Hatena::ブログ(Diary)

児童小銃 RSSフィード

みえない自由が欲しくて
みえない銃を撃ちまくる
THE BLUE HEARTS 「TRAIN-TRAIN」

なんばりょうすけの仮住まいです

連絡先: rna◎cyber●email●ne●jp


プライバシーポリシー


2012-12-15

[] モンドセレクションについて

世間でよく聞く、モンドセレクションだって実はお金で買える賞なんです。 それを、モンセレ金賞?! すごいー と思っている人がいるのも残念ですが。。

オークション×詐欺×タレント関係をお話します×ペニオク|杏野はるなオフィシャルブログ「杏野はるな、ここにいます。」Powered by Ameba

モンドセレクションについて色々誤解があるのは事実だし、僕自身も最近まで誤解していた面はあるのだけど「実はお金で買える」というのも誤解だと思います。

僕はモンドセレクションの問題点については割と最近になってこのブログで知りました。

この記事とリンク先などでわかったことをまとめると、こんな感じです。

  • モンドセレクションは審査して欲しい企業が応募して審査してもらう仕組みで、世界中の食品を審査して選ぶわけではない(ノーベル賞とは違う)。
  • 評価は絶対評価で競争ではない。基準を満たせば金賞はいくつでも出る(オリンピックとは違う)。
  • 審査には審査料(1100ユーロ)が必要。モンドセレクションの運営基金の大部分は審査料収入によるらしい。*1
  • 審査基準は非公開で、受賞企業にも知らされない。消費者はメダルを見てもどういう基準で受賞しているかわからない。

なお、受賞者数が非公開という話もありましたが、現在では公式に発表されています。*2

審査料をとるのが「お金で買える賞」ということなのですが、これは言い過ぎではないでしょうか。審査料は固定ですし、審査に出せば無条件に賞を貰うというものでもありません。

一方、日本国内では近年急激に上がったため審査対象品の5割が日本からの出品という状態にある。さらに、日本から出品した食品の8割が入賞している。

モンドセレクション - Wikipedia

8割が入賞しているということは裏を返せば2割は落ちているということです。問題があるとすれば、日本の食品のレベルが高すぎてモンドセレクションの審査基準では優劣をつけ難い、ということかもしれません。

理屈の上では、審査基準が非公開で審査料で運営しているならば、運営者側には基準を緩めに設定するインセンティブがないわけではないですし、実際審査対象の50%近くが「金賞」というのも微妙な話です(ただし最高位のメダルは「特別金賞(Grand Gold Quality Award)」で受賞率は15%)。

金メダルと言えばオリンピックのような競争の1位というイメージがありますし、世界的な賞ともなれば世界的に選抜された世界一、というイメージはありますから、金賞受賞をメダルのイメージでPRするのはモンドセレクションのシステムと実態を知らない大半の人に対して誤解を与えかねないとは思います。

しかし、審査料で運営すること自体は決して悪くない選択です。スポンサーが付いたり運営主体が他の事業収益で費用を賄っているとしたら、スポンサーや運営者と関係が深まった企業が審査対象になる可能性があり、そうなると審査の公正性の点で問題が発生します。

イメージのよい金賞が多めに出る審査基準にして金賞の上に特別金賞を用意するというのは、独立審査機関なりの処世術なのかもしれません。

さて、僕がモンドセレクションと出会ったのは小学生の頃三立製菓源氏パイのパッケージで見たのが初めてでした。「三立製菓株式会社 モンドセレクション受賞歴」にある3年連続金賞の表彰式の写真は見覚えがありますので1976年以降、二度目にモンドセレクションの表示を見たブルボン「ピッカラ」が金賞を受賞したのが1981年なので、それより前だと思います。

源氏パイがあまりに美味しかったので、モンドセレクションに対してはかなり好印象でした。源氏パイうまい→モンドセレクションはガチ、みたいな。なので、個人的にはモンドセレクションが源氏パイのPRになってるんじゃなくて、源氏パイがモンドセレクションのPRになってました。

後に「ピッカラ」にも金賞の表示を見つけて、うーん、特別おいしいって感じじゃないけどこれも金賞なん? って思って、その後ちょくちょく「モンドセレクション金賞」を称する食品(主にお菓子)が出てきて、そんなにプレミアム感を感じなくなったのも事実です。*3

最近モンドセレクションが取りざたされるようになったのは2007年にサントリーがプレミアムモルツのテレビCMで「3年連続モンドセレクション最高金賞受賞」を打ち出したのがきっかけのようです。モンドセレクションの審査製品数の推移を見ても、2008年から急激に応募が伸びているのがわかります。*4

