アニメキャラが行列を作る法律相談所withアホヲタ元法学部生の日常 このページをアンテナに追加 RSSフィード

当サイトは、法律ヲタ&アニヲタな元法学部生の日常を描くblogです。
QB被害者対策弁護団として、「アニメキャラが行列を作る法律相談所」を総合科学出版様から刊行させていただきました
「QB被害者対策弁護団」として魔法少女まどか☆マギカ同人誌
「これからの『契約』の話をしよう」「ミタキハラ白熱教室」を刊行しました!

C81金曜東へ59bに出展し「見滝原で『労働』の話をしよう(ベータ版)」を頒布します!

弁護士法74条に基づく注記:「QB被害者対策弁護団」は、架空の都市、「見滝原町」において
活動する弁護団であり、現実の世界において法律相談その他法律事務を取り扱いません。

2017-03-26 ストーリーで学ぶ法務1年目の教科書第12回

[]ストーリーで学ぶ法務1年目の教科書〜第12回「要領」良く仕事をするための「選択と集中23:49 ストーリーで学ぶ法務1年目の教科書〜第12回「要領」良く仕事をするための「選択と集中」 - アニメキャラが行列を作る法律相談所withアホヲタ元法学部生の日常 を含むブックマーク ストーリーで学ぶ法務1年目の教科書〜第12回「要領」良く仕事をするための「選択と集中」 - アニメキャラが行列を作る法律相談所withアホヲタ元法学部生の日常 のブックマークコメント

怪談―小泉八雲怪奇短編集 (偕成社文庫)

怪談―小泉八雲怪奇短編集 (偕成社文庫)


1.はじめに


仕事の「要領」がいい人と悪い人っていますよね。


 私はどちらかというと要領が悪い方でして、色々とうまくいかないことも多かったのですが、●(「禁則事項」です!)年間頑張っていく中で少しずつ自分なりにコツのようなものがつかめてきました。要するに、上司等の「レビュアー」がレビューして評価する訳ですから、そのレビュアーの評価するポイントだけに資源を集中投下し、それ以外は節約モードに入る、ということです。


「仕事が終わらない」「頑張ったのに質が低いと怒られる」等という悩みを持っている方、特に1月から働き始めて既に辛い方や4月から仕事を始める方の参考になればと思います。



2.ストーリーパート

 珍しく井上先輩と二人で残業をすることになった。


 午後8時。全館一時消灯の時間。部屋は暗闇に包まれる。


 電気をつけて仕事を続けようと、スイッチの方に歩き出したら、井上先輩が袖を引っ張って僕を止める。



さあ、怪談の時間だ。


かすかな非常灯の明かりに照らされた井上先輩は、とても怖い顔をしていた。



「か、怪談ですか?」



「そう。怪談。その人は私の同期同クラス、真面目な修習生だった。頭は特にいい訳ではなく、要領も特にいい訳でもないが、毎日遅くまで真面目に予習復習をして、中の上の成績を取っていた。」


「あ、よくいますね、そういうタイプ。同期にもいました。」


「うまく東京の弁護士一人、秘書一人のこじんまりとした事務所に就職が決まり、修習が終わった1月から勤務を始めた。でも、同期の集まりとかになかなか顔を出さない。メッセージを送っても『忙しい』としか返ってこない。これはおかしいと思っていたが、半年位してやっと会えた時『自分は弁護士に向いてなかった』と『死にたい』ばかり言っていた。」


井上先輩の顔が怖い。


「どうしちゃったんですか?ブラック事務所に入ってしまったとか?」


「ある意味ではそうだし、ある意味ではそうではない。」


「なかなか微妙な回答ですね。」


「ボス弁の先生は、器用で要領がいいタイプで、サクサク仕事を進めて細かいことにも気にされる方だった。だいたいボス弁自身が4時間位でできる仕事を、新人だから8時間位かかるだろう、と、1日の仕事としてイソ弁に振って、できた成果物を手直しして裁判所等に提出していた。」


