Hatena::ブログ(Diary)

活字中毒者地獄のりす蔵 RSSフィード

2018-01-20

これからの日本、これからの教育/前川喜平,寺脇研

| 10:37

これからの日本、これからの教育 (ちくま新書)』を読んだよ。その「これから」が分からない。

二人の元文部科学省官僚の対談をまとめたもの。特に、話題の前川喜平氏の登場とあれば、興味津々で読んでみたってわけ。でも、結局は、前川氏の言葉としては、冒頭と最後にまとめた文章だけ。それも、なんだかスッキリしたものではなかったような…。本書の大半を占める二人の官僚の対談は、ほとんどが寺脇研氏が話をし、前川氏が相槌程度にコメントや補足情報を付け加えるだけといった感じだし。

では、その少ない前川氏からの情報で、その精神に通底するものを見ていくと、初代文部大臣森有礼の言葉「自警」に辿り着く。前川氏曰く、

私なりに「自警」を要約すると、教育と学問にかんする行政をつかさどる文部省の責任は大変重いもので、その職務をになう人間は、十二分にその自覚をし、他の省庁と比較したりせず、その職に死んでもいいくらいの気持ちで、つねに自らを向上させ、職務に励まなければならない、ということが言われています。
と。この「自警」を幾つか引用して、退官前に文科省職員全員宛にメールで送ったのはその当時に話題になったよね。加計学園問題での一連の発言は、この精神から発せられているような…。

そして、日本の教育改革。二人の主張は「学校教育だけが教育ではない」ということ。例えば、

寺脇さんの言われるように、大事なのは、学習者の学ぶ場を保証することです。一人ひとりの、多様なあり方に即した、多様な学びの場を用意すること。
と前川氏。うん、これは間違ってはいないはず。逆にこの主張は旧来の文科省の考え方とか、他の省庁(財務省とか内閣府とか)とぶつかるんだろうね。

最後に、気になる前川氏の主張。

数学に関していえば、高校の必修科目から外したほうがいいと、ずっと思っています。
と。ドロップアウトの原因だからと言っているけれども、これはちょっといただけない。ちょっと拙速すぎやしないか?まぁ、反対は多数だろうから、実現はしないだろうけど。いや、実現したら日本は終わりだ…。

これからの日本、これからの教育 (ちくま新書)
これからの日本、これからの教育 (ちくま新書)前川 喜平 寺脇 研

筑摩書房 2017-11-08
売り上げランキング : 6171


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

応援クリックはこちら→にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

2017-12-02

空港は誰が動かしているのか/轟木一博

| 19:18

空港は誰が動かしているのか (日経プレミアシリーズ)』を読んだよ。題名と内容の乖離

このところ、飛行機に乗る機会が続き、またもや乗り物好きの血が騒ぐ自分。また、乗りたいなと思うけど、その機会もお金もないので、手っ取り早く本を読むことで誤魔化すことにする。本書と同著者が書いた『航空機は誰が飛ばしているのか』は興味深く読めた記憶があるので、その続編という感覚で本書を手に取ったわけ。

で、本書の内容は、新関空会社経営統合問題。具体的には、関空伊丹の両空港を運営する民間会社設立までの経緯をまとめたもの。だから、自分は空港の運営について書かれた本だと思っていたので、その違いに愕然。しかも、後半になるにつれて、契約とかの話が増えてチンプンカンプン。そもそも用語が分からないから。

では、改革前の関空運営はどうだったのか。それは完全にお役所仕事

それなのに、何億円もの投資は採算性や必要性についてたいした議論もされずに通っていく。暴れるトラは放置して、ハエばかり追い回していては、職員が疲弊するだけである。
とか、
お役所組織は担当によって縦割りにするから、各担当部局は各自の業務だけを見て、投資・プロジェクトの全体像、会社全体の収益性を把握する意識が薄くなりがちだ。
とか。どこの組織でも有りがちな課題…。耳も痛いし。