テレビCMで認知度が高まり、賞のPR上の価値が高まった(あのプレミアムモルツと同じ賞、みたいに見てもらえる)のが原因でしょうか。しかし三年連続って言っても絶対評価なので審査基準が変わらないなら一度受賞してから毎年出せば確実に受賞しますよね。何年連続、っていうステータスはある意味金で買えるとは言えるかも*5。審査基準が非公開なのはそういうのを抑止する意味合いもあるのかもしれません。

そうやって急に賞の露出度が増えたこと、そのわりに何が評価されているのか不透明なこと、不透明ではないけれど誤認を誘うようなPRのされ方を誘発する仕組みになっていること、などがネットのマスメディアや広告に対する懐疑的視線に触れて、モンドセレクションに対する風当たりが強くなっているのかな、と思いました。

まとめ

源氏パイはガチ。

おまけ

私はこういうのが本当に嫌。私もc級タレントながらこういったプロモーションのご依頼は結構いただきます。でも、自分が実際に使ってみて、ゲームなら遊んでみて、自分で限界まで要素分解してみます。それで本当に皆様にとって素敵なものなのか? を考えます。

もちろん、それで、これは宣伝できないな、、、と思ったものはいくらお金をもらっても断ります。それが私ものやり方。それを何でも受けてしまうと、最後に安いイメージがついて困るのは自分ですし、なによりお客様に失礼だから。お客様は、だれだれが宣伝しているから楽しい、ダロウ。で買ったり見たりするわけです。

なので、私の事務所の方、事務所には苦労をかけていると思います。全部私が仕事を受ければ収入ももっと……。でも、私は「杏野はるなが薦めるならガチ」というタレントになりたい。なんでも受けて安くなって、飽和状態になるのが嫌。職人でありたい。

オークション×詐欺×タレント関係をお話します×ペニオク|杏野はるなオフィシャルブログ「杏野はるな、ここにいます。」Powered by Ameba

確かに杏野はるな氏のようにマニアックな知識や能力を売りにするタレントはいますし、僕もそういうタレントは好きです。

ただ、それが売りになるのはタレント「なのに」こんなに○○に詳しい! 趣味的に俺たちに近い! という「落差」を差別化ポイントにしているわけで、タレント一般に求められるものでもないと思います。

来た仕事は私情を挟まずに受ける、仕事の内容を判断するのは事務所の仕事、自分が判断するのは「できるかどうか」で「やりたいかどうか」ではない、というポリシーだってあっていいでしょう。それもプロフェッショナルのやり方の一つだと思います。

一方、職人性をポリシーとして、紹介する商品を自ら選別するのであれば、商品の善し悪しを判断する能力が自分にはある、と主張しているのと同じですから、相応の責任が求められ、タレントなので、本職じゃないので、では逃げられません。

杏野氏については、ファミコンのカセットを焼いた件は少々ムカついたし、WinMXの件も本人の釈明はあまり信じていませんが、職人性に関しては相応の責任をとるだけの覚悟も努力もしている人だと思うので、その点に関してはがんばっていただきたいと思います。

*1wikipedia:モンドセレクションより。ただし出典とされる日経トレンディネットの記事にはそれらしき記述はなかった。

*2:参照: Monde Selection : Statistics 2012 検索した限りでは少なくとも2009年以降は公開されている。

*3:でも源氏パイは今でも美味しく食べている。

*4:源氏パイが受賞した頃は統計が抜けていてよくわからない。

*5:でも源氏パイはマジで美味しい。

2012-12-02

[] 自民党の経済政策について

DM見に行った時にメンションに気付いたので。

これについては twitter やブクマでは何度も何度も言及してるはずなんだけど、やっぱりつぶやいてるだけじゃ全然伝わってないんだろうね。

安倍総裁が掲げるリフレ政策そのものには概ね賛成です。しかしリフレ政策は自民党の政策の中ではむしろ異質で、安倍総裁その人にとっても本心では優先順位の低いものであろうと思っています。というか本来なら彼が総理の時に最優先でやってるべきでしょう。教育再生だのなんだのにかまけてるヒマなんかなかったはずです。

自民党の経済政策に対する僕の評価は一言で言うと「アクセルとブレーキを同時に踏む」もので、うまくいってもリフレ政策の意義が過小評価されかねず、いずれ政治的な圧力に負けてひっくり返されてしまう可能性すらあると思っています。

