skoharaのロアッソ熊本ニュース このページをアンテナに追加 RSSフィード Twitter

2005 | 12 |
2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2011 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2012 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2013 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2014 | 01 | 03 |
2016 | 12 |
2017 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 |
2018 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 |

2010-04-30(金)

札幌戦、イベント

5月2日(日曜)はホーム・コンサドーレ札幌戦です。イベント等をまとめておきます。

2010-04-29(木)

バトルオブ九州初戦、vs鳥栖はドロー

J2 第9節、ロアッソ熊本はアウェイでサガン鳥栖と対戦、熊本にとってはバトルオブ九州の初戦となったこの試合、後半の長いロスタイム中に追いつかれドローとなりました。しかし、一人少なくなり非常に苦しい中、なんとか勝ち点1を死守したとも言えるのではないでしょうか。

初の九州内アウェイの今日、ベアスタには早くから熊本サポーターが大挙して押し寄せました。私は開場30分前、10時半ごろついたのですが、既にアウェイ側入り口には長い列。過去のアウェイ鳥栖戦よりはるかに長い列だったように思います。開場してすぐに熊本サポーターがアウェイゴール裏を埋め、それだけにとどまらずメイン側のアウェイよりの席も占拠していきます。以下、選手入場時のゴール裏とメインアウェイよりの席の光景です。

f:id:rosso-penya:20100429214942j:image

f:id:rosso-penya:20100429215152j:image

熊本サポーターの総数ですが、ゴール裏以外(メインとバックも少数ながら居ました)で300〜400人、ゴール裏で500〜600人ぐらいかなと思います。計1000人ぐらいいたかもしれませんね。

出足が遅かったホーム鳥栖側の観客数も伸び、結局8697人。これは今季鳥栖のホーム試合としては2番目の観客数。場所は違いますが福岡vs鳥栖九州ダービー8715人に僅かに及ばないほどの数字でした。

ゴール裏にはコバの姿も! これは盛り上がりました。

f:id:rosso-penya:20100429213019j:image

熊本の先発は前節の藤田を井畑に戻し、今季のいつもの形に。そして宇留野が完全復帰ということで、西に代わって先発です。前半は苦しい展開。鳥栖がペースを作り、熊本が耐える場面が続きます。入れられたかと思ったシーンもありましたが相手のファールでノーゴール。熊本はチャンスをあまり作れず前半終了。しかし前半を0−0で行けたのはプラン通りではないでしょうか。

後半は逆に立ち上がりから攻めに出ます。チャンスを何度か作り、後半3分には井畑が先制弾。今日の井畑は運動量もあり、相手にとっては嫌な存在だったと思います。その後も何度かチャンスはあるものの、決めるには至らず。しかし優位に試合を進めているかな、と思った後半27分。原田が2枚目のイエローで退場に。これで熊本は守って逃げ切るという狙いが明確になります。

1人少なくなるとさすがに厳しく、40分以降は攻められる場面がかなり多くなり、厳しい状態。そんな中ロスタイムは(そのときは見えていなかったのですが)6分! 結局、ロングスローから決められた同点に追いつかれます。その後も長い長いロスタイムで負けてもおかしくなかったと思いますが、なんとかしのぎきって勝ち点1は死守しました。

判定の問題などいろいろありましたが、なんとか九州アウェイ無敗伝説は守れましたし、順位も1つ落ちただけの6位、しかも3位とは勝ち点1差に過ぎません。ここは切り替えて次のホーム・札幌戦で久しぶりのホーム勝利を見せてもらいたいものです。

札幌戦は5/2(日曜)13時キックオフです。そして、その後にもバトルオブ九州、ありますね。アウェイ・福岡戦は5/5(水曜)14時キックオフです!

2010-04-28(水)

明日、鳥栖戦! 西が木島に代わる「鳥栖キラー」襲名を決意

http://www.nishinippon.co.jp/nsp/item/168334

西スポによると昨年まで鳥栖相手にゴールを決めていた木島に代わる「鳥栖キラー」襲名を決意、だそうです(^^;。「肥後メッシ」で「ニッシ」というのも書かれていますね。

昨年までの鳥栖との対戦成績は3勝2敗1分けと勝ち越し。特にアウェイ・ベアスタでは相性が良く、2勝1分けと負け無し。アウェイだけ見ると初めての九州ダービーだった2008年の初戦は追いついてのドロー、2戦目は2万人を沈黙させる勝利。そして昨年4月も木島のシュートからのオウンゴールで1−0での勝利でした。

鳥栖の強さを考えると相性はとてもよいと言えますが、昨年までは木島の活躍も大きかったことは確か。ホーム初勝利となった昨年9月の鳥栖戦では木島が相手DFを強引に振り切り決定的なアシスト。2万人アウェイの時にも相手DFがミスしたボールをそのままねじ込みました。木島がいない今年、果たしていい相性が継続できるのかはわかりません。西スポの記事のように新たな「鳥栖キラー」が現れるかどうか。

今年の鳥栖は最初で遅れたものの徐々に調子を上げ、前節は九州ダービー福岡戦にも勝って現在7位。5位の熊本勝ち点1差。3位とも勝ち点3差と一気に昇格争いに加わってきました。今シーズン、監督も替わり、選手も大幅に替わりましたが、前線で軸になる豊田韓国U-20代表・金民友、さらには昨年ジュビロ、以前は仙台にいたFW萬代などレベルが高い選手が加わっています。そういう意味でも今までの相性は当てに出来ません。

