Hatena::ブログ(Diary)

児童小銃 RSSフィード

みえない自由が欲しくて
みえない銃を撃ちまくる
THE BLUE HEARTS 「TRAIN-TRAIN」

なんばりょうすけの仮住まいです

連絡先: rna◎cyber●email●ne●jp


プライバシーポリシー


2005-09-28

[] ID って科学なの?

顎が外れるかと思った。なんだこりゃ。

 ――推進しているのはキリスト教右派とされています。旧約聖書に基づく創造論の「神」を「知的存在」に言い換えているだけでは?

 もしそんなものであるなら、これを支持する科学者は一人もいないでしょう。米国の記者もよく「何で早く神と言わないのだ」と質問しますが、ID理論家はあくまで科学的実証から出発するわけで、彼らは、自然的要因からは生じえない「デザイン」の事実が厳密に実証できるのだから、従ってデザインの主体、デザイナーの存在が推論できるのだと言っているのです。神から出発するのではないのです。キリスト教右派だとか宗教勢力の画策などというのは、そういうふうに見たがる人の言うことです。

デザイナー(生命を設計した知的存在)を仮定するなら、じゃあデザイナーは誰が作ったのよ? って疑問が即座にわいてくるんだけど、ID 理論はそれに答えられるんでしょうか。デザイナーを作ったスーパーデザイナーを仮定するの? で、それを無限に繰り返すの? 要するにデザイナーっていうのは存在の根拠を問えない存在なわけで、しかもそいつが知性と意志を持ってるって言うんでしょ? そういうのを絶対者とか神とか言うんじゃないの? そんなの仮定しちゃったら科学じゃないじゃん。

科学が未だ解明していない現象から神の存在を感じるのは自由だし、そういう考え方もあるんだよって事を教えるのは全然構わないけど、それを科学として教えるのは間違いでしょう。進化論が唯物論に短絡されるのが問題なら「科学とは何であって何でないか」を小学校から徹底的に教えることで解決するべきじゃないでしょうか。そのあたりについては進化論対ID(はちことぼぼるの日記)が参考になります。

追記: あとで読む

via:id:uneyama:20050928#p16

Failure of "Intelligent Design:" についての記事とか。

[] ID って統一教会なの?

少なくとも産経新聞の記事で紹介された日本の団体「創造デザイン学会」に関して言えばイエス。

macska さん曰く(リンクはなんばが追加):

 「インテリジェント・デザインを研究する学会」の連絡先を見てみると、「世界平和教授アカデミー内」。で、その「世界平和教授アカデミー」というのは、もちろん統一教会系の団体ですね。いいじゃないですか、産経新聞など日本の右派がどんどん統一教会のドグマに取り込まれるようになれば、一般市民の感覚からさらに離れて行って支持を失うだけですから。

世界平和教授アカデミー(PWPA)が統一教会の関連団体であることは、はてなダイアリーキーワードにも書いてありますが、統一教会のリンク集の統一運動のカテゴリにPWPA Internatinal があることからもわかります。

[] 無限後退

無限後退と言えばこないだ terazzo さんからもらった画像、貼るの忘れてた!

[][] インテリジェント降下理論

コメント欄で macska さんが教えてくれたのはこれかな?

The Onion はニューヨークのジョーク新聞(参考:出版社泣かせのNYフリーペーパー事情(Exciteニュース))。

追記: IF理論の歴史

id:Gomadintimeさんよりコメント欄にて。

によると、IF理論はこういう流れみたい。

みんな気合い入ってるなー。ちなみにFlying Spaghetti Monsterism(wikipedia. 挿し絵が凄い)については以前医学都市伝説の記事で紹介されてましたね。

[][] 無限後退ブックマーク

この秋一番ホットなメタゲーム! RinRin王国経由で発見。

メタブックマークってこうやってややこしいことになるから「禁断」なのかな?