自民党の「政権公約」のトップには確かに「経済再生」です。しかし消費を冷え込ませる消費税増税を撤回する様子はないし、効率悪くて利権の温床になりそうな産業政策など、経済にブレーキをかける政策も同時に掲げています。しかも肝心のリフレ政策は党の方針というよりは安倍総裁の持論みたいな扱いで、その一点に賭けるには不安要素が多すぎます。

そもそも安倍総裁の悲願は時代錯誤の憲法改正(参照:++ ヤバすぎだ、と話題に・・・自民党 日本国憲法改正草案対照表 2012版 ++)など極右的な政策の実現であり、リフレは選挙を戦うための道具に過ぎないと見ているフシがあります。「リフレと憲法改正のどっちが大事なの!?」と言われたら「そんなこと言わせてごめんな…」などとは言わずに(言ってほしくもないが…)迷わず「憲法改正ッ!!!」ってあの甲高い声で叫ぶと思うな、あの人は。

でも、いちばん怖いのは様々な懸念を乗り越え経済政策を最優先で実施して大成功させた時、さてそれではメインディッシュでございますと、極右政策を目の前に出された時にどうなるかってことです。

これについては既に松尾匡氏が話題にしています。

安倍さんはおそらく選挙で勝って総理になりますが、一連の発言の経済政策をとれば、間違いなく景気は回復します。

 冒頭に、ドイツ社民党が均衡財政にこだわって大不況を悪化させ、ナチスを招いたということを書きましたが、この歴史には続きがあって、政権についたヒトラーは、大規模な公共事業と軍需で不況を克服して完全雇用を実現し、国民から盤石の支持を得ることになります。

 今、左派やリベラル派が、安倍さんの経済政策をののしればののしるほど、いざこれが成功して好景気がもたらされたあかつきには、彼のカリスマ性が高まることになるでしょう。そして、「ハイパーインフレ」「金利暴騰」「国債暴落」などと妄想を垂れ流していた勢力への大衆の信頼は失墜します。

 好景気実現の成果をひっさげて、盤石の支持率のもとで安倍さんが解散に打って出たりしたならば、その先に待っているのは「改憲」「国防軍」「核武装」…。  このときこれに立ちはだかるべき勢力が生き残っているでしょうか。

欧州左翼はこんなに「金融右翼」だぞ〜(笑)

だからヤツらに手柄を渡すな、左派は手柄を横取りしろ、って言ってたんですけどねぇ。。。

別に少数のリフレ派に政権の中枢を担ってもらおう、なんてことは考えてません。リフレ政策の必要性が広く認められて多数決でリフレ政策が選択されるのを望んでいます。ていうか、そうじゃないと内閣変わるたびひっくり返されたんじゃ意味ないですから。

もちろん、リフレが成功すればするほど、リフレ派の中枢の人にとっては、それが「手柄」になり、その人たちの「裏の目的」達成を容易にする、という危険性は考えられます。

ですが、それなら「裏の目的」を阻止したい人たちは、リフレに反対するのではなく、早めにリフレにコミットして「手柄」を奪い取るなり薄めるなりするのが正解じゃないんでしょうか。

コメント - 金子洋一氏に投票した件 - 児童小銃

今年の8月、当時燃え上がっていた生活保護バッシングや消費税増税に反対する官邸前デモ水曜夕暮れ官邸前。 《このまますすむと困っちゃう!!》アクションが始まり、僕はこのデモにほぼ毎回、リフレ政策を訴えるプラカードを持って参加していました。

赤旗が毎回取材に来たりと共産党色の強いデモですが、そういう場でこそリフレ政策のことを知って欲しい、ていうか、官邸前を行き来する官僚の人とか、こういうデモで「リフレ」とか見たらびびるだろうな、びびらせたいな、みたいなイタズラ心もありました。

デモの横断幕

政治デモへの参加はこれが初めてです。それで何が変わるという期待も特になかったのですが、それでも何もしないではいられない、という気分でした。せめてリベラル色が強いポール・クルーグマンの論説や、リフレ派の中では再分配政策への目配りが目立つ飯田泰之さんの著作に触れる機会になれば、それでいいかな、とも。

関係者には「いつも来ているリフレの人」として認識されて、それなりに受け入れてもらっていたと思います。何人かの一般参加者はリフレ政策に興味を持って声をかけてくれたりもしました。はてなのリフレ左派(?)の何人かも一緒に参加してくれるようにもなりました。

僕の作ったリフレプラカード

メインテーマの「生活保護バッシング反対」「社会保障縮小反対」「消費税増税反対」といった主張以外については、デモでは色んな人が色んな主張をしており、必ずしも僕やリフレ派で一般的な主義主張とは一致しないものもありましたが、メインテーマを共有できていれば互いに発言を尊重するような雰囲気がありました。