それでも、自分的には面白いなと思った観点は、民間と公共の狭間でどう折り合いを付けていくかという点。空港という公共性が高い事業体で民間的な手法をどう活かしていくのかは、普通の経営書では得られない情報かも。この点に関して、筆者は、

そして、このプロジェクトを成功させるには、「民間のビジネスの知識」と「公共的な解決」の両方を掛け合わせた総合力が要求される。課題を数え上げればきりがないが、組織人として、すでに厳然と存在する課題をどうこう言ったところで課題がなくなるわけではないので、ミッションの実現というゲームを戦う上でのハンデに過ぎないとなる。
と言っているよ。ある意味、やりがいのある仕事だったということなんだろうね。

そう、期待していた内容と違っていたのは確かなんだけど、組織論という意味で幾つか参考になる本書でした〜。

空港は誰が動かしているのか (日経プレミアシリーズ)
空港は誰が動かしているのか (日経プレミアシリーズ)轟木 一博

日本経済新聞出版社 2016-05-10
売り上げランキング : 30602


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

応援クリックはこちら→にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

2016-07-23

道路の権力/猪瀬直樹

| 06:26

道路の権力 (文春文庫)』を読んだよ。改革とは戦いだ。

今となっては、「元」東京都知事の猪瀬直樹氏。本職はノンフィクション作家なわけで、政治の世界を描いているうちに、政治の世界に引きずり込まれ、そのまま政治を仕事としてしまった典型的なパターンだよね。結局、「素人」でしたと言って、辞任してしまったけれども。

その猪瀬氏が本格的に政治家と接触するようになったきっかけが、小泉元首相の行革断行内閣の成立。その中で、特殊法人改革の目玉として、日本道路公団をはじめとする道路関係四公団の分割民営化を猪瀬氏が任されることになる。そのことと経緯を洗いざらいにしたのが本書っていうわけ。

本書は二部構成。第一部は「行革断行評議会編」で、小泉内閣のもと、石原行革担当相(当時)の諮問機関としての行革断行評議会での活動をまとめたもの。いわゆる最初の突破口なわけだけど、冒頭から国交省との対立。そして、道路族と言われる政治家との対決も始まる。そんな話の中で突然登場するのが太宰治。

太宰は、国鉄も道路公団も民営化したらよい、と知っていた。陸軍も海軍も、中枢は戦闘集団ではなくただの官僚機構にすぎなかった、と結果をみて太宰はわかったのである。
といい、道路公団に代表される特殊法人は戦前の陸軍と同じだと猪瀬氏。もちろん、太宰の当時に道路公団が存在していたわけではないけれども、同じような組織(陸軍)があって、失敗していたってこと。歴史は繰り返すか…。

第二部は「道路公団民営化委員会編」。最初の壁は人選。ありとあらゆる方法を使って、猪瀬氏の委員会入りを阻止しようとする抵抗勢力。そして、委員会が始まると、抵抗勢力は国交省だけでなく、道路公団も大きな抵抗勢力となる。そこでも、猪瀬氏の「誰のための民営化なのか」という原点となる発想はブレない。

彼らには道路四公団の民営化は特殊法人改革の一環ということ、一部の投資家や道路公団の職員のためではなく国民のための、道路利用者のための改革であるとの認識がきわめてうすい。
と。そう、政治とは国民のため。それが政治の役割なのに。

なんだか、都知事にならなかった方が猪瀬氏らしかったような気がする。本書の原点『日本国の研究』も読まなくてはいけないね。

道路の権力 (文春文庫)
道路の権力 (文春文庫)猪瀬 直樹

文藝春秋 2006-03-10
売り上げランキング : 354545


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

応援クリックはこちら→にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

2015-11-08

エディプスの恋人/筒井康隆

| 11:45

エディプスの恋人』を読んだよ。七瀬に会いたい。

筒井康隆の七瀬三部作の最終作。前作であの七瀬もついに…という結末だったので、三部目ではどうなることやらと思っていたけど…。

で、今回の七瀬の職業は高校職員。しかも教務課というちょっと変わった風味。七瀬には似合わないなぁ〜と思いつつも読み始めるが、いつものようにグイグイと引き込まれる。ストーリーもそうだけど、七瀬にも。

