Hatena::ブログ(Diary)

廻る。日々 Twitter

2003 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2004 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2005 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 03 | 04 | 08 | 11 |
2011 | 07 | 08 |

2007-09-18

[][]若い悲しみに濡れた瞳で

いつもなら夜も8時を過ぎると眠たくてぐずりだす娘は、いつもちょっと背中をとんとんしてあげるとすぐにこてんと寝てしまうのですが、ここ数日は眠たくてぐずぐずはするものの、実際に寝付くまで2時間以上掛かるようになってしまって、その間はあっちをうろうろ、こっちをうろうろ、絵本は散らかす、ぬいぐるみはかじって毛を毟るってな感じで、ワタシはイライライライラしておりました。

抱き上げても身をよじって逃げ出そうとしますし、おっぱい飲んでうつらうつらしたかと思うと、ぱっと顔を上げてにやっと笑い、リビングへ脱走しますし、台所へ行ったかと思うとゴミ箱に紙くずを入れては出し、の繰り返しをしています。何が楽しいんだ。

いつもなら娘が自発的に布団に来るまで、じーっと寝たふりして待っているのですが、昨夜は22時過ぎたところで、さすがに堪忍袋の緒が切れました。もう待っててあげません。

絵本を読んだり、くるくる踊ったりしている娘を後目に、バスタオルを干そうと(うちは次の日が仕事だと、夜に洗濯してしまうのです)ベランダへ出たその瞬間。

部屋の中から尋常ではない泣き声が。

ワタシのことなんか目に入らないで遊んでいるんだとばかり思っていた娘が、ワタシがどっかに行ってしまったと思ったらしくて、部屋の中で立ち尽くして泣き喚いているのでした。

慌てて部屋に入り、抱き上げて涙を拭いてあげると、にんまり笑う娘。床に下ろして、再びバスタオルを持ってベランダへ出ると、また耳が割れんばかりの大きな泣き声が。洗濯物干してんのよ。学習しなさい。

バスタオルを干すのは諦めて、部屋の中で他の服を干そうとすると、娘が寄ってきて洗濯カゴの中から洗濯物を取り出して渡してくれます。お手伝いは嬉しいけど、とっとと寝ろっつの。

ハンガーにかけ終わった洗濯ものをベランダに出そうと窓を開けると、ワタシの足の隙間から娘がベランダに出ようとしていました。危ないから出ちゃダメって言ってるのに、どうにも窓を開けたら外へ出ないと思い込んでいるらしく、いつも突進してきます。猫か。

とりあえずハンガーをカーテンレールに掛け、屈んで娘を抱き戻そうと手を伸ばすと、娘は小さな声で「めっ、めっ」と言いながら、窓の桟を越えようとしていました。

ワタシがいつもそうやって言いながら怒っているので、ベランダを出る時は「めっ、めっ」と言うもんだと思っているのでしょうか。


……。


結局、娘が眠りに入ったのは23時過ぎでした。爪を切っても、耳掃除をしても起きなかったので、よっぽど眠かったのでしょうねえ。だったらとっとと寝ろと(ry


子どもって。

面白いけど。

イライラの当たりどころはもちろんダンナです。

f:id:rk9:20070915143407j:image

この後、ベビーダノンを一気のみしようとして鼻の中までベビーダノンで埋まってしまい、フガフガしていました。バカですw

[]君は何を今、見つめているの

アジアがどうのこうの言う前に、Jリーグがあったのでした。先走るなよ、ワタシ。そんな広島戦。

【J1:第25節 広島 vs 浦和 レポート】浦和、勝負強さを見せつける4得点で、追いすがる広島を突き放す


ロスタイム浦和GK都築龍太は、完全に先に動いてしまった。PKには絶対の自信を持つウェズレイは、落ち着いて逆サイドに蹴る。誰もが「1点差」を信じたその瞬間、ボールポストに当たって外に出てしまった。呆然とたたずむウェズレイ。「JリーグでPKを外した記憶がない」と、試合後に悄然と語る広島の10番。その姿は、とても2試合連続ゴールを記録し、得点ランクトップを走る選手とは思えなかった。