熊本にとってはバトルオブ九州初戦、勝ってフラッグを持ち帰って来て欲しいです。

J's GOAL 記事

熊本プレビューhttp://www.jsgoal.jp/news/jsgoal/00100441.html

鳥栖プレビューhttp://www.jsgoal.jp/news/jsgoal/00100442.html

ベアスタ・ピンポイント天気予報

http://weather.yahoo.co.jp/weather/jp/leisure/soccer/41/33028.html

大分戦、A席も残り少なく

http://roasso-k.com/news_view.htm?id=201004&news_id=1065

公式で残席状況が発表され、5/29 大分戦のチケットはアウェイB席が残り100〜200席、A席も残り200〜300席ということです。ホームB席はまだたくさんあるようですね。A席希望の方は前売りで購入しておきましょう。

第6期 決算報告

http://roasso-k.com/club_outline.htm

アスリートクラブ熊本株主総会が行われ、第6期決算報告、つまり2009年の経営報告がホームページに公開されました。それによると、昨期は約200万円の黒字。わずかながら債務が減っています。営業収入は昨年の5億3千万から6億1千万に。営業費用も同程度で、経営規模を6億にするという目標は達成できたようです。J1では20億、30億は当たり前ですからまだまだ少ないのは確かですが、2008年に昇格を決めたときの山形は6億2千万ですので昇格争いできる規模には近づいてきていると言えます。

収入の内訳では入場料収入が3百万のアップのみの7千5百万。これは2008年ですら割合的に少なかったので、かなり少ないと言えます。これを入場者数15万人で割ると1人平均単価は約500円。2008年も最低だった平均単価600円をさらに下回っており、招待券が多すぎたことが分かります。今年はかなり絞っているので、この数字に改善が見られるのではないかと思います。

そのほかでは広告料収入(スポンサー収入)が7千万のアップでこれが規模を大きくしたと言えます。

費用では、選手・スタッフ人件費が2億2千万で約2千万アップ。藤田加入でもっと伸びたかと思ったのですが、思ったより伸びていません。相変わらずJ2では低いレベルといえます(2008年のデータで当てはめれば15チーム中11位)。それ以外に事業費が4千万増えています。

ただ、経営全体を見れば黒字であるということは良かったと言えます。他を見ると福岡は2期連続で赤字(今季1億900万)、そのほかに栃木(5000万)・岐阜(5600万)・草津(1300万)など赤字のクラブは多く、大分は別格かもしれませんが3億2千万の赤字です。一方、より多くの利益を上げるクラブももちろんあり、J2でも徳島(2800万)、岡山(2050万)などがあります。

J2昇格を目指すなら債務超過を無くすということも一つの条件で、これを達成するためにはやはり黒字経営が必要です。一方、投資をしていかないと戦力が上がっていかないという問題もあります。やはり身の丈経営で身の丈自体を大きくしていくということが必要でしょう。

また、今日の株主総会で藏原信博氏が取締役に就任されています。藏原氏は県民運動推進本部およびACの事業本部長も務めており、昨年サポーターが行った大忘望年祭でも手伝って頂きました。内部の体制も整いつつあるように感じます。

2010-04-27(火)

バトルオブ九州のイベント

さまざまな企画が用意されているバトルオブ九州のイベントをまとめてみます。

順位予想クイズ

バトルオブ九州での各チームの順位を予想するクイズです。試合会場で投票できます。順位は九州内での順位、当たると抽選で選手サイイン入りグッズがもらえます(各クラブ5名)。なお、投票の締め切りは5月末なので、熊本の場合、ホームは5/29の大分戦でのみ投票できることになります。アウェイでは4/29の鳥栖戦、5/5の福岡戦がありますね。

バトルオブ九州フラッグ

これはチームが獲得するものですが、各試合毎に渡されるフラッグで勝てばもらえます。引き分けの場合、ホームチームが獲得です。現在のところ、福岡に勝った鳥栖が1本、北九州とホームで引き分けた大分が1本持っています。4/29の鳥栖戦はアウェイなので、勝たないとこのフラッグを持ち帰れません。

どんなフラッグか、写真が大分のマスコット「ニータン」のブログに載っています。

http://onetwoneetan.junglekouen.com/e256197.html

試合終了後にこのフラッグを持つ選手を見たいものです。

スタンプラリー

各スタジアムにあるスタンプを台紙に押すスタンプラリーです。集めた個数によって抽選で特産品がもらえます(2個以上)。各チームのホームスタジアムにつき1個となっているので、ロアッソ熊本の試合で九州アウェイ全て回ってホーム1試合でも行けば5個集められます。ホームしか行かないと熊本だけしか押せないので1個だけです。

スタンプ個数が多いほど高価商品が当たるようになっています。5個だと豊後牛ロースステーキセットなど。4個で3000円相当品ということです。

スタンプ台紙は以下よりダウンロードできますが、試合会場にもあるようです。

http://www.city.fukuoka.lg.jp/data/open/cnt/3/21092/1/stamp.pdf

なお、これは「九州Jリーグホームタウン連携会議主催」という各自治体の連携で行われるイベントです。

2010-04-26(月)

アウェイ鳥栖戦へ行こう!

バトルオブ九州の初戦、アウェイ鳥栖戦がいよいよ4/29(木曜)に行われます。ぜひアウェイに応援に行きましょう! 行ったことがない人のための案内を書いておきます。

アクセス

ベアスタ(ベストアメニティスタジアム)はJR鳥栖駅の目の前にあります。JR熊本から行くなら右手方向。電車内からも見えるのですぐわかります。車で行くなら鳥栖インターまたは久留米インターから3号線で。商工団地北入口を曲がります。駐車場は結構あり、早い時間なら停められると思います。

サガン鳥栖公式のアクセスページ

http://www.sagantosu.jp/team/access/stadium/index.html

チケット

アウェイサポーターはやはりゴール裏。アウェイサポーター席は前売り1000円、当日1500円。アウェイ席も上の方は屋根があります。また、メインスタンドのアウェイ側にも熊本サポーターが入ります。ここはレギュラー席で前売り1500円、当日2000円です。チケットはローソンなどのコンビニで買うことが出来ます。

サガン鳥栖公式のチケットページ

http://www.sagantosu.jp/information/ticket/

スタジアムグルメ

ベアスタの場合、アウェイサポーター席の出入り口のところにも売店があり、食べ物、飲み物、いろいろなものが買えます。

ベアスタはサッカー専用スタジアムで、評価も高いところです。臨場感あふれる雰囲気を楽しむことが出来ます。

ぜひ、アウェイに行きましょう!

