Hatena::ブログ(Diary)

活字中毒者地獄のりす蔵 RSSフィード

2017-10-17

アジア辺境論/内田樹,姜尚中

| 19:11

アジア辺境論 これが日本の生きる道 (集英社新書)』を読んだよ。現実的なんだろうか…。

内田先生の『日本辺境論』を読んで、自分的には目から鱗。そう、辺境だから故に、世界から見たらヘンな日本なんだいう認識が持てたっていうわけ。それ以来、内田先生の辺境論に傾倒しているわけで、本書が出た時は勿論必読を決意ってこと。

で、今回は内田先生と姜尚中氏がユーラシア大陸の辺境地域について、語るというもの。その主旨は、東アジア地区を辺境であると定義し、日本、韓国台湾(場合によっては香港まで)での連帯を!ということ。その是非は本書を読んで、考えてもらうとして、自分としては、内田先生の目から鱗的な論考を本書の中から読み取りたいな…というイメージ。

まずは、はじめにから。

日本が「アメリカ属国であって、主権国家ではない」限り、日本が自前の世界戦略を語る日は来ないだろうと僕は思います。
内田先生。つまりは、日本は未来を語るビジョンを提示てきていないということ。だからこそ、本書でそれを語るのだとも。

そして、反知性主義という用語から。複雑な話から単純な話に還元しようとする誘惑を反知性主義と定義する。そう、本当は「そんな簡単な話じゃない」ことは分かっているのに、「簡単な話」にして、知的負担を軽減する。そう、今の社会はそういう傾向が強いよね。政治の論点にしてもそう。だから、

反知性主義感染力が強い。あくびがうつるように、ため息がうつるように、「もう難しいことを考えるのに疲れたよ」という愁訴はあっという間に広がってしまう。この徒労感からどうやって民主制を守るのか、それが喫緊の課題だと僕は考えています。言い換えるなら、「難しいことを考えることを厭わない」という意欲をどうやって保持するか、もっと踏み込んでいえば、「難しいことを考えることをむしろ好む」ような傾向をどうやって創り出すか。それが民主制を守るための思想的な急務ではないか。僕はそんなふうに考えています。
内田先生。いや、まさにおっしゃる通り。論点が単純なのは分かりやすいけど、そうそう物事の本質は単純ではないからね。考えることを厭うことを放棄したくはないよね。

それを思うと今度の選挙。なんだかそれでいいのかなぁ〜という違和感だけが残るんだけど。

アジア辺境論 これが日本の生きる道 (集英社新書)
アジア辺境論 これが日本の生きる道 (集英社新書)内田 樹 姜 尚中

集英社 2017-08-19
売り上げランキング : 1693


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

応援クリックはこちら→にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

2017-10-07

この日本で生きる君が知っておくべき「戦後史の学び方」/池上彰

| 19:38

この日本で生きる君が知っておくべき「戦後史の学び方」 池上彰教授の東工大講義 日本篇 (文春文庫)』を読んだよ。戦後史は知っておくべし。

東京工業大学教授という肩書を持つ池上彰氏。そこで、教員という立場で戦後史を語るというコンセプトで書かれたもの。だから、タイトルに「この日本で生きる君が知っておくべき」という形容詞句があるわけ。

戦後史というと、日本史の授業では端折られる定番ということになっているけれども、それに関して、池上氏は、

歴史を教える人にとって、戦後史は現代そのもの。自分が経験してきたことは「歴史」と感じません。ところが、自分が経験していない人にとっては、それは歴史なのです。この認識の落差が、戦後史を空白にしてきたのだと思います。
という見解。だからこそ、ここで池上氏が学生に戦後史を語る必要があるんだろうね。そして、もう一つの見解は、今の社会がこうなっている経緯を知ることにもなるからというもの。この意味合いは強いよね。経緯を知らずには理解は深まらないだろうし。

戦後史と言っても、内容は様々。国際問題は、アメリカとの関係が中心にはなるけれども、そこに中国韓国北朝鮮の話も絡んでくる。そして、アメリカとの関係から、防衛問題と憲法問題。それが政府の見解に繋がって、政治の話。政治と言っても、政治そのものではなく、政治体制の話が中心かな。

