Hatena::ブログ(Diary)

おこのみ本棚 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2014-04-01 「新・リュミエール」 このエントリーを含むブックマーク このエントリーのブックマークコメント

私が基本として使っている文法参考書です。
新・リュミエール―フランス文法参考書

2013-09-18

「クロワッサンで朝食を」シネスイッチ銀座


シネスイッチ銀座で、初週動員・興収を約20年ぶりに更新フランス映画NO.1となった人気の映画です。

f:id:robinblue:20130913115457j:image:w300

公開直後から、シネスイッチの前をいつ通りかかってもチケット売り場には列ができていていました。
日によっては晴海通り近くまでまでその行列が伸びていることもありました!
シネスイッチは大好きな映画館なので、人気が高まるのはとても嬉しいことなのですが、
個人的には真夏の暑さの中チケット確保のために並ぶ勇気がなく、残念ながら今回はあきらめようかと思っていたところ、
偶然最終日に希望の席を予約でき、うきうきと映画館へ。

私が一番観たかったのは、何と言ってもジャンヌ・モローです。
ルイ・マル監督の『死刑台のエレベーター』のヒロインなどを演じてきた大女優が、オール私服で登場します。
圧倒的な存在感です。
もう、輝いています。キラキラではなく、後光というか、彼女自身から光が発せられるというか・・・。
ジャンヌの表情や立ち振る舞いに釘付けです。
そして、声もいい!すこしハスキー意志のある女性らしい声。
ジャンヌ演じるフリーダという女性は、家にいるときでもきちんとメイクアップしてどこにでも出かけられる装いで一日を過ごします。
ですから、フリーダの自宅シーンが多いこの映画ですが、様々なジャンヌファッションを楽しむことができます。
シャネルパールネックレスを素敵につけられる人を見たのははじめてだなぁ・・・と思いました。
自分をよく知っている女性は本当に素敵ですね。

映画自体は、3人の主な登場人物が織りなすこじんまりしたストーリーです。
でも、人生を重ねて来た3人なので、各人の人生の深みが味わい深いです。
主要メンバーが女性が二人と男性が一人なので、大人の恋のバランスも見え隠れします。

予告編から想像するほどパリ景色が多いわけではなく、エッフェル塔は登場しますが、少し残念でした。
その分、人物のストーリーの方に重心があります。

心わき立つようなラストシーンが用意されている訳ではありませんが、とにかく、
ジャンヌ・モロー女優としてというよりも女性としてのすごさを堪能できたことに満足しました。

それから、夏の間はすっかりやる気を失っていたフランス語へのモチベーションアップもかねてフランス映画をみたのですが、
久しぶりに聞くフランス語は、やっぱりとても耳に心地よかったです。
字幕を見ているせいかとは思いますが、会話を聞き取ることができて楽しかったです。
フランス映画日本語字幕で観るの、いい勉強法ですね。


