Hatena::ブログ(Diary)

活字中毒者地獄のりす蔵 RSSフィード

2017-10-28

伊藤元重が警告する日本の未来/伊藤元重

| 22:23

伊藤元重が警告する日本の未来』を読んだよ。世界の経済的潮流を知る。

自分的にはちょっとした伊藤元重先生ブーム。池上彰氏とはちょっと違った観点で世界の潮流を知ることができるのが、今のお気に入りの理由かな。経済的な視点て、自分の中で過去にあまりなかったし。

さて、ではどんな警告なのか。前半は技術革新の社会がどう変わるのかという点。後半はトランプ大統領を中心とした保護主義が世界の経済に与える影響について。でも、警告っていうのは大げさで、まさに潮流を詳しく解説し、伊藤氏の見解を披露するという感じ。

では、前半の技術革新について。IoTAIが社会を変えるというのは既に既成の事実となりつつあるけれども、日本は乗り遅れていないか?と懸念は大きいよね。でも、少子高齢化先進諸国の中で最も進んでいる日本は、その課題解決に技術革新によるソリューションを展開するには最適な環境なわけ。だからこそ、

企業が生き残るには、過去に見てきた世界のイメージを捨て、これから先の世界の変化に対してフォワード・ルッキングの姿勢を取ることが求められているのではないでしょうか。
と伊藤氏。破壊的イノベーションって、まさにこういうことなんだよね。日本の得意とする改良型イノベーションではダメなんだよなぁ〜。

後半は通商政策と経済問題。自国ファーストという保護主義政策が進む一方で、グローバル化といった流れもあり、単にアメリカに踊らされているだけのような気がしないわけではない日本の現状。それに対し、

もちろん私は、保護主義的な議論のすべてが悪いだとか、未熟だとかいうつもりはありません。正しい議論もたくさんあります。しかし、何か問題が起こればすぐにその原因をグローバル化市場経済に求める保護主義的な考え方は、物事単純化しすぎていると思います。またそれが単純でわかりやすいがゆえに、多くの人々の間にどんどん広まってそれが世の中全体のムードになってしまうことこそ、むしろ問題だと思います。
と筆者。あぁ、ここでもやっぱりわかりやすいことに流れてしまう思考停止という課題が…。自分の頭でしっかり考える事。それこそが、筆者の発する警告なんじゃないかなぁ〜。

伊藤元重が警告する日本の未来
伊藤元重が警告する日本の未来伊藤 元重

東洋経済新報社 2017-06-02
売り上げランキング : 80455


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

応援クリックはこちら→にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

2017-10-09

スノーデン 日本への警告/エドワード・スノーデン,青木理,井桁大介,金昌浩,ベン・ワイズナー,宮下紘,マリコ・ヒロセ

| 23:59

スノーデン 日本への警告 (集英社新書)』を読んだよ。対岸の火事ではないってこと。

本書は、2016年6月に東京大学で行われた公益社団法人自由人権協会のシンポジウム「監視の“今”を考える」を書籍化したもの。自分的には「スノーデン」の反応してしまったという感じ。その後の彼の動きが気になったはいたから。

本書は二部構成で、その前半がスノーデン氏の話。もちろん、当のスノーデン氏が日本に来たわけではなく、ロシアからのビデオ出演。後半は前述のシンポジウムの内容。

まずは刊行の辞でのスノーデン氏。トランプ大統領の登場について、かなりの警戒感を露わにし、

想像もできなかった事態が現実となった今、アメリカを含む民主的な国家の市民が、民主主義とは、引き継がれてきたものの上にあぐらをかいていればよいのではないということに気付くことを願っています。<中略>「トランプ大統領」は、私たちを自らの理念に改めて積極的にかかわらせるための“目覚まし時計”となるかもしれません。
と言っているよ。そう、トランプ大統領だったら、権力の強権発動による監視活動を正当化するだろうからね。

