ろくろの闘病記

2017-05-30

組体操」で脳脊髄液減少症になった生徒さんの話です。

3ページあります。







それでも繰り返される「組体操事故」の実態 やむなく裁判に至った親子が訴えたいこと

東洋経済オンライン    2017年5月29日


https://news.infoseek.co.jp/article/toyokeizai_20170529_173217/?p=1




ちゃーちゃんちゃーちゃん 2017/05/30 11:04 おはようございます〜
入園前から体操教室に通ったので、倒立に至るまでの腕や体幹の強化がけがを防ぐとよ〜くわかっているのですが、
学校体育だと先生世代がその指導をされていないので、子供たちも知らないままです。
ちゃんと指導要領には低学年からの「体ほぐし体操」とか、項目もあって指導の方法があるのですが、一見幼稚園から続く遊びにしか見えないその動き方が、内容を知らない先生たちは無視して…運動会の準備期間や練習に充てちゃったりして効果が出ないまま。
この幼児の基礎力強化の遊びみたいな動きが、スピーディーな助走と跳び箱を踏み切る脚力になり、体勢維持する腕力になり、倒立で姿勢を維持する体幹の強さになるのです。

…そこを無視しておいて、組体操とか。
足し算教えないでいきなり方程式理解せよ、みたいな。
だいいち先生たちも倒立できなかったり跳び箱飛べませんよね…先生トシだから見本出来る人だれか〜って生徒に完成形を見せるだけなんだと思います。
基本が出来とらん人に、指導されるって、怖いです。
それを運動会で保護者の前で発表?
指導する人が基本出来てないのに、子供たちにやらせる??
…少ない練習期間で先生たちでピラミッド作って子供たちに見せてみてください。低い段数でも転倒したり骨折しますから。
…っていつも思うのです

…娘は脳脊後なので体育見学なのですが、競技選択して器械体操を見学していて、
自分が幼稚園の時にクリアしたマット運動でドヒャドヒャなフォームのみんな(高校生)を見て、次は参加する!とか。
…ああた、マット参加して、また髄液漏れにでもなったら、
また3年かけて3回ブラッドパッチやって、留年するの?浪人するの?
……と言い聞かせてやっと止めました。

「大丈夫って参加して、病院に戻ってくる子が多いんだから、ヤメテ〜」
って山王の高橋先生にも行事などの相談するたびに言われています。
あれだけ治療のたびに痛い目に遭っているのに大丈夫な気分になっちゃうのは高次脳の要素なのか、今は元気になっているからなのか…教科担当の先生に連絡帳書いておこうと思います。
用心用心。

2017-05-29 地獄に落ちる・818

久々に、、、、

2017-05-01 の「闘病記」のつづき・・・・

  (平成5年1月の話)





藁にもすがる思いで、大学病院に入院して、、沢山の検査をして、、、


結果は、、、「異状なし」









主治医の反応は、、想像通り、、




   「退院したんですねー」

   「異常、無かったみたいですね。」

   「良かったですね〜」

   「検査もイッパイしてもらったみたいだし、、安心ですね〜」







失意のうちに元の病院に戻ってきたけれども、、、また「振出し」に戻りました




先生が私に手を焼いているのは分かります。
















        /.: ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ \

       /: : :             \

     /: : : :             \

   /: : : : : :               \

  / : : : : : : : ___ノ'′   ゙ヽ、___     \

  l  : : : : : :.; '⌒`       ´⌒ヽ     l

  |   : : .::;;(。o〇 )     ( 〇o。);;::   |

  l   : : : :°o゚゚~'"´      `"~゜o゚;°  l

  \ : : : : : : 。;゚(    j    ) ; 。+/

   \: : : : : : ::`┬‐'´`ー┬′ +  /

   /ヽ: : : : : : : |/⌒⌒、|    イ\

   : : : : : : :゚: : : ゚´ ̄~:j ̄`  ;     \

   : : : : . : : . : : ;  '"``    +    \

 : : . : . : . : . : .         °

 : . : : . : .       +








治せないのなら、いっそのこと殺してほしい!!