「2対1の割合がどうか、という話はありますが、あり得そうな話ですね。」


「同期は最初の仕事でつまずいたらしい。比較的平易な訴状起案だったのだが、早く終わらせようと焦ったのか、要件事実を1つ落としてしまった。」


「このまま陳述すると、相手が欠席でも、欠席判決請求を認容してもらえない、ということですから、ミスはミスですね。」


「そのミスに対し、ボス弁から、『最近の修習生はやっぱりレベルが落ちてるのかな、あ、君は弁護士だったね。』と嫌味を言われて、かなり落ち込み、『もうミスは絶対できない』と思い込んだらしい」



「それはトラウマになりますね。」


「それで、慎重に慎重に対応するようになった。毎日遅くまで残って、調べて、考えて、疲労の限界で倒れそうになるまで検討を重ねて、成果物をボス弁に提出するようになった。」


「ボス弁から褒められるようになったんですか?」


その真逆だ。まず、仕事が遅くなった。ボス弁が当然できてると思う時期までに仕事ができていない。次に、深夜まで、そして気力と体力の限界まで作業しているから、ミスが出る。ボス弁は細かいからそういう細かいミスも含めて全部指摘して、『仕事が遅い上、質も低い」批判する。」



気が狂いそうになりますね。」


「このような負のスパイラルは、他人事ではなく、特に真面目な人程陥り易い。」


自分も真面目だから、当てはまるかも、と思わず背筋が寒くなる。


「どうすればいいのですか?」


選択と集中だ。時間と労力を投下すべきところに集中して投下し、そうでないところへの投下を最小限に抑える。 特に最初に提出したものに低い評価が返って来たトラウマがある場合、慎重になり過ぎ、時間と労力をかけるべき所を間違った「遅く質が低い」人になりやすい。」


「理屈はそうなんでしょうが、問題はどこに時間と労力をかけるべきかが分からないことなんですよ。」


これは僕の実感である。


形式面のカオの部分(目立つところ)と実質面のキモの部分(当該事案の特性に応じた重要部分)にリソースを集中投下すればいい。」


「そういいますと?」


「まず、形式面の「カオ」の部分(目立つところ)としては、固有名詞(前株後株、異体字、肩書き等)、数字、条文、敬称等が重要だ。後は「1頁目」を綺麗に整える。これだけで、よい成果物っぽく見える。」


「なんか印象を操作してる気がするのですが、それ以外は形式を整えなくてもいいんですか?」


「どうやれば少ない労力で形式的に見栄えがするのか、という観点からの優先順位付けだ。もちろん、時間の許す範囲で2頁以降も形式面を綺麗にすべきだが、レビューする人は、最初の方で固有名詞や数字等目立つミスがあると、それだけで『この資料はしっかり作られてない』という印象を持ってしまう。そういう間違った印象を持たれることを防ぐための努力だな。」



「人は見た目が9割」と言われるが、「成果物も見た目が9割」なのだろうな、と思う。



「 実質面の「キモ」は、業務の類型別の問題と事案毎の問題の2つがある。例えば契約書チェックであれば、売買契約なら売買契約等当該契約類型でよく問題となる条項(注文・支払方法、瑕疵担保等)がある。また、当該事案で「買主の資力が心配」等の事情があればそれに対応する。」


「どうやってその事案における『キモ』を判断するんですか?」


「類型別は、モノの本の記載を参考にして、後は経験をする中で蓄積していけばいい。事案毎はコミュニケーション。丁寧に事情を聞き取ればいい。その際には、その契約では何をしたいのか、その結果どこでいくらお金が動くかを基本的な手掛かりにすればいい。」


井上先輩の言葉に、先輩がいつも定時に帰れる理由を垣間みた気がした。


3.解説

 さて、1月に仕事始めた方、4月から仕事を始められる方、皆様に申し上げたいことは「仕事よりも自分の人生の方がずっと大事」ということです。気難しい上司、優秀過ぎる上司等の下にいると、その要求に応えなきゃ、応えなきゃと思って精神的に追いつめられる人が多いのですが、精神的に気が詰まる位仕事をさせられる職場は、会社か上司個人のどちらか又は双方がおかしいのです。


