Hatena::ブログ(Diary)

活字中毒者地獄のりす蔵 RSSフィード

2018-05-19

未来予測の技法/佐藤航陽

| 19:29

時代を先読みし、チャンスを生み出す 未来予測の技法 (リベラルアーツカレッジ)』を読んだよ。テクニックではないような…。

特段に未来予測に興味があるわけでもなく、何気なく手に取った本書。占いとかいうわけでもなく、単にビジネス書だったからかも。読んでいて分かったんだけど、最近本屋で山積みになっている『お金2.0』の筆者だったんだね。図書館では予約多数で、順番が回ってくるのがいつになるか分からないから、もう『お金2.0』は読まなくてもいいかな…なんて。あぁ、どうでもいいことを述べてしまった。

本書はビジネス的な観点から、如何に未来を予測するか、その手法というより考え方をまとめた本。冒頭で、手法をまとめたと書いているけど、結局は考え方になってしまっているのではないかな…と。

この変化の激しい時代に予測なんてしたって、意味がない。それよりも変化に素早く対応できるようにした方が得策という考え方があるけれども、筆者の考えはちと違う。

「予測を放棄し、変化にすかさず対応する」。一見理にかなったこの戦略は、もはや戦略として意味をなしません。変化を見抜くことが難しい時代だからこそ、未来を的確に予測し、先回りできた企業と個人が最終的には勝利を収めるのです。
と。やっぱり、予測は必要なのね。いや、確かに必要だと思う。何もなければ、対応が対処療法になってしまうからね。

では、その具体的な手法。筆者は、

変化には一定のパターンが存在します。一見ランダムに動いているような市場の変化も、一定のメカニズムに則っています。その意味において、現在は過去の焼き直しであることが多いのです。
と言う。そう、これはそう思う。過去に起こったことが形を変えて、また現れる。それを人類は繰り返しているんだよね。だから、現象だけを捉えるのではなく、その原理を捉えることが重要なんだと思う。手法的には一般化してみるとか。

その一つの例として登場するのが、「エントロピー」。

エントロピーの増大は多くの物事に当てはまるパターンであり、今後IoTがますます進んでいくというのもその具体例のひとつです。なかでも注目すべきは、センサーの拡散です。
ということ。一般化して物事を眺めると、いろいろなことが分かってくるよね。こういう考え方、楽しいなぁ〜。いいなぁ〜。

時代を先読みし、チャンスを生み出す 未来予測の技法 (リベラルアーツカレッジ)
時代を先読みし、チャンスを生み出す 未来予測の技法 (リベラルアーツカレッジ)佐藤 航陽

ディスカヴァー・トゥエンティワン 2018-01-26
売り上げランキング : 86929


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

応援クリックはこちら→にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

2018-05-06

YouTube革命/ロバート・キンセル

| 07:50

YouTube革命 メディアを変える挑戦者たち』を読んだよ。これは革命か?

YouTube副社長が筆者。だから、完全にYouTube寄りの話が中心になるかとは思っていたんだけど、実はそうでもなく、メディアに対するより一般的な議論を展開していて、好感が持てる。事例のほとんどがYouTubeのことなのは、当然だということが前提条件になるけどね。

内容的には、ユーチューバーがいかにユーチューバーとなっていったかという話が中心。誰でもが動画を発信できるプラットフォームにおいて、そこに人が集まるチャンネルを作り、収入を得ていくか、そして、成功していくか…。これが「メディアを変える」という副題に繋がっていくわけで、人々の余暇の使い方が変わり、TVの視聴から動画の視聴へシフトしていく。それも、ミレニアム世代、Z世代と言われる若い世代からシフトしていっているので、我々のような老年世代は、その変革に気がつかないという現象も起きてくる。

では、ユーチューバーはどんな人たちなのだろうか。その根本的性格について本書では、

彼らはコミュニティを形成し、育てることに長けている。基本的に自分を偽らず、自らの人生について率直に、等身大の自分を語っている。彼らは世界中のファンとどうすればつながれるかを理解し、国境を越える魅力を持つ動画をつくる。彼らは自分たちの多様性と、独特の視点を活用する。そして、ニッチの魅力を理解し、無関心な大衆ではなく、熱い少数のファンにアピールしたほうがいいことに気づいている。
と言っているよ。そう、従来のメディアの考え方とは完全に逆行。でも、ニッチといえば、ロングテールの考え方に近いよね。まさに動画の世界でも通用するネットの世界の標準仕様ってことだろうね。