で、日本にとってはどうなのか。

このテーマは現在の日本にとって極めて重要な問題です。ここ数年の日本をみると、残念ながら市民が政府を監督する力が低下しつつあるといわざるを得ません。2013年には、政府がほとんどフリーハンドで情報を機密とできる特定秘密保護法が、多数の反対にもかかわらず制定されてしまいました。
という状況だよね。しかも、それほどプライバシーについても敏感ではなく、その点についても、
今現在のあなたにとって、プライバシーはそれほど大切ではないかもしれません。しかし少し想像してみて下さい。プライバシーがなくなれば、あなたはあなた自身ではなくなるのです。社会のものになってしまうのです。<中略>プライバシーは自分自身の判断を可能にするのです。プライバシーは、自分が自分であるために必要な権利なのです。
と、スノーデン氏は警告するよ。あ〜、怖い世界になったもんだ。

おっと、第二部に言及する字数がなくなった。いや、結局スノーデン氏の言葉の繰り返しだから、まぁいいか。うん、それよりも監視を監視するという議論。やっぱり、そうせざるを得ないのかなぁ〜。

スノーデン 日本への警告 (集英社新書)
スノーデン 日本への警告 (集英社新書)エドワード・スノーデン 青木 理 井桁大介 金昌浩 ベン・ワイズナー 宮下紘 マリコ・ヒロセ

集英社 2017-04-14
売り上げランキング : 1499


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

応援クリックはこちら→にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

2016-08-05

知らないと恥をかく世界の大問題7/池上彰

| 09:44

知らないと恥をかく世界の大問題 (7) Gゼロ時代の新しい帝国主義 (角川新書)』を読んだよ。恥はかかない程度は分かってきたかも。

このシリーズもついに7作目。図書館に入荷する度に予約多数になるけど、回転は早いみたい。今回も意外に早く順番が回ってきた感じ。

さて、今回のテーマはサブタイトルにある通り「Gゼロ時代の新しい帝国主義」というもの。かつてはG7やG8と言われた超大国がいまや力を落としてきて、超大国が存在しないGゼロの時代。そんな中で、かつての大国が「栄光よ再び」とばかりに、新しい形の帝国主義的な動きを見せている昨今の世界事情。それぞれがどんな動きになっているのかを紹介しているよ。

冒頭の話題は自称「イスラム国」。イスラム教のスンニ派とかシーア派とか、やっぱり中東事情は複雑。徐々には分かってきてはいるんだけど、世界の事情は自分の理解とはお構いなしにドンドンと変わっていく。根っこには第一次世界大戦があるっていうのが分かっただけでも成果か。

そして、EU。結局、イギリスが離脱したけど、本書はその直前までの情報。揺れるEUについては理解したつもり。ギリシャ危機について、

ギリシャは生きた実例になるはずです。ギリシャ危機から、学ばなければならないのです。
と筆者。今、ギリシャほどピンチの国はないからね。

アメリカ大統領選挙の話題。中国はいまだに迷走中という感じ。最後に、世界一貧しい大統領と言われているウルグアイの前大統領ムカヒ氏の活動を紹介。まとめとして、

ムカヒ氏のいうように「目の前にある危機は地球環境の危機ではなく、わたしたちの生き方の危機」なのかもしれません。
と筆者。政治家にこの視点が必要なんだよね。勿論、彼らを選ぶ我々もだけど。

知らないと恥をかく世界の大問題 (7) Gゼロ時代の新しい帝国主義 (角川新書)
知らないと恥をかく世界の大問題 (7) Gゼロ時代の新しい帝国主義 (角川新書)池上 彰

KADOKAWA/角川書店 2016-05-10
売り上げランキング : 3263


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

応援クリックはこちら→にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

2014-12-06

インテリジェンス 武器なき戦争/手嶋龍一,佐藤優

| 06:50

インテリジェンス 武器なき戦争 (幻冬舎新書)』を読んだよ。裏には裏がある。

NHKのワシントン特派員で、よくTVに出ていた手嶋龍一氏。そして、アッシ的には説明のしようがない佐藤勝氏。この二人がインテリジェンスについて対談するのが本書。

そもそも、インテリジェンスって何なのか全く分かっていないので、対談の向かう方向性が見えず、理解が進まない話も多々有り。このグローバル化する世界で、それでいいのかと思うけど。