 とはいえ、「嫌なら辞めればいいじゃないか」と簡単に申し上げるつもりもありません。やはりできるだけ業務を効率化して、短時間で高評価をもらえる成果をあげるよう努力すべきでしょう。その方法として、これまで私が試行錯誤と失敗を繰り返した結果、現時点でやっているのが上記の「選択と集中」ということです。


 これで全てがうまく行くかは分かりません。例えばお役所の対応をやっている場合、2頁目も詳細にチェックされる可能性もあります。ただ、一般論としてどこをレビュアーが重点的に見るかということですので、その観点を取入れて効率を上げる足しにして頂ければ幸いです。


 なお、上記の内容はツイッター(@ahowota)で呟かせて頂いたが、以下のとおり有益なコメントを頂き、これを取り入れさせて頂いきました。心より感謝させて頂きたい。


まとめ

 不器用な私が経験からまとめた「私見」も多い内容ですので、法務の諸先輩方のご意見をお待ちしております。

2015-10-17 ツイッター企業法務の可能性〜新時代の企業法務の模索

[][]ツイッター企業法務の可能性〜新時代の企業法務の姿を模索する 07:23 ツイッター企業法務の可能性〜新時代の企業法務の姿を模索する - アニメキャラが行列を作る法律相談所withアホヲタ元法学部生の日常 を含むブックマーク ツイッター企業法務の可能性〜新時代の企業法務の姿を模索する - アニメキャラが行列を作る法律相談所withアホヲタ元法学部生の日常 のブックマークコメント

1.はじめに

 ツイッターは企業法務においては、これまでは、いわゆるSNS規程(名称は各社によって異なる)によっていかに従業員及び会社の公式アカウントが違法行為や会社の名誉・信用を毀損する行為を行うことを防止し、炎上を予防するかという観点から検討されてきたことが多いと言える。


 しかし、ツイッターと企業法務の関係はそれだけであろうか。ツイッターにまつわる企業法務についてSNS規程以外を若干検討してみたい。



2.反社条項との関係

事例1 契約後、先方の社長が反社会勢力の「組長」と相互フォローの関係にあり、親しげにリプライを交わしていることが発覚した。契約の反社条項に該当するか。


反社会勢力排除の社会運動が高まるにつれ、反社会勢力との関係は秘密のうちに行われるようになった。そこで、契約雛形においては「反社条項」が標準的に入っている。もっとも、契約時において反社会勢力やその関係者ではないことの表明・保証をさせるとしても、契約後、当該相手方当事者が本当に反社会勢力と関係を持ち続けていないことを確認することはそう容易ではないのが現状である。


ところが、ツイッターで公開アカウントを持っている反社会勢力関係者が少なからず存在し、万単位のフォロワーを有しているアカウントも存在すると仄聞する。すると、相手方当事者の役職員等がフォローをしていることもあり得るところである。そして、公開アカウントであれば、そのリプライの内容等を第三者が検証することができ、上記事例のような状況が生じ得る。問題は、このような状況が、反社条項に該当し、契約の解除事由になるかである。


まず、重要なことは反社条項の内容だろう。例えば、昔は、暴力団暴力団員・暴力団準構成員・暴力団関係企業・総会屋等、社会運動等標ぼうゴロまたは特殊知能暴力集団等とでないことを誓約させられることが多かったが、ここでいう「暴力団関係企業」というのは、いわゆるフロント企業であって、単に組長とツイッター上で親しく会話をする程度ではこれに該当しないだろう。


ところが、近年では、より実質的な関係を考える条項例が増えている。例えば、銀取には、以下のような定義がなされることが多い。


私または保証人は、現在、暴力団暴力団員、暴力団員でなくなった時から5年を経過しない者、暴力団準構成員、暴力団関係企業、 総会屋等、社会運動等標ぼうゴロまたは特殊知能暴力集団等、その 他これらに準ずる者(以下これらを「暴力団員等」という。)に該当しないこと、および次の各号のいずれにも該当しないことを表明 し、かつ将来にわたっても該当しないことを確約いたします。