地域 劇場名 期間
大阪 梅田ガーデンシネマ 公開中
東京 吉祥寺バウスシアター 公開中〜9/27(金)まで
福岡 KBCシネマ 公開中
千葉 千葉劇場 公開中〜10/4(金)まで
愛知 名演小劇場 公開中
京都 京都シネマ 公開中
神奈川 横浜シネマ・ジャックベティ 公開中
埼玉 ユナイテッド・シネマ浦和 公開中
千葉 シネマイクスピアリ 公開中
兵庫 神戸アートビレッジセンター 公開中〜10/4(金)まで
熊本 DENKIKAN 公開中
北海道 シアターキノ 公開中
東京 角川シネマ有楽町 公開中〜10/4(金)まで
東京 新宿武蔵野館 公開中
神奈川 川崎市アートセンター 公開中
長野 長野ロキシー 公開中〜9/27(金)まで
石川 シネモンド 公開中〜9/27(金)まで
北海道 シネマアイリス 9/21(土)
北海道 シネマ・トーラス 9/21(土)
長崎 長崎セントラル劇場 9/21(土)
宮崎 宮崎キネマ館 9/21(土)
鹿児島 ガーデンズシネマ 9/21(土)
秋田 秋田フォーラス・シネマパレ 9/28(土)
群馬 シネマテークたかさき 9/28(土)
静岡 静岡シネ・ギャラリー 9/28(土)
兵庫 シネ・ピピア 9/28(土)
長野 松本CINEMAセレクト 10/4(金)のみ
青森 フォーラム八戸 10/5(土)
宮城 フォーラム仙台 10/5(土)
福島 フォーラム福島 10/5(土)
栃木 フォーラム那須塩原 10/5(土)
岐阜 CINEX 10/5(土)
新潟 シネ・ウインド 10/12(土)
岡山 シネマ・クレール 10/12(土)
沖縄 桜坂劇場 10/12(土)
山形 フォーラム山形 10/16(水)
東京 キネカ大森 10/19(土)
千葉 TKPシアター柏 10/19(土)
兵庫 塚口サンサン劇場 10/19(土)
広島 シネツイン新天地 10/19(土)
広島 シネマモード 10/19(土)
広島 シネマ尾道 10/19(土)
岩手 フォーラム盛岡 10/26(土)
静岡 浜松シネマイーラ 10/26(土)
三重 進富座 10/26(土)
佐賀 シアター・シエマ 10/26(土)
山形 フォーラム東根 11/2(土)
山形 鶴岡まちなかキネマ 11/2(土)
愛媛 シネマルナティック 11/9(土)
香川 ソレイユ 11/9(土)
富山 フォルツァ総曲輪 11/16(土)
大分 シネマ5 11/30(土)

2013-08-25

madame FIGARO japon (フィガロ ジャポン) 2013年 10月号

madame FIGARO japon (フィガロ ジャポン) 2013年 10月号 [雑誌]

別冊付録の「2013-14AW Organic Hair Style Book この秋は髪型ケアオーガニックで!」がおすすめです。

今秋取り入れてみたいナチュラルでおしゃれなスタイル写真がたくさん掲載されています。

私は、ちょうど髪を切りたいと思っていたので、この付録目的に購入しました。

季節先取りのグラビアにも、おしゃれテンションが上がります。


最近、なぜかELLEよりもフィガロが好きです・・・。


また、この別冊のヘアスタイルについては、

スマートフォンアプリフィガロプラス」と連動中。「フィガロプラス」をダウンロードして、気になった靴やバックを撮影してみて。

ということもできるそうです。

2013-08-24

「ココ・シャネル 女を磨く言葉」高野てるみ 

今週あたりからなんとなく街が秋めいてきて、あまりの暑さに夏眠していた私のおしゃれ心も復活しつつあります。
コスメの秋物が気になったり、店頭のファーやストールを手に取りたくなったり。
書店でも、ファッション関係書籍を手に取ることがおおくなりました。

今週購入したのは、「ココ・シャネル 女を磨く言葉」。

女を磨く ココ・シャネルの言葉

私には初のシャネル本です。

シャネル関係書籍はたくさん出版されていますが、
導入編として読みやすいかなと思い、PHP文庫から発売されているこちらを購入しました。

内容ですが、
ファッション」、「恋」、「仕事」、「美意識」の4章に分かれており、合計60個のシャネル言葉が著者の解説とともに綴られています。

どのページから読んでも、シャネルの優美で力強い言葉に圧倒され、どの言葉も心に残ります。

生活の中で些細な決断をするときにもふっとその言葉が浮かんできて、もし彼女だったら・・・と考えることもあり、自分でもびっくり。
影響力甚大ですね、さすがです!


本の中にも掲載されていますが、私が一番影響を受けた言葉です。

香水をつけない女に未来はない」

大げさな表現に聞こえるかもしれませんが、雷に打たれたように、自分の中で革命がおきました(笑)
香水に限らず、あらゆることに関して。

女性に生まれた喜びをもっともっと肯定してみたいです。

こちらのご本を読んでみたいと思っています。

シャネル

2013-08-23

「クローゼットとマットレス」 スミルハン・ラディック+マルセラ・コレア展

f:id:robinblue:20130823132545j:image:w240

「クローゼットとマットレス」 スミルハン・ラディック+マルセラ・コレア展
The wardrobe and the mattress by Smiljan Radic and Marcela Correa