最後に目からウロコの話。YouTubeには広告が事前に流れることが多いけど、5秒見ればスキップできる。TrueViewと呼ばれる機能なんだけど、これの意味が凄い。5秒後にスキップされてしまうと広告主は一銭も払わなくても済むという仕組み。それは、

このフォーマットが初めて導入されたとき、広告主は激怒した。しかしまもなく、ユーザーはいつ自ら進んで広告を観るのか知ることの価値が明らかになった。私たちはスキップできない広告もYouTubeで流しているが、広告の大部分はTrueView広告で、人々の気持ちを瞬間的につかむ優れたCMを作成する制作する動機を広告主に与えている。
ということ。これも逆転の発想。今までのマスメディアでの発想ではないよね。インタラクティブ広告だからこそできる手法なんだろうね。いや、メディアはまだまだ変わる予感。Z世代はともかく、ミレニアム世代には付いて行きたいなぁ〜。

YouTube革命 メディアを変える挑戦者たち
YouTube革命 メディアを変える挑戦者たちロバート キンセル マーニー ペイヴァン Robert Kyncl

文藝春秋 2018-03-15
売り上げランキング : 4602


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

応援クリックはこちら→にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

2018-01-28

クラウド時代の思考術/ウィリアム・パウンドストーン

| 00:06

クラウド時代の思考術―Googleが教えてくれないただひとつのこと―』を読んだよ。タイトルに異議あり!

しかも、副題が「Googleが教えてくれないただひとつのこと」だから、なんとなく『〈インターネット〉の次に来るもの』を想像するのは必然。でも、本書の内容はちょっと違う。

テーマは「ダイニング=クルーガー効果」。それは、

知識や技術にもっとも欠けた者の特徴は、知識や技術の欠損をまったく理解できないことだ。
ということ。そう、Googleで検索すれば、知識は簡単に手に入る時代。だからこそ、知識を持つ必要はないのか?という疑問が起きる。だから、本書は、
事実を簡単に調べることのできる世界にいて、なお事実を知ることに価値があるのだろうか?この本はこうした単純な質問に答えを出す試みである。
ということに。

では、筆者は何をしたか。それは世論調査の手法を使い、知識と所得の相関関係を調査すること。本当にどうでもいいようなちょっとした知識を質問項目として上げてみる。そして、その人の所得との相関関係を分析するわけ。例えば、歴史の教科書によく出てくる人物の写真を提示し人名を答えさせるとか、ビックマックのカロリーはどのくらいか?とか。

この相関関係の話が延々と続く(400頁のうち300頁位上はその話)んだけど、知識は必要なのか?という冒頭の命題の結論はというと…。そう、やっぱり、知識は必要なんだと。その理由も長いんだけど、例えば、

広い知識の持ち主は、恐ろしくひどい決断をすることはまずなさそうだ。それは彼らが全体を見渡していて、自分が知らないことを、はっきり述べることができるからだ。
と。いや、これってイメージ的には理解していることだよね。まぁ、知識は必要なことには間違いない。なんでも検索できる時代でも、その文脈は知識がないと理解できないわけだからね。

それにしても、長かった…。

クラウド時代の思考術―Googleが教えてくれないただひとつのこと―
クラウド時代の思考術―Googleが教えてくれないただひとつのこと―ウィリアム・パウンドストーン 森夏樹

青土社 2017-01-25
売り上げランキング : 230926


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

応援クリックはこちら→にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

2017-12-02

空港は誰が動かしているのか/轟木一博

| 19:18

空港は誰が動かしているのか (日経プレミアシリーズ)』を読んだよ。題名と内容の乖離。

このところ、飛行機に乗る機会が続き、またもや乗り物好きの血が騒ぐ自分。また、乗りたいなと思うけど、その機会もお金もないので、手っ取り早く本を読むことで誤魔化すことにする。本書と同著者が書いた『航空機は誰が飛ばしているのか』は興味深く読めた記憶があるので、その続編という感覚で本書を手に取ったわけ。

