Hatena::ブログ(Diary)

クロミクロイド このページをアンテナに追加 RSSフィード

2009-02-08

『女神異聞録デビルサバイバー』3RD day〜5TH day

女神異聞録ペルソナ PlayStation The Best女神異聞録ペルソナ』がや〜〜〜っとPSPでのリメイク版の発売日と情報が発表されました。


数年前PSPペルソナが発売されると知り、その当時まだPSPを持ってなかったので「よし、ペルソナの為にPSP貯金するぞー」とチマチマお金貯めてたら、ペルソナ発売前にとっくに買えちゃったよwwwいつまでたってもアトラスの新作ゲーム情報が『ペルソナ(仮)』のままだったので、すっかり忘れかけてたよ…。

広告の色いいな〜。最近だとペルソナ3のカラーは青、ペルソナ4は黄色、デビサバは赤…ときて最新ペルソナは白地に紫の蝶が効いてます。これからファミ通の情報は、また1週おきに発表されるのかな。デビサバの時も思ったけど、もう少し前から情報公開してくれよ。もっと待つ楽しみを味わわせてくれよ!あと、メガテンファンとしてはライドウ、デビサバと立て続けに出されてまたすぐペルソナ発売ってキツイんだよ!!この調子だと、私がライドウの同梱ソフト『真・女神転生III‐NOCTURNE マニアクス クロニクル・エディション』をプレイ出来る日は、一体いつ来るのか…。


しかし初代ペルソナはキャラは覚えてるけど、ストーリーはどんなだったっけ?という程の鳥頭なので、ちょうど実家に帰る用があったのでソフト持ち帰って来ました。PSメモリーカードにもセーブデータ残ってなかったので、最初からちょこっとだけプレイ。

主人公の顔が今見るともうペルソナ3のキタローにしか見えなくなっていたので、名前を“墓場 鬼太郎”ニックネーム“キタロー”にしてみた。「おい!鬼太郎!」じゃなく「おい!墓場!」と呼ばれるのはちょっと残念だw


文章読みにくいな〜。でも、昔はこの文体だったんだなと懐かしくもあり。PSP版は文体も直されてるみたいですね。2Dマップ、3Dダンジョン、ADV(アドベンチャー)マップがまたややこしいw当時よく移動出来てたなと思うwww病院内を歩く時も、勢い余って壁にゴスッ…!あ〜この感触も懐かしい…w

敵とのエンカウント率の高さはさすがwwwこれもPSP版では修正されてるみたい。でも、悪魔との会話好きだからアガスティアの木さえ増やしてくれれば、私はそんなに不満は無いけどな。まあ、そう思っていられるのも序盤だけなんだけど…w


悪魔会話をする時、アナライズで悪魔の性格が「弱気」だと分かると、(私)「行け!南条くん!」(南条くん)「たわけが!」…やっぱり俺様www昔も「俺様のブロマイドをやろう」のセリフにいつも「いらねーよw」とツッコんでたな〜。結構思い出してきたぞw

あと、この頃はまだヒーホーくん(ジャックフロスト)が「ヒーホー!」と言ってなかったことに驚き。「ま・せ・き!それ、ま・せ・き!」って言ってるのは可愛いけどwデビサバでは「やっぱり八頭身には勝てなかったホ… ごめんホ…」と言うヒーホーくんは可愛いかった〜。ライドウでは、何と言ってもライホーくん!!可愛すぎるよもう!!ペルソナでお馴染の悪魔に会えるのも楽しみ。



ペルソナの話にだいぶ熱が入っちゃったけど、デビサバは2日目過ぎたあとパタッと進められなくなってた…。自分の精神状態があまり良くなかった所に、このゲームの世界観が全く合わなくて別のゲームに逃避したりしてた。どのくらい逃避したかと言うと、FF10がもうすぐザナルカンドに着いちゃうくらい進んじゃったwww面白いっスFF10!!こっちも決して明るくは無いんだけど、ファンタジーだからか楽に受け入れられる…w

最近少し浮上してきたので、頑張って進めてたらまた酷すぎる展開に…。さすが「ダーク&ハード」の名は伊達じゃねぇ…。もう感想と言うより覚え書きメモになってるのでネタバレ注意。いつにもましてメチャクチャな文章です。