会期:2013年9月4日(水)〜 11月30日(土) 月〜土曜 11:00〜20:00 (最終入場19:30) 日曜 11:00〜19:00 (最終入場18:30) 会期中無休 入場無料

会場:メゾンエルメス8階フォーラム中央区銀座5-4-1 TEL: 03-3569-3300)

主催エルメス財団


スミルハン・ラディック(1965年チリサンティアゴ生まれ、同市にて活動中)は、革新的動向を見せるチリ現代建築業界において、ひときわ注目を集める建築家です。
素材や環境を活かした建築を手掛ける一方で、マルセラコレア1963年サンティアゴ生まれ、同市にて活動中)との協働により彫刻映像作品も発表しています。
街中にふと出現し、また去っていくサーカス団のテントのように、簡素痕跡をとどめない仮設建造物や束の間の隠れ家など、移ろいゆく環境人間の営みへの哲学的考察を提案しています。

今回の展覧会ではマルセラコレアと共に、クローゼットとマットレスという、二つの家具を題材とし、記憶の持つ領域象徴的に表現する作品を制作します。

クローゼットには、私たちの持ち物、過去、思い出などが収められています。扉で隔てられたその内部には、ハンガーにかけられた洋服たち、
それらは持ち主の身体の一部として主の記憶を宿しています。
マットレスは、身体を横たえる人のあらゆる動きを柔軟に受け止め、眠る人を夢という異次元へと誘います。その無防備なやさしさは、私たちの身体を記憶し続けます。

私たちを外界から守るために、巨大化してしまったクローゼット。まるで記憶を取り出して形にしたかのようなマットレスの彫刻。その謎めいた組み合わせは、異質さとともに、
日常の奥に押しやられていた記憶を呼び起こし、その領域が不意に可視化する瞬間を思わせます。ラディックとコレアは、現実を作り上げている時間たちを、
この二つの家具を変形させることで、フォーラムという舞台に取り出して見せているようです。

また本展示では、上記のインスタレーションに加え、街中に存在する脆弱建築Fragile Construction」の写真シリーズとして紹介します。

隠れ家のように質素でありながらも親密な空間、あるいは常に移ろいゆくはかなき構造体、どちらもラディックとコレアが問いかける記憶領域を獲得するための方法論といえるでしょう。

2013-08-20

キスマイ、デビューから10作連続1位 史上6組目の快挙


やったね、キスマイ☆☆☆!!

【オリコン】キスマイ、デビューから10作連続1位 史上6組目の快挙
 人気グループ・Kis-My-Ft2の8thシングルキミとのキセキ」(14日発売)が初週26.1万枚を売り上げ、8/26付週間ランキング首位に初登場。
前作「キ・ス・ウ・マ・イ 〜KISS YOUR MIND〜/S.O.S(Smile On Smile)」(3月27日発売)の初週売上21.4万枚を上回る好スタートとなった。

 シングル首位獲得は、デビュー曲Everybody Go」(2011年8月発売)から8作連続アルバムも『Kis-My-1st』(昨年3月発売)、『Goodいくぜ!』
(今年3月発売)で2作連続1位を獲得しており、デビューからの連続首位数を10に伸ばした。

 男女グループ、ソロを通じてデビューから10作連続首位獲得は、ジャニーズ事務所の先輩グループ・光GENJI(1989年7/31付)、KinKi Kids(1999年8/16付)、
NEWS2008年3/10付)、KAT-TUN(2008年6/16付)、Hey!Say!JUMP(昨年3/5付)に続く史上6組目の快挙。
また、デビューから8作連続シングル首位は、光GENJIに並ぶ歴代5位タイ記録となった(歴代1位はKinKi Kids=32作連続)。