意に沿わないシュプレヒコールは沈黙して手だけ挙げる、ということもしていましたが、良くも悪くもアットホームな雰囲気で論戦みたいなことにはなりませんでした。自分でも不思議なくらい、同じ場を共有したという事実性の前で、思想的な差に基づく忌避感が薄れ、淡い仲間意識すら感じるようになり、争うよりは許容し合う空気に浸っていた気がします。

みんなの主張を連続旗にするという企画で頼まれて作ったリフレの旗

おかげで赤旗にシュプレヒコールをシャウトする僕の写真が載るという成果(?)もありました*1。主催者からマイクを回されたりもして、リフレ政策の基本的な考え方を説明したり、飯田泰之さんの本を紹介したりしましたが、最後に参加した11月初めのデモでは残念ながらマイクパフォーマンスはできませんでした。

この時は、自民党のリフレ政策ではダメだ、という、この記事の冒頭に書いたような内容を喋るつもりだったのですが、安倍総裁の動きが活発化していた時期で既に警戒されていたのかもしれません。いつものプラカードを厳しい目で見つめる参加者もいました。

デモは当初毎週水曜日だったのが10月からは毎月第一水曜日になりました。今月は5日です。選挙を前にして、いつものアットホームな空気のままでいられるのかどうか気がかりですし、もう僕が何か言っても何も変わりはしない状況ではありますが、事情が許す限り参加したいと思っています。

[] Back to the Blog

ここ数年ずっと twitter をネットの住みかにする生活を送っていて、ブログをほったらかしにしていたのですが、しばらく twitter 見るのやめて、何か書きたいときもブログの方に書こうかと思います。

僕は基本的にフォローを知り合い関係に限定しているのですが*2知り合い関係ばかりなだけに、微妙な人間関係に伴う感情が刺激されがちなこともあり、弱気になっている時は結構キツいなと思うようになってきました。

それとは別に、量的にTLを読むのがキツくなってきたこともあります。フォロー数が少なめなこともあって、TLは全部読むようにしていたのですが、事件やら祭りやらがあるとTLを見れなかった間の過去ログを読む手間が半端じゃなくなって、土曜日の朝起きてから3時間ほどかけて過去ログ読んでたりして、それはどうかと思うようになったこともあります。

フォロー数が少ないと言ってもRT魔を三人*3抱えてる状況では結構厳しく、かといって斜め読みするには重い内容も多く、半端に知っていいかげんな印象だけ記憶に残すくらいなら最初から見ない方がよさそうとも思います。まあ最近は主要な論争は togetter にまとめられるので後から調べることもできますし。

落ち着いて本を読む時間がめっきり減っているのにも危機感があり、ちょっと生活を変えてみようかな、とも。。。

twitter のDMは通知が来るようにしてあるので、用事のある方はDMにてお願いします。

それにしても広告出るようになっちゃったのね、はてなダイアリーも。。。結構不愉快な画像がでかでかと出てくることもあってがっかり。Amazonアフィリエイト収入がはてなに入る仕組みとか、無料ユーザでもはてなにお金が落ちるようになってたはずだけど。。。

ダイアリーの採算性が落ちてるというのなら有料プランに入るのはやぶさかじゃないけれど、そのキッカケが「自分のブログに不快な広告が貼られるのをやめさせたい」ということだと、なんか脅されて身代金とられるような理不尽さがあってかなり抵抗感あるんですよね。こういうことも含めて、はてなの企業イメージもだいぶ変わってきた気がします。

閑話休題。

そんなわけですが、TLのログは全部記録してあるので僕がいない間に悪口とか言っちゃだめですよー。そんじゃーね。

*1:プラカードの「リフレ政策」の文字が入ってる部分が写ってなかったりしてましたが…

*2:基準はだいたいこんな感じだけど面識がある場合は条件を緩和しています

*3:ほつまさん、いなばさん、ひろみちゅ先生。

2012-10-24

飼っている猫が亡くなりました

10月22日17:35頃、飼っている猫(モナ)が亡くなりました。

年齢ははっきりしないのですが、野良だった中猫の時に拾ってから12年経っていました。慢性腎不全が進行し、一週間以上一切食べ物を受け付けない状態でした。

前日まではふらつきながらも歩いたり水を飲んだり僕や彼女のおなかの上に乗ったりできていたのですが、急速に体が弱って足腰が立たなくなり自宅のベッドで丸くなったままになって、息が荒くなり、目の焦点が定まらなくなって、それから数時間ほどで息をひきとりました。