で、本書の内容は、新関空会社の経営統合問題。具体的には、関空・伊丹の両空港を運営する民間会社設立までの経緯をまとめたもの。だから、自分は空港の運営について書かれた本だと思っていたので、その違いに愕然。しかも、後半になるにつれて、契約とかの話が増えてチンプンカンプン。そもそも用語が分からないから。

では、改革前の関空運営はどうだったのか。それは完全にお役所仕事。

それなのに、何億円もの投資は採算性や必要性についてたいした議論もされずに通っていく。暴れるトラは放置して、ハエばかり追い回していては、職員が疲弊するだけである。
とか、
お役所組織は担当によって縦割りにするから、各担当部局は各自の業務だけを見て、投資・プロジェクトの全体像、会社全体の収益性を把握する意識が薄くなりがちだ。
とか。どこの組織でも有りがちな課題…。耳も痛いし。

それでも、自分的には面白いなと思った観点は、民間と公共の狭間でどう折り合いを付けていくかという点。空港という公共性が高い事業体で民間的な手法をどう活かしていくのかは、普通の経営書では得られない情報かも。この点に関して、筆者は、

そして、このプロジェクトを成功させるには、「民間のビジネスの知識」と「公共的な解決」の両方を掛け合わせた総合力が要求される。課題を数え上げればきりがないが、組織人として、すでに厳然と存在する課題をどうこう言ったところで課題がなくなるわけではないので、ミッションの実現というゲームを戦う上でのハンデに過ぎないとなる。
と言っているよ。ある意味、やりがいのある仕事だったということなんだろうね。

そう、期待していた内容と違っていたのは確かなんだけど、組織論という意味で幾つか参考になる本書でした〜。

空港は誰が動かしているのか (日経プレミアシリーズ)
空港は誰が動かしているのか (日経プレミアシリーズ)轟木 一博

日本経済新聞出版社 2016-05-10
売り上げランキング : 30602


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

応援クリックはこちら→にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

2017-08-17

オープン・スペース・テクノロジー/ハリソン オーエン

| 16:23

オープン・スペース・テクノロジー ~5人から1000人が輪になって考えるファシリテーション~』を読んだよ。本当にできるのか。

働き方改革とかが最近メディアでよく聞かれるようになってきているけど、キーワードのひとつが会議のやり方。立席でとか、時間を決めてとか、その形態についてはいろいろ紹介されているけれども、そもそも本当にそれで課題が解決できるのかというとそれは別問題。

そこで本書が紹介するオープン・スペース・テクノロジー(OST)という会議手法。著者がOSTの提唱者なんだけど、その起源がなんとも…。あるカンファレンスで「誰もが有意義だったのがコーヒーブレークだった」ということで意見が一致したという事実。

そして、

そして私は1つのシンプルな疑問にたどり着きました。「良いコーヒーブレークにおける協働や刺激と、良いミーティングの内容と成果を組み合わせることが可能だったのではないか?そして何よりも、全部のことが1年以内でできたのではないだろうか?」
という気付きを得る。そこで考案したのが、オープン・スペース・テクノロジーってわけ。

その手法はユニーク。ファシリテーターは基本的には行動しない、見守るだけというスタンス。それでも成果が出る。参加者が主体的に動き、誰がボスなのかも分からないくらい、自己組織化されると。

それでもどうしてそんなことが起こるのか。筆者は、

それは、世界中のどこでOSTを行おうと、また学歴、文化、地位、経済、そして民族あんど、多様なバックグラウンドをもつ人々が集まったグループに対して実施しようと、OSTを使用するたびに、毎回起こるのです。
と言い、その理由は分からない…とまで。ちょっと待て、提唱者がそんなことを言っていいのか…とは思うけど。

さて、実際にやってみて、どういう結果がでるか…。ある意味、愉しみになってきた。

オープン・スペース・テクノロジー ~5人から1000人が輪になって考えるファシリテーション~
オープン・スペース・テクノロジー ~5人から1000人が輪になって考えるファシリテーション~ハリソン オーエン ヒューマンバリュー

ヒューマンバリュー 2007-01-30
売り上げランキング : 250391


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

応援クリックはこちら→にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