Hatena::ブログ(Diary)

もっと最高の夢を【〜鼻呼吸〜】

2014-09-25

自我とアニメ

アニプレッション』にいた頃、わたしはずいぶんけったいな文章を書いていて、ときどき炎上したり、はてブでけなされたり、ずいぶんあのコミュニティには迷惑をかけたものだ。ただ、記事を上げていくごとに、『アニプレッション』ブログでの閲覧数は増加していったような気がする。

アニプレッション』にいた頃、わたしはブログだったり同人誌だったりで、ずいぶん下手な言葉遣いをしていたものだ。記事を見返したら、顔から火が出るだろう。それぐらいあの頃の自分は青かった。ただ、あの頃自分が何をやろうとしていたのか、今頃になって気づいてきた。

つまり、わたしは『アニプレッション』で拙い文章を書くことで、アニメファンに「主体的自覚」を促したかったのだと思う。その試みは、わたしの表現力の不足により失敗を繰り返した。そしてこれからもわたしは人生の失敗を繰り返すことだろう、と思うが、ひとまずまだ青二才だった頃の自分が求めていたのは「主体的自覚」だったことに気づけた。それは、アニメという現象に対する自覚であり、アニメファンとしての有り様に対する自己の自覚である。

アニプレッション』にいた頃のわたしは、ろくでなし以下のろくでなしで、アニメファンを見下し、一方的に「目的意識を持つアニメファンであること」を要求していた。つまり他人には自覚を促しているのに、自分自身に自覚がなかったのである。だから文章・文体は乱れ、アニメを切り取る言葉はあさましいもののままになっていた。

今の自分の言葉が、あさましいままであるかどうか、今の自分が少しは成長しているかどうかは「外部」にゆだねるとして、以前よりは「主体的自覚」というものに「自覚的」になれたかなあ、と思う。たぶん、かつての自分、『アニプレッション』にいた頃の自分は、「主体的自覚」なんていう概念すら思ってもみなかったのだと思う。しかし、人は反省する生き物である。あれから自分も、いろいろな事を考えた。そして、決定的だったのは、自己をめぐる環境が変わり始めたことだった。

アニプレッション』にいた時期は、大学の4年生から6年生の期間なのだが、奇妙なことに、大学にいた頃よりも、大学を出た今のほうが全然勉強しているのである。『アニプレッション』を追い出されてから、なぜだか哲学書を読み始めた。自分が哲学に凝りだした理由は、やはり人間関係のイザコザによって激しく自我を揺さぶられたからだと思う(あの時、何人の人間と絶交したことだろう)。ただ、あの時傷つきすぎるくらい傷ついたことには、自分を見つめ直し、自我を洗い直す上で、マイナスなだけではなくプラスの面も間違いなくあったのだと思う。

いまのわたしは、アニメファンに主体的自覚を「強要」するつもりはない。ただ、時折文章めいたものを書くことで「要求」はしていくのかなあ、と思っている。それではアニメという現象に対する自覚アニメファンとしての有り様に対する自覚とはなんだろうか? それを全て言葉にあらわすとなると、ひょっとしたらwebの外に出て行くしか無いかもしれない。機会は自分で見つけるものである。機会というものも、たぶん、「主体的自覚」がなければ見つけられない。わたしの中の「主体的自覚」が確固たるものになればなるほど、機会も自分に近づいてくるのだろう、きっと。

2013-10-07

GOOD LUCK!!(テレビドラマ)

GOOD LUCK!!(再)

 懐かしいなあ〜……。
 ああ、懐かしいさ。

 俺が中学2年生のときのドラマだ。
 当時ひきこもっていて、それでもこのドラマは、日曜のBSSテレビ(TBS系列)で、21時からで、真面目に楽しく観ていた。
 キムタクだった。しかし、キムタク以上に柴咲コウのドラマだった。柴咲コウの出世作で、堤真一も出ていた……。
 で、狂ったような高視聴率の代わりに、ドラマ自体の評価は芳しくない(yahoo! テレビの星取りとか)ようで、それでもこのドラマは割りと当時のひきこもりの俺は好きで、面白くて観ていた。
 Wikipediaによると2003年1月クールの放送で、対岸では『らいむいろ戦奇譚』をサンテレビが夕方に放送し大変なことになっていた頃だったと思う。
機動戦士ガンダムSEED』は第2クールだった。バルトフェルドとか出てきたっけ?

 で。
 なんで『GOOD LUCK!!』が当時の俺には面白かったのか、忘れてしまった。だから当時感じた面白さの正体をこの再放送で確かめたいと思う。もう6話だけど。全10回の6回目だけど。
 それにしても平日の昼間っから30%視聴率ドラマを放送するんだからTBSも太っ腹である(このあと『タイガー&ドラゴン』、フジでは15時50分から『踊る大捜査線』。)
 これからは幼少期に好きで観ていたドラマもなるたけ、追いかけて行きたいなあという所存。
 平日暇だしな。
 でも、もうすぐ忙しくなるから。
 つかのまの猶予だから!

