Hatena::ブログ(Diary)

活字中毒者地獄のりす蔵 RSSフィード

2017-12-16

日本のいちばん長い日/半藤一利

| 19:17

日本のいちばん長い日(決定版) 運命の八月十五日』を読んだよ。終えるのは難しい。

本書のKindle版を購入して、しばらくは積読状態。こういう時に電子書籍はいいような悪いような。場所は取らないけど、ポチったことを失念するから。

気を取り直して本書。2度ほど映画になっているから、知っている人も多いと思う。そう、終戦記念日とその前日の物語。登場人物は、政府内閣)、宮内庁陸軍NHK、ちょっとだけ海軍、そして昭和天皇

そして、本書の最初の刊行が昭和40年7月。つまりは、終戦から20年。これだけ書けたのは、やはり20年の年月が経ち、それぞれの登場人物が冷静に当時のことを見つめることができるようになったからか。いや、当時の記憶を呼び出すには20年という歳月が限界だったということか。

そして、たった2日間の物語だけど、その内容は濃厚。だから、筆者曰く、

したがって、本書は単に「終戦の日」の思い出ばなしを羅列したものではない。いままで埋もれていた資料をもとに、日本人の精神構造を主題にして構成した、二十四幕の?長篇ドラマ?なのである。
と。そう、1時間に一幕。そして、それぞれに一人のキーマンが登場する。それぞれがそれぞれの思いを胸にしているし、それを行動として起こそうとしている。真剣な思いで。

そして、敗戦か抗戦か。結論は分かっているんだけど、周囲の思いを忖度する人々。だから、

そうした混乱と絶望と苦闘の閣議とくらべれば、この日の、いわば帝国しめくくりの閣議は、葬儀に似てしめっぽいものであったが、ある意味では心安らぐものでもあったことに間違いない。
とか、
これらの部下たちを絶望的な混乱から救い、身をもって正しい決断にみちびくために、陸相は必死の努力を傾けている。なにより彼らに?栄光ある敗北?をあたえてやらなければならない!
という気持ちになるんだろうね。

戦後70年、日本と日本人はあっという間に変わってしまった感があるよね。日本国を思う気持ちは変わっていないといいんだけど。

日本のいちばん長い日(決定版) 運命の八月十五日
日本のいちばん長い日(決定版) 運命の八月十五日半藤 一利

文藝春秋 1995-06-25
売り上げランキング : 10712


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

応援クリックはこちら→にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

2017-10-09

スノーデン 日本への警告/エドワード・スノーデン,青木理,井桁大介,金昌浩,ベン・ワイズナー,宮下紘,マリコ・ヒロセ

| 23:59

スノーデン 日本への警告 (集英社新書)』を読んだよ。対岸の火事ではないってこと。

本書は、2016年6月に東京大学で行われた公益社団法人自由人権協会のシンポジウム「監視の“今”を考える」を書籍化したもの。自分的には「スノーデン」の反応してしまったという感じ。その後の彼の動きが気になったはいたから。

本書は二部構成で、その前半がスノーデン氏の話。もちろん、当のスノーデン氏が日本に来たわけではなく、ロシアからのビデオ出演。後半は前述のシンポジウムの内容。

まずは刊行の辞でのスノーデン氏。トランプ大統領の登場について、かなりの警戒感を露わにし、

想像もできなかった事態が現実となった今、アメリカを含む民主的な国家の市民が、民主主義とは、引き継がれてきたものの上にあぐらをかいていればよいのではないということに気付くことを願っています。<中略>「トランプ大統領」は、私たちを自らの理念に改めて積極的にかかわらせるための“目覚まし時計”となるかもしれません。
と言っているよ。そう、トランプ大統領だったら、権力の強権発動による監視活動を正当化するだろうからね。

