Hatena::ブログ(Diary)

廻る。日々 Twitter

2003 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2004 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2005 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 03 | 04 | 08 | 11 |
2011 | 07 | 08 |

2011-08-04

[]may you rest in peace

無常だなあ。なんとも言葉が無い。

どっかの掲示板で誰かが「おい松田、いつまで倒れてるんだよ、シミュレーション取られるぞ!」って書き込んでいて、なんだかちょっと涙が出てきた。

鞠に居た時は大っ嫌いな選手だった。誉めてるんだよ。

今日仕事の合間に浦和のオフィシャルの過去試合のレポ見ながら、対戦した試合をひとつひとつ思い出してみたりしたよ。

34歳。

お子さんもまだ小さい。サッカー選手としてはもちろん、男としても父としてもまだまだこれからいろいろやるべきことがあったはずだ。

心の底からご冥福をお祈りいたします。

松田直樹選手の追悼セレモニー等の実施について

サッカー界で長きに渡り活躍された松田直樹選手への哀悼の意をこめて、Jリーグと全38クラブは、下記期間に開催する2011Jリーグディビジョン1、2011Jリーグディビジョン2の全試合会場にて、追悼セレモニー等を実施いたします。


■実施期間:

2011年8月5日(金)〜7日(日)

Jリーグディビジョン1第20節、Jリーグディビジョン2第3節

■実施内容

(1)半旗掲揚

スタジアムにて掲揚するJリーグ旗、両クラブ旗の半旗

(2)キックオフ前の黙とう

(3)選手・スタッフ審判団含む)の喪章着用

2011-07-21

[]time to say good-bye

従兄弟が自殺したと連絡があり、お線香上げに行ってきました。

遺書は無かったらしいので原因や理由までは分かりませんが、そもそも自殺なのだから、その原因や理由を本人以外の人間が理解しようというのは難しいのでしょう。

残された人間は理解したいがためになんやかやと詮索しては誰かのせいにしてみては自分を責めては忙しいですがね。

まあそんな自分も噂だったり目にしたことだったりでなんとなく理由が分からなくもないのですが、どの家族にもそれぞれ外からは伺いしれないような事情を抱えているものだと思いますし、詮索妄想したからといって従兄弟が還ってくるわけではないので止めておきます。

ワタシのうちはちょっとだけ家族関係が込み入っているのですが、そんなことは気にせず、ワタシや母に優しくしてくれた従兄弟でした。

優しい分、弱いところもあったみたいです。

親より先に逝っちゃだめだよ、まーちゃん

2010-11-14

[]え

ポンちゃん退団ってマジ?

っつかはてなログインするのが8月以来って、ワタシ、マジ?

えっと、近々一気に日記を書こうかなあと。

2010-08-08

[]するり、

シーサイドモーテルも観てました、そういえば。

生田さんはセックスのニオイが全くしないところが両刃の剣だと思いました。生田さんが童貞でも驚かないし、むしろぶっちゃけ生田さんとやりたい女って居るのかなとか下品なことまで考えましたよ。

山田孝之玉鉄が期待通りに汚くて良かったです。池鉄さんも古田さんも、いやあ裏切らないです。素敵。

山田孝之と玉鉄、古田さんの部屋の話はやっぱり好きでした。日常の皮を剥いで裏返しにしようとしてみる、みたいな。舞台で観たかったなー。

っつか生田さん出演作で一番好きなのは「眠れる森の死体」なワタシとしては、人間失格がそれに近い感じになるのかなあ。ミュージカルはね、基本、歌が上手くないとね、うん。

[]餅は餅屋

BANDAGEレンタルしてきますた。

BANDAGE バンデイジ 豪華版DVD 2枚組 (本編DVD+特典DVD) <初回限定>

BANDAGE バンデイジ 豪華版DVD 2枚組 (本編DVD+特典DVD) <初回限定>

田窪さん(知り合いの劇団の主宰者さん)が出演していて驚きました。

これ、なんで岩井俊二が撮らなかったんだろう。

演技云々以前にきいちゃん滑舌のよさに、他の人も見習えばいいのに、、、としじみしじみ。どんな台詞も歌も聴こえなきゃ意味ねえ。あかにっさんは本当に声がきれいなので、もったいないとしじみしじみ。

しじみしじみと餅は餅屋だと思いました。

大事なことなので2回言いましたよ。

[]it's just only

アウトレイジを観てたんです、そういえば。

ただそれだけ、のストーリーがものすごくそれだけで良いと思える、ただそれだけの映画でした。んで物の色が、そのままでそこに在るような、これ、アメリカ映画では決して観ることの出来ない、鈍い色彩。本物の色。

すげえ。

[]蝉の抜け殻みたいだった。

もちろん浦和試合も観てます。こどもが産まれてから、とんとスタに通えていませんが、それでも年に数試合はスタで参戦してます。サテも行ってます。レディースも観てます。

けど今日神戸戦観てたら、今日はコメントが出て来ない。っつか言いたいことをトミダイに言われてた。

(Q:後半の浦和の攻撃については、あまり怖さを感じなかったのでは?)