大分戦、販売状況

一般販売が開始された水前寺での大分戦(5/29)の販売状況ですが、ローソンチケットを見るとアウェイB席とA席が「残りわずか」の表示、「チケットぴあ」ではまだどの席もある表示ですが、CNプレイガイドでもアウェイBは売り切れの状態です(残席状況は増えたりすることもあるようなのでまた買えるようになる可能性もあります)。

A席も少なくなることが予想されますので、早めに購入しておいた方がよいでしょう。

サンデースポーツにDJコバ

http://roasso-k.com/news_view.htm?id=201004&news_id=1061

5月2日(日曜)のNHKサンデースポーツにDJコバが登場するとのこと。やはりGKからスタジアムDJへというのは珍しいので注目を浴びますね。5月2日はホームのコンサドーレ札幌戦があります。これに勝ってサンデースポーツをいい気分で見たいものです。

2010-04-24(土)

柏戦、1−3で敗戦

f:id:rosso-penya:20100424172531j:image:right

J2第8節、ロアッソ熊本はホームで柏レイソルと対戦、1−3で敗戦でした。やはり柏は強かったですが、熊本も成長は見せたと思います。良い経験を積んだ試合になりました。

今日は水前寺競技場の今季初戦。スタグルメの配置も代わり、お店が広場を取り囲むようになりました。募集していたテーブルは少なかったのか配置されず。しかし人が多かったのでその方が良かったかもしれません。

今年からゴール裏がB席に分かれましたが、先にバックスタンドのA席が埋まりB席も徐々に埋まっていきました。バックスタンドホーム側は満席状態に。ゴール裏もかなり埋まり、S席も結構入って、屋根がないところに座っている人もいる状態。A席は最上段で立ち見している人がかなりいました。

結局、観客数はロアッソ熊本水前寺最高記録で5,156人。以前の記録は福岡との4,886人でそのときにはアウェイサポーターがバックスタンドもかなり占拠していたことを考えると、熊本サポーターの数はそのときよりも相当多かったはずです。空いていたのはバックスタンドのアウェイ側、S席とアウェイゴール裏の一部でしたので、大分戦ではここも全部埋まってほぼ満席になりそうです。

柏サポーターも遠いのに結構な数が来ていました。水前寺に柏バカ一代が流れたときには、いよいよだな、と気持ちが高ぶりました。

今日の熊本の先発は藤田が入り井畑が外れました。引き気味にならず、ある程度ポゼッションを得ようという意図があったのかもしれません。柏はフランサをサブに入れてきました。

試合開始から熊本は動きが固いように見えました。考えてみたらJ2参入以降、これだけ上位で戦うということは無く、しかも相手は柏。相当なプレッシャーがあったのではないでしょうか。思えば鳥栖がホームで2万人入った試合でやはりガチガチだったことがありました。こういう状況の中でも普段通りやっていくということはやはり難しく、これを乗り越えていかないと昇格というのは見えてこないと思います。

前半最初は柏もチャンスを作っては逃していたのですが、徐々にゴールに迫りはじめ、南のナイスセーブで逃れるようになります。そして26分にはCKからあわされて失点。しのいでいただけにもったいない失点でした。熊本もチャンスは無いわけではなかったのですが、固さからか最後が繋がりません。ミスパスも多かったです。

前半30分には再びCKから失点。最初は大津のゴールと発表されましたが、防ごうとして出した足が最後に当たったということなのか、記録はオウンゴール。前半1点返したかったですが、結局0−2で終了。

後半には筑城に代えて渡辺匠を投入。CBに入れて市村を上げ、3バックのような形にします。後半開始すぐ、綺麗に崩して市村がゴール前でフリーという場面もふかしてしまい決めきれず。これも普段ならせめて枠には行くのでは、というシーンでした。

後半からレイソルフランサを投入。何かとても大きく見えました。やはり格が違う選手です。早速後半16分にはゴールを上げ、0−3に。熊本は19分に西に代えて宇留野を入れます。そして後半25分には松橋がようやくゴール。熊本のチャンスも結構あっただけに、ようやく入ったか、という感じでした。

後半31分には原田拓に代えて井畑を入れ、ボランチを一枚削って攻めに出ます。井畑も見せ場は作りましたが、得点には至らず。結局1−3で敗戦でした。

試合終了時には柏の選手も座り込むほどの疲労度。両チーム、よく走ったと思います。敗戦でしたが、試合としては面白かったと思います。これほど時間が早く過ぎた試合は久しぶりでした。攻め込む場面も多く、観客席も盛り上がっていたように思います。結果が出なかったのは残念ですが、柏との対戦はアウェイもありますし、そのときには今以上の成長を見せてもらいたいです。

次の試合は早くも木曜、4月29日。ゴールデンウィークの連戦がスタートです。そして初戦は九州ダービー、じゃなかった「バトルオブ九州」。アウェイ・鳥栖戦です。私もそうですが、今季初アウェイの方も多いのではないでしょうか。とても楽しみです。今季「バトルオブ九州」初戦は絶対に落とせません。熊本から大挙してベアスタに押しかけましょう!