で、日本にとってはどうなのか。

このテーマは現在の日本にとって極めて重要な問題です。ここ数年の日本をみると、残念ながら市民が政府を監督する力が低下しつつあるといわざるを得ません。2013年には、政府がほとんどフリーハンドで情報を機密とできる特定秘密保護法が、多数の反対にもかかわらず制定されてしまいました。
という状況だよね。しかも、それほどプライバシーについても敏感ではなく、その点についても、
今現在のあなたにとって、プライバシーはそれほど大切ではないかもしれません。しかし少し想像してみて下さい。プライバシーがなくなれば、あなたはあなた自身ではなくなるのです。社会のものになってしまうのです。<中略>プライバシーは自分自身の判断を可能にするのです。プライバシーは、自分が自分であるために必要な権利なのです。
と、スノーデン氏は警告するよ。あ〜、怖い世界になったもんだ。

おっと、第二部に言及する字数がなくなった。いや、結局スノーデン氏の言葉の繰り返しだから、まぁいいか。うん、それよりも監視を監視するという議論。やっぱり、そうせざるを得ないのかなぁ〜。

スノーデン 日本への警告 (集英社新書)
スノーデン 日本への警告 (集英社新書)エドワード・スノーデン 青木 理 井桁大介 金昌浩 ベン・ワイズナー 宮下紘 マリコ・ヒロセ

集英社 2017-04-14
売り上げランキング : 1499


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

応援クリックはこちら→にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

2017-10-07

この日本で生きる君が知っておくべき「戦後史の学び方」/池上彰

| 19:38

この日本で生きる君が知っておくべき「戦後史の学び方」 池上彰教授の東工大講義 日本篇 (文春文庫)』を読んだよ。戦後史は知っておくべし。

東京工業大学教授という肩書を持つ池上彰氏。そこで、教員という立場で戦後史を語るというコンセプトで書かれたもの。だから、タイトルに「この日本で生きる君が知っておくべき」という形容詞句があるわけ。

戦後史というと、日本史の授業では端折られる定番ということになっているけれども、それに関して、池上氏は、

歴史を教える人にとって、戦後史は現代そのもの。自分が経験してきたことは「歴史」と感じません。ところが、自分が経験していない人にとっては、それは歴史なのです。この認識の落差が、戦後史を空白にしてきたのだと思います。
という見解。だからこそ、ここで池上氏が学生に戦後史を語る必要があるんだろうね。そして、もう一つの見解は、今の社会がこうなっている経緯を知ることにもなるからというもの。この意味合いは強いよね。経緯を知らずには理解は深まらないだろうし。

戦後史と言っても、内容は様々。国際問題は、アメリカとの関係が中心にはなるけれども、そこに中国、韓国、北朝鮮の話も絡んでくる。そして、アメリカとの関係から、防衛問題と憲法問題。それが政府の見解に繋がって、政治の話。政治と言っても、政治そのものではなく、政治体制の話が中心かな。

そんな中で、池上氏らしく、チクリとしたコメントを散りばめるよ。

全国学力テストの話では、今の制度では前年度との比較ができないことに対し、悉皆調査から抽出調査に変更することを提案し、その上で、

統計学的には、これで十分に意味のある調査ができることを、東工大の学生なら理解できますね。こうした当然のことが実現できないのですから、日本の教育関係者の「学力」が心配になります。
と、かなりグッサリ。でも、おっしゃる通りだよね。

もう一つは、日本国の財政赤字について。高度成長期は国民に「利益の配分」があったがという観点から、

利益の分配ではなく、「不利益の分配」になってしまっているのが現実です。現実を見据え、国民に不利益の分配を認めてもらう。そんな政治家の出現を期待したいのですが。
と。いまだに高度成長を夢見ている人たちが多過ぎるからね。あっ、バブルもそうか。

さて、日本はこれからどうなるのか。まずは、今度の選挙の行方を見守らないと…。

この日本で生きる君が知っておくべき「戦後史の学び方」 池上彰教授の東工大講義 日本篇 (文春文庫)
この日本で生きる君が知っておくべき「戦後史の学び方」 池上彰教授の東工大講義 日本篇 (文春文庫)池上 彰