そして、その高校で不可解な出来事がおき、好奇心旺盛の七瀬はいろいろと調べ始めるが…というストーリー。

で、前作、前々作と多少の違いが有り。

それは、七瀬が読心能力を駆使し、敵を撃退するという同じみのパターンはほとんどなく、それ以上の強敵?が登場するということ。それが「意志」という存在。もうこれ以上書くとネタバレになってしまいそうだけど、

七瀬はふと、この雪までが「意志」の仕業なのではないかという非現実的な疑惑に捉えられた。そしてその疑惑の非現実性に笑えなくなっている自分を発見していた。
と、こんな感じ。よりSFチックになったというか、哲学的になったというか。

いや、そんなことより、七瀬がこれからどうなるのかが心配だよね。特に「彼」との関係がどうなるのか。第四部なんて、もう出ないだろうなぁ〜。

エディプスの恋人
エディプスの恋人筒井康隆

新潮社 1981-09-29
売り上げランキング : 23728


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

応援クリックはこちら→にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

2014-06-15

就活下剋上/山内太地

| 06:57

就活下克上 なぜ彼らは三流大学から一流企業に入れたのか (幻冬舎新書)』を読んだよ。逆パターンも知りたい。

就活本、何冊目だろ…と思うほど、最近はこの手の本が乱立気味。つられて、つい手を出してしまうアッシもアッシなんだけど。ということで、本書は就活本の一種類。手練手管というよりも、筆者のカテゴリとして、大学生活をどう送るかとか、幾つかの大学での特徴のある取組みの事例集。

で、その事例の主な対象がいわゆる入試難易度がそれほど高くない大学。だから本書の副題が、「なぜ彼らは三流大学から一流企業に入れたのか」になっているわけ。ここでいう三流大学という表現は比喩であって、文中には結構一流クラスの大学も登場するよ。

では、結論を言ってしまう。就活の成功の鍵は、すべてが大学生活の過ごし方。例えば、

高校まで順調だったわが子を見て、親は「ウチの子は名門高校から名門大学に入ったのに、なぜ就職できないの?」となるが、実は大学生活そのものに問題があるのだ。
と筆者。大学に入れは就職が決まるということでもなく、何も動かなければ就職できないのは当然の成り行きなわけで。

本書の中盤は、実際に三流大学から一流企業に入った何人かの事例紹介。でも、これって決して珍しいことではなく、どの大学にも一人や二人は必ずいそうな感じ。だから、三流大学という単語をあえて振り回す必要もないように思うんだけど。

後半は筆者が得意とする大学の事例分析。武庫川女子大学の例を上げて、教職員を巻き込んだ学生の連帯感の醸成に言及しているよ。そして、

今までの日本の大学は、こうしたことを徹底的にサボってきた。キャンパスに孤独砂漠を作り出してきたことを、猛省すべきである。学生が就職できないのも、卒業生から寄付金が集まらないのも、進んで希薄な人間関係を作ってきた大学の自業自得なのだ。
と、相変わらず手厳しい発言。何をどこまでやっても、批判の対象にしかならないんだろうけど。

最後に筆者の主張するポイント。それは「就業体験」。インターンシップしかり、アルバイトしかり。それを授業と結び付けるという点。この観点から取り組んでいる大学はほとんどないと。シラバスにアルバイトとの結び付きが書かれている科目か…。ある意味、画期的な授業かもしれないね。どこかの大学で事例が出ないかなぁ〜。

就活下克上 なぜ彼らは三流大学から一流企業に入れたのか (幻冬舎新書)
就活下克上 なぜ彼らは三流大学から一流企業に入れたのか (幻冬舎新書)山内 太地

幻冬舎 2014-01-30
売り上げランキング : 130346


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

応援クリックはこちら→にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