Hatena::ブログ(Diary)

児童小銃 RSSフィード

みえない自由が欲しくて
みえない銃を撃ちまくる
THE BLUE HEARTS 「TRAIN-TRAIN」

なんばりょうすけの仮住まいです

連絡先: rna◎cyber●email●ne●jp


プライバシーポリシー


2005-03-18

[] 頭痛い

頭がフラフラ。寝てもリセットかからん。相変わらず二匹の猫の折り合いが微妙で疲れます。先住猫は、、、ってもうめんどくさいから名前書くよ。

  • 先住猫: モナ(♀5歳)
  • 新参猫: サクラ(仮名)(♂1歳)

サクラが例の目の見えない子。一応「一時保護」のつもりなので仮名。仮名の由来は『餓狼伝』(漫画版)に出てくる盲目のファイター「泣き虫サクラ」から。

で、最近はお腹がすくと二匹揃ってニャーニャー騒いでご飯を要求。とにかく、サクラはあったらあっただけ全部食べてしまうので、モナ一匹の時の「お皿に適当にカリカリを盛って出しっぱなしにして減ったら補給」という運用が不可能に。横取り防止のため食べ終わるまでそばについてなくちゃいけないし。

横取りというのは、サクラの方が物凄い勢いで食べるので先にお皿が空になり、ほっとくとモナのお皿から食べちゃうという話。そうなるとモナは嫌がってどっかいっちゃうので、サクラはモナのお皿が空になるまで食べちゃう。モナの食事が進まないし、いくらなんでも食べすぎなのでモナの食事が終わるまでサクラをだっこする等の対策が必要。

最初は叱ってたけど、サクラは元々叱ってもなかなか言うこと聞かない性格の上、食い気が絡むともうどうにもたまらんらしくて多少どなられたり頭叩かれたりしても全然やめません。部屋の隅につれてってもすぐ戻ってしまう。

そんなこんなで今までの倍以上の手間暇がかかるようになってかなり辛い。せめて二匹が仲良ければと思うのですが、これが微妙で。昨日あたりから時々モナがサクラのしっぽや顔をなめるようになったのですけど、なめた直後に猫パンチ三連発食らわして走り去ったりして、なんだかわけがわかりません。ひょっとすると体についた鰹節の粉をなめたかっただけなのかな。とにかくよくわからない。

[][] 高橋結衣ブログ

トーバンズのユイこと高橋結衣(正確には 髙橋結衣)さんもブログを始めました。

diary ってなってるけどブログです。マリナと同じで sb を使用。やはりコメントとトラバはいまのところないみたいです。かわりに BBS があるとこもマリナと一緒。

[] Palm Vx でデジタイザがずれる

電池が放電してしまった Palm Vx を HotSync で復帰させたらなぜかデジタイザの設定がずれてしまい、右斜め上 2cm くらいの所をタップしないと狙った所が反応しなくなってしまった。初期設定で設定しようとしても初期設定のアイコンが右端に来ててどうやっても押せない。ハードリセットしてデジタイザを調整しても HotSync するとまた同じ症状に。。。

結局アプリを一個消してアイコンの位置をずらしてなんとか初期設定を起動して調整して、消したアプリを再インストールしてやっと復旧しました。

[] 人権擁護法案に関連して

なんか騒ぎになってるけど、騒ぎの方向性がどうも変。と思ってたらそういう主旨のサイトができていたのでメモ。

法案をちゃんと読んでないのでなんとも言えないのだけど、廃案にすれば万事オッケーって話でもないと思う。上のサイトでも紹介された「在日の就業と生活保護の統計まとめサイト」はデマサイトの件で思ったのは、個人や法人への誹謗中傷に対しては法的に対抗できるし、プロバイダ側も対応してくれるけど、個人や法人ではない集団、例えば特定の人種に属する人たちとか、特定の国籍の外国人だとか、特定の性的指向を持つ人だとかをターゲットにした誹謗中傷に対してはどうなるのか、ということ。法的に対抗しにくいし*1、プロバイダもなかなか対応してくれません。

生活保護問題の時はモアスピーチ原則ということで、トラバを募って google ランク age たりしてみたけど、デマサイトは放置されてるし、デマを引用していたサイト(ここも連絡先不明)は未だに訂正されていません。それどころか、人権擁護法案関係のサイトでまた引用されてデマが拡散している始末。

僕は再犯率問題で色々がっかりして「大手マスコミに誤り訂正能力は期待できない」と言った事がありますが、ネットでマスコミ批判をしている彼らも結局同じかよと思うとまたまたがっかりです。

この手の差別的デマ*2に対してモアスピーチが有効に機能するには条件があると思います。デマ拡散の初期に対抗できれば対抗言論が免疫的に働いて有効ですが、先にデマが広がってしまってから訂正するためには自分の間違いを認めるという難しい態度を要求することになるわけで、誤りを誤りと認めることが出来る人が一定の割合いないとダメだと思います。要するに民度が問われると。

この条件が満たせないなら、言論の自由をある程度萎縮させるような法規制ができてもやむを得ないのかもしれません。でも僕はむしろマスコミや(左右両方の)市民運動をやってる人たちが自ら誤りを誤りと認められるようになって欲しいし、そうなりうるということを運動をやってる人たちは身をもって示して欲しいと思います。

*1:こういう場合「精神的苦痛」とかを理由に民事訴訟って起こせるんですかね? ていうか勝ち目あるんでしょうか?

*2:一応付記しておくと最初に在日生活保護受給率問題を提起した人は素で計算間違いをしただけで後に謝罪もしています。元々は悪意はなかったものと思いますが、結果として拡散したデマは差別的なものとして機能しているという意味で「差別的デマ」と言っています。

yamakawyamakaw 2005/03/19 11:28 始めまして。再犯率の話題に興味を持って拝読していましたが最近は猫さんたちの話題が気になっています。詰まらぬ茶々で恐縮ですが、猫が相手の身体を舐めるのは相手に自分の匂いを付けて配下に置こうという意図が主眼だと聞いたことがあります。猫パンチ三連発へと連なる一連の行動は私にはそういう文脈に読めました。

rnarna 2005/03/19 21:22 におい付けってのはありますね。ていうか僕も手とか顔とかなめられます。でも猫パンチはされないなー。猫くらいの動物だと生得的にパターン化された行動を他の目的に転用したりするそうで、なかなか解釈が難しいところかも。