Hatena::ブログ(Diary)

rompercicci::diary

2041-12-10

● ● 営業時間 ● ●

11:00〜23:00
ランチタイム 11:00〜14:00
月曜定休

click▼営業カレンダー

※月曜祝日の場合たいてい振替営業いたしますが、随時お知らせいたしますので、営業カレンダーをご確認ください。※店内での喫煙、通話、イヤホンはご遠慮くださいますようお願い申し上げます。

2016-05-28

今週の新入荷レコード

お、お寒うございます。本日は当店上空に猛烈な寒波が襲来、直撃を受けた結果3年に1度クラスの冷え込んだ週末売上を達成してしまいました。実はこの「3年に1度クラス」、記録したのは今年に入ってすでに2度目。いろいろと焼きが回っているのかもしれません。
ヒマ疲れに冒されながら、過去に店でしでかしたさまざまなことを思い出しては反省しておりました。最近の私たち、あんまりよくなかった。ごく一部の手ごわいお客さまを警戒するあまり、すべてのお客さまに対して態度が冷たくなっていた。明日からは心を入れ替えて、(できる範囲で)もっと謙虚にならないと。(できる範囲で)もっとお客さま本位に努めないと。そしていつの間にか「できる範囲」がものすごく狭くなってしまったので、ここをもうちょっと拡張しないと。
こんな日においでくださったお客さまにすばらしいことがありますように。

今週の新入荷レコードをご紹介します。

f:id:rompercicci:20160529002822j:image:W500

左上:スタンリー・カウエルの初リーダー作。指が鍵盤押してるどアップの写真が本来のジャケット(UK盤)なんだけど、そちらはかなりお高いのでおサイフに優しいジャケちがい再発盤(US盤)で妥協。録音レベルがずいぶん低いので、ボリュームつまみを思い切って上げる勇気が必要とされる盤。
中上:昨日の妻のブログをご参照ください。
右上:ビル・パーキンスの'60年代録音。ヴィクター・フェルドマンの鍵盤がフィーチャーされているのですが、曲によって彼特有のペナペナしたエレピ(オルガン?)が鳴り響くのがちょとキツイ。
左下:「JAZZ FROM ITALY」シリーズの1枚。もちろん再発。闘牛士ジャケでおなじみの「Spanish Portrait」という曲、こっちでもやっています。
中下:グラッペリ翁とバーニー・ケッセルの取り合わせ。見たまんまの音がします。
右下:先日の荻窪月光社》さんでの収穫。比類なきA面。文句のつけようがないアルバム。

明日はどうなるのか。願わくはヒマ疲れじゃない疲れとともに1日の仕事を終えたいものです。
みなさまのご来店を心よりお待ちしております。

2016-05-27

週末、お待ちしております

本日もご来店ありがとうございました。夕方まではまあまあいい感じできて、夜は急降下な1日でした。金曜日の夜はきっと皆町で飲んでいるので当店は空きがちです。でもそんな金曜夜にご来店率の高い奇特な方が何名かいらっしゃって今日は2名来てくださいました。1週間お疲れさまでした。皆さまによいことがありますように。

明日からもう5月最後の週末。当店に製氷機のある最後の週末でもあります。最後にもうひとがんばりできると嬉しいです。ご来店心よりお待ちしております。よい休日を。

余談
萩尾望都SF原画展後期、リベンジできました。とても混んでいました。
・当店の近所の大浅という魚屋さんだった場所の跡地、大衆居酒屋ができるみたいですね。日曜夜の深夜営業にちょっと期待していますけど、皆さまへ..当店含む既存の小さなお店も変わらぬご愛顧をよろしくお願いいたします。

f:id:rompercicci:20160528015614j:image:w280:left--
先日も書いた気がしますがチェット・ベイカーに底なしに親切にしてわたしからとても尊敬されているペルツァーさんの名盤が入荷しました。わたしに尊敬されずともレアでかつ良内容ということで有名ですがもちろん再発。でもよい音色。気持ちいいのでつい無意識にかけてしまいますね。聴いてみてくださいね。ジャケもえらく素敵です。


● 象のはな子が亡くなったそうですね。ウィキペギアを読んで複雑な気持ちです。合掌 
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%AF%E3%81%AA%E5%AD%90

2016-05-26

中野駅北口利用者以外には伝わらなさそうな話

本日もご来店ありがとうございました。おかげさまで平日にしては珍しくお客さまに恵まれた1日になってくれました。ゴールデンウィーク明けてからすっかり負けグセが身についたせいか「いったい景気がよかったころはどんなお客さまがウチに来てくれてたんだっけ?」なんて思い出そうにもアタマ真っ白、どなたの顔も浮かんでこない体たらくだったのですが、そうかこのお客さまが来てくださってたのか! と今日はひざを打つこと数回、改めてみなさまのご来店に感謝しきりです。ありがとうございます。
本日いらしてくださったみなさまにすばらしいことがありますように。