受動喫煙の件については id:rna:20050927#p4 を参照。

macskamacska 2005/09/28 04:04 ちょっと前に The Onion に「インテリジェント降下理論」というパロディが載ってました。それによると、重力は単なる理論であって実証されておらず、物が落下する現象の背景にはそれを落下させる知的存在がいるという理論だとか。

rnarna 2005/09/28 04:34 うはは。重力の中の人も大変だ!

terazzoterazzo 2005/09/28 12:02 ID論的にはデザイナーの存在は仮定ではなくて結論なのでは?(デザイナーの非存在を仮定する背理法ならともかく。) デザイナーが自然的要因からは生じえないということが厳密に実証できるのでなければ、メタデザイナーという概念は不必要だと思います。ところでID論の言う「厳密な実証」の具体的内容を取り扱ってるページを探しているのですが見つかりません。ここ数十年のシステム論的な成果(散逸構造論とか)はちゃんと通過してるのかな?

jounojouno 2005/09/28 12:11 デザイナーが自然的に生成されうるのであれば、なぜ進化を直接自然から生成させずに間にデザイナーが介在させたのかわからなくなります。ID論者は、知的デザインが自然生成することを認めないから、デザイナー仮定をするのですから。そして、デザイナーというのは、あきらかに、進化がそうである以上に、はるかに精巧巧妙なシステムであり、かれらが進化についてしばしばそういうように、「到底自然に生成するとは思われない」ものです。したがって、無限後退をさけるには、スピノザ的に自己原因の神がデザイナーであるとするしかなく、実際彼らはそう内心では信じているのだと思われます。』

rnarna 2005/09/28 14:57 「デザインの事実の厳密な実証」は僕も知りません。昔からいる創造論者みたいに「生命の自然的な生成はありそうにない」ってレベルの話なんですかねぇ。無限後退についてはjounoさんの指摘の通りだと思います。ID論者の中に本当に無限後退的多神論者がいたらちょっと面白いけど。。。

macskamacska 2005/09/28 16:16 ID論推進者の発言を聞いていると、現存する生物の多様な性質が進化では(すなわち自然発生的には)説明がつかないことを「直感的に」受け入れるよう要求しているように思います。カメラやコンピュータですら人間の意志がなければ製造できないのに、どうしてそれより複雑な人間の目や脳が自然に発生するなどと言えるのかという議論は、論理というよりは直感に訴えているでしょ。
 で、その辺りをきっちりと実証できないことはかれらも分かっていて、それを指摘されると「でも進化だって厳密には実証できないから、科学教育においては両者は対等に扱うべきだ」というところに落とし込もうとしているのね。つまり、向こうは「ID論は不完全かもしれないが、進化論だって完全ではない」という論理ですから、ID論の不備を指摘するだけでは不十分で、進化論がそれに比べてどのように有利なのか(例えば、まだ発見されていない化石や発掘調査が行われていない地層について反証可能な予測を立てることができる、みたいな)を説明しないと「両論併記論」に対抗できないです。
 (The Onion の記事、それです。たまたまどこかで拾って読んでました。)

rnarna 2005/09/28 16:58 一般的な確からしさは別にして科学かどうかという点で言えば、進化論は原理的には一億年かけて実験すれば反証可能なので科学の範疇と言えますが、ID理論の反証不可能性は論理的なもので永遠に反証不可能なのでそれだけでアウトだと思います。どちらも不完全だとしてもその質が違います。
なので、ID理論を社会科の時間にいろんな世界観の一つとして紹介するのは反対しにくいですが、理科の時間に科学理論として紹介するのは反対です。

terazzoterazzo 2005/09/28 20:05 「厳密な実証」が読みたかったのに……残念です。しかし似非科学者を黙らせるにはまず反証主義を認めさせる必要がありますね。あと、スピノザ的神の観念にまで達していれば、それはまさに無限退行の極限としての自然そのものであり、進化もその創造作用として肯定できるようになるんじゃないでしょうか。おそらくそんな境地にまで達していないと思います。あと思考訓練として教えるなら今西進化論でいいじゃないと思った。

GomadintimeGomadintime 2005/09/28 22:35 はじめまして。Intelligent Fallingについてはhttp://en.wikipedia.org/wiki/Intelligent_Fallingに経過が書かれていますね。もともとは4コマネタだった模様。wikipediaのIntelligent Designもよくまとまっています(Beheの議論が「厳密な実証」だとID論者はいいたいのでしょうか)。

rnarna 2005/09/28 23:38 >反証主義を認めさせる必要
ID論者にというよりは一般に認知してもらってこの手の話の免疫にして欲しいですね。
>無限退行の極限としての自然そのもの
宮台真司の「サイファ」みたいな感じですね。科学でないし科学と対立しない。

Gomadintime さん情報感謝! 追記でIF理論の歴史をまとめましたw

うがった見方うがった見方 2005/09/29 20:22 扶桑社様。次は「新しい理科の教科書」でしょうか?

rnarna 2005/09/29 20:29 これですなw http://d.hatena.ne.jp/fujiko-m/20050817