Hatena::ブログ(Diary)

活字中毒者地獄のりす蔵 RSSフィード

2018-03-25

なぜ男は女より多く産まれるのか/吉村仁

| 08:00

なぜ男は女より多く産まれるのか―絶滅回避の進化論 (ちくまプリマー新書)』を読んだよ。男が多いのは無駄のような気がするけど。

『素数ゼミの謎』の吉村先生。数学生物学の組合せっていう視点がユニークで、自分的には気になる先生の一人。ただ、残念なことに、学術的には「素数ゼミ」ではなく「周期ゼミ」という呼称になっているらしい。つまらない…。

で、本書の内容。題名がキャッチーだけど、言いたいことは副題「絶滅回避の進化論」の方。ということなので、

生物進化には、このように、従来の総合学説が提唱する「強い個体」の選択より、ずっと重要な「絶滅回避」の適応があるのです。そこで、総合学説の「強い個体」の選択は、“進化の第2原理”とし、「絶滅回避」つまり「生き残り」の適応こそが、“進化の第1原理”だと、本書では考えることにします。
と筆者。「強い個体」は環境が一定の場合に子孫を残せる強い個体がどの程度いるかという考え方、「絶滅回避」は環境の変化に応じて、生き残る為にどのような行動をするかという考え方。同じような議論に聞こえるかもしれないけど、よくよく考えてみると違うし、結論もまったく異なるわけ。その好事例が、素数ゼミの進化であったり、人間の男女比であったり。

だから、結論としては、

ダーウィン以来信じられてきた「強い者=(平均)適応度の高い者」が生物界で勝つ(生き残る)というのは幻想なのかもしれません。勝たなくてもよい、最悪のときにも生き残ることのほうがより大事なのです。
ということに。数学的な説明もあるから、この結論に納得。

この結論から導き出せること。それはリスク回避の考え方。だから、社会の経済活動にも応用できる。

このように、生物進化も人間の経済活動も、進化における生き残り戦略からみることができます。そして、その戦略から、生物だけでなく、私たち人間社会の在り方を理解できます。どのような社会にこれから変えていくか、私たちは今、岐路に立っています。
ということに。進化の話から社会問題に話が及ぶことになるとは、こういう予想外の展開って面白いし、好きだなぁ〜。

なぜ男は女より多く産まれるのか―絶滅回避の進化論 (ちくまプリマー新書)
なぜ男は女より多く産まれるのか―絶滅回避の進化論 (ちくまプリマー新書)吉村 仁

筑摩書房 2012-04-01
売り上げランキング : 654498


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

応援クリックはこちら→にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

本が好き!運営担当本が好き!運営担当 2018/03/28 13:42 突然のコメント、失礼いたします。はじめまして。
書評でつながる読書コミュニティ「本が好き!」を運営しております、和氣と申します。

貴ブログを拝読し、ぜひ本が好き!にもレビューをご投稿いただきたく、コメントさせていただきました。

本が好き!:http://www.honzuki.jp/

こちらのサイトでは、選ばれたレビュアーの方が本をもらえるようになる「献本サービス」を行っています。

1.会員登録 
 こちらのフォームよりご登録ください。
 http://www.honzuki.jp/user/user_entry/add.html
2.書評投稿
 書籍を検索し【書評を書く】ボタンよりご投稿ください。
3.ご報告
 貴ブログ名をご記載の上、こちらのフォームよりご報告ください。
 http://www.honzuki.jp/about/inquiries/user/add.html

名前の通り「本好き」の方がたくさん集まって、活発にレビューを投稿して交流をされているサイトですので、よろしければぜひ一度ご訪問いただけましたら幸いです。

よろしくお願いいたします。

2018-02-10

コマ大数学科 特別集中講座/ビートたけし,竹内薫

| 14:34

コマ大数学科 特別集中講座 (扶桑社新書)』を読んだよ。数学オタク談義。

もう何年も前になるけれども、「コマ大数学科」という深夜枠でTV番組があったっけ。ちょっと難易度の高い数学の問題を、ビートたけし東大女子学生、たけし軍団が解くというもの。解答の出し方がそれぞれに特徴があって、ビートたけしは直感型、東大女子学生は理論で攻める、たけし軍団は体力勝負という感じ。数学で体力勝負っていうと違和感があるかもしれないけど、例えば何度も繰り返して計算する必要がある場合はまともにやろうとすると、完全に体力勝負になるってわけ。

