Hatena::ブログ(Diary)

ROOTSY! このページをアンテナに追加 RSSフィード

2017-10-10 このエントリーを含むブックマーク

住居をマンハッタンじゃなくてブルックリンにした理由のひとつが、近所にスタジオを借りたかったからなんだけど、なかなかちょうどいいのが見つからない。おとついはグリーンポイントにある月極スタジオの内見に行った。ひとことで言って牢獄。650ドル払って入る牢獄。もしくは即身仏になるために入るあれ。完全防音だから密室っぽさはある程度は覚悟してたんだけど、牢獄感が振り切っていたのと異臭がすごすぎて即ギブでした。

いくら地価の比較的安いブルックリンとはいえ、本気で音が出せる、つまりドラムが設置できるレベルで防音がなされているバンド向け貸しスタジオは、手が出ないほど高いかガチ牢獄かのどちらかになりがちで、そんでガチ防音を条件から外すと、いちばん豊富に物件が出てくるのがいわゆるコワーキングスペースの個室タイプなんだけど、これは自習室みたいなもんでリスニングレベルですら音出したら追い出されるから候補から除外する。

もうちょっと音に寛容そうなのがアーティストワークスペースみたいな名称のやつで、これはいわゆる美大系のアーティストに対してアトリエとして個室を貸し出してるやつ。ネットカフェみたいに壁だけ仕切られてて天井はつながってるのと、完全個室のとあって、完全個室のやつはドラムは無理だけどそこそこ音出しても平気みたい。彫刻とか彫金みたいな騒音が出るタイプのアーティストも許容しているわけなので。ただ生音録るときは近隣の騒音が飛び込んでくることを覚悟しないといけない。

いちばん気になっているのは、これは物件数自体が少なくてぜんぜん空室が見つからないんだけど、ポストプロダクションスペースみたいな名称で呼ばれてるやつで、要はミュージシャンじゃなくて映像系の人が編集室として使うための貸しスペース。これはバンドレベルの音量は出せないけどリスニングレベルは当然オッケーで、窓がある物件もあったりして防音のレベルがバンドスタジオよりはやや緩く、それゆえに牢獄感がだいぶマシな感じ。サンプル写真から見るに。でも空室ないね。

きのうは晩からまたツアーに出てしまうビッグユキと近所のおしゃカフェでハング。新譜聞かせてもらったけど前作よりさらにおれ好みで最高。おれはおれでやる気をもらった。帰りにロールカーテンを買おうと思って専門店に行ったら窓ふたつで12kとか言われたのでアホかよと憤慨。ちょっと取り付けが難しい形状なんだけど、帰宅後ちくちくネットで探していけそうなやつをオーダー。ふたつで3.5k。それでも高い気するけどー。

きょうはNY州が出してくれるidカードを作りにダウンタウンブルックリンへ。ダウンタウンのわちゃわちゃした感じ嫌いじゃないけど住むにはしんどそう。そのままレッドフックのIKEAまで足を伸ばして、ソファの実物に座ってくる。思ってたのと違うやつが感触良かったので行ってよかった。けどほしいモデルの在庫がなく最終的には無駄足に。どのエリアもチャリで流していて楽しくて飽きない。おれは子供の頃から世界を把握していくのにチャリを使うのが常なのだった。そういうやりくちは変わらないんだなーと思った。

投稿したコメントは管理者が承認するまで公開されません。

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証