1.暴力団員等が経営を支配していると認められる関係を有するこ と

2.暴力団員等が経営に実質的に関与していると認められる関係を有すること

3.自己、自社もしくは第三者の不正の利益を図る目的または第三者に損害を加える目的をもってするなど、不当に暴力団員等を利 用していると認められる関係を有すること

4.暴力団員等に対して資金等を提供し、または便宜を供与するな どの関与をしていると認められる関係を有すること

5.役員または経営に実質的に関与している者が暴力団員等と社会的に非難されるべき関係を有すること

http://www.zenginkyo.or.jp/fileadmin/res/news/news230602_1.pdf


基本的には1〜3号は単に組長をフォローするだけでは該当しないということになるだろう。問題は4号と5号である。


例えば、何万人というフォロワーのいる会社のアカウントが、組長のツイートリツイートすることで、当該組織の知名度向上を助けたと言える場合、「便宜を供与」として、4号該当の可能性が出て来る。

また、役員等の経営者が、組長と儀礼的以上に仲の良いリプを送り合っている場合、それが「社会的に非難されるべき関係」として、5号該当の可能性が出て来る。


一般には、ツイッター上の行為が反社条項に該当する場合はあまり多くないとは思われるものの、特にそれが会社の公式アカウントや役員等の経営者アカウントによる場合、実際の行為態様を当該反社条項の個別の規定の解釈にあてはめて判断する必要が出て来ることがあることから、社長のこれまでの会話のログを分析した上で、それを当該契約の反社条項にあてはめて検討する必要がある。


3.契約の成否

事例2 携帯電話の利用者が携帯電話会社の社長に対し「Aができるようにして下さい」とツイッター上で依頼したところ、社長から「やりましょう!」というリプが来た。


保証のような例外を除き、ほとんどの契約は不要式契約なので、理論的には口頭ですら成立し得る。そこで、ツイッター上におけるコミュニケーションだからといって契約が成立しないとは言えない。実務上、このような契約の成否の問題における要点は(1)権限の問題と(2)表示内容の解釈になるだろう。


まず、権限というのは、仮に先方の役職員が「承諾」をしたとしても、その人が権限を持っているのかである。権限を持っていなければ、無権代理表見代理の問題となる。代表取締役であれば権限の問題は少ない*1。しかし、従業員等であれば権限がない場合も十分あり得る。


次が表示内容の解釈である。ここで、企業法務実務においては、大きな傾向として、重要な契約であれば契約書という書面に押印するという慣行が見られることが多い(大島眞一「完全講義 民事裁判実務の基礎」529頁参照)*2。すると、契約書作成前の口頭や電子的なコミュニケーションは、あくまでもこのような契約書を作成したいとの意向や契約書の内容にそのような内容を盛り込みたいという意向の表明に過ぎず、正式な契約の「申込」や「承諾」ではないことが少なくない。特に、公開の場での契約合意というのは、少なくともこれまでの企業法務実務における限りにおいて、特段の事情がない限り普通は行われないだろう。仮にツイッター上で法的拘束力のある合意を行うのであれば、DM等の非公開の場で行うのではないかとも思われるところであり、ツイッターの公開アカウントでのリプライによって「申込」と「承諾」が一致し契約が成立するというのは、少なくとも企業法務実務ではあまり多くはないように思われる。


例えば、上記事例の「やりましょう」は、あくまでも、Aという内容を契約(約款)に盛り込む方向で社内調整を行いたいという意向に過ぎず、契約内容の変更合意とは解されないという場合が多いのではなかろうか。但し、今後ツイッターが企業法務実務で用いられることが増えて来れば、また新たな慣行が生まれ、上記と異なるべき解釈をすべき場合も出て来るだろう。


4.債権回収

事例3 お金がなくて払えないと言っている相手方の社長が別荘でクルーザーを乗り回している姿をツイッター上のアップした。

ツイッターから債務者の生活状況、財産等を伺うことができる。毎日高級レストランで食べている姿をアップしていれば、そのような生活をする資金がどこからか来ているということである。もちろん、直接財産のありかを示す場合は少ないが、財産調査の「端緒」となることは少なくない

