Hatena::ブログ(Diary)

ローリング廻し蹴り

※舞台探訪記事は左サイドバー(環境によっては下方)の◆筆者の舞台探訪・聖地巡礼からどうぞ。
IE以外のブラウザでは、表示がズレる場合があります。

2008-02-13

[](まが)れぇー!

f:id:riyot:20080213192426j:image:h200 f:id:riyot:20080213192429j:image:h200

 劇場版『空の境界 第三章 痛覚残留』を見て来ました。立ち見もバリバリ居て、翌日・翌々日も「満席です」と受付で応対していたため、飛び込みで見るのは厳しそうです。早めのネット予約をお薦めします。

 今作は浅上藤乃能登麻美子の正常で狂っているキャラが冴えている。藤乃の居場所に、よく乏しいヒントで辿り着けるものだが、式が上着に腕を通して出動する場面で、気分は仕事人。魔眼対決は圧巻で、台風の迫る橋上での戦闘はスペクタクル。現実ではありえない映像である 人間の手足が捻じ曲がる過程や見えない力を受けて崩れる構造物の動きも良く出来ている。あーなたの腕に直撃よ! 血塗れバトルで、藤乃に片手で掴みかかる時はナイフを咥えている式の描写も納得のアクション。夕焼けの赤い記憶、幼い日の手の傷、体育祭で挫いた足と先輩との思い出、そしてブロードブリッジの燃える炎の照らし出す橙色。手の傷は式の切る能力、捻った足は藤乃の歪曲能力を彷彿させる。被害者で加害者の藤乃、復讐に怯え逃亡中の啓太(「少し黙れ」とメガネを光らせて反感を持ちながらも)の両方救いたいと思う幹也は苦労人。藤乃の友人で、幹也の妹で、橙子の弟子なのに、鮮花が完全に部外者だよなー。解説橙子さんパートがちょっと多めな気もするけど、制作サイドの分かり易くという配慮なのだろう。本編後に流れる主題歌「傷跡」も切ない曲で心に残る。受信チャンネルの話とか、浅神〜浅上のところは省略されているが、単品としても、サスペンスあり、アクションあり、悲哀ありと面白い作品に仕上がっていると思います。

[色々]おまえが堕ちろ(※第一章を見に行った時の記事 1/31)

[色々]私は、おまえを犯したい (※第二章を見に行った時の記事 2/8)

劇場版「空の境界」公式HP

[]とても嫌な感じです

f:id:riyot:20080213234743j:image:h200

 劇場(テアトル新宿)から新宿駅に向かう道で道路向こうに見えるカラオケ店が、青い看板とか劇場版『空の境界 第三章 痛覚残留』に登場する背景に似てる気がしました(舞台探訪、ロケ地訪問・聖地巡礼ですね)。合ってる自信はそんなにない。場所は、靖国通りの新宿区役所前。セブンイレブンと珈琲貴族の間のビル。

追記

 確認してきましたが、おそらく間違いないと思います。

[探訪]空の境界 痛覚残留 とても、とても吉祥寺です

[]逆境無頼カイジ #19「限界」

タナボタの一勝を切欠に冷静分析カイジ。イカサマだと、駆け引きもクソもないな。後出しの2、4ターン目は一応勝てるチャンスがあると思う。初二戦は、真剣勝負を印象付けるためワザと負けたのね。居る理由不明だったギャラリーのザコにもようやく出番だが、逆襲方法がさっぱり分からん。利根川を倒せと轟き叫ぶ。

[]魔人探偵脳噛ネウロ #19「2」

電人VS魔人・完結編。武装ヘリがあっさり撃墜されるとは思わなかったが、便利アイテムで逆襲開始&勝利。まだだ、まだ終わらんよ。春川の思い人:刹那小林沙苗)を再生するのが目的だったとか、回想が入ったり何か安っぽくなった。HALは春川本人ではないから変な感じだし、原子炉暴走させるとか言ってたヤツなのに諦めも良い。

[]素敵探偵ラビリンス #19「記憶の泉」

思い出の森にてキャンプだホイ。さなえと繭樹の出会い、綾を初発動の時とか色々。道に迷った、(照明器具は無いけど)洞窟に入ってみよう、湖に船があるので乗ってみよう、霧が出てきて渦潮発生で沈没って、すげー展開。回想の白蟲さんがセーラー服だったのはポイントだな。セイジュ=繭樹父はベタだが、晴嵐兄でもあるのはヤリすぎ設定と思う。

[]BAMBOO BLADE #19「アルマジロとセンザンコウ」

負けたことのないタマちゃんは、「負けることで初めて見える景色もある」と言われても、「負けるのは嫌です」と理解できない模様。負けがトラウマになってる石橋先輩の言葉だしなー。勝ったことのないミヤミヤは毛唐と段くんを巡って対決。キャリー(小林沙苗)はキャラも英語も微妙だ。段くんの人気に全米が泣いた。大陸動物紀行はそれっぽい作り。

[]ARIA The ORIGINATION #6「その 素敵な課外授業に…」

アリス探偵局が怒らないアリシアさんを調査するという珍しい組み合わせ。「ご一緒しませんか?」、マンツーマンで前に座られるとすごいプレッシャーだ。良かった探しの達人なのかと思っていたけど、手綱を緩めて自由にさせるというか、褒めて伸ばすタイプの指導者なんですなー。ドジっ子アテナ先輩にちゃんと面倒見てもらえてるかの方が心配だ。

[]レンタルマギカ #18「ソロモンの絆」

前回の別視点話。ゲーティアにも実力者がいると思ったら、外法に走るヤツばっかでろくなもんじゃねぇー。融合しても冥土の土産に犯罪告白した後、叩きのめされるだけの小者。フラれた逆恨みで責任転嫁してるし、根性も腐ってる。これまでも、ちょいちょい出てくるダフネさんはアディの異母姉(秘密)なのね。それはそうと、いつきとダフネの初対面話をちゃんとやってくれ。