死ねる薬は無いのか!!!






安楽死が許されるなら、、、、迷わず選ぶ!















「検査に異常が無かったから良かったですね。」  とか、、、良く言えたものだ!







こう言われるだろうと、、、分かっていたけれども、、、この「絶望感」と言ったら、、、











   つづく・・・・(平成5年1月の話)

2017-05-28

明日から本気出す。。。。予定。











最近芸能人の「癌」のニュースが多いですが、、、、

ちょっと考えてもらいたいことがあります。


「癌」になれば「死にたくない!」と思うでしょう。


私も癌(ステージ4)になった時そう思いました。  








でもね、・・・・


脳脊髄液減少症の私は、ついこの前まで「早く死にたい!」

 「神様、どうか私を殺してください!」 

 「この症状に耐えられない!」「死んで楽にならせて下さい!」と、、、

この2年、ずっとそう願ってきたのです。




皮肉だな〜って思いますよ、、、、





「死にたくない!」「生きたい!」 そう思えるのは恵まれている証拠です。













癌になったら周りの人がみんな優しくしてくれますよ〜


すべての人から優しくされます。


病院に行ったら、とても大切にされるんですよ。





人から優しく接せられることなんかほとんどないので、癌になった時は超ビックリしたものです。










脳脊髄液減少症」や「慢性疲労症候群」になると、すべての人から責められ、なじられます。



これでもかッ!!ってくらい冷たくされます。


毎日、毎日、物凄い攻撃を受けます。


まるで犯罪者のように扱われます。


生きる場所を失うぐらいに追い詰められます。


社会的に価値のない人間とみなされます。


誰も助けてくれません。


誰も理解してくれません。









死を願うほどの症状に苦しんでいるのに、さら周に周囲の人から攻撃を受けるのです。



拷問を受けているような“激烈な症状”が1秒も軽くならずに何年も続いているから、

「ひたすら死を願う」しかないのです。






想像できますか?

見た目は「元気そう」なのですよ。 


だから怒られます。

「怠けている!」「甘えだ!」「根性がない!」とかね、、、












想像できますか?


21世紀に、、、この残酷な悲劇を、、、、

















両方を経験できた私は、ある意味「幸せな人生」と感じています。 

誰もが経験できない人生ですから。























〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜










本当にこの人の感性には感心します。

凄いと思います。


(日本語なのに英語の歌のように聞こえる歌)

gogogogo 2017/05/30 17:30 こんにちは。
周囲の理解を別にして、身体的な辛さだけでも、減少症系の病気の方が癌より絶対しんどいだろ!
と私は思ってるんですけど(笑)
実際どうですか?

2017-05-27 動画

ME/CFS世界啓発デーinあおもり2017〜青森市長、津島淳衆議員







なんか、ちょっと思たのですが、、、



どんなに遅く見積もっても、

100年後には「慢性疲労症候群」も「脳脊髄液減少症」も、、簡単に治る病気になっているんですよ。



私たちはその日に向かって進んでいるんですよね。








・・

2017-05-25 ODの記事

起立性調節障害」の記事を見つけました。



脳脊髄液減少症になると、起立性調節障害の症状が出ると思います。


私は髄液漏れは治りましたが、自律神経の調節障害が残りました。



「精神的なもの」とか、「心因性」ではありません。

その辺が今後のテーマです。














〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜











「怠け」と誤解 起立性調節障害知って 神戸

    神戸新聞 2017/5/11

https://www.kobe-np.co.jp/news/kurashi/201705/0010175497.shtml











〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜









朝起きられない…病気かも 自律神経の不調で症状様々

     朝日新聞   2017年5月24日

http://www.asahi.com/articles/ASK5K5QVTK5KUTFL00G.html














〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

死語ブログパーツ 点取り占いブログパーツ