竄できないデータがブロックチェーンに埋め込まれているからだ。そして、数千台のコンピューターが働いてそれを維持している。これこそが信じるに値するものである。
そう、大企業だから、行政のやることだから信頼できるという世界からの脱却。だからこそ革命なのかもしれないけど、人々の心がここまで変えられるのか…。ましてや日本では難易度が高そうな気がするよね。

いや、いつの間にかそんな世界になっていた…っていうのが世界の変え方なのかなぁ〜。

ブロックチェーン革命 分散自律型社会の出現
ブロックチェーン革命 分散自律型社会の出現野口 悠紀雄

日本経済新聞出版社 2017-01-19
売り上げランキング : 10580


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

応援クリックはこちら→にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

2017-12-18

ローカル線で地域を元気にする方法/鳥塚亮

| 23:31

ローカル線で地域を元気にする方法: いすみ鉄道公募社長の昭和流ビジネス論』を読んだよ。鳥塚社長的人生訓。

前作『いすみ鉄道公募社長 危機を乗り越える夢と戦略』に続き、いすみ鉄道社長の著作第2弾。この前作は書き下ろし風だったけど、今回は社長が公開しているブログをまとめたもの。だから、読みやすいんだけど、ところどころで多少???の箇所があるのが気になる点。

あと、内容的にも、まとまりがないかも。まぁ、ブログだから徒然なるままにだよね。

とは言え、鳥塚社長の発想は豊かなのは確か。

例えば、「電車は大人の事情で走っている」という観点

私が心配するのはこの部分で、なぜなら、これからの日本は少子化で人口がどんどん減っていきますから、自分たちの都合を最優先に商売をすることは、とてもリスクが高くなることなのです。「そのぐらいどうして気づかないのか」というのが、冒頭に申し上げた私の友人が言うところの、「電車は大人の事情で走っている」ということなのです。
つまりは、自らの存在そのものが求められているという勘違い。存在よりもサービスを求めるのが顧客なのに、それが分からない。そういう仕事をずっと続けてきていたから。うん、耳が痛い話…。

さらには、アインシュタインの言ったINSANITYという単語の説明を引用して、

地域がダメになってきているというのに同じことをしていてよくなると考えている人がいたらその人は「INSANITY」ですからね。
と追い打ちをかける。もっと、耳が痛い…。

そして、航空業界にいた鳥塚社長が空と陸の違いを語る。例えば、最近の航空業界ではパッセンジャーとは言わずにカスタマーと呼び始めているという。

私は、鉄道をいうツールを使って、パッセンジャーの輸送からもう一歩踏み込んだ、カスタマーサービスを目指しているのです。
と鳥塚社長。顧客に対する姿勢の違いだよね。元々、陸は甘いんだよね。

そう、鳥塚社長の話は元気づけられるというか、なんだか希望が持てる感じ。これともって、閉塞感を打破したいなぁ〜。

ローカル線で地域を元気にする方法: いすみ鉄道公募社長の昭和流ビジネス論
ローカル線で地域を元気にする方法: いすみ鉄道公募社長の昭和流ビジネス論鳥塚亮

晶文社 2013-07-02
売り上げランキング : 109874


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

応援クリックはこちら→にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

2017-12-02

空港は誰が動かしているのか/轟木一博

| 19:18

空港は誰が動かしているのか (日経プレミアシリーズ)』を読んだよ。題名と内容の乖離。

このところ、飛行機に乗る機会が続き、またもや乗り物好きの血が騒ぐ自分。また、乗りたいなと思うけど、その機会もお金もないので、手っ取り早く本を読むことで誤魔化すことにする。本書と同著者が書いた『航空機は誰が飛ばしているのか』は興味深く読めた記憶があるので、その続編という感覚で本書を手に取ったわけ。

で、本書の内容は、新関空会社の経営統合問題。具体的には、関空・伊丹の両空港を運営する民間会社設立までの経緯をまとめたもの。だから、自分は空港の運営について書かれた本だと思っていたので、その違いに愕然。しかも、後半になるにつれて、契約とかの話が増えてチンプンカンプン。そもそも用語が分からないから。