当日朝に獣医さんに診てもらった時には尿毒症性脳症が出ており体温も35度台まで低下していたのであと数日の命と言われたのですが、見た目よりずっと我慢していたようです。

透析と腎臓移植については早い段階から選択肢から外していました。前日から強制給餌を試みていたのですが、既にミルクさえ受け付けなくなっていました。

食欲がなく様子がおかしいことに気付いて、獣医さんに見せて腎不全と診断されたのが8月の末で、それから透析点滴、活性炭(クレメジン)、血管拡張剤(フォルテコール)の投与、脱水症状が出たときには点滴、という形で療養を続けていました。

最初に診てもらった時には既に BUN が90を越えていたので、この時点でもう腎臓の機能は壊滅的だったと思われます。もう何週間か早く気付いていれば、予後も違ったのかもしれません。

療養中は「腎不全と闘う猫まとめ @ 犬猫大好き板」というサイトのお世話になりました。こうなる前に読んでいたらと悔やまれます。猫の腎不全は大変多い病気ですので、猫を飼っている方は猫が元気なうちに一度読んでみるとよいと思います。

亡くなった翌日、よこはま動物葬儀センターで彼女と二人でモナとお別れしました。お骨は家に持ち帰って猫のベッドに置いてあります。

モナのことは、ネットの色んなところでお話したり写真を見せびらかしたりしていたので、僕の知らない人も含めて多くの人がモナのことを知っていて、楽しみにしていた人もいたと思いますので、ここでお知らせします。今までありがとうございました。

2012-10-12

[]「いじめ」と向き合う「ストップいじめ!ナビ」に注目

荻上チキさん(id:seijotcp)が代表をつとめる「ストップいじめプロジェクト」による子供のためのいじめ対策サイト「ストップいじめ!ナビ」がスタートした。

サイト開設の動機や方向性についてはシノドス・ジャーナルで代表の荻上さん*1が詳しく解説している。

また、ニコ生で記者会見の様子や特番なども放送している。番組は終了しているがタイムシフト視聴で今でも見ることができる(10/12現在)。

「ストップいじめ!ナビ」が特徴的なのは「いじめをなくす」ことではなく「いじめ被害者を救う」ことに焦点を合わせているところ。

今回の報道により、いじめの「認知件数」そのものは増加するでしょう。しかし、そうした数字にばかり目を奪われてはいけません。いじめが一定の割合で存在する以上、早期介入による解決事例を増やすことで、いじめ・嫌がらせの被害を最小化することが必要となります。

「ストップいじめ!ナビ」――いじめから抜け出すための具体策 荻上チキ - SYNODOS JOURNAL(シノドス・ジャーナル) - 朝日新聞社(WEBRONZA)

いじめ議論といえば、「いじめをなくそう、ゼロにしよう」といった議論がよくされます。しかし、そうした発想では、「いじめなんてなくならないよ」という逆の諦念をすぐひきつけたり、「これが足りない、あれが足りない」と、個別の小さな処方箋への評価を過小に見積もってしまう可能性があります。

「ストップいじめ!ナビ」――いじめから抜け出すための具体策 荻上チキ - SYNODOS JOURNAL(シノドス・ジャーナル) - 朝日新聞社(WEBRONZA)

確かに、「いじめ」を巡る議論には「いじめ」をなくすための制度設計論や、「いじめ」はよくないという呼びかけ、「いじめ」加害者を吊し上げることによる報復など、「いじめ」を憎み、忌避し、消し去りたい、という願望に基づくものが多い。

被害者の立場からすると「いじめ」は自分の世界観を歪め人生をねじ曲げた事件であり、その痛みを贖うには「「いじめ」のない世界」という希望にすがるしかない、という面もある。

しかし現実に「いじめ」は私たちの目の前にあり、「いじめ」のない世界は見果てぬ夢でしかない。それならば、今、私たちにできることは、目の前の「いじめ」と戦う武器を提供することではないか?

