ろくろの闘病記

2016-05-28 地獄に落ちる・671

昨日の「闘病記」のつづき・・・・

  (平成4年12月の話)







じゃーー 私はどうすれば良いのですかーーーーッ!!!!







それに対して 「ゆっくり休むことが一番です。」 と言う答えが返ってきた、、










何を言っても、『振出し』に戻る!!


戻らされる!









私の側からすれば、、、、会話が成立しない!!



医師の結論に押し込まれる。













つまり、私は「ゴミ」で、、


医者は、

私を、、なんとしてでも「ゴミ箱」に入れようとしているだけッ!!











・・・・









ココで怒りを出したら、私の立場はますます悪くなるに違いない・・・・


この医師は私を基地外だと思っているのだから、、、




誰も信じられないけど、、、


これ以上立場を悪くするわけにはいかない、、、












私は回転しない頭で、必死に考え、、、こう言いました。








発病して、一年になるのですが、、、


  ずっと寝たきりなんです、、、、





もう1年も、、、、仕事も出来ず、、、ずっと休んでいるのです。




もう、すでに、、、、ずっと休んでいるのですーーーーーーー









、、と言ってやったんだ。

この時の私の気持ちが分かるだろうか?








   つづく・・・(平成4年12月の話)

2016-05-27 地獄に落ちる・670

昨日の「闘病記」のつづき・・・・

  (平成4年12月の話)









私 : 「ストレスが原因で、こんなにもヒドイ症状が出るのか?」



医師: 「本当に出るのです。」





、、、そう言われても、心の底では全然信じられませんでした。






納得がいきませんでした。




違う、そうじゃない!






違う、そうじゃない





説明は出来ないけど、、、、私の潜在意識がそう叫ぶのです。











じゃーー 私はどうすれば良いのですかーーーーッ!!!!






すると、精神科医は、、、


また、、悠然と、、、、





「ゆっくり休むことが一番です。」











また、元に戻った!!



また「振り出し」に戻てしまいました!!





これじゃ「無限ループ」じゃないのーーーー!









医者は私の苦しみを分かっていないのです!



そして、、病気の深刻さも分かっていないのです!!






絶望しました








今の私は、『地獄の海で溺れている』と言うのに・・・・・











   つづく・・・(平成4年12月の話)

2016-05-26 地獄に落ちる・669

2016-05-24 の「闘病記」のつづき・・・・

  (平成4年12月の話)






「本当にストレスが原因で、、こんなにヒドイ症状が出るものでしょうか?





、、、と私が聞くと、、、







精神科医師は「出るんです。」 と、落ち着いた態度で答えました。












ホルター心電図で、不整脈が一日で 7000発以上とか、、

、、、ストレスが原因で、本当にそんなことが起こるのでしょうか?」




「心筋タリウムシンチで、心臓の筋肉がまともに写らないとか、、、

 、、、それもストレスなのですか?」





「身体が鉛のように重くなって、

立ち上がれないくらいに身体がキツクなったりも、ストレスなのですか?」











と聞くと、、、





「そうです。」





ストレスでそういう事が起こるのです。」 と言いました。











精神科医師は、微笑みを浮かべて、悠然とそう答えるのです。









精神科医師独特の対応だと感じました。







もうこれ以上、、何を言っても何も変わらないでしょう。。。













「本当ですか?」 もう一度聞いていましたが、




医師は「本当です。」と答えるのです。













ダメだーーーーー








精神科って駄目だ・・・・・



この先生では何も解決しない!








  つづく・・・(平成4年12月の話)

2016-05-25

今日は『懐メロde脳トレ』のみ





個人的に懐かしくて震える。

2016-05-24 地獄に落ちる・668

昨日の「闘病記」のつづき・・・・

  (平成4年12月の話)







「あなたは頭が良さそうだ」と言えば、、


患者が喜ぶと思っているのだと、、、、私はそう感じました。





私が“ひねくれている”だけではないと思います。




  伝わってくるものがあるのですよ!







圧倒的な立場の医者からそんなこと言われても嬉しくないし・・・





・・・





それに、、、



私はこの病気になってから、物凄く「ボケ」ているのです!!




頭が回転しないのですッ!!



全然回転しないのです!!




それで、どれだけ私が困っているのかッ!!!






頭がモヤモヤして、、、


白い霧でイッパイで、、、



脳が苦しくって、苦しくって、、、たまらないのにーーーーー!








「思考力」も、「記憶力」も、、「計算力」も、、「集中力」も、、、




すべてが「どん底まで低下」しているというのにーーーーー









理解されないどころか、、、



馬鹿にされているようにも感じました。







ガックリしました。





心が切り裂かれるようでした。









医師は自分では患者に理解のある優しい医師だと、、自画自賛しているに違いありません。





私の病気が普通の病気なら、、

教科書に載っているような病気なら、、


きっとこの先生は良い先生なんだろうけど、、、






今の私にとっては、、、その逆の存在でしかないのです。




理解されなくって、悔しくって涙が出そうです。






   つづく・・・(平成4年12月の話)

死語ブログパーツ 点取り占いブログパーツ