上記の事例では、ツイッター上にジオタグ等で場所を表示している場合はもちろん、そうでない場合でも、他のツイッター内外の情報と結合する等の方法で別荘やクルーザーを特定し、登記・登録を元に財産を突止めることができる可能性がある*3


5.訴訟

事例4 当社製品について欠陥があって怪我をしたとして損害賠償請求をするクレーマーツイッターで、同業他社から同種事故の示談金・和解金をせしめた旨を呟いた。

 ツイッターにおける相手方当事者の呟きの内容が訴訟における主張等において参考になることがあり得る。直接当社に言及する呟きは流石に自制することが多いが、それとは直接関係のない呟きに「宝」が埋まっていることも少なくない。そしてこれらの呟きから相手方の認識や意図を推測することができることがある

上記の事例であれば、仮に怪我について診断書等が一応あっても、このような呟きから、他の会社の製品の欠陥等、当社製品と無関係の怪我ではないか*4といった推測ができ、これを1つの間接事実として主張することができる場合もあるだろう。


 なお、このように訴訟でツイッターを用いる場合には、個別ツイートを表示させ、そのURLを含めて印刷することが望ましい*5


まとめ

 これまで、企業法務ツイッターといえば、その利用をSNS規程により制限し、会社に累が及ばないようにするという発想が多かったように思われる。

 しかし、ツイッターがいわばインフラとしてコミュニケーションで広く活用される現状においては、企業法務において、SNS規程以外にも色々とツイッターは問題となってくるのではなかろうか。これが、このブログ記事を書こうと考えたきっかけである。

 もちろん、上記はあくまでも「やっつけ」で考えた「私案」に過ぎず、間違いも多いと思われるが、逆に忌憚なきご批判を頂くことで、ツイッター企業法務をより精緻なものへと深化できればと期待している

なお、もし万が一、twitterを会社のパソコンからアクセス禁止にしてる会社があるとすれば、 このようなツイッターの企業法務における重要な意義に鑑み、法務部だけでもアクセス可能にすべきであろう。(えっ、当社のパソコンでツイッターにアクセスできるか? それはもちろん「禁則事項」ですっ!)

*1:もちろん、社内規程で一定の行為は取締役会の決議等が必要とされているだろうが、「代表取締役は、株式会社の業務に関する一切の裁判上又は裁判外の行為をする権限を有」(会社法349条4項)し、こ「の権限に加えた制限は、善意の第三者に対抗することができない」(同5項)ことから、権限があると信じていれば救われることは多い

*2:もちろん、この慣行は業界や契約類型等によって異なっており、例えば、原稿の依頼について、事前に契約書が交わされることはむしろ少ないかもしれないのであり、この問題の検討は業界別や契約類型別に検討する必要がある。

*3:なお、契約の相手方が会社であり、別荘等が社長の個人財産である場合等には、債務者が誰かという問題等が別途生じ得る

*4:更には、各社に対して、当社と同様に「御社の製品のせいで怪我をした!」と言っているのではないか

*5:「インターネットホームページを裁判の証拠として提出する場合には、欄外のURLがそのホームページの特定事項として重要な記載であることは訴訟実務関係者にとって常識的」とした知財高判平成22年6月29日参照

2014-09-11 10年目記念企画〜アホヲタ法学部生の日常10夜連続更新!

[]10年目記念企画〜アホヲタ法学部生の日常10夜連続更新! 23:54 10年目記念企画〜アホヲタ法学部生の日常10夜連続更新! - アニメキャラが行列を作る法律相談所withアホヲタ元法学部生の日常 を含むブックマーク 10年目記念企画〜アホヲタ法学部生の日常10夜連続更新! - アニメキャラが行列を作る法律相談所withアホヲタ元法学部生の日常 のブックマークコメント