文藝春秋 2015-07-10
売り上げランキング : 5653


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

応援クリックはこちら→にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

2017-05-17

仮想通貨革命/野口悠紀雄

| 22:24

仮想通貨革命---ビットコインは始まりにすぎない』を読んだよ。これも水平分業型。

Fintechという言葉が気になって、ちょっと調べて行き着いたのが、ブロックチェーン。さらにブロックチェーンを調べていたら、そもそもの概念として出てきたのがビットコイン。名前は聞いたことがあったけれども、ビットコインがFintechに繋がるのかということが自分の中で腑に落ちて、辿り着いたのが本書。2014年の発刊でちょっと古いかなとは思ったけど、日本国内でのビットコインの進展は遅延しているから、まだまだ中身は通用しそう。

で、ビットコインで思い出すのが、2014年のマウントゴックスの取引停止事件。これって勘違いした人が多かったみたいだけど、マウントゴックスは単なるビットコインの施設両替所であって、ビットコインそのものではないわけ。だから、

しかし、崩壊したのは、ビットコインと通貨を交換する両替所の一つにすぎず、ビットコインそのものではなかった。
ということ。そう、まずはここがビットコインを理解する為の最初の関門。

技術的な側面の理解も必要。特に暗号化技術。

そして、運用面の最大の特徴は、管理主体が存在しないこと。今の時代、管理主体があれば安心と言う時代ではなくなっているよね。逆にだからこそできることがあるわけで、コストの低減とか、グローバルな展開とか。

そう、金融機関抜き、政府抜きの取引が可能になるということで、世の中をガラッと変えることができる技術なんだよね。

ビットコインはすでに存在し、利用されている。したがって、この状態を実現するには、ビットコインを受け入れるだけでよい。政府がそのために格別の配慮をする必要はない。導入を邪魔しなければよいだけのことだ。
と筆者。まさに小さな政府への展開。そして、シェアエコノミーの時代にふさわしい技術なんだね。ただ、既成組織が抵抗勢力となるんだろうなぁ。これから注目していきたいね。

仮想通貨革命---ビットコインは始まりにすぎない
仮想通貨革命---ビットコインは始まりにすぎない野口 悠紀雄

ダイヤモンド社 2014-06-06
売り上げランキング : 4742


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

応援クリックはこちら→にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

2017-02-11

オープンエデュケーション/重田勝介

| 01:12

オープンエデュケーション』を読んだよ。日本の大学は危機感無し。

発刊が2014年12月だから、ちょうど日本ではJMOOCが始まった頃だったかね。日本の有名大学ではOCWとかも始まっていて、いよいよ教育のオープン化が日本でも始まるか…と勢いづいていた時期かもしれない。ということで、当時はタイムリーな本だんだろうね。

内容としては、その教育のオープン化がテーマ。その手段としてのインターネットがあって、オープン化に取り組む組織があって、それを受益する人々がいて、どういう仕組みになっているのか…という内容をまとめたもの。

前半はオープン化に行き着く前のメディア論。教育はメディアを通じて伝達されてきていたから。だから、『知の進化論』と内容が重複したけど。メディアの進化はインターネットに行くつくわけなんだけど、これにより、

それゆえ、オープンエデュケーションは、教育機会を拡大するという社会貢献活動だといえる。
と筆者。そう、誰でもどこでもいつでもっていう感じだよね。さらに、オープン教材は教育コストの低減にも貢献するとも言っているよ。米国では教科書代の高騰化が問題になっているとか…。

さて、米国から広まっているオープンエデュケーション。翻って我が日本ではということになると、

寄付団体や政府補助などの財政的基盤が乏しいこと、海外の諸外国と比べ高等教育の抱える問題がまだ顕在化していないことが、オープンエデュケーションの活動がわが国で広まりにくい背景だと考えられる。
と言う。この状況って、いまでもそれほど変わっていないような気がする。日本の高等教育機関は変えようとする気がないだけのような…。そう、JMOOCもブーム的に下火の印象があるし…。

内容的には読み物というより、レポートという印象。何となく平板な感じに落ち着いているのが残念な感じ。専門家としての大学教員が書いているから、そうなるのか…。もう少し突っ込んだ話が読みたかったなぁ〜。

オープンエデュケーション
オープンエデュケーション重田勝介

東京電機大学出版局 2014-12-10
売り上げランキング : 737403


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

応援クリックはこちら→にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