ダルマダルマ 2010/04/25 00:36 今日の試合、柏は確かに強かったですが、敗因はと聞かれると自滅だったように思います。
失点の場面。特に2点目の当たりでボランチがDFラインに吸収されてしまい、寄せが上手くいかず相手に思うように攻撃を許してしまいました。
失点して集中を切らしてしまう悪いクセが、久々に顔を出してしまったように感じました。

後半のも西森がサイドバックと同じ位まで下がってたので、3バックとは言い切れなかったかも…。
持たされてた感も否めません。

とは言え、後半得点のにおいがしたように逆転する力はあった筈です。
リミッターを作らず、挑戦を続けて欲しいですね。

駐輪場の位置、もっとわかりやすく書いとこうよ…orz

skoharaskohara 2010/04/25 01:30 私も同意見です。今日は自滅のような感じでした。それがプレッシャーということかもしれません。
西森は確かに左サイドバックといった感じで下がっていた場面も多かったですね。4バックと見るなら矢野が右サイドバックの位置に入り、市村を上げる意図があったと思います。監督コメントではワイドなポジションをとる選手を置くということだったので、西森はもっと上がっても良かったのかもしれません。
負けましたがやれるという部分もつかんだと思いますし、次からの試合できっと生きてくると思います。

駐輪場・・私も次回場所チェックしてみたいと思います。

2010-04-23(金)

明日、柏戦

さて明日はいよいよ首位・柏レイソルとの試合。水前寺競技場、13時キックオフです。

柏の今シーズンの成績は5勝2分けで無敗。これまで9得点で2失点しかしていません。守備は固いですが、得点は意外に少ないと言えます。ただそれは攻撃力が弱いためではなく、チャンスを作りながらなかなか決め切れていないだけで、決定力のあるフランサが復帰すれば大量得点も考えられます。

フランサがいない間に多くの得点に絡んだのがレアンドロ・ドミンゲス。彼が明日も攻撃の軸になるのは間違いありません。キック力、得点力もある選手ですが、一番怖いのは決定的なパスを出せる力。彼を中盤でフリーにするとDFラインがパスで切り裂かれてしまうでしょう。やや下がり目でもフリーにさせると怖い選手です。レアンドロ・ドミンゲスにいかにプレッシャーをかけ続けられるかが試合のポイントです。

もちろん、外国人選手だけではなく日本人も強力です。ペルーで大活躍した澤、昨年J1でも6得点の大津祐樹、前節もゴールを上げた工藤、それに北嶋秀朗もいます。守備陣では右サイドバック小林祐三も注目です。そしてもちろんGK菅野ですね。

熊本は今シーズン見せてきた早い切り替えを試合の最後まで持続しなければなりません。やはり最後まで走りきることが出来るかどうか、運動量が決め手となりそうです。しっかり走ってレアンドロなどパスの出し手にプレスを掛け、そこからカウンターを狙う展開になるでしょう。苦しい時間が続くことが予想されますが、必ずチャンスはあるはずです。そこを決められるかどうかでしょう。

熊本は今シーズン終盤に失点していませんが柏は終盤で得点として試合をものにしてきています。最後の最後まで分からない試合になると思います。熊本にとっては今シーズンの一つの山場になるのは間違いありません。J2全体としても最も注目される試合でしょう。とにかく楽しみです。

2010-04-21(水)

ロアッソカップ、熊本県ビーチサッカー大会を開催

http://www.j-league.or.jp/release/000/00003465.html

Jリーグ公式サイトによると「ロアッソカップ」として熊本県ビーチサッカー大会を開催するとのこと。9月5日、10月3日、11月7日に御立岬公園ビーチで開催されます。これはJリーグの地域スポーツ振興活動の支援の一つです。

柏戦、チケット売れ行き好調か

http://www.j-league.or.jp/ticket/situation_j2.html

Jリーグ公式サイトによると24日の柏戦のチケットは30-50%販売のマス2つが埋まっている状態です。水前寺とはいえ、これは売れ行き好調と考えていいのではないでしょうか。天気予報も今のところ良さそうですし、早めに前売りでチケットを買われることをおすすめします。

公式ではチケット種別の残席情報が初めて発表されました。全部まだ残席有りなのですが、こういう情報を出すということはやはり結構売れているということでしょう。今後も追加して情報が出されることになると思います。

http://roasso-k.com/news_view.htm?id=201004&news_id=1048

また、売れ行き好調と言えば5/29の大分戦。「売れてます!」というタイトルで公式ブログでも紹介がありましたが、一般販売前にアスリートクラブ熊本の事務所で販売されている先行販売がやはり好調なようです。

http://roasso-k.com/blog.htm

大分戦は一般チケット販売が24日(土曜)から。24日になると大分サポーターが一斉に購入することが予想されます。まずアウェイBが売り切れて次はA席になると思います。なので、その前に購入されておかれることをおすすめします。24日(土曜)での柏戦会場でも購入可能ですが可能ならその前にアスリートクラブ熊本の事務所(健軍自衛隊そば、サンロードシティ熊本内)で買われるのが確実です。

2010-04-20(火)

ラジオでロアッソ熊本非公式ソング

RKKラジオ「まみと二郎のウタメッ!」でロアッソ熊本非公式ソングを作っていました。「リスナーからのメッセージを基にしてオリジナルの曲をつくる」という番組だそうです。正直2008年版は知らなかった。

http://podcast.rkk.jp/utame/2010/04/20104192010-b65.html

柏との戦い

http://roasso-k.com/news_view.htm?id=201004&news_id=1044

ついに今週末4/24、柏レイソルとの試合が行われます。13時キックオフ、11時開場(シーズンシート先行入場10:30)、水前寺競技場です。駐車場はありませんので公共交通機関をお使い下さい(rosso-penyaの水前寺競技場のページ参照)。

ロアッソ熊本は柏とは様々な縁があり、この対決をKyuリーグ時代から待ち望んでいた人もいるかと思います。それが実現することになったわけですが、まさか3位として首位柏レイソルに挑むことになるとは・・。