 もう遥か昔のような気がしますが、本ブログ*1は、2005年9月20日に始まりました。ちょうど筆者が現役の*2大学法学部4年生だった頃であり、確かその頃は、旧司法試験*3の対策に必死で取り組んでいた気がします。「そうだ、京都、行こう!」*4と、京都旅行に行ったのですが、オタクとしての当然の習慣から現地のアニメイトに行き、そこで見つけた「苺ましゅまろ」の内容と、当時まだ幹事長代理だった安倍現首相*5の日本国憲法批判が脳内でリンク(別名「妄想」)したことから、記事を書きたくなり、このブログが始まりました。


憲法前文と苺ましまろ - アニメキャラが行列を作る法律相談所withアホヲタ元法学部生の日常


 その後、筆者は、いわゆるロースクール組として*6法科大学院に通うことになり*7、ロー卒業後、司法試験にも挑戦しました(合否はもちろん、「禁則事項☆」)。


 その後もいろいろありまして、結果的には、「お給料」をもらうようになり、外資系を含むいくつかの職場を転々とした後、一応企業法務の世界に住み着いたのかなぁ、という感じで*8、この9月20日でこのブログも10年目に入ります


 この間には、Twitterを始めたり(@ahowota)、同人誌業界に参入(サークルQB被害者対策弁護団)したり、商業出版をしたり…


  と、一言では言い表せないほど色々ございました。中でも、読者の皆様と交流し、色々な啓発を受けることができたことが一番の思い出です。とかいうと、しんみりしてしまって、更新終了っぽいフラグがたちますが、このブログは、まだまだ続けるつもりですのでご安心(?)を


 10年もブログをやっていると、リアルの知り合いから、「アホヲタ法学部生の日常を読んでいる/読んでいた」*9と言われてドキっとすることも少なくない「中の人」です*10



 10年を記念して何かをしようと思ったのですが、あまりいいものも思いつかなかったところ、「そういえば、お蔵入りにしていた記事があったなぁ」ということを思い出しました。それぞれ、諸事情によりその当時「お蔵入り」という判断をしたのですが、探してみると思ったよりもたくさんあった上、もう5年以上経過して、諸事情も「時効」といってもいいでしょうから、これをうまく使えば、10夜連続更新になるじゃないか、ということでやってみたいと思います。


 ただ、あくまでも、5年以上前に一度書いて、諸事情でお蔵入りにしていた記事をほぼそのまま公開するものですので、今書いている記事とはかなり雰囲気が違いますし、そもそも、テーマにする「ネタが古い」というご批判は甘んじて受けたいと思います。むしろ、2008年くらいの「アホヲタ法学部生の日常」の雰囲気を再度感じて頂くというような趣旨でお読み頂ければ幸いです。


それでは、「お蔵出し」記事更新の始まり、はじまり〜!

*1:開設当時は「アニオタ法学部生の日常」でしたが、途中で自分が「アホ」なことを深く深く自覚して「アホヲタ」へと名前が変わります。そして、もう法学部生ではなくなったことから、「元法学部生」となります。

*2:バレバレですが、一応「禁則事項☆」ということで。

*3:その頃は「現行」と呼ばれていた気がする

*4:「行政法ガール」の主人公の「僕」ではないですが。

*5:あの後、ここまで「憲法」について法クラにおいて議論を呼ぶことを度々なさるとは、その当時は全く予想もつかなかった訳ですが

*6:こちらも、バレバレですが、「禁則事項☆」ということで。

*7:(同じ学部ではあったものの)学部の時は「25番講堂にいたな」程度の認識だった方と、ローでかなり仲良くなったりしましたね。後、学部では、ライトな「アニメファン」が多かったのが、ローでは「ガチのオタク」が増えたような印象も受けておりますですが、これは私個人の周囲における特異な状況でしょうか。

*8:とかいいながらも、将来の転職や、別分野への参入の可能性自体は閉ざしておりません

*9:過去形の場合には、「Kaffeepauseの日記」様、「インテグリティな日々」様、「兵庫の日記」様等と並べて評されることが多い。なお、「Kaffeepauseの日記」は、http://d.hatena.ne.jp/Kaffeepause/で期間限定再公開されているが、読み出すと時間を忘れます、本当。

*10:なお、「中の人」の人数や、そもそも「中の人」が実在するかどうかについては、公式見解は出しませんので、ご想像にお任せします。