「いじめ」被害者に対する呼びかけ、あるいは「いじめ」加害者に対する問いかけ、というのは今までもあった。例えば朝日新聞の「いじめと君」という特集は、著名人からのメッセージを集めたものだ。

このような企画に対して色々な声があるが、どのメッセージも「本気」には違いないと思う。書き手の多くは「いじめ」被害の当事者だった過去を持ち、その言葉には重みがあり共感を呼ぶ。しかし、そんな人たちの呼びかけは決まってこうだ。「変わろう」「行動しよう」。

確かに変わらなきゃいけないし行動しなきゃいけない。そのための勇気も必要だろう。しかし、武器もなく素手で「いじめ」に立ち向かう勇気が必要なのだとしたら、それはむしろ絶望的だ。

「ストップいじめ!ナビ」は子供たちに(そして保護者たちにも)「道具」と「方法」という武器を提供する。人は武器を手にすることで勇気も手に入れられるのだ。

一方で責任ある立場の大人たちには行動をうながす。

真っ先に変わらなきゃいけないのは僕らの方なのだ。

*1:チキさん、と書きたいところだが、ちきりんさんとの混同問題があるのでこの表記。。。

2012-03-13

[]はてなブックマークボタン問題に対するはてなの対応について

ついに動きがありました。

はてなブックマークのページは行動履歴強制送信です」に追記した通り、この対応によって b.hatena.ne.jp 内での行動追跡も停止しました。*1

約三日間の沈黙が不穏な空気を醸していた点はさておき、とりあえずこの決断については評価したいと思います。

しかし、さらに以下のことをお願いしたいです。

  • 過去の経験(住所登録義務化問題)がなぜ生かされなかったのか検証して欲しい。
  • 間違いをこれ以上繰り返さないための仕組みを作って欲しい
  • プライバシーポリシーへのリンクを常に表示するようにして欲しい
  • 管理画面で行動情報送信とかやめて欲しい

過去の経験がなぜ生かされなかったのか?

はてながプライバシー絡みで問題を起こしたのはこれが最初ではありません。

古いはてなユーザーならよくご存じの通り、2004年に住所登録義務化問題という騒動があり、これをキッカケにはてなを離れた人も少なからずいました。高木浩光氏がダイアリーから引っ越したのもこれが理由でした。(参照:はてな住所登録義務化へ)

住所登録義務化はユーザーの反発*2を受け延期、パブリックコメントの募集、最終的に撤回ということになりました。

この経験からはてなは、ユーザーのプライバシーに触れる方針変更は鬼門であると身をもって学んだはずです。なのになぜまたこんなことになったのか。

近藤社長の反省文(?)には「誤りだった」とは書いてあっても、なぜ誤ったのか、いつから誤りと気付いていたのか、について一切書かれていないのですが、おそらく「行動情報そのものは個人情報ではない」というありがちな誤解があったのではないかと推測します。

日本の事業者はどこもかしこも、「個人情報」に該当しなければ何をやってもいいという誤った道に進み始めている。そして、日本の個人情報保護法では、住所氏名等を含まなければ「個人情報」でないという法解釈がまかり通ってしまっている。

高木浩光@自宅の日記 - 何が個人情報なのか履き違えている日本

この記事ではアモアドという行動ターゲティング広告業者のガイドラインがそのような誤解に基づいた説明をしていることが例示されていますが、マイクロアドも同様の説明をして、はてなはそれを鵜呑みにしてしまったのではないでしょうか。ここはマイクロアド社の見解も聞きたいところです。

もっとも、除外リストを実装していたことから明らかなように、行動情報の収集が問題になりうることには気付いていたはずです。もし行動情報の無断収集は問題ないと思っていたのなら、この現実をどう理解していたのか、不可解なところではあります。

間違いを繰り返さないために

間違いを間違いと認めることは勇気のいることで、評価されるべきことではありますが、その上でこれからどうするかが、信頼回復の鍵になります。

ただ「もうしません」では一度ならまだしも、二度目ともなると誰も信用できません。システムとかプロセスのレベルでどのように再発を防止するか表明しなくては収まらないでしょう。

プライバシーポリシーの表示について

今回の「はてブボタン問題」のメインテーマは「外部に提供したスクリプトを後から黙って改変して提供先のサイトのプライバシーポリシーを無視した振る舞いをさせたこと」であり、それがスクリプト提供先に対する背信行為であったことが少なからぬサイト運営者の逆鱗に触れたことが問題を大きくしました。

一方で、行動ターゲティングそのものは、

  • 個人を特定せず
  • プライバシーポリシーを明示して
  • オプトアウト手段を案内して

いればオプトアウトでよい、というのが相場のようです。

勉強不足でこれで過不足ないのかよくわかりませんが、とりあえずこの基準で考えると、はてブのエントリーページを表示しただけで行動情報が収集されるなら、はてブのエントリーページからプライバシーポリシーに直接飛べるリンクが表示されているのがスジだと思います。

しかし実際には直接のリンクがないどころか、はてなブックマークのトップページにすらリンクがありません。実際のところ、プライバシーポリシーにたどり着くには、はてなのトップページ(http://www.hatena.ne.jp/)に行かなくてはなりません。

プライバシーポリシーのリンクなんて、全サービスの全てのページに表示されるようにテンプレートに入れておけばいいと思うのですが。大抵のサイトではそうなっていますよね? Amazonだってfacebookだってmixiだって新聞各社だって(「個人情報」という名前になっている場合が多い) Apple Developer だって、個別の商品ページ、記事、クラスリファレンスにいたるまで、ちゃんとフッターにプライバシーポリシーのリンクがあります。

ホメオパシー出版のサイトですらそうですよ! もう、なんていうか、ゴリラ以下ですよ、ゴリラ以下!!