柏と言えばやはり池谷GM。もともと柏の前身、日立製作所の選手であり、そのまま柏のコーチとなりついには2004年にレイソルの監督に就任。しかし、結果は出ず途中解任に。

この年の末、熊本Jリーグをという動きからロッソ熊本初代監督になり、選手集めからのチーム作りを行うことになるわけですが、やはり柏を見返したいという思いは強かったようです。

そして、今年になり、南が加入。柏との試合の意味がまた一つ大きなものになりました。南は柏レイソル守護神として長年活躍。「柏の子供は雄太の背中を見て育つ」とまで言われた柏の象徴ですが、菅野が加入後はサブに回ることが多くなり、昨年末に戦力外に。サポーターへの説明で柏フロントは南が出場機会を求めてのものという説明を行い、これに南が反論するなどということもありました。レイソル退団時には元レイソル岡山一成も南を「レイソルを支えた漢」としてブログを書いています。南が柏を退団するというのはそれほどインパクトが強いものでした。

前回の試合後、南は「柏に勝つぞ!」とサポーターに吠えています。

http://www.youtube.com/watch?v=PVqWcErcSTI

この試合を3位として迎えることが出来たのは南の力も大きかったことは間違いありません。

そして柏はまだ無敗。これほどの縁のある戦いを上位決戦で迎えるというのはなかなかあることではないでしょう。さまざまな意味で両サポーター以外にも注目される一戦です。

フランサ、万全まで2週間

http://blogola.jp/?p=2014

エルゴラ web版によると柏のフランサが筑波大との練習試合に復帰。熊本戦での復帰の可能性もありますが、「90分出るのは難しいかもしれない。万全にはあと2週間くらいかな」とのこと。しかしサブには入ってくる可能性はありますね。J2では反則級と言ってもいいフランサが出てくるかどうか、気になります。

ηiκеηiκе 2010/04/21 12:26 こんにちわ(^o^)/
お久し振りです。

フランサ!水前寺のピッチに立って欲しいですo(^-^)o

今季の楽しみのひとつに
生フランサが観れるだったのですが
ケガで戦線離脱の報を聞いた時は…柏まで行かなきゃ観れないか(泣)と落ち込んだのですが…
よくぞ!回復してくれたと思ってます。


今季J2最強のFWフランサを
福王、矢野、市村、筑城、のDF陣とボランチ!原田、吉井がどう!抑え込むか!
期待感!胸一杯でワク×2してますo(^-^)o

柏戦は…ロアッソにとって大いなるターニングポイントとなるでしょうね(^_^)v

結果を畏れず
強い意志で!熱く!戦って!
かちてんさんを掴んで欲しいです(^_^)v

skoharaskohara 2010/04/21 13:03 フランサ、おそらく途中出場してきそうですね。それにレアンドロ・ドミンゲスもすごいですし、今季の守備力が試される試合にもなりそうです。土曜が待ちきれませんね。

2010-04-18(日)

横浜FCに勝利、3位浮上!

J2 第7節、ロアッソ熊本はアウェイで横浜FCと対戦、2−1で勝利し、これで昇格圏内の3位に浮上です! 今日はプチスタで見ていましたが、厳しかっただっただけに嬉しさ爆発の試合となりました。

今日の先発、熊日予想ではコンディション不良とあった吉井も無事先発で前節と同じ。サブに負傷から復帰した宇留野が入りました。試合開始直後にいきなりロングボールから松橋がチャンスを迎えますが、決めきれず。その後も熊本の攻勢が続きましたが、次第に横浜FCもペースを取り戻し、大黒中心に鋭い攻めが続きます。結局0−0、シュート数同数で前半終了。

後半はまず横浜FCが攻勢。熊本はカウンターでチャンスを伺う展開に。これは厳しいかな、と思った11分でした。井畑の粘りからボールを奪いますが追いつけず、チャンスならずかと思ったそのとき、後ろから松橋がボールを奪い、猛然と駆け上がります。そのスピードは流石でした。クロスを入れたとき中にいたのは西! 直接打たずに出てきた相手GKをかわしてのシュート! 見事に先制します。

後半18分には横浜FC・岸野監督が動き、2枚替え。サーレスが下がって楽になったかなと思ったのですが、代わった西田に決められます。筑城、福王がついてはいたので、もったいない失点でしたが相手もうまかったです。

同点とされる厳しい展開でしたが、後半23分、ペナルティエリア横でFKを得ます。蹴るのは原田拓。速いボールが入り、これをクリアしようとしたシルビーニョのヘッドがゴールに入ってしまいます。まさかのオウンゴールロアッソ熊本勝ち越します!

熊本は藤田を投入。逃げ切り体制に入りますが、後半28分に不可解な判定でPKを取られてしまいます。何が取られたのかよく分からない状態で市村にイエロー。プチスタでも「意味分からん!」という子どもの声が聞こえました。ところが、これを大黒がバーの上に外してしまいます! これにはプチスタもすごい盛り上がりでした。

後半34分には西森に代えて宇留野、そして41分には吉井に代えて渡辺匠を投入。このあたりは横浜FCの攻めも鋭く、本当に時間が長く感じました。南を中心にロスタイムの4分もなんとか耐えしのぎ見事な勝利! これで3位浮上です!