おっと、番組の話ではない。本の話。

ということで、TV番組「コマ大数学科」の番外編ということで、本書はビートたけし竹内薫数学談義。難解な数学問題を解くという本ではなかったので一安心だったけど。

では、二人が数学について、どう考えているのか。

まずは、ビートたけし

数学っていうのは、合理的にタンスに服をしまうのと同じなんだと思いますよ。引き出しに下着やセーター、シャツって分けて入れたり、キレイな入れ方とか考えたり。整理しながら収納するのと、基本的に数学っていうのは同じなんじゃないのかな。
うん、これは数学の説明としては分かりやすいよね。ビートたけしの得意の幾何学的な発想法かもしれないけど。

そして、竹内薫。「数学虚構だけど、宇宙の存在とは無関係ではない」というたけしの発言を受けて、

つまり、人間の脳が宇宙について考えた、その記述方法が数学なんです。
という見解。それが発展していくと、「数学は森羅万象を表すことができる」とか「数学は宇宙を支配している」とかとなり、完全に数学至上主義。そして、それに首肯する自分。いや、それでいいんだと思う。だって、そういう本なのだから。

コマ大数学科 特別集中講座 (扶桑社新書)
コマ大数学科 特別集中講座 (扶桑社新書)ビートたけし 竹内 薫

扶桑社 2013-08-31
売り上げランキング : 500855


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

応援クリックはこちら→にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

2018-01-20

これからの日本、これからの教育/前川喜平,寺脇研

| 10:37

これからの日本、これからの教育 (ちくま新書)』を読んだよ。その「これから」が分からない。

二人の元文部科学省官僚の対談をまとめたもの。特に、話題の前川喜平氏の登場とあれば、興味津々で読んでみたってわけ。でも、結局は、前川氏の言葉としては、冒頭と最後にまとめた文章だけ。それも、なんだかスッキリしたものではなかったような…。本書の大半を占める二人の官僚の対談は、ほとんどが寺脇研氏が話をし、前川氏が相槌程度にコメントや補足情報を付け加えるだけといった感じだし。

では、その少ない前川氏からの情報で、その精神に通底するものを見ていくと、初代文部大臣の森有礼の言葉「自警」に辿り着く。前川氏曰く、

私なりに「自警」を要約すると、教育と学問にかんする行政をつかさどる文部省の責任は大変重いもので、その職務をになう人間は、十二分にその自覚をし、他の省庁と比較したりせず、その職に死んでもいいくらいの気持ちで、つねに自らを向上させ、職務に励まなければならない、ということが言われています。
と。この「自警」を幾つか引用して、退官前に文科省職員全員宛にメールで送ったのはその当時に話題になったよね。加計学園問題での一連の発言は、この精神から発せられているような…。

そして、日本の教育改革。二人の主張は「学校教育だけが教育ではない」ということ。例えば、

寺脇さんの言われるように、大事なのは、学習者の学ぶ場を保証することです。一人ひとりの、多様なあり方に即した、多様な学びの場を用意すること。
と前川氏。うん、これは間違ってはいないはず。逆にこの主張は旧来の文科省の考え方とか、他の省庁(財務省とか内閣府とか)とぶつかるんだろうね。

最後に、気になる前川氏の主張。

数学に関していえば、高校の必修科目から外したほうがいいと、ずっと思っています。
と。ドロップアウトの原因だからと言っているけれども、これはちょっといただけない。ちょっと拙速すぎやしないか?まぁ、反対は多数だろうから、実現はしないだろうけど。いや、実現したら日本は終わりだ…。

これからの日本、これからの教育 (ちくま新書)
これからの日本、これからの教育 (ちくま新書)前川 喜平 寺脇 研

筑摩書房 2017-11-08
売り上げランキング : 6171


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

応援クリックはこちら→にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

2018-01-13

エレガントな宇宙/ブライアン・グリーン

| 21:56

エレガントな宇宙―超ひも理論がすべてを解明する』を読んだよ。「宇宙」に「エレガント」という形容詞…。

年末年始は図書館の貸出期間が延びることを利用して大作にチャレンジすることが多い。ということで、本書は574頁の超大作。本を持っているのを見ただけで、「その本、厚いね」っていう反応があるほど。さらに問題は、満員電車の中で片手で持ちながらは読めないこと。と、まぁ好きな時に好きなスタイルで読みにくいだけってことだけど。