2013-10-05

『宇宙兄弟』引っ越して半年

宇宙兄弟(枠移動後)

 この時間帯に移ってから、はじめての視聴。というより、地上波のチャンネルで観ること自体が初めてだ。

 実は昔、土曜夕方とはアニメにとってかきいれ時だったらしい。名古屋テレビ(メーテレ)、TBSとMBS、フジテレビなどが枠を持ち、時間帯占有を競っていたそうだ。
『幽☆遊☆白書』、『機動戦士ガンダムSEED』、『逮捕しちゃうぞ』、『勇者王ガオガイガー』、こういったアニメは土曜の夕方に放送されていたのである。

 俺が一人暮らしを始めてからの土曜夕方はどうだっただろうか? 
 一人暮らし始めたての頃は、MBSの土曜6時枠があった。実はTBSの夕方枠でも『ラブ☆コン』のアニメが放送されていたのだ。その年の5月からはNHK教育で『電脳コイル』が始まっている。19時台のアニメ枠はすでにない。

 まぁ、大学の5・6時限目があるとこの時間帯のアニメ、全然観れないわけです。
 土曜夕方はどちらかと言うと鬼門だったな。
 「土6」最後の作品『機動戦士ガンダム00』は録画機を手に入れたあとは全話録っていたと思うけど。
 NHKの枠が強かったけど、なぜだかNHKアニメは大学時代、あまり観なかったんだ……。

 大学を卒業して、それと同時に『宇宙兄弟』が土曜17時30分に引っ越してきた。
 大学卒業から半年経ち、今後の進路の目処が立った今、丁度いいタイミングで引越し先の『宇宙兄弟』と出会えたのかもしれない。
 土曜夕方を埋めていこう。

2013-10-04

『魔探偵ロキ ラグナロク』

『魔探偵ロキ ラグナロク』

 テレビ埼玉で、金曜18時から再放送している、10年前のテレ東アニメだ。
 そういえば、このアニメもヒロイン役が堀江由衣だ。そういう時代だった。声優が若かったし、スターチャイルドの捌き方も彼女を主軸にしていた。

 で、肝心なのは堀江由衣が演じたヒロインの大堂寺繭良(だいどうじまゆら)が、当時めちゃんこ可愛いJK(当時この言葉は無かったが……)だったことだ。
 当時、テレ東の全日帯で10代半ばの可愛いヒロインが乱立していた。たとえば『D・N・ANGEL』の原田姉妹しかり……。知ってますか、原田梨紅が最萌で優勝したの。
 ともかく、『魔探偵ロキ』が枠の関係でBSデジタルで後追いできないのが許せなかった。

2クールアニメはいまだ存在する

2クールアニメとの折り合い方序論

 いま、9chで『アイドルマスター』があらためて放送されているのを観て、ああ、このアニメが本放映されていた頃は、1クール折り返しでついていけず見切ってしまったなあ、2クールだったからな、と思い返す。『シュタインズゲート』もあの年(2011)、2クールアニメで挫折した。

 それは2011年度当時の私の精神状態がいまいちだった、趣味と現実の折り合いがなかなかつけられなかったせい、というのはある。2クール以上のアニメと折り合いがつかなかったのは。
 そう、2クールアニメだ。わたしの鬼門なのだ。『新世紀エヴァンゲリオン』『機動戦艦ナデシコ』から今に至るまで……。『彼氏彼女の事情』『学園戦記ムリョウ』、大好きなアニメですら、およそ26話という構成がネックになった。『コードギアス 反逆のルルーシュ』『機動戦士ガンダム00』『クラナドアフターストーリー』みんな分割2クールで、これがまた、きつかったきつかった!

 ぶっちゃけ2クールアニメで好きだったアニメが少ない。
 少し前までの2クール繁栄の流れを作ったのが『BLUE SEED』源流の大月俊倫プロデューサーの息がかかった作品群だと思うのだが……。脱線。

 とにかく折り合い方なのだ。
 今期はこれまた2011年開始、2クールで成功した『ペルソナ4』の再放送も控えている。2クールアニメの後追いは厳しいけれども、息継ぎをしながらコンプリートする方法を思いつかなければならない。

 千早あああああああああああああああああ

2013-09-05

揺れてるロンリー・ハート

ここ数日、人の名前でアニメを語ってはいけないとさんざ言いふらしてきた。
でも、自分の言葉が、自分の頭を支配してきて「人の名前でアニメ語っちゃ駄目!」そんな”言いつけ”がひとり歩きしだした。
たしかにろくに演出家、アニメーター、声優を知りもしないで名前だけ乱発するのは筋違いだけど。
だからといって名前を消しゴムでひたすら消しまくるのもどんどんつらくなっていく。

僕は身体のバランスがとれない。
背骨が曲がっているらしいのだ(レントゲンをとってもらったことがある)。
せめて、アニメだけでもバランス感覚を取りたい。
とりあえず、スランプ時はTwitterやブログやustでは、声優の名前だけ呪文のように唱えて落ち着きを取り戻すよう努力してる。