そんな中で、池上氏らしく、チクリとしたコメントを散りばめるよ。

全国学力テストの話では、今の制度では前年度との比較ができないことに対し、悉皆調査から抽出調査に変更することを提案し、その上で、

統計学的には、これで十分に意味のある調査ができることを、東工大の学生なら理解できますね。こうした当然のことが実現できないのですから、日本の教育関係者の「学力」が心配になります。
と、かなりグッサリ。でも、おっしゃる通りだよね。

もう一つは、日本国財政赤字について。高度成長期は国民に「利益の配分」があったがという観点から、

利益の分配ではなく、「不利益の分配」になってしまっているのが現実です。現実を見据え、国民に不利益の分配を認めてもらう。そんな政治家の出現を期待したいのですが。
と。いまだに高度成長を夢見ている人たちが多過ぎるからね。あっ、バブルもそうか。

さて、日本はこれからどうなるのか。まずは、今度の選挙の行方を見守らないと…。

この日本で生きる君が知っておくべき「戦後史の学び方」 池上彰教授の東工大講義 日本篇 (文春文庫)
この日本で生きる君が知っておくべき「戦後史の学び方」 池上彰教授の東工大講義 日本篇 (文春文庫)池上 彰

文藝春秋 2015-07-10
売り上げランキング : 5653


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

応援クリックはこちら→にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

2017-08-29

知らないと恥をかく世界の大問題8/池上彰

| 23:19

知らないと恥をかく世界の大問題8 自国ファーストの行き着く先 (角川新書)』を読んだよ。ファースト流行り。

このシリーズも第8弾。シリーズが進むに連れて、発刊の間隔が短くなってきているような気がするけど、それだけ世界の情勢の変化が激しいということなのか…。

今回の副題は「自国ファーストの行き着く先」。自分的には、何とかファーストという言葉は東京都知事選挙で初めて聞いて、それから流行り始めたように思えるけど、世界の潮流から見ると「都民ファースト」の方がその流れに乗っただけだったのかとも思えるほど。そして、それを本書では「反グローバル現象」と表現しているよ。要は揺り戻しってやつね。

で、その反グローバルの急先鋒がドナルド・トランプという人物。池上さんは彼を様々な言葉で表現しているよ。「トランプという人物の精神分析が必要」とか、「彼はイデオロギーなきビジネスマン」とか、しまいには「トランプに騙されたと気づく人たちが出てくるでしょう」とまで。いや、当たっているとは思うけど。

そして、毎度の中東問題。いつまでもぐずり続けるのは何故なのか?そもそもの原因を作ったのは欧米諸国+ソ連なんだろうけど、現地の人たちの歴史的な事実も民主化が進まない要因だとか。例としてアフガニスタン。

独裁政権を倒せば、人々は民主主義国家をつくると思っていたのです。実際には、そんなことにはなりませんでした。アフガニスタンに、そもそも民主主義の歴史はなく、民主主義がどんなものか、理解できる人は少なかったのです。
とか、
しかし、イラクには過去、国民が民主的な選挙で代表を選ぶという仕組みはありませんでした。
ということで、前の政権が倒れても何をしていいのか分からないとか。

そして、それと同じことが長い間軍事独裁政権だった韓国にも言えるとも。

そう、だから本書に通底するキーワードは“民主主義”。池上さん曰く、

私は、世界を見ていると「民主主義の国とは何か」と考えます。結論としては、選挙結果にみんなが従うことではないでしょうか。
と。確かに、選挙結果がヘンな国はたくさんありそうだよね。人類はまだまだ勉強不足ってことなのかなぁ〜。

知らないと恥をかく世界の大問題8 自国ファーストの行き着く先 (角川新書)
知らないと恥をかく世界の大問題8 自国ファーストの行き着く先 (角川新書)池上 彰

KADOKAWA 2017-07-20
売り上げランキング : 3597


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

応援クリックはこちら→にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

2017-03-04

ソウルの練習問題/関川夏央

| 08:23

新装版ソウルの練習問題 (集英社文庫)』を読んだよ。近くて遠い国は今でも。

1980年台の前半、筆者の関川夏央が韓国を旅し、そこで感じたこと、出会った人々を通して、当時の韓国をマスコミではない視点から伝えたもの。当時、関川氏の年齢は30歳代前半だったのだろうと思う。日本と韓国は、今のように旅行の自由度は低く、団体旅行がほとんどだったみたい。そこへ単身乗り込んでいく関川青年というシチュエーション。