 本作は、メンバーの玉森裕太が主演を務めるTBSドラマ『ぴんとこな』(毎週木曜 後9:00)主題歌表題曲などが収録されている。

2013-08-17

没後40年記念 ピカソ愛と芸術の版画展

渋谷パルコで行われているピカソ展へ行ってきました。
f:id:robinblue:20130815191729j:image:w300

ピカソ創作の原動力となったのは、数多の恋であり女性たちであったそうです。

そんな背景を踏まえて絵をみると、難解と言われるピカソの絵の中に非常に人間らしい部分が見えてくるような気がして、巨匠ピカソがぐっと身近に感じられました。

私が印象的だったのは、ピカソの描く「目」です。
とても優しく、きれいで、引き込まれる瞳だなぁと心に残りました。

版画展ということで、少ない線で描かれた作品が多かったのですが、身体の筋肉の動きなど複雑なものをたった一本の線で表現できるなんて、ほんとうにすごいなと感動しました。
大切なのはここなんだ!ということがこの人には瞬間でみてとれたのでしょうか。

また、音声ガイドが2種類用意されていました。
山田五郎さん、友近さんの2バージョンで、スマホアプリを利用するもので、1種200円です。
私は友近さんバージョンをききながらみたのですが、解説がわかりやすくておもしろくて、とてもよかったです!!
スマホの画面には真面目な解説も表示されるので、聞き逃したところは文章を読んで補足することもできます。

展示スペースが狭いので、人が多いと少し見にくいかもしれません。
できれば空いている時間帯に行かれるのがおすすめです。


熱くて濃密で、夏にぴったりな展覧会だと思います。


補足ですが、渋谷でキスマイの「キミとのキセキ」がたくさん流れていましたー!!うれしい☆

没後40年記念 ピカソ愛と芸術の版画展
スペインが生んだ20世紀最大の画家パブロ・ピカソ
彼の芸術を語る上で欠くことのできない要素が、女性たちとのロマンスです。
ピカソ出会い、恋に落ちた女性たちは、ピカソ芸術に、幸福感を与える一方で、人間の醜さや、確執嫉妬をも生み出しました。
展覧会は、「ピカソ愛と芸術の版画展」と題し、ピカソが生涯に制作した約2000点にものぼる版画作品のなかから、
男女をテーマにした作品、女の肖像作品を中心におよそ60点を展示します。

会 場 パルコミュージアム  渋谷パルコ パート1・3F
期 間 2013/07/19 (金) −2013/08/19 (月)  10:00〜21:00 ※ 最終日は18:00閉場 ※ 入場は閉場の30分前まで
入場料 一般500円 学生400円 小学生以下無料
主 催 パルコ
企画制作 パルコテクノプロ
お問い合わせ 03-3477-5873  (パルコミュージアム)
協力  一般財団法人荒井記念美術館SMILE VEHICLE/クウジット/TOKYO FM
協賛  西武運輸

2013-08-13 明日はキスマイ「キミとのキセキ」発売日!

明日8月14日は、Kis-My-Ft2(キスマイ) の「キミとのキセキ」の発売日です!!


f:id:robinblue:20130813214130j:image:w300

TBS系 木曜 9時からの歌舞伎を題材にしたドラマ「ぴんとこな」の主題歌で、とってもすてきな曲です。

たくさんの方に聴いてもらえるといいなー!!

我が家には、発売日から一日はやく、今日CDが届きました。
なんと夫が楽天で購入しておいてくれたのだそうです(感謝☆)

これから早速きいてみます。
PVメイキングも楽しみです。


私が一番好きな「キミとのキセキ」、火曜曲バージョン!!
みんなの表情が見れるから。
D

キミとのキセキ (CD+DVD) (初回生産限定盤A)

キミとのキセキ (CD+DVD) (初回生産限定盤A)

2013-06-07

言葉は知識であり術


初級クラスで学びはじめて2ヶ月がたちました。
振り返ると、「まだ2ヶ月かぁ・・・」という気持ちです。
まるで3ヶ月半くらいクラスに通っているような疲労感・・・!!
それほど中身の濃い日々をどうにかこうにかここまでやってきました。

以前から疑問に感じていたことがありました。
それは、フランス語学習は、どんな風に深まっていくのだろうか?という疑問です。
語学学習にゴールは無いとは言いますが、一般的には初級、中級、上級とクラスが変わり、テキストが変わり勉強を深めていきます。
その「深まっていくもの」って何なのだろう?とずっと思っていました。
もちろん、漠然と新しい文法や語彙を学んでいくことだとは考えていたのですが、それによって「深まるものっていったい何なのだろう?」と。