では、改革前の関空運営はどうだったのか。それは完全にお役所仕事。

それなのに、何億円もの投資は採算性や必要性についてたいした議論もされずに通っていく。暴れるトラは放置して、ハエばかり追い回していては、職員が疲弊するだけである。
とか、
お役所組織は担当によって縦割りにするから、各担当部局は各自の業務だけを見て、投資・プロジェクトの全体像、会社全体の収益性を把握する意識が薄くなりがちだ。
とか。どこの組織でも有りがちな課題…。耳も痛いし。

それでも、自分的には面白いなと思った観点は、民間と公共の狭間でどう折り合いを付けていくかという点。空港という公共性が高い事業体で民間的な手法をどう活かしていくのかは、普通の経営書では得られない情報かも。この点に関して、筆者は、

そして、このプロジェクトを成功させるには、「民間のビジネスの知識」と「公共的な解決」の両方を掛け合わせた総合力が要求される。課題を数え上げればきりがないが、組織人として、すでに厳然と存在する課題をどうこう言ったところで課題がなくなるわけではないので、ミッションの実現というゲームを戦う上でのハンデに過ぎないとなる。
と言っているよ。ある意味、やりがいのある仕事だったということなんだろうね。

そう、期待していた内容と違っていたのは確かなんだけど、組織論という意味で幾つか参考になる本書でした〜。

空港は誰が動かしているのか (日経プレミアシリーズ)
空港は誰が動かしているのか (日経プレミアシリーズ)轟木 一博

日本経済新聞出版社 2016-05-10
売り上げランキング : 30602


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

応援クリックはこちら→にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

2017-10-28

伊藤元重が警告する日本の未来/伊藤元重

| 22:23

伊藤元重が警告する日本の未来』を読んだよ。世界の経済的潮流を知る。

自分的にはちょっとした伊藤元重先生ブーム。池上彰氏とはちょっと違った観点で世界の潮流を知ることができるのが、今のお気に入りの理由かな。経済的な視点て、自分の中で過去にあまりなかったし。

さて、ではどんな警告なのか。前半は技術革新の社会がどう変わるのかという点。後半はトランプ大統領を中心とした保護主義が世界の経済に与える影響について。でも、警告っていうのは大げさで、まさに潮流を詳しく解説し、伊藤氏の見解を披露するという感じ。

では、前半の技術革新について。IoTやAIが社会を変えるというのは既に既成の事実となりつつあるけれども、日本は乗り遅れていないか?と懸念は大きいよね。でも、少子高齢化が先進諸国の中で最も進んでいる日本は、その課題解決に技術革新によるソリューションを展開するには最適な環境なわけ。だからこそ、

企業が生き残るには、過去に見てきた世界のイメージを捨て、これから先の世界の変化に対してフォワード・ルッキングの姿勢を取ることが求められているのではないでしょうか。
と伊藤氏。破壊的イノベーションって、まさにこういうことなんだよね。日本の得意とする改良型イノベーションではダメなんだよなぁ〜。

後半は通商政策と経済問題。自国ファーストという保護主義政策が進む一方で、グローバル化といった流れもあり、単にアメリカに踊らされているだけのような気がしないわけではない日本の現状。それに対し、

もちろん私は、保護主義的な議論のすべてが悪いだとか、未熟だとかいうつもりはありません。正しい議論もたくさんあります。しかし、何か問題が起こればすぐにその原因をグローバル化や市場経済に求める保護主義的な考え方は、物事を単純化しすぎていると思います。またそれが単純でわかりやすいがゆえに、多くの人々の間にどんどん広まってそれが世の中全体のムードになってしまうことこそ、むしろ問題だと思います。
と筆者。あぁ、ここでもやっぱりわかりやすいことに流れてしまう思考停止という課題が…。自分の頭でしっかり考える事。それこそが、筆者の発する警告なんじゃないかなぁ〜。

伊藤元重が警告する日本の未来
伊藤元重が警告する日本の未来伊藤 元重

東洋経済新報社 2017-06-02
売り上げランキング : 80455


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

応援クリックはこちら→にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