せめて、人間らしくお願いします。

管理画面で行動情報送信とか

何がしたいワケ?

まとめ

id:jkondo

*1:正確には bookmark_button.js のキャッシュの期限がまだ切れていないので、ブラウザでキャッシュクリアまたはスーパーリロードを行っていなければ明日の夕方まで追跡コードが動いている可能性があります。

*2落合弁護士にボロクソに批判されたりもしている。

2012-03-10

[]このブログの「はてなブックマークボタン」について

最近あちこちのサイトに貼られている「はてなブックマークボタン」が閲覧者の行動履歴を無断で追跡しているとして問題になっています。ひろみちゅ先生もブチ切れ中。

僕は最初勘違いしてて、はてブボタンを押さなければ関係ないのかと思ってたけど、表示した瞬間マイクロアド社に閲覧者情報が送信されちゃうとのこと。

JavaScript あんまりわからないので、実際に wireshark でパケットダンプとって確認したところ、該当するサイトのページを表示するだけで、確かに send.microad.jp に謎のパケットを送信していました。。。

そんなわけで個人的にはとりあえず /etc/hosts にこんなのを追加して逃げることに。

0.0.0.0 send.microad.jp

うちはメインPCが Linux なので /etc/hosts ですが、Windows なら C:\Windows\system32\drivers\etc\hosts に書けばいいはずです。しかし iPhone の方はどうするかね。。。

もっとも、これをやるとサイトによっては広告自体が表示されなくなって、広告欄に「正常に接続できませんでした」とか表示されてラッキー残念なことになってしまいます。

素直にマイクロアド社のオプトアウトをする手もありますが、これはブラウザ毎(正確にはブラウザのユーザープロファイル毎)にオプトアウトを実行しないとダメなので、ブラウザ複数使ってたり、ユーザーアカウント複数あったりで面倒なんですよね。。。

それに、このオプトアウトって「追跡するな」ってクッキーを仕込むだけで、情報自体は送信されちゃうような? だとするとマイクロアドを信じるか信じないかって話になって、やっぱり最初から何も送信しないほうが安心ではあります。

さて、ここからが本題。

はてなダイアリーにも「はてなブックマークボタン」が管理設定で表示できます。

はてなダイアリーはてブボタンっぽいものには二種類あって、「表示設定」-「記事アイコン表示」の設定で表示されるものと、「表示設定」-「記事共有ボタン」で表示されるものがあります。

はてなダイアリー管理画面の「表示設定」のはてブ関係の設定画面。

で、このブログのでは「記事アイコン表示」にある設定 記事アイコンの設定 を有効にして「はてなブックマークアイコン」を表示していますが、こいつは行動履歴の送信とかはしません。*1

しかし、「記事共有ボタン」の設定 記事共有ボタンの設定 を有効にすると表示される「はてなブックマークボタン」は行動履歴を送信します。*2

はてなブックマークボタン」には「行動情報を取得しない、はてなブックマークボタン」というのがあって、外部サイトなどでボタンを設置する際は、サイト運営者が選べるのですが*3はてなダイアリーの管理設定ではそのような選択ができないようです。。。

そんなわけで、このブログでは「はてなブックマークアイコン」表示のみで「はてなブックマークボタン」は表示していないので、閲覧者の皆様におかれましては安心して閲覧していただけます…!