まさに今日は、「ウェズレイの日ではなかった」のである


スタジアムに居て、敵のFKやらPKのシーンに出くわす時、ワタシはいつも心の中でイメージする。FKなら、大きくバーを越えていくところを。

PKなら都築ががっちり止めるところを。または北側ゴールポスト様が弾いて下さるところを。

そして声に出す。「入らない、入らない」と、ね。

単なる思い込みは百も承知だけれど、「もしかしたら入っちゃうかも知れない」と弱気になった時ほど、決められてしまっている気がするのね。

この日もワタシはテレビの前だけれど、「ピチブーのPKは外れるよ〜」と呟いていた。ら、まあご覧の通り。


それにしても1点目の達也シュートは素晴らしかった。達也が素晴らしいのは言うまでもないけれど、広島DFの、あまりにもアレな寄せのなさにはさらに驚いた。

2点目のハセのヘディングシュートは、練習みたいだった。広島DFはアレどころの話ではない。

3点目は駆け出した瞬間の永井が素晴らしかった。

4点目はシトン、上手すぎ。

広島には、ご愁傷様でした。広島に黒田兄貴とか前田が居たら、違ったかもね。あれ?だいたい、ピチブーが得点ランキング1位なのに、なぜゆえ広島は。

だって疲れているのはお互い様だとしたら、後は多少の根性論になっちゃうのよ。浦和も水際で攻撃を防いでいるシーン、多かったもん。

勝って良かったなあ。

2007-09-13

[]君は行くのか そんなにしてまで

掴もうアジア。


いよいよノックアウトステージ突入です。参りましょう。

[]だのに なぜ歯をくいしばり

啓太たちが谷間の世代だったとしたら、この子たちは谷底の世代なんじゃないか、とそんな失礼なことを考えていたりした北京五輪代表ですが、そんな彼らが戦っていた北京五輪アジア地区最終予選の対カタール戦をテレビで見ました。

今まで様々な年代別の代表の試合を見てきて、こんなに表情に乏しい子たちが集まっているチームも珍しいと思っていましたが、上記のレポにもあるように、ようやっと昨日の試合で感情の起伏がプレーにも出てくる試合が観られました。ここへ来て歯車がかみ合い出したのか、目が覚めたのか、打ち解けてきたのか、それとも。


柏木デカモリシのおかげなのか。


っつか萌ちゃんがベンチにも居ないってどういうこと…。梶山が痛んだ後、萌ちゃんが居たら良かったのに、と無責任外野はやいのやいの。

それもまた醍醐味

結果については、予選ですから勝ったんでオールオーケイ

[][][]君の行く道は果てしなく遠い

映画バッテリー」で主演した林 遣都くんが、映画化される「DIVE!」でも主演するそうです。

林 遣都オフィシャル

「DIVE!」

DIVE!! 上 (角川文庫)

DIVE!! 上 (角川文庫)

「DIVE!」とは、飛び込みに勤しむ少年たちの物語です。

電車や車に飛び込むのではなく、プールに飛び込みます(当たり前)

なかなか「バッテリー」より、分かりやすく親しみやすい物語です。読んで共感や共鳴することはあっても、頭を抱えることはないかと思います。

飛び込みという競技についても、ちょっと詳しくなれたりします。点数のつけ方とか、あまり知られていないですよね。オススメです。


おばちゃんは若い女の子に戻りたいとはあまり思いませんが、もし叶うのであれば、一度くらい少年になってみたかったなあとか、未だに妄想したりします。

妄想とはいえ、ワタシは変態でもショタでもないので、別に少年をどうのこうのとかそういうわけではありません。

あまり後先考えずに一日中走り回ってみたかったなっていう、そんな程度です。多分、少女は走り回るにしても洋服ひとつ選ぶにしても、後先や打算をいくつもいくつも考える生き物なので。