で、その韓国はどうだったのか。

「孤独」という言葉がある。バベリズム、つまり言語的意思疎通不能によって生じる不安と混乱と、結果として一旅行者が異郷で味わうすさまじいまでの孤独感を味わいたいならば、ぼくはためらうことなく、韓国の旅をすすめる。
と。そう、キーワードは「孤独」。同じ東アジア圏で、且つ隣国でありながら、こういう境地に至ったのは「ハングル」という表音文字が一つの原因。顔も形も日本人に似ているのに、そこにあるのはハングルだけの世界。漢字か英語がそこに少しでもあれば、これだけの孤独感はなかったのかもしれないね。

さて、日本と韓国の関係はいつまでも微妙。

八二年の夏だけに日本人が嫌われただけではないのだ。長く濃い影を百年以上にわたって朝鮮半島のうえにおとしつづけてきた心の歪んだ表情の巨人、日本と日本人は嫌われつづけているのだ。
と筆者。それでも、だからこそ今韓国に旅行するのだと強気なんだけど、相当に精神には応えているんだろうね。

そして、言語の壁。筆者は韓国語を言語の密林と表現しているよ。

勇敢というよりも、多少の自尊心を持つ青年ならば案内人を伴わずに密林に分け入ろうとするだろう。たとえ結果は悲惨に終わっても、実りなしといえない。言語の森を実感し異文化の刺激のなかで、鏡のなかの自分の姿を冷静に観察できるようになるだろう。
と言い、それが異文化体験なのだとも。筆者とスンジャとの関係はまさにこの異文化体験なんだろうなぁ〜。

新装版ソウルの練習問題 (集英社文庫)
新装版ソウルの練習問題 (集英社文庫)関川 夏央

集英社 2005-11-18
売り上げランキング : 342255


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

応援クリックはこちら→にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

2014-08-18

知らないと恥をかく世界の大問題5/池上彰

| 18:18

知らないと恥をかく世界の大問題5どうする世界のリーダー?~新たな東西冷戦~ (角川SSC新書)』を読んだよ。ロシアの動きに注目。

池上彰氏のこのシリーズも既に5冊目。これだけ出ているということはかなり売れているんだろうね。アッシが完読しているくらいだから、読み易さもあるんだろうし、それだけ世界情勢って注目さているのかもしれないね。特に、最近は東アジアの情勢も目が離せないし。

で、本書の注目はロシアの動き。ウクライナ情勢を中心に、ロシア対アメリカ、ロシア対中国、ロシア対ヨーロッパという構図が分かりやすいかも。

その前に、ロシア対日本。安倍首相はアメリカよりロシアへの親密度を濃くしているような動きだけど、これは対中国を意識しているのかもしれないね。そう、これは中国包囲網。日本は中国韓国包囲網を築かれかねない状況なんだけど。こんな動きを、池上氏は、

「敵の敵は味方」「昨日の敵は今日の友」。敵を挟んで、まるで世界地図上で自国のエゴを実現するためのオセロゲームをしているかのような世界。
と表現しているよ。つまりは、政治が首尾一貫せずということ。アッシ的には、そんなことでいいのかと思うんだけど…。

そして、対する中国の動き。習近平主席の権力の集中化が気になる話題になっているよ。

習近平主席にしてみれば、圧倒的な力を持って4年後に自分の言うことを聞く人間だけにすれば、次の5年間はやりたい放題です。そのための権力闘争が始まっているというわけです。
と。結局は、そんなことでいいのかと思ってしまうようなこと。それにしても、やりたい放題って、やっている自分自身が怖くないか…。そういう心理が政治家でないと分からないのかなぁ〜。

最後は、世界の最先端技術は日本が支えているという事実から、

何も韓国中国に、「目にモノを見せてやれ」ということではなく、日本があるから世界が回っている。そう思わせることが、本当の意味での安全保障につながるのではないかと思うのです。
と池上氏。そう、確かにそうなんだけど、分かっている人だけ分かっているのでは意味がないし、国民感情って操作されて作られているような感じだからね。

せめて、日本人だけでも、踊られずに冷静に判断したいと思うよね。

知らないと恥をかく世界の大問題5どうする世界のリーダー?~新たな東西冷戦~ (角川SSC新書)
知らないと恥をかく世界の大問題5どうする世界のリーダー?~新たな東西冷戦~ (角川SSC新書)池上 彰

KADOKAWA/角川マガジンズ 2014-05-09
売り上げランキング : 1213


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

応援クリックはこちら→にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