Hatena::ブログ(Diary)

児童小銃 RSSフィード

みえない自由が欲しくて
みえない銃を撃ちまくる
THE BLUE HEARTS 「TRAIN-TRAIN」

なんばりょうすけの仮住まいです

連絡先: rna◎cyber●email●ne●jp


プライバシーポリシー


2005-06-10

[] 平安の祈り

id:hotsuma:20050608#p1 より:

平安の祈りにはいくつかのバージョンがあるようだ。

こんなのも。

変えられないものを受け入れる力

そして受け入れられないものを

変える力をちょうだいよ

宇多田ヒカル『Wait and See 〜リスク〜』

若干アグレッシブになってますが。

[][] 『諸君!』には2ちゃん臭い連載がある

論壇誌なんて長らく読んでなかったので知らなかった。なんなんだこれは。

ちなみに紗綾ちゃんがFカップだ云々はDVDの発売元が勝手に言いだしたことで事務所は困っているらしい。『サイゾー』6月号 p21 より:

この件について所属事務所に問い合わせてみると、「ネットでの騒動は知っていますが、ボディをウリにする気は毛頭ないんですよ。Fカップというのもまったくのデタラメで、今度出るセカンドDVDの発売元が勝手に言いだしたことなんです。本人はまだ微妙な年代ですし、こちらとしてはかなり迷惑してるんですよ」と、少々お怒りのご様子。

もっと酷いキャッチコピーつけられてる子もいたなぁ。あんなの親が認めてるとは思えないんだけど。最低限ポーズとして「不健全なアレじゃないですよー」っていうフリくらいはして欲しいな。

つーか、「ほらっ、あんたこういうの好きなんだろ? 興奮すんだろ? ほらっ! どうよ!? 欲しいんだろ?」みたいな露骨な売り方されるとなんかムカツク。論壇誌に2ちゃんネタっていうあざとさも含めて。

[] 入試問題で「ひめゆり学徒体験談は退屈」 青学高等部

正直問題作成者からも批判する側からも「政治的」なものがぷんぷん漂ってくるわけですが。。。

実際の問題を読むと、報道で受ける印象とは違い、決して不真面目な内容ではありません。次世代に歴史的なメッセージを伝えるにはどうしたらいいか、メッセージの誤配は悲劇的ではないか、というようなテーマで教師(先輩?)が受験生に語りかける、という体裁の文章です。

しかし、かなり政治的オピニオンがにじむ内容です。問題文にはひめゆりの語り部の語りが退屈な理由の分析として、"Another problem is that if the speaker's opinion is too strong, it may give a different message." とありますが、この問題文自体オピニオンがトゥーストロングな印象。

まず、ひめゆりの件の後にはアジアカップで日本チームに対して中国ファンがブーイングしたのは中国の反日教育のせいだと臭わせるくだりがあります。実際そういう面はあるにせよ、このあたりは議論が残る話で、試験問題の中でさらっと引き合いに出せるような話でもないと思います。ひょっとして試験問題批判の本筋はこっちなのかも?

もう一つ、こっちの方がひっかかるんですが、これが学生に向けた語りとして、つまりメッセージの受け手の側に対するメッセージとして書かれていること。これが大人に対する、メッセージを残す側に対するメッセージとして語られているのならまだわかります。メッセージを上手く伝えるためにはマーケティング的な戦略が必要なのは事実でしょう。

しかし、未だメッセージの受け手の側にいる子供たちに対する語りとしては、いかにメッセージを伝えるかじゃなくて、いかにメッセージを受け止めるか、という話をするのがスジなんじゃないでしょうか? どんなに大人が不器用でも、次の時代を生きていくのは子供たち自身なんです。そんなやり方じゃ退屈しちゃうよとか、大人が正しくメッセージを伝えないのが悪いとか、消費者気分で甘えたことを言っても誰も助けてくれないのですから。

そういう意味で、この文章に込められたオピニオンと受験生に贈る言葉という体裁との間に齟齬が感じられてなりません。贈る言葉にかこつけて上の世代(というか戦後教育?)を批判する意図があるようにも感じられます。

なお、入試問題は落合弁護士の日記のコメント欄より。問題の箇所は IV の設問文の後半あたり。この PDF はアウトライン化されてるのかコピペできない。めんどくせー。手でタイプしたので誤字とかあったらごめんなさい。

Then we moved to the Himeyuri Memorial Park. Although we started to forget the cave, we still didn't talk much because we were a little afraid and nervous that we might have to listen to some stories, maybe even more shocking. Yes, the story that the old lady who survived the Himeyuri squad told us was shocking and gave us a great image of the war. But, to tell you the truth, it was boring for me and I got tired of her story. As she spoke more and more, I lost my strong impressions from the cave. I could see that she told the story so many times, on so many occasions, and she became so good at telling it. Her story sounded soeasy, like a bedside story told by a mother to a baby. Ofcourse, some of my friends were moved by it, so I shouldn't say that her story didn't mean anything.