女神異聞録 デビルサバイバー

女神異聞録 デビルサバイバー


  • 3RD day ベル・デル

ミドリ「愛の戦士マジカル・ドリー!悪い悪魔に天罰★てきめん!」

このコスプレ電波女に、どんだけイライラさせられたことか…。ヒーローの真似事をして正義の味方を気取るミドリに、中盤は振り回されっぱなしです…。


この日からケイスケが仲間になり、身を守る為にと渡したCOMPのせいで余命が0になってしまったミドリの説得も開始。

青山霊園に現れるハズのベル・デルに遭遇してしまい、不死身なので攻撃も魔法も効かないから逃げろと言っても

ミドリ「みんなは逃げていいよ!アタシは…戦うから!」

コイツ……。やっとの思いでミドリも民間人も逃がして、ベル・デルから全員逃げられたというのにまた

ミドリ「……一応、お礼は言っておくけど、あんなのアタシ1人で充分だったんだからね!」

先生ーー!こいつ殺していいですくあ!(誰が先生だ)


今日もアツローによるCOMP解析が。↓また自分用メモ。

・いくらCOMPに入っているプログラムクライアントだと言っても、これだけの量の情報

→少なくとも処理を依頼してる先であるサーバーとの連携は取れるように、情報は組み込まれているはず

→それを調べる事が出来れば、何か分かるんじゃないか

→調べてみたら、何とかデータにアクセスする方法が分かった

→それを試してみようと思う(本当はサーバーがどこにあるのか分かれば、手っ取り早い)

と言うことで、アツローがPCで解析作業をしてくれます。本当にアツローは頼りになるな〜。その手伝いの為なら、こっちも力の限り充電器を回してやるぜ!


でも残念ながら、手動式の携帯バッテリーでは時間が短く解析しきれなったけど、ベル・デルの事が少しだけ分かった所で水道橋に行くと

ま      た      ミ     ド     リ

「悪魔の力を正義に変える 魔法の戦士マジカル・ドリー!」

「ふふんっ★悪魔、ぜ〜んぶ倒しちゃった!人々の命は、この魔法の戦士、マジカル・ドリーに、おまかせよ!」

…倒したのはこっちだ。


悪魔とも普通に会話するミドリ。何でそんなに強いのかと聞くジャックフロストに、

ジャックフロスト「何でだホ?」

ミドリ「それはね、愛があるからよ!」

ジャックフロスト「あ、愛ホ?それがあれば強くなれるのかホ。」

あ〜ヒーホーくんが愛を探しに行っちゃった…。

ミドリ「ふふふ♪アタシは愛の戦士マジカル・ドリー!悪魔にも愛を★」

もう調子に乗りまくっちゃってます…。


カイドーは「力が欲しい!」とCOMP抜きで悪魔と契約し、熱風の王、悪霊の主といわれるパズスを召喚してしまう。

お兄さんが“連続吸血事件”の犯人によって殺されたことから復讐を誓い、COMPを手に入れ次第に暴走していくカイドー。探し人を手伝ってくれたりと、根はいい奴なのに(マリ先生への純情すぎる想いとかw)…。


ハルの話を聞いたりしながら、ベル・デル対策を進めるサイコー(主人公)たち。途中“10BITさん”から、政府はとんでもない事実を隠していると知る。

ヤドリギを手に入れベル・デルを倒し、余命は3になったものの封鎖から生き延びるにはまだ1日足りない…。そしてベル・デルを倒したことから、この戦いの真の意味を知ることになる。ベルの名を冠する他の悪魔、ベル・イアル、イザ・ベル、ベル・ゼブブ、ベル・ベリトの存在を知り、3日後にベル・イアルと戦うことに…って、そんなにいるんだ…w


ベル・デルは北欧神話太陽神、バルデル。ベル・イアルは堕天使ベリアル。イザ・ベルは黙示録で邪教に傾倒する人間を表現した存在。ベル・ゼブブは「蝿の王」の名を持つ異教神、ベルゼブブ。ベル・ベリトは魔神バールの別称。これらベル達の王位争いに巻き込まれていく…。

ところで、ベル・デルってラスボスじゃなかったんだと今更ながら気付いたwまた終盤に出て来るのかと思ってた…。他にも前回の感想の内容がかなり間違ってたけど、「頭の上の寿命」だけ訂正して、あとはそのまま残しました。余命と寿命じゃ全く意味が違うのでこれはあんまりだと修正したけど、他の部分は私の理解してなさ具合を笑っていただけたらと思いますw


今日の夜もまた野宿\(^o^)/

メールチェックすると「FROM DORRY」の文字が…メール開きたくねえwwww案の定、「こんちゃす(^O^)/」の能天気なタイトルにイラッ…。でも新たに、アマネだけじゃなくカイドーまでメールくれたのが嬉しかったのでミドリの事はもういいやwあと、ホンダハンドルネーム「YASPON」ってwwwww