副題は「超ひも理論がすべてを解明する」。だから、本書は現代物理学で統一的な理論となり得るとされている「超ひも理論」について、その物語と概説を述べたもの。自分的にはこの「物語」の話が好きなんだけど、概説も詳細。あれっ、変な表現だけど。まぁ、そういうこと。

で、その物語。当然ながらニュートン力学の解説から始まって、アインシュタインの特殊、一般の両相対性理論。そして、量子力学と解説は続く。そこまでで全体の三分の一を費やす。そう、そこまで理解していないと、この先の超ひも理論は理解できないからね。そして、本題のひも理論、超ひも理論、M理論の物語に続く。

正直に言って、ひも理論以降は理解するのがキツイわ。途中の脚注では、

この節と続く数節で述べる考えのなかには、かなり難解なものもあるので、説明の筋についていくのがたいへんでも(とりわけ一読しただけでは)、うんざりなさらないよう。
とあったりして…。いや、後半はまさにうんざりだらけで、何度も挫折しそうになったけど、年末年始と時期が幸いしたのか、持ち堪えたわ。

そして、特に後半では数学との関係が強調されるよ。数学と物理学との関係は、数学が物理学に道具を提供していくというのが、よくあるパターンだけど、ひも理論の場合はちょっと違う。それは、

ひも理論は物理学に統一的な枠組みを提供するばかりでなく、これに劣らず深い、数学との統一をも形づくりそうだ。
ということ。関係が逆転しているってことだよね。いや、お互いが切磋琢磨し、進歩するのはいいことだわ。

で、このエントリでは超ひも理論の内容には言及せず。いや、言及できないというのが正しいか…。

エレガントな宇宙―超ひも理論がすべてを解明する
エレガントな宇宙―超ひも理論がすべてを解明するブライアン グリーン Brian Greene

草思社 2001-12-01
売り上げランキング : 34061


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

応援クリックはこちら→にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

2017-12-27

シンギュラリティ・ビジネス/齋藤和紀

| 01:10

シンギュラリティ・ビジネス AI時代に勝ち残る企業と人の条件 (幻冬舎新書)』を読んだよ。2045年がその日。

「シンギュラリティ」という単語はすでに聞いたことがあり、それを超えると一気に社会に一般化する閾値みたいな印象だったけど、テクノロジーの世界ではそれが2045年ということになっているみたい。その定義は、

カーツワイルは、「テクノロジーの進化のスピードが無限大になる」シンギュラリティが、2045年に到来する、と予言しました。
ということ。ここでポイントなるのが「無限大」ということ。これを理解するには、
それをより深く理解するには、テクノロジーの進化が「指数関数的」=「エクスポネンシャル」に加速していることがもたらすインパクトの大きさを理解する必要があります。
と筆者。ちょっと数学的になるけれども、指数関数をちょっと思い出すだけで、その「無限大」という概念がイメージできるんだよね。

さらに言うと、

そしてそのポイントは、それまでの進歩の継続性を断ち切るように、突然に起こります。そのポイントこそがカーツワイルのいう技術的特異点、シンギュラリティにほかなりません。
ということに。でも、具体的に何が起こるかは、まったく分からないんだけどね。ちょっと、ノストラダムス風…。

そして、実際にシンギュラリティに到達した後、人々の生活はどうなるのか?AIがすべての仕事をこなす世界では、人間としての尊厳は?とかいった哲学的な話になるよね。それに対して、

エクスポネンシャルな社会変化に人間の「心」が追いついていけなかった場合、それは「ユートピア」ではなく、AIに支配される「ディストピア」になってしまうかもしれないのです。
と筆者。やっぱり、そのための準備が必要なるんだろうね。若い人たちは心に留めておいてほしいなぁ…。そして、この変化が現実なんだということをきちんと理解してほしいと思う。いかん、引退モードが入ってしまったわ…。

シンギュラリティ・ビジネス AI時代に勝ち残る企業と人の条件 (幻冬舎新書)
シンギュラリティ・ビジネス AI時代に勝ち残る企業と人の条件 (幻冬舎新書)齋藤和紀

幻冬舎 2017-05-27
売り上げランキング : 4426


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

応援クリックはこちら→にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