苦しい試合をものにしての勝利は本当に熊本は強くなったんだな、ということを実感しました。

最高人数を記録したらしいプチスタも最高の盛り上がりでした。

次の試合、ホーム柏戦は因縁の深い相手、今日も勝って無敗の首位でもあります。こちらも3位として挑む訳ですから相手も油断は無いでしょう。4/24(土曜)の水前寺熊本にとってはクラブの歴史に刻まれる一戦になるでしょう。13時キックオフです。

追記:日刊スポーツでは高木監督は「まだギリギリで勝っているだけ。本当に強くなるのはこれから」ということを語っていますね。

http://www.nikkansports.com/soccer/news/f-sc-tp0-20100418-619792.html

J's GOALの監督コメント:http://www.jsgoal.jp/news/jsgoal/00099971.html

J's GOALの選手コメント:http://www.jsgoal.jp/news/jsgoal/00099978.html

ヒロヒロ 2010/04/18 21:49 昇格したらどうしよう。資金力が・・・

skoharaskohara 2010/04/18 21:59 昇格圏内とはいえ第7節ですしまだ心配は早いとは思いますが、そういうことを考えさせるほどチームが強くなってますね。クラブも体制を整えるいいきっかけになると思います。クラブ側でもいろいろ動きが出てくる年になるかもしれませんね。

2010-04-17(土)

明日、アウェイ・横浜FC戦

明日はアウェイで横浜FC戦、16時キックオフです。

横浜FCといえば以前に高木監督がJ1に昇格させたチーム。現在は9位。今年から岸野監督に代わり、鳥栖の選手も数人移籍。さらに大黒まで獲得し、昨年とは別のチームになっています。3連勝と好調なスタートを切りましたが、徳島富山千葉に3連敗。前節は千葉に0−4と大敗しました。しかし、昇格を狙う地力あるチームなのは間違いありません。

ロアッソ熊本の過去の横浜FCとの対戦成績はそれほど悪くありません。昨年は2節で初勝利を上げた相手。その後も2分けと負けていませんが、終了間際に追いつかれたり、天皇杯での敗戦など何かうまくいかないイメージもあります。そのイメージを今年は払って欲しいものです。

今日は徳島が引き分けたので勝てば確実に順位1つは上がります。連敗しないということも大事です。明日、どんな試合を見せてくれるか楽しみです。プチスタも明日もちろんあります。

http://www.kobai.jp/mushagaeshi/700/710/

2010-04-16(金)

選手会、チャリティーオークション開催

http://roasso-k.com/news_view.htm?id=201004&news_id=1040

ロアッソ熊本選手会チャリティーオークションを開催するようにしたそうです。ホームでの試合前に選手が私物を紹介、それをいくらで買うか、希望金額を書いてホーム試合で応募箱に入れます。最高額の人がそれを落札、その資金は寄付等に使われるそうです。

最初の選手は宇留野が出品。次のホーム、4/24 柏戦です。

また、宇留野、原田拓、南の3選手が小中高生と保護者のペアを5組招待する 「URU11シート」「原拓シート」「18シート」が開始! ピッチでの記念写真などの特典もあります。往復はがきで応募です。

http://roasso-k.com/news_view.htm?id=201004&news_id=1041

今年は選手会はじめ、選手主体の動きが結構出ていますね。

サッカースクール八代校、開始

http://kumanichi.com/roasso/kiji/201004/20100415002.html

ロアッソ熊本サッカースクールが県南地区以外では初めて八代でスタート。全県的な盛り上がりを起こしていくためにはこういう動きがかかせませんね。日本製紙八代工場のグランドで行っているそうで、まだ参加出来るようです。

FC岐阜、Jからの融資返済

http://mainichi.jp/enta/sports/soccer/news/20100417k0000m050077000c.html

FC岐阜Jリーグ公式試合安定開催基金から借りていた5000万円を全額返済したとのこと。本来は昨年末の返済予定でしたが、それが今年7月まで伸びていました。しかし、胸スポンサーもつきましたし、前倒しできたということで、経営状態は良くなっているようですね。

2010-04-14(水)

スポーツGOMI拾いでロアッソ熊本優勝

http://kumanichi.com/news/local/main/20100413008.shtml

スポーツ感覚でのゴミ拾い「スポーツGOMI拾いecolf杯熊本大会」が行われ、ロアッソ熊本が優勝したそうです。なかなか面白いエコ企画ですね。

ヴォルカ鹿児島、2011年にJ準加盟へ手続き開始

http://www.volca-kagoshima.jp/index1.html

最近、隣県・鹿児島の動きがいろいろ出てきました。今日はヴォルカ鹿児島がJ準加盟に向けて手続きを開始したというニュースです。現在Kyuリーグで昨年は惜しくもJFL入りを逃したヴォルカ。サッカー協会や自治体などと資格要件を整え、Jリーグ準加盟を来年に申請・取得する方向のようです。仮に今年、地域決勝を勝ち抜きJFL入りがかなえば、2012年にも鹿児島にJ誕生の可能性が出てきます。

なお、鹿児島には他にも動きがあり、昨日のニュースでJリーグ入りを目指すチームとして「FC KAGOSHIMA」が発足したというものがありました。現在県リーグ1部、大隅NIFSが今年からOASYS鹿児島に移管し、4年後のJFL昇格を目指すというもの。

http://mainichi.jp/area/kagoshima/news/20100413ddlk46050772000c.html

いろいろな動きが出てきており、相乗効果を生めば鹿児島でのJ誕生もそれほど遠くないかもしれません。

2010-04-13(火)

Foot!に高木監督出演

http://roasso-k.com/news_view.htm?id=201004&news_id=1036

CSやケーブルTVなどのチャンネル「J Sports」のサッカー番組「Foot!」に高木監督が出演するとのこと。初回放送は4/16の深夜24時です。スカパーはもちろん熊本のケーブルTV「JCN熊本」でも見ることが出来ます。

甲府戦の観客数

改めて甲府戦の観客数を振り返っておくと6350人。これは特に動員をしていないと考えるとかなり多かったと思います。一部掲示板には、当日試合開始直前に来てA席、B席のチケットがなかったとの書き込みがありましたが公式でもお詫びが出ました。

http://roasso-k.com/news_view.htm?id=201004&news_id=1038

用意していたチケットが無くなってしまうほど、予想以上の人出があったということでしょう。

もちろん、今年の開幕戦や昨年の2万人近く入った試合など、これ以上の観客数があった試合は何試合もあります。しかし、動員をかけた試合と九州ダービーを除けば、6350人という数はトップではないかと思います。2008年でこれを上回るのは1万5千と2万の動員試合のみ。2009年では開幕戦・最終戦、1万9千の動員試合、鳥栖戦・福岡戦・横浜FC戦ぐらいです。つまり有料入場者という観点からいけば、相当な数字が出たはずです。