戯言です。


でもまあだからこそ、自分の子どもが娘で良かったなあと思います。自分の子どもに憧れないで済むから。

f:id:rk9:20070909154222j:image

今日も娘は天下泰平。

最近は何かするごとに「よいしょよいしょ」と言います。うあああ、真似されてる…。

2007-09-07

[]見かけばっかり

f:id:rk9:20070902150345j:image

成長過程のひとつなのですが、このところの娘は何でも人の真似をしたがります。

電話を渡せば「もしもーし」の格好をしますし、ブラシを渡せば髪を梳かそうとします。食事時にスプーンフォークを渡せば、ママの口に食べ物を突っ込もうとしますし、おしぼりをテーブルに置いておけば、一口食べるごとに口をぬぐいます。

パンツでもシャツでも、足から履こうとします。


一番笑えるのは、スーパーマーケットに行くと自分でカートを押しながら店内中を練り歩き、肉や魚のコーナーの前で立ち止まって、パックを吟味している姿です。


自分の後姿を見ているようで恥ずかしいです。気をつけよう。

[]見掛け倒し

今更なんですが、さいたまダービーにまつわることで。

闘莉王に対して憤っている人たちっていうのは、この記事のについて、ですかね?

ワタシはスタに行っていないので伝聞ですが、試合終了後、ゴール裏挨拶にこようとしなかったこととか。


っつかみんな、何年闘莉王と一緒に闘っているのでしょうか。闘莉王の態度やプレーが、2323な頭髪ほどは年を食っていないってことくらい、もうみーんな分かってるのかと思ってましたよ、ワタクシ。


今までだってサポがブーイングすると闘莉王、怒ってましたよ。

態度だってふてくされた子どもそのものみたいでした。

最近、あまり負けていなかったからみんな忘れているのかも知れないけど、どんな試合でもブーイングされると闘莉王、怒ってたし、そんなコメントを残していましたよ。


勝っている時は大いに持ち上げて、ちょっとでも負けると一斉に叩き出す。お互いさまですね、サポも闘莉王も。


俺らは金払ってる客なんだから、選手にいくらでも文句(っつーか貶し)言っていいわけなのかな?

俺らは金もらってるプロなんだから、サポに何も言っちゃいけないわけなのかな?


どっちも違うような気がします。


特にこの岡野のブログで「サポあってのレッズだと思います。」とか言って、選手にファンサービスをねだっている人とか。こういう人にきちんとユーモアを交えて返せるところが岡野のすごいところだと、岡野のすごさばかりが際だつエントリだよ、まったく。

サービスって、ねだるもんなの?お金でも払って、対価でもらうものだよねえ、サービスって。ああまあ、チケット代とかグッズ代とか、色々お金は払っているわねえ。だからサービスを受ける権利があると、そういうことかな。図式的に説明する分には正しいけれど、それってサポーターがわざわざ選手のブログに書き込まなきゃいけないこと?クラブに直接言えばいいんじゃないの?別にみんないっつもファンサをしていないわけでもないですし。

相馬さんのブログにコメントをせっせと書き込んでいる人たちも、試合直後からまあ、上げたり下げたり忙しいこと。


岡野さん。道が混んでいる時はサインなんかしなくていいですよ。多分、東京への道は常に混んでいると思うので、とっとと帰って試合に備えて下さい

相馬さんは引き続き頑張って下さい。


ただまあ、選手たちも、そうでない人たちも「選手が一番負けて悔しい」っていうけどさ、じゃあ選手にはワタシたちサポが「同じ市のチームに負けて、そのチームのサポと同じ居住区に帰らなきゃいけない辛さ」っての、分かるかなあ。

バスの中とか電車の中で、喜んでいる相手サポとずーっと同じ道を辿って家に帰らなきゃいけない辛さっていうの。分かって欲しいなあとか、ちょっと思うこともありますねえ。

だからこの辛さを味わらないですむよう、サポはサポの立ち位置で頑張るんですがねえ。We made it together ってクラブが掲げてくれたこの言葉、ワタシたちは一緒に何を成し遂げるの?