Passing truths and experiences to the next generation is important work. But how? WHat is the best way to do it? Of course the clearest way is with WORDS. The power of words is great. But the problem is how we understand them. If the listener doesn't understand the ideas of the speaker, even a good story becomes jus a list of words. Another problem is that if the speaker's opinion is too strong, it may give a different message. Remember the Asian Soccer Cup held in China last summer? Many Chinese booed Team Japan. Probably most of them heard war stories from their parents and created their own ideas about Japanese. Of course we shouldn't say that the information they got from their parents was wrong, but what exactly did their parents say to them? And how?

As I wrote, we will not be able to listen to firsthand messages about the war someday, but there are some other ways instead. Sometimes you can send the best message without words. When you become a student of Aoyama Gakuin High School, you will visit Nagasaki on your school trip. You will have a chance to listen to the stories of people who experienced the atomic bomb. What message do you think you will get at that time?

追記: また文句ばっかり言ってしまった…

スマン。じゃあ、結局子供たちはどうすればいいのかって話ですが、

  • メッセージの背後にあるオピニオンを見抜いた上で、
  • それに振り回されない

という方向で頑張るしかないかと。具体的にどうすればってとこまではわかりませんが。振り回されないというのは、単にメッセージを鵜呑みにして踊らされるな、というだけじゃないです。「あれはああいう意図だから、言ってる事も全部ウソだ!」的な短絡的な反発もやめろ、ということ。それも結局は他人の意図に裏返しで振り回されてるわけで。id:rna:20050210#p2 に書いたオウム信者の話なんかがまさにそう。

[] フォントいじりと256倍本

僕が日記書き始めたのは96年の末ですが、確かアスキーの256倍本を真似してフォントいじりやってました。これとか。てっきり他の人もそうだと思ってたけどどうなんでしょ。

その後某掲示板で ABC 日記の真似して派手にフォントいじりやって「ウザい」とか言われてましたが、日記の方では背景色がマッチしないからやらなかった。

大東ミア大東ミア 2005/06/10 13:25 2ちゃんねらーが騒ぐニュースと、諸君!の方向性が似てますから。イラク人質事件の時もしっかり3人のAA載っていました。記事を書いている中宮さんの肩書が「プロ2ちゃんねらー」って、プロ市民並の怪しさです。
週刊文春のさあやちゃんの記事にも中宮さんがコメントしてましたね。

rnarna 2005/06/10 13:33 2ちゃんネタでもの書いて食ってるんならプロと言えばプロですね。そんなんで飯の種になる日本って豊かな国だなぁ。

VanDykeParksVanDykeParks 2005/06/11 00:52 俺の高校ん時の修学旅行じゃあ、沖縄での本土決戦経験者の話に
途中からすすり泣く声が聞こえてきて、もうなんとも。
花束渡す訳の女の子まで泣いてる始末でしたよ。
寝てるやつもいましたけどね(俺含め)
とりあえず、その手の話を入試に出す神経っていうのは理解不能です。

諸君の2ちゃん連載っていうのは
『お父さんのための新人類講座』みたいなもんなんでしょうか?
それとも、新人類にこびてるのかな?
両方かな。
そういうやり方はさあやちゃんも好かないでしょうね。

RRepulseRRepulse 2005/06/11 10:33 麹町電網測候所の執筆者については大月隆寛説が浮上してるみたいですが。

http://d.hatena.ne.jp/gryphon/20050606#p2
http://d.hatena.ne.jp/kanose/20050610#koujimachi

rnarna 2005/06/11 16:26 うはは。やっぱり日本は豊かな国だなぁ。

rallyrally 2005/06/11 17:22 ABC日記なついなぁ。

rnarna 2005/06/12 03:26 クソゲーハンター買ったよ。でも活字で読むとABCより共著者の文章の方が面白かった罠。

hatenehatene 2005/06/23 08:14 宇多田ヒカルさんの歌詞にこんな出典があるとは。しかし「変えられるものは変える」じゃなくて「受け入れられないものを変える」って所が力強い感じですね。

osollemioosollemio 2005/10/19 17:43 ご指摘ありがとうございます。「ちょっとした更新」を理解してませんでした。