  • 4TH day 崩壊する理性

ラプラスメールに「社会的秩序が崩壊」とあるように、みんな徐々に理性を失っていきます…。


今日やること。

・悪魔召喚プログラムサーバーを解析して、制御の原理を調べる

→制御の原理さえ分かれば、その仕組みを再現すればいい

→もしかしたら、サーバーそのものを使って、全ての悪魔にアクセス出来るかもしれない


ミドリが暴徒に襲われ死亡というメールを読んだケイスケが、キレまくってメンバーを抜けて行ってしまう。

ミドリ正義の味方ぶって悪魔を倒し続けて行くうちに、逆に悪魔使いとして人々から疑いの目を向けられることに。ミドリが人間達に襲われている場面に現れたケイスケは「秩序を乱す」人間達に絶望し、魔神ヤマ(エンマ大王)を喚び出して「裁き」を開始する。どうにも止められない負の連鎖に、気持ちが動揺しまくりです…。これを断ち切ることは果たして出来るのか…。


ミドリと民間人を逃がしてから、これにこりたらもう止めろとソデコがミドリに言うと

「…ヤダ。」  えええええええええ

何か、どんどん選択肢間違っていってるような気が…。でもセーブデータ1つしかないからやり直し出来ないし、この先不安でたまらない…。


10BITさんの残したCOMPから政府の機密「超電磁結界」を知ったり、アヤの行方を探してるジンの手伝いをしたり、ハルを止めたりと今日も大忙し。ミドリは何とか説得成功。よかった〜。でもカイドーがケイスケを探してるらしい…ヤバイ…。


そして吸血鬼クドラクに襲われるマリ先生(?)。

「あまいわ!アゲパンの砂糖より、あまいわっ!げひゃげひゃげひゃ!」

…何だコイツw

マリ先生はカイドーと同じく、“連続吸血事件”の犯人を倒したいという思いから吸血鬼クドラクと戦う運命の者、幻魔クルースニクを憑依させてしまう。


外道悪魔使いが現れたり、警察官も理性を無くす程秩序が乱れていく封鎖内での4日目の夜。ずっと1人で寂しかったと言うミドリに甘い言葉を囁くサイコー(選んで言わせたの自分だけどw)。やっぱりソデコ、ムッとしたwww


明日やることリスト。

  1. マリ先生のバッグを探す
  2. 自衛隊の裏で天使が糸をひいてると言う、ショウジの話を調べる
  3. 悪魔召喚プログラムサーバーの場所を、翔門会に聞く

おやすみなさい。


  • 5TH day 封鎖の真実

空が赤く染まっていく…。崩壊の日は刻々と近付いています。


マリ先生のバッグを見つけ、一緒にクドラクを倒そうとしたら…マリ先生、弱っ!!クドラクを倒せるのはマリ先生だけということで、逃げられないようにさえすればいいのかと思ってた…。

何度かやり直して勝利した後、ミドリ

「…ねえ、ねえ、これを機に、アタシたちの戦隊に、名前とか付けちゃおうよ!」

…そんなのヤダ。


ケイスケへの度々の説得や、カイドーの足止めむなしくカイドーとケイスケが争っている場面に遭遇。ああ!ヤマさんが…!!





…………焼かれちゃいました……orz





回避出来なかった…。開発者ブログにも「みなさん、××××焼きすぎですw」とあったけど、焼いちゃいましたよ…!でもこれ、どうやったら回避出来たのさーーー!!私なりに頑張ったんだけどなー。かなり落ち込みました…。


ずっと探してたナオヤにやっと会えたと思ったら、この人ムカツク…wナオヤの企みは、サイコーをベルの王位争いに勝たせること。「悪魔を喚ぶ旋律」の情報も手に入れ、とりあえず先に進むことに。


ソデコがもう限界です…。アツローがフォローしてくれるから何とか持ってるけど、明日はベル・イアルとも戦わなきゃいけないのに…。こんな時、何て答えてあげたらいいのか難しい。

そして夜、メールフォルダを見て(´;ω;`)ウッ…。

ソデコのメールに絵文字は無く、アツローのメールも悲観的になってるというのに返信の二択が非情すぎるよ!特にアツローにはそんな返事をしたい訳じゃないのに…。


主人公はこれからどうなるんだろう…。そんな私のフワッフワした選択が今の結果を招いた訳だから、そろそろちゃんと進む道を決めておかないと。

Connection: close