試合を見せてもらっている立場、っていうスタンスであるのであれば、金払っている分くらいは、いくらでも文句言ったりサービスねだったり、いいと思いますけどね。選手は商品で、試合は商品のすばらしさお披露目してもらっている場であり、大原は選手の商品価値を高めている場所ってなだけですから。いくらでも好きなように振舞ったらいいんです。

自分が金を払っているお客様で、レッズから対価を得たいんであれば。否定はしません。別にいいと思います。サポーターって、金払って支えてるってのも、サポーターの意味に含まれるでしょうし。

ただワタシが気に入らないだけでw


っつか久々に負けてこれだもの。レッズは強くなりました。

ああ、贅沢(うっとり)だってまだ首位(うっとり)弱い方のさいたまだけど、まだ首位(うっとり)

-------

補足:闘莉王をかばうつもりは全然ないです。責められても仕方ない態度だと思います。ただ We are REDS! と叫ぶその口が濡れ濡れなのに(うひ)手のひらを返した態度を取る闘莉王もサポも、いやあんな感じがするだけです。

ブーイングについても否定しません。ワタシもする時はします。あのダービーの試合内容だったら、ワタシもスタに居たら、していたと思います。

だからいやあんなのは、ブーイングを単なる八つ当たりとしか理解していない闘莉王と、八つ当たりしかしていないサポに、です。

[][]同人誌

f:id:rk9:20070907082550j:image

みたいな初回特典の書き下ろし小説を、混み混みの道路でノロノロ運転しながら、読み終えてしまった件について。良い子は真似しちゃいけません。だって全然車が動かないんだもの…!!!


書き下ろし小説は、豪ちゃんはやっぱり巧のストーカーなんだなあっていう、相変わらずのお話でした。


バッテリーを読んだり見たりすると、一番強く沸き上がる感情が「後悔」なワタシも相変わらずなんですが。

2007-09-01

[]完敗

大宮は良いプレーをしていました。

なんていうか、並ならぬ執念を感じました。

おめでとう、大宮。


あああああああ。大口叩くとろくなことはないな、やっぱり。反省します。


っつか桜井様もなんつーかだけれど、うちの選手も文句言っている時間があったら走れや。

[]王様の耳はロバの耳


f:id:rk9:20070826113135j:image

タイトル通りの日記です。


最近闘莉王のダーティープレーが取りざたされています。Jリーグにも注意されてしまいました。申し訳ございません。彼は帰化しているとはいえ、良くも悪くもブラジル人です。マリーシアといいますか、勝利のためにはなりふり構わないところがあるので、それが悪い方面で出ると、相手選手の頭はたいたり審判に突っかかっていったりしてしまいます。ダメですね。中澤を見習いたいところですね。


でもでも言われっぱなしだと、なーんかもやもやするので、とやかく言う人たちにワタシも同じように言い返したいと思います。


だったらおまえのところの戸田ルーカス古賀や大岩や福西深谷や森や本田現役引退)や関塚監督は、どれだけ清廉潔白なんじゃコラ。



……。


問題をすりかえつつ叫んでみました。

ええ、まあ今日はタイトル通りの日記ですから。おほほ。

すり替えるどころか、そういう問題ではないことくらい重々承知ですから。おほほ。



さて、明日はさいたまダービーです。

最後のダービーとかってクラブが言っちゃうのはどうかとワタシは思いますが、サポが言い合う分には構わないと思います。

先日、用事があって大宮公園の側を車で通りました。建設途中の新しいスタは、スタンドが白くてとてもキレイでした。

来年はあそこで大山くんとか祐三とかカニとかラモスとかが見られるんだあ、と、ちょっと今からウキウキしてしまいました。


ワタシがダービー前に大口を叩くといいことがないので、この辺で。


気を引き締めて、目の前の一戦に。

Connection: close