では、二人はどんな話をしているのか。例えば、インテリジェンスに向かう姿勢。

まあ、もっとも大事なのは好奇心ですね。簡単に言ってしまえば、私は権力の中枢に近づいて真実を知ることが面白かったんです。好奇心に従って、誰も知らない本当のことを知りたいと思った。それか らモスクワにいる日本人ジャーナリスト連中には負けたくないし、ロシア人エリートがクレムリンについてあれこれ言う以上のことが知りたい。
と佐藤氏。結果として気がついたらエリツィン大統領の隣の部屋に座っていた…と。恐るべし、佐藤氏の好奇心と探究心。

では、インテリジェンスをどう構築していくか。これについて、佐藤氏は、

そもそもインテリジェンスの世界では、組織よりも人なんです。人材を育てるのが先で、組織を作るのは最終段階。まず器をつくって、そこに自分たちをはめ込もうというのは、典型的な官僚の発想です。それは同時にインテリジェンスからもっとも遠い発想でもある。
と主張しているよ。そう、形から入るという箱もの行政はまさに官僚の 発想だよね。これはダメだとずっと言われ続けているのに直らない。日本の悪い面の文化なのかな。

でも、インテリジェンスは安全保障的にも最重要課題だと思う。「武器なき戦争」って言うけれど、情報を制すもの、世界を制すってホントだよね。だから、スノーデンの事件みたいのが起こるわけだけど。大丈夫かなぁ〜、いろいろ。

インテリジェンス 武器なき戦争 (幻冬舎新書)
インテリジェンス 武器なき戦争 (幻冬舎新書)手嶋 龍一 佐藤 優

幻冬舎 2006-11
売り上げランキング : 111940


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

応援クリックはこちら→にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

2011-09-01

知らないと恥をかく世界の大問題2/池上彰

| 09:18

知らないと恥をかく世界の大問題2 角川SSC新書 (角川SSC新書)』を読んだよ。世界はどんどん変わっていく。

『知らないと恥をかく世界の大問題』の続編。初版が2011年3月25日だから、東日本大震災の直後の発刊で、それ以降にまたまた日本を含む世界情勢は変わっているけど、それ以前の世界の流れはよ〜く分かるよ。

さて、世界はどんな情勢なのか。

第1章では、2012年に世界が大きく変わるかも…と。それは、アメリカ大統領選を始めとして、世界各国の首脳が変わるかもしれないから。アメリカ以外で、変わる可能性があるのは、ロシア、中国、韓国etc。日本は毎年変わっているから…。

そして、大国アメリカの時代が終わり、先進国vs新興国の構図が明確になっている。しかも、それぞれの利害関係が対立しているから厄介なわけ。経済政策についても、

先進国はデフレが怖い、新興国はインフレが怖い。新興国は元気だけれど、次第にバブルに近づいていく。新興国のバブルをデフレの先進国が煽るというやっかいなことになっているのですね。
と解説しているよ。「煽る」という表現は結果論なんだけど、力のある国が増えると、そういうことになりそうだよね。

新興国の代表は、もちろん中国。次のトップはすでに決まっていて、習近平だとか。相変わらず、不思議の国・中国。で、為替相場もあくまでもマイペース。

アメリカは人民元を上げろ!と要求しています。要求されると、中国は絶対に応じません。指図されるのが嫌いなのです。中国は自分の国が「世界の中心」だと思っているからです。
だから、中華…。

さて、翻ってわが国。東日本大震災で、更なる国債の発行が現実になりそうだけど、国債って何?って、アッシ的にはよく分からず。で、その回答が本書にあり、スッキリ分かったよ。つまりは、我々の貯蓄が国債の購入に使われていたんだ。ギリシャの破綻との違いはこの点にあるとか。アッシは貯蓄が無いけど…。

さて、こんな世の中で、今、民主党の代表選。日本の将来を託せるような人材がいるのか…。日本がどこに行きたいのか、きちんと示せることが必要だよね。その場限りの政策はもうコリゴリに思うんだけど。

#野田さんに決まりました。

知らないと恥をかく世界の大問題2 角川SSC新書 (角川SSC新書)
知らないと恥をかく世界の大問題2  角川SSC新書 (角川SSC新書)池上 彰

角川マーケティング(角川グループパブリッシング) 2011-03-10
売り上げランキング : 1630


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

応援クリックはこちら→にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