Hatena::ブログ(Diary)

ローリング廻し蹴り

※舞台探訪記事は左サイドバー(環境によっては下方)の◆筆者の舞台探訪・聖地巡礼からどうぞ。
IE以外のブラウザでは、表示がズレる場合があります。

2009-02-02

[]空の境界 矛盾螺旋 聖地巡礼 その有楽町をみろ

 劇場版「空の境界 第五章 矛盾螺旋」の聖地巡礼・舞台探訪(二回目)へ行ってきました。前回の補完ですが、前に行った三件は全て正解でした。場所は、渋谷東京国立近代美術館工芸館(北の丸公園)。有楽町は、前回撮影したものを有効利用。巴が見ていた野外大画面は、大盛堂商事ビル壁面のマイティビジョン渋谷ですね。友人ζ(ゼータ)は大塚駅前が出てきたと言っていたのですが、私は良く分からなかったので、今度聞いておきます。ロケットペンシルって、なんですか? ご存知ないのですか?

東京国立近代美術館-工芸館 HP


有楽町マリオン

 からくり時計のモデル。毎正時(:00分)になると、文字盤が上部にスライドし、中から現れた金色のこびと四人のユニットが金管を叩きまくるのだ。2〜3分で演奏終了&撤収するので、訪問のタイミングが悪いと約一時間の出待ちになります(※再記載)。

f:id:riyot:20090202001259j:image:w270 f:id:riyot:20090202001300j:image:w270

f:id:riyot:20090202001301j:image:w270 f:id:riyot:20090202001302j:image:w270

渋谷 ハチ公前交差点

 言わずと知れた渋谷ハチ公前交差点ですが、からくり時計だけは有楽町マリオンのものを合成しており、巴が座っていたベンチもない。「第四章 伽藍の洞」では、合成なしのスタンダード使用だったので、変な感じです。SHIBUYA 109って、文字や飾りがないと意外と目立たないんですね。ここも左右が入りきらないので、広角レンズが欲しいところです。

f:id:riyot:20090202001303j:image:w270 f:id:riyot:20090202001304j:image:w270

f:id:riyot:20090202001305j:image:w270 f:id:riyot:20090202001306j:image:w270

f:id:riyot:20090202001307j:image:w270 f:id:riyot:20090202001308j:image:w270

f:id:riyot:20090202001309j:image:w270 f:id:riyot:20090321232827j:image:w270

※「第四章 伽藍の洞」より

f:id:riyot:20081220193623j:image:w240 f:id:riyot:20081220193624j:image:w240

渋谷 宮下公園 駐輪所トンネル

 冒頭で不良連中から巴が逃げる時に通るトンネル駐輪所。真上にはJR線が通ってます。

f:id:riyot:20090202001311j:image:w270 f:id:riyot:20090202001312j:image:w270

f:id:riyot:20090202001313j:image:w270 f:id:riyot:20090202001314j:image:w270

渋谷 センター街

 巴が警官とすれ違った通り。店構えは違うものの、ステーキ&カレーの緑の看板の似ている「ふらんす亭」が、劇中ではステーキ&インドカレーの「Inndo亭」になってるのは、洒落が効いてて可笑しい。ハンバーガー店はファーストキッチン。

f:id:riyot:20090202001315j:image:w270 f:id:riyot:20090202001316j:image:w270

f:id:riyot:20090202001317j:image:w270 f:id:riyot:20090202001318j:image:w270

東京国立近代美術館工芸

 橙子さんの人形個展会場&訪ねて来た赤ザコことアルバと遭遇する美術館の舞台モデルである東京国立近代美術館工芸館。北の丸公園にあります。九段下からでも行けますが、段々見えてくるワクワク感が良いので、個人的には竹橋から歩いていくコースがお薦め(ただし、ずっと上り坂)。全然知らなかったのですが、実は毎月第一日曜日は入場無料で、私が行った日はちょうど無料でした(通常は大人200円)。アンケートに記入すると記念品の鉛筆まで頂けて、サービス良すぎです。展示品は撮影禁止ですが、受付の職員さんにエントランスから階段を撮る許可を頂きました。