きれいすぎて、パワープレーでこられたら嫌だなと思っていたし、スペースに侵入されて崩されると嫌だなと思っていたんですけど、あまりそうした攻撃はなかったですね

また改めて。

[][]蝉の抜け殻を踏んだ。

8月、盛夏。

今年は最高気温記録1位の栄誉を群馬伊勢崎に譲り渡している埼玉県北のあつべえが程近い我が家では、夜な夜なカブトムシ殺人事件が繰り広げられておりますが、みなさま、いかがお過ごしでしょうか。

殺虫事件か。

いえね、先日、弟の彼女のパパがうちの娘に、とカブトムシとクワガタムシを10匹くらい持って来てくれたんですけど、どうにも生き物に対して面倒見の悪い我が家ではカブトムシすら生きながらえることが出来ず、毎日帰宅する度に虫かごの中でひっくり返っているカブトムシとご対面しているんですよ。

おっかしいなあ。ちゃんと霧吹きで水も掛けてるし、きゅうりもあげてるのになあ。金魚もめだかも、はてまた観葉植物でさえ一週間ともたない。うむ。

まあようは面倒くさがりなのさ。えへ。

まあいい。

よくないが。

いやいや、あっと言うまに8月ですね。前回の日記書いたのが4月の終わり?うげ、3ヶ月もたたぶつくさ呟いていただけという。

そんなこんなでここ数ヶ月でもいろいろありましたよ。娘が無事に4歳になったり、ワタシと入れ替わるように母が入院して退院したり、ワタシは職業訓練に通い始めたり、かつんからあかにっさんが抜けちゃうし(あれ、そこ?)

えーと。

家に居たのでW杯も思う存分、堪能しました。

2006年W杯では絶望とやるせなさしか残らなくて、4年掛けて失ったものをどうやってこの先の4年間で取り返すんだろうと思っていたけど、今回のW杯は単純にわくわくした気持ちが残ったし、試合自体も心臓きゅうきゅうしながら、でも楽しく観られました。課題は常にあるもんですけど、それすら前向きに取り組めそうな。

ただやっぱり岡ちゃんは常に選択肢として2番目の人なので、そうでない、4年間一環とした日本代表2014年に逢いたいなあという気持ちが今、強いです。

そして今回のW杯が一番身にしみて「経験って大事なんだなあ」って、しじみしじみ本当に思わされる試合が多かったですよ。

今までいろんな選手外国リーグに移籍して、そして日本代表でプレーして、正直、その日本への還元って何よ的な、中田ですら、確かに中田個人としての経験は個人の中に積み上がっていたんだろうけど、それがどうにも日本に伝わってないよねっていう風なね、感じで、これは中田本人の方法論と当時の日本代表の選手との間で生じてたすれ違いのせいもあるんだろうけど、どうして例えば日本対ブラジルの試合が、日本代表の中で中田VS他の人みたいになっちゃってるのっつう、まあいまさら中田の話はいいか。

で、今回は特に松井さん、ハセなんか物怖じしないとか、堂々と渡り合う、とかそんな言葉すら思い浮かばないほど、きっちり普通にプレーしていてね、いいなあって思ったんだ。海外に出てプレーするってこういうことなんだって。Jもブンデスリーガリーグアンも、ピッチの上ではすべからく等しくサッカーなんだって。上手い下手はもちろんあるけどさ。

気負うでもなく、プレーの場を変えてプレーに臨むスタイルを変えて、でもそれが当たり前のことになっていて、凄いなって思う反面、これが彼らの普通なんだって、それがJでプレーする選手も巻き込んで一気に闘えるっていうか、上手く言えないけど、これが本当の還元で相乗効果なんだって。

だから今回は心の底から阿部ちゃんにもチャンスがあるなら好きな外国のチームに行ってプレーしてきなよ、って言いたくなったよ。

とりあえず一旦まとめ。

2010-04-28

[]day by day

もう4月ですね。っつか終わりますね。3日に入園式を済ませ、娘は幼稚園の年少さんになりました。おかげさまで一日も休まずに元気に通っております。

ワタシ自身も退院して一ヶ月が経ちますが、こちらもおかげさまで退院後検査も問題なく終了し、少し前から職場復帰もしました。が、復帰してすぐに契約終了日ですよ。

最近Twitterでつぶやいてばかりで、こちらに書き込むことが少なくなってしまいましたが、重ねておかげさまで元気にぶつくさ言っております。

予定としては3月仕事の引継ぎを終わらせ、4月はのんびりと有休で遊んで、5月から就職活動、と目論んでいたのですが、3月から4月まで病気ですごしたせいで、すっかり予定が狂ってしまい、むしろ5月からのんびりすることになりました。大原にでも通ってやろうか。その前にハローワーク。

浦和の試合も観ています。GWに一試合くらい参戦したいなあと思ってますが、どうかなあ。

最近一番驚いたのは、スカパー!でガンバ戦を観ていたダンナが「新井場が居ないなあ…」と首を傾げていたことです。

あんたの脳内選手名鑑は何年前で止まってるんだw

まあほんとにくどいようですが、おかげさまでぼちぼち生きていられるのだから、悪くはないのかも知れません。

いろいろ頑張ります。

[]あちゃぱー

もとい、アバター。観ました。

良く出来たアニメですね(棒読み

えー。

すごく良く出来てるんだけど、やっぱり絵だから質感は表現できても、重量感がまるで無いというか、例えば蹴られた地面の弾力だったり、握った手の皮膚のたわみだったり、そういったものが無いとリアルには感じられないってのに、これを観てあっち行っちゃって戻って来れない人が居るって?なんで?

ストーリーもなんつーか、猿の惑星じゃダメなのかとか寄生獣映画化はどうなったんだろうとか色々考えちゃって、極めつけはラスト映画テーマに対する回答が何も無いのに主人公が逃げたのにはびっくりしました。そっちかよ!って思わず三村になりそうになった。そういえばもやさまが日曜に移ってからは、まだ見てないな。

んなこたあどうでもいい。

きっとこれは3Dってすごいのに、そもそも映画が3Dで作られる必要があるのかどうかを問おうとしちゃったりする映画なんだな、と思いました。

あちゃぱー。

シガニー・ウィーバー女史は素敵でした。相変わらず。何歳よ?