Hatena::ブログ(Diary)

もっと最高の夢を【〜鼻呼吸〜】

2013-01-16

放送局と風景

スイートプリキュア♪』の再放送は、MXテレビでも夕方にやっているが、テレビ神奈川で観るに如くはない。テレビ神奈川tvk)での放送枠は、月曜から金曜の朝8時。正直、観やすくはない。でも、たまたま観れるとうれしい。平日の「朝」に日替わりで観る生理感覚がちょうどいい。

それはさておき、放映時間よりも、チャンネルが肝心な気がする。
わたしがスイートプリキュアの再放送をtvkで観るのに如くはないと思うのは、スイートプリキュアの舞台が、「神奈川県にあるみたいだ」……そういう妄想を抱くからだ。
スイートプリキュアが見せる「街」の「風景」。そして「音楽」という要素。

「街」は、横浜山下公園あたりでいつか見た「風景」に似ている。
どうもわたしは、スイートプリキュアで響や奏たちが暮らす「街」神奈川県(それも横浜あたり)でなくてはならないらしい。
それはわたしの勝手なわがままだ。どうもしかし、スイートプリキュアが映す風景を、横浜山下公園関内近辺と重ねてしまうのである。

あと、神奈川県施策として「音楽」を奨励しているという事実。例えば川崎は「音楽のまち・かわさき」というキャッチコピーを持っているのだ。
加えて、tvkは、音楽に強い放送局なのだ。

ないまぜになるのだ。
「街」と「音楽」と「神奈川」が。
スイートプリキュアは、テレビ神奈川らしいアニメだと勝手に思ってしまっている。
もちろん、プリキュアシリーズは、関西の朝日放送が制作している番組だというのはわかっているけれど。

放送局と風景のマッチング。それをスイートプリキュアを観るたび意識してしまう。

ところで丁度いま(1月16日16時39分)MXで放映されているスイートプリキュア3話は、響ちゃんがツンツンしていて(反抗期だな)、神回。