定休日明けの朝、二日酔いを抱えつつカバンの中に手を突っ込んだら中から見知らぬCDが出てきたのです。タイトルは『SUNMALL』。アーティスト名はさとうさおり。あー、さとうさおり。思い出してきた。すっかり酩酊して終電で中野駅に着いて、北口からサンモールに入ったところで久々にお見かけしたんだった。会社勤めのころとちがって残業帰りの深夜にサンモールを歩くこともなくなったし、定休日の夜にサンモールを通り抜けることがあってもなかなかお目にかかる機会がなかったし、遭遇するのはかれこれ1年ぶりくらいか、もっとか。
と、ここまで書いても普段の通勤・通学で日常的に中野駅北口を利用されない方にはサッパリかと思いますので軽く説明しますと、さとうさおりさんというのは中野駅北口を出てすぐのサンモール商店街で、主に夜更けの時間帯によく歌っている路上シンガーの女性です。もうずいぶん長いこと歌っているような気がします。私が中野に住むようになってかれこれ10年、もうそのころにはすでにあの場所で歌ってらしたような記憶があります。
記憶なんていいかげんなものですが、それでも今になって振り返ると、残業明けの会社帰りには常に彼女の歌声が聞こえていたような気がします。当時はいちども立ち止まらなかった。「お、やってるね」くらいで通過。いや、それさえもない。「お、やってるね」なんて思えるほどのココロの余裕なんてなかった。ただ通過。それでも数年にわたって目の前を歩き続けていると、やっぱり不思議と愛着が湧くものなんですね。ここ数年サンモールを歩いていて、たまたま彼女が歌っている姿を目にすると「ああ、まだあそこで歌っていた。よかった」なんて思うようになりました。彼女が歌っていてこそのサンモール商店街。
あの夜、私はアルコールで浸された脳でひどく感動していたのでしょう。ああ、しばらく見かけなかったさとうさおりさんがまだあそこにいた。で、おサイフからいそいそと1000円札を取り出して彼女に差し出し、「久しぶりにサンモールでお目にかかれてよかったです」みたいなことを口走ってそのまま逃げようとしたのです。そしたらさとうさん、ギターケースの中からCDを1枚取り出して「じゃこれどうぞ、1000円だから」と手渡されたCD。それが数時間と記憶の欠落を経て、今私のカバンの中から発掘されたのでした。

f:id:rompercicci:20160527033002j:image:w500

また遅くなってしまったのでいろいろすっ飛ばして書きます。さとうさおりさんが数年にわたって深夜ひとりサンモールの路上で歌い続けているということは、(さとうさん個人の偉業であることは言うまでもありませんが)とりもなおさずあの一帯の治安なり風紀なりがそんなに乱れてないことの証でありましょう。「中野駅北口サンモール商店街は、深夜に女性がひとりでいても大丈夫な場所なんだよ」ということを彼女が身を以て証明してくれている。いや、もう少し踏み込んで、さとうさんがあそこで歌い続けているからこそ、あの場所は深夜でもそれほどガラが悪くならないのかもしれません。私たちはもっとさとうさんに感謝してもいいような気がしてきました。ときどきは彼女の前で足を止めてみてもいいのかもしれない。歌を聴いて、拍手して、フトコロ具合によっては何がしかの気持ちを差し出してもいいのかもしれない。
みなさまも、もし機会がありましたらさとうさおりさんから『SUNMALL』お買い求めになってみてください。その名の通りサンモール商店街での路上ライブ一発録り。手売り限定っぽいから、ひょっとしたらJ.R.モンテローズの『In Action』みたいにバケるかもしれません。

外はすでに雨。明日はお天気イマイチの予報。みなさまのご来店を首をすぼめてお待ちしております。

2016-05-25

神隠し

昨日もご来店ありがとうございました。通りを眺めていると「神隠し」という言葉が思い浮かんできました。あまりにひと気がなくて。これぞ南無三通り。それで、営業成績はもう一歩でしたが、来てくださったお客さま、感謝ひとしおです。皆さまによいことがありますように。

夜は各地でライブが目白押しでしたね。オザケンパット・メセニー、ハイエイタス・カイヨーテ、ニューオーダーと...豪華すぎ。

f:id:rompercicci:20160526074015j:image:w280:left因みに吉祥寺美術館(コピスの7階)で開催中の萩尾望都SF原画展は今週末までです。わたしも行きました。原画のスター・レッド、あまりに麗しくてぽーっとなりました。後半の展示替えがあったらしく、昨日休憩中に勇んで見に行ったところ、なんと休館日。一緒にエスカレーターで7階まで上がった数名とともにくるっと引き返してきました。ショック.. 入館料はなんと100円。行かれた方々口々によかったとおっしゃってます。余韻を楽しみつつ当店で萩尾先生の漫画をお読みになるというのはいかがでしょう。ちょと遠いですけど。

よそさまもなかなか魅力的ですが、当店も鍾乳洞のようにひんやりひっそり皆さまのご来店をお待ちしております。ぜひ、お立ち寄りくださいませ。

※因みに宣伝にはならないですけど製氷機のある当店も今週末までです!