まとめ

id:jkondo

追記:「はてなスター」アイコンと「この記事のブックマークコメント」アイコン

ここで「記事アイコン表示」設定の「はてなスター」アイコンと「この記事のブックマークコメント」アイコンについて「これは大丈夫…?」とありますが、試したみた限りでは大丈夫なようです。表示だけでなく、

  • 「この記事のブックマークコメント」アイコンをクリックしてコメント一覧を表示する
  • 「はてなスター」アイコンをクリックして☆をつける
  • ☆を削除する

いずれの操作でもマイクロアドさんへのアクセスは確認されませんでした。

ついでに「この記事のブックマークコメント」アイコンを表示する設定にしておきました。「はてなブックマークのページは行動履歴強制送信です」に書いたように、はてブのエントリーページはマイクロアドさんが見守っていますので、見守られたくない人は「この記事のブックマークコメント」アイコンをクリックしてコメント一覧を読むことができます。

[]はてなブックマークのページは行動履歴強制送信です(追記あり)

先ほど「このブログの「はてなブックマークボタン」について」で、このダイアリーは安心ですよって書きましたが、はてなブックマークの方はダメみたいです。

基本的に b.hatena.ne.jp 配下のどのページもダメ。send.microad.jp に何か送信してます。テンプレートに入っているのか、ページの末尾の方ではてなブックマークボタンのスクリプトが必ず読み込まれます。

<script type="text/javascript" src="http://b.st-hatena.com/js/bookmark_button.js" charset="utf-8" async="async"></script>

なぜかはてなブックマークの設定画面でも読み込まれます

この bookmark_button.js が読み込まれて実行されると、みんな大好きマイクロアドさんのスクリプトも読み込まれて、最終的には track.send.microad.jp に情報が送信されます。情報の内容は謎の数字の列だらけでよくわからないのですが、少なくともアクセスしたページのアドレスは送られています。*4

うーん、どうしたもんですかね。ここは個別ユーザーの設定でどうこうってレベルではどうにもならないわけですが。

はてなが、はてな配下のサイト上での閲覧履歴を把握してるのはいいんですが、問題は、僕らの他のサイトでの閲覧履歴をマイクロアドさんが持っていて、それと組み合わせられること。

はてなのアナウンスは個人を特定する情報を含まないと主張してますが、URLにはてなIDが含まれる設定画面からも行動履歴が送信されてしまうので、リファラー情報から追跡中の誰かのはてなIDがバレてしまうわけです。

つまり、マイクロアドさんがその気になれば「はてなIDがid:jkondoの人はこんなえっちなサイトに出入りしている…!」とかわかっちゃうんですね。興奮します困りますね。。。

追記: はてなブログも強制送信

絶賛betaテスト中の「はてなブログ」も強制送信。こいつは head タグの中で読み込んでます。

追記: 送信されなくなりました(2012/3/13)

ということで、はてブボタンのスクリプト(bookmark_button.js)からトラッキングのコードが撤去されました。これに伴い、b.hatena.ne.jp 配下のページを表示した際の行動情報の送信もなくなりました。

これが意図した動作なのか、はてブボタン修正の副作用なのかは今のところ不明です。また、はてなサービス内でのトラッキングを告知していたはてなプライバシーポリシーは今のところ改訂されていません。

*1:パケットダンプで確認。

*2:パケットダンプで確認。

*3:しかし、行動履歴取得開始以前からボタンを設置していたサイトでは既存のボタンが勝手に行動履歴取得バージョンに置き換えられた模様。

*4:track.cgi の prereferrer パラメーター。

2011-11-07

[] プリキュア冪集合(DX3)

#!/usr/bin/ruby

precure_set = %w[
  キュアブラック
  キュアホワイト
  シャイニールミナス

  キュアブルーム
  キュアイーグレット

  キュアドリーム
  キュアルージュ
  キュアレモネード
  キュアミント
  キュアアクア
  ミルキィローズ

  キュアピーチ
  キュアベリー
  キュアパイン
  キュアパッション

  キュアブロッサム
  キュアマリン
  キュアサンシャイン
  キュアムーンライト

  キュアメロディ
  キュアリズム
]

for bits in 0..(2 ** precure_set.size - 1)
  subset = []
  precure_set.each { |element|
    if (bits & 1) == 1
      subset.push(element)
    end
    bits >>= 1
  }
  puts subset.join("")
end

解説1

映画プリキュアオールスターズの主題歌「キラキラkawaii! プリキュア大集合」にちなんでプリキュアの冪集合を出力するスクリプトを作成した。プリキュアオールスターズDX3出演プリキュア21名の全組み合わせ2097152組(空集合を含む)を出力する。

解説2

冪集合の計算アルゴリズムは以下を参考にした。

0から(2^要素数)-1(ここでは2097151)までの数の二進数表現のビットパターンを元の集合から組み合わせとして抜き出す要素のパターンと見て部分集合を順に作っていくもの。

最初、再帰と集合の組み合わせ演算子を使って冪集合の配列を作ってたけど重すぎなのでぐぐってカンニングしました。。。

追記

ファイルに出力したら512MBになった(エンコーディングはUTF-8)。実行時間は real で2分弱(Athlon64 3500+ 2.2GHz)。