もちろん、今回の観客数は最近の好調を受けてのものがあったと思います。最近はロアッソの話なんて今までしなかった人から「好調だね」と声をかけられるサポーターも増えたのではないでしょうか。関心が高まったのはいいことですが、今回増えた観客は「結果」にひかれて来た人が多かったでしょうから、それが出なかったのはいい試合だっただけにもったいなかったです。そういう人たちが次回来てくれるかどうか・・。次回は水前寺ですし、動員数の単純比較は出来ませんが今回の動員の勢いが続いてもらいたいです。

hope_8841hope_8841 2010/04/13 23:53 結果が一番とは思いますが、
甲府戦のように1点差で最後まで戦う姿勢を見せていれば、
少しづつではありますが必ずファンは増えていくと思います。
今の最後の15分走りぬく姿勢は、今後監督が変わったとしても
忘れないで欲しいですね。

skoharaskohara 2010/04/14 00:47 今回の試合、特に後半はいい内容でしたね。戦う姿勢も出ていたと思いますし、それが伝わって欲しいです。次回ホームは柏戦ですし、水前寺ですが、一杯入ってもらいたいです。

2010-04-11(日)

甲府戦、0−1で敗戦

J2 第6節、ロアッソ熊本はホームKKWINGヴァンフォーレ甲府と対戦、0−1で敗れました。惜しい試合だったと思います。この結果、順位は5位となっています。

今日の熊本、最高気温は25度近く、暑い一日でした。スタジアムではTシャツ1枚で充分でした。好成績のためか、観客も多く6350人。A席はかなりの混雑でした。

今日の先発は前節と同じ、サブには九州CLで好調だった平木も入りました。前半もそれほど悪くなかったと思いますが、29分に失点。マークも甘くなりましたがダイレクトボレーは素晴らしかったです。後半もなかなか流れをつかめない中、11分に井畑に代えて藤田を投入。早い段階での藤田投入は今季初めてで、負けている中攻めに出ます。流れはつかみますが、最後で精度を欠き、決まりません。

後半28分には筑城に代えて平木が初登場。ただ九州CLのときよりは活躍できず。後半36分には原田拓に代えて渡辺匠を投入しますが、結局チャンスは作りながらも最後まで一点は奪えませんでした。残念ながら今季初の敗戦です。

とはいえ、内容は良かったと思います。甲府相手にここまで攻めることができるようになったというのは成長を感じました。今日は相手GKも当たっていたと思いますし、やはり相性の悪さもあったと思います。切り替えて次に備えてほしいです。

次節は4/18(日曜)、アウェイで横浜FC戦です。強豪ですが連敗は避けてもらいたいですね。16時キックオフです。

ダルマダルマ 2010/04/12 01:41 お疲れ様でした。
前半ロングボールでのボールロスが多かったのと、コミュニケーションがいつもより少なく、プレスが甘くなったのが痛かったですね。
前半に後半のサッカーをやっとくべきだったですね。
甲府は去年までの433に戻しており、パス回しし始めるとやはりとまらないですね。
後半藤田さんが入ってからは素晴らしかったのですが…。
ネットでは叩かれてる様ですが、松橋が随分合ってきた感じがします。
藤田さんからのスルーパスから決定的な場面も作ってましたし。
この2人のコンビネーションはもう少し長くみたいです。
毎回言ってますが、井畑の控えが…。

まあこれで今までのサッカーが間違ってたとはならないので、また今日の課題を克服して次に繋げてほしいものです。

スタグルは3戦目ですが全然回り切れません(笑)
初戦で食べた豚丼がトップかな?馬ドラスカレーも美味しかったけど…。

JFLでキジが2ゴール!!多聞も決めてますし、頑張ってますね。

skoharaskohara 2010/04/12 01:58 甲府のパス回しはさすがでしたね。これから浮上してきそうです。
藤田・松橋も見せ場は作りました。後はフィニッシュです。

JFL、町田ゼルビアが首位になってますね。多聞も木島ももう3ゴール目ですか。さすがですね。

2010-04-10(土)

明日、ホーム甲府戦

明日はいよいよホーム KKWINGでの甲府戦、13時キックオフです。

開場は一般入場11時、シーズンシートの優先入場が10時半となります。

ヴァンフォーレ甲府は昨年は惜しくも昇格を逃し4位。そのときの最終戦が14位だった熊本でした。現在の甲府は1勝1分3敗で14位。スタートダッシュには失敗した感じですが、地力があることは間違いありません。今年補強した選手も強力でパウリーニョは2005年にJ2で22ゴールで得点王、2007年にも24ゴールで京都をJ1に昇格させた立役者。昨年鳥栖で15ゴールのハーフナーマイクも加わりました。そして昨年19ゴールのマラニョンもそのままいますし、どう見ても強力な攻撃陣です。ただ、今年はまだ3得点とあまり機能しているとは言い難い状態です。

熊本にとって甲府は苦手チームの一つといえるでしょう。昨年は3戦全敗。通算で1勝5敗と最初の対戦以来、勝っていません。熊本がホームで負けた試合は昨年10/18の福岡戦以来無いのですが、以降の(昨年・今年含めた)12試合で負けたのは唯一、甲府との試合です。なかなか勝つことができない甲府相手に今のチームがどこまでやれるか。力を試すには最高の相手と言えます。