 あと、裏口の非常階段は螺旋階段ではありません! 螺旋階段ではありません! 大事なコトなので二回言います! 階段のモデルは別にあるのかも知れませんが、非常階段が螺旋していたら良かったのに…。

f:id:riyot:20090202001319j:image:w270 f:id:riyot:20090202001320j:image:w270

f:id:riyot:20090202001321j:image:w270 f:id:riyot:20090202001322j:image:w270

f:id:riyot:20090202001323j:image:w270 f:id:riyot:20090202001324j:image:w270

f:id:riyot:20090202001325j:image:w270 f:id:riyot:20090202001326j:image:w270

f:id:riyot:20090202001327j:image:w270 f:id:riyot:20090202001328j:image:w270

f:id:riyot:20090202001329j:image:w270 f:id:riyot:20090202001330j:image:w270

f:id:riyot:20090202001331j:image:w270 f:id:riyot:20090202001332j:image:w270

f:id:riyot:20090202001333j:image:w270 f:id:riyot:20090202001334j:image:w270


※マップは畳んでおきます。


大きな地図で見る

瀧 2009/09/08 10:06 はじめまして。空聖地探訪 楽しく見させていただきました。
機会があったら観に行ってみたいものです。

ところで、第二章及び第七章で登場する、式の屋敷と竹やぶのモデルであろう場所というのを
空ファンの友人が見つけたらしいので、是非検証をお願いします。

場所は、目黒区碑文谷三丁目11番22号 すずめのお宿緑地公園
googleマップのユーザー写真を見ても もしかして?な感じがします。
また友人が送ってきた写メが、道の曲り具合や石畳の感じ、そして
この公園内にある古民家という建物が、式の屋敷っぽいのです。
情報提供という形ですが、もし良かったら観に行ってみてください。
そしてこれはホンモノだ! となったら是非また探訪記をお願いします。
では失礼します。

riyotriyot 2009/09/08 22:35 >瀧さん
これは有力情報をありがとうございます。
ぐぐってみましたが、確かに雰囲気ありますね。
両儀家は三渓園へロケ班に行ったという噂があったので、
そっちかなと思っていましたが、何ヶ所かを参考にしているのかも知れませんね。
今は立て込んでいて、七章もまだ見れていない体たらくですが、チェックしてみたいです。

相良軍曹相良軍曹 2010/12/23 22:21 はじめまして、いつも記事を楽しく読ませていただいております。
また、舞台探訪の際には、お世話になっております。

只今空の境界第七章を鑑賞していて、劇中に登場する場所と似た場所を発見したので、ご報告に参りました。

黒桐幹也と麻薬売人のおねえさんが高架下で再開するシーンが、東京都新宿区百人町2丁目2−22付近にかかっている「大久保そよかぜ橋」と酷似しておりました。偶然そこがランニングコースだったので、もしやとは思ったのですが、坂の雰囲気や高架下の様子が、とても似ていると思います。舞台探訪の参考になれば幸いです。

これからもよろしくお願いします。

riyotriyot 2010/12/23 23:06 > 相良軍曹さん
情報有り難うございます。
チェックしてみましたが、おおっ、これは似ていますね。
ほぼ間違いないんじゃないでしょうか。
探していたのですが、見つけられなかった物件なので、
スペシャリストではないですが、すぐにでも現地へ行ってみたいです。

秋月秋月 2012/03/31 23:30 はじめまして。舞台探訪楽しく読ませていただきました。

ところで第六章「忘却録音」で学園の離れにある建物(生徒会長?と戦った所)
はおそらく横浜にある根岸競馬場跡だと思われます。
(横浜競馬場でググるとでてきます)
もし訪れる機会があったら是非また探訪をおねがいします。

riyotriyot 2012/04/01 01:34 > 秋月さん
情報ありがとうございます。
競馬場の建物だったんですね。
ググってみましたけど、雰囲気あるので是非とも見に行きたいです。

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証