それについて、最近自分なりの気づきがありました。
つまり、「言葉人生なんじゃないか、いや、人生を語るために言葉があるのではないか。」という考えが私の答えです。

しばらく前に、授業で不定冠詞勉強しました。
予習の段階では、「不定冠詞勉強したことがあるし、理解している」つもりに感じていました。
問題も割と簡単に解けて、余裕を持って授業に臨みました。
ところが・・・。
先生講義を聞くと、不定冠詞という存在は、私の想像の何倍も深い存在で、
様々な状況やバリエーションによって考えなければならないことがたくさんたくさんありました。
まるで私が見ていたのは地表に出ている小さな木の枝葉で、地中には想像もつかないくらい深く複雑に根を張り巡らしている木を想像しました。

それ以降も、「定冠詞」「人称代名詞強勢形」「疑問代名詞」「指示形容詞」などなどと、
一度は勉強した経験はあるのに難しい!という内容が続々とつづき、
予習復習にかける時間がどんどん増えていきました。
内容が複雑になりすぐに覚えられないことも増えてきました。

そんなときフランス語の長く勉強している友人に会い、現在彼の使っている教科書を見せてもらう機会がありました。
そのテキストは、細かくって、知らない単語ばかりで、まるでみしらぬ外国語のようで、ひとかけらも私の頭には入ってきませんでした。
でも、見覚えのある図がいくつかありました。例えば、ショッピングの様子であったり、人に道を尋ねる図であったり・・・。
そして彼曰く「内容は繰り返しだよ!複雑になっていくけどね!」

その言葉がヒントになり、これまでの経験自分の中でつながりました。
同じ「不定冠詞」が使われていても、その言葉を話す人のシチュエーションは様々で、
前後の会話や相手や時間目的無限にあるのだから、同じテーマで何度も繰り返し勉強して少しずつその多様性を身につけていくのですね。

これまで、
日本に住み日本語を話す私は「フランス語」を「学習する対象」と考えていましたが、
フランス語」はフランス語を使用する人々にとっての「人生を語る術」なのですね。
いえ、「人生を語る術」として「言語」は生まれるとしたら「人生を語るためにフランス語はある」ということでしょうか。

結論として、
人は年を重ね、年を重ねるごとに人それぞれが多様な経験し、
身体も心情も変化し、さまざまな条件が織りなすように人生も深みを増していき、
深みを増した人生を語るためには言葉にも深みが必要で、言葉の深みとは語彙の豊富さや文法等なのではないかと考えました。
なので、語学学習が深まるということは、語彙を増やしたり様々な文法を身につけることになるのではないでしょうか。


うまく言葉表現できませんが、私の中でこのことに気づけたことは小さいですがとても大きな革命です。
今までは「フランス語を身につけよう」と思っていました。
フランス語という知識を身につけようと思っていたかもしれません。
でも今は「フランス語でも人生を語れるようになりたい!」と思います。
フランス語は、知識でもあるが術なのだと思うからです。

授業への臨み方、ノートの取り方、予習復習の仕方もこれまでと変わりそうです。

2013-05-19

「人生処方詩集」まどみちお


書店詩集コーナーで偶然であった一冊。

まど・みちお 人生処方詩集 (コロナ・ブックス)

何気なく手に取り、一ページ読んでみたら、思いがけず涙が出て自分に驚きました。
人の心のやわらかい部分に、まどさんの言葉はほんとうに優しくしみ込みます。

大人にも子供にも、年齢を問わず読みやすい内容だと思います。
子育てを頑張っている知人にも送ってあげたいなと思いました。

目次
自分子どもだったことを忘れそうだったら
さびしかったら
生きるのがつらくなってしまったら
世の中に不条理を感じたら
人と自分をくらべてしまったら
笑いたかったら
ちょっとテツガクしたかったら
歳をとったなあと感じたら
やさしい気持ちになりたかったら
ねむれない夜に

まど・みちお 人生処方詩集 (コロナ・ブックス)

まど・みちお 人生処方詩集 (コロナ・ブックス)