甲府としても現在14位という状況では負けられない試合です。熊本が勝てば開幕6試合負け無しでこれは本当にすごいことです。昇格候補の甲府か、勢いに乗るの熊本か、J2全体から見ても大注目の一戦と言えるでしょう。

2010-04-09(金)

県のサイトに高木監督の記事

http://www.kininaru-k.jp/2010/sapura/10040801.html

熊本県の広報サイト「気になる!くまもと」に高木監督の記事が掲載されています。

「くまもとサプラ偉人」というコーナー。「自分はマジシャンではない。主役は選手たち」という見出しがついていますね。

2010-04-08(木)

ロアッソメール配信

前回のスタジアムで募集していたロアッソ熊本メールサポーター。その初となるメールが今日、配信されました。内容は4/11甲府戦の告知、イベント紹介など。カードフェスタの紹介もあったのですが、今回はシークレットカードとしてあのOBのカードがあるようですね。

募集時は4/11のホーム甲府戦でもまた行われます。ブースで登録するか、マッチデイのQRコードを読み取ってください。

明日、NHK熊本で「快進撃!走り続けろ新生ロアッソ」

http://www.nhk.or.jp/kumamoto/program/b-det0000.html

http://roasso-k.com/news_view.htm?id=201004&news_id=1031

明日、4/9(金曜)NHK熊本 午後7:30〜7:55の番組「くまもとの風」でロアッソ熊本の特集があります。開幕戦の分析やNHK解説者の山野孝義氏の高木監督へのインタビュー、DJコバの話などがあるようです。

再放送は4/10(土曜) 午前10:30〜11:13です。

2010-04-07(水)

4/11、甲府戦でカードフェスタ

http://roasso-k.com/news_view.htm?id=201004&news_id=1030

前回ホーム時にも告知がありましたが、4月11日の甲府戦ではカードフェスタが開催、2010ロアッソ熊本トレーディングカードが発売されます。カードの種類は37種、1パック3枚入りで200円です。今回も3パック買うとスピードクジが引けます。最大30パックまでということです。

また、ファンクラブ会員限定イベントとしてピッチ内アップ入場時に選手とハイタッチ、集合写真撮影が出来るイベントが行われます。これは総合案内所で先着200名が抽選くじを引き、30組60名が参加出来ます。

それから5/29の大分戦のチケットが先行販売されます。この試合のチケットは早めに買っておいた方がいいと思います。なぜなら、大分から多数のサポーターの来場が予想され、初の満席という可能性があるからです。水前寺ということで席自体少ないですし、シーズンシート、スポンサーシート分もあるわけですから、特にA席は大分サポーター多数が購入する可能性があり、初の売り切れもあり得ます。確実に見たい方はこの4/11に買っておくのがおすすめです。

そのほか、新日本プロレス後藤洋央紀選手の始球式や菊陽武蔵剣豪太鼓の演奏など、イベント盛りだくさんです。ぜひ、KKWINGへ。

2010-04-06(火)

大分戦は水前寺競技場に

http://roasso-k.com/news_view.htm?id=201004&news_id=1028

5/29(土曜)に行われるホーム大分トリニータ戦は水前寺競技場での開催が決まりました。キックオフは15:30です。

未定だったため県外開催もあり得るかと思われましたが、水前寺に決まって良かったです。大分からは過去最高数のアウェイサポーターが来ると思われますので、当日は大混雑が予想されますね。

これで次のホーム、4/11甲府戦のKKWINGの後、水前寺競技場が6連戦となりました。その後のKKWINGは8/1のザスパ戦になりますので、しばらく無いKKWINGを4/11は楽しみましょう。

追記:

この5/29の大分戦はRKKで中継されるようです。

http://www.j-league.or.jp/data/2/?league=j2&genre=schedule

九州Jリーグホームタウン連携会議が発足

http://kumanichi.com/news/local/main/20100406006.shtml

http://www.nishinippon.co.jp/nnp/item/163641

九州Jリーググラブの各ホームの自治体が連携して盛り上げようという「九州Jリーグホームタウン連携会議」が今日発足したとのこと。相性は九州JHT。九州ダービー改め「バトルオブ九州」でのスタンプラリーなどを行うそうです。

昨年もスタンプラリーはありましたが、クラブ主体でもらえるのもクラブのグッズでした。今年は自治体が主体となり、各地の特産品が抽選で当たるということで、これは嬉しいですね。試合も多いですし、熊本以外の試合も行ってみたくなります。各スタジアムには九州JHTのブースも作られるということで楽しみです。

九州Jリーグホームタウン連携会議 公式ページ(鳥栖市ホームページ内)

http://www.city.tosu.lg.jp/contents/sagan/kyusyujht.htm

トリサポトリサポ 2010/04/07 21:08 大分さぽですが水前寺は止めて欲しかったですね
多分当日駐車場トラブルと水前寺周辺大渋滞起こす可能性大ですし
告知時期が早めに分かれば
サポ有志でJR九州と交渉して臨時列車出してもらうなり
色々と手はあったんですけどね…
とりあえずACさんの方でスムーズな運営ができることを
願っております

skoharaskohara 2010/04/07 21:55 KKWINGは改修中でこの時期使えず、水前寺も総体の関係でどうかという問題だったのだと思いますが、結局、水前寺は使えるということになりました。
なお、水前寺競技場に駐車場はありません。周辺にも有料駐車場はわずかです。当日は車で競技場周辺に来られても駐車は出来ないと思ってもらった方がいいと思います(市街地などやや離れた場所であれば停めて市電で来るということは可能だと思いますが)。もしかしたら何かシャトルバスなどの対策があるかもしれません。今期初めの意見交換会でも水前寺でのシャトルバスを要望しておきましたが、どうなるかはわかりません。

2010-04-05(月)

西日本スポーツに福王の記事

http://www.nishinippon.co.jp/nsp/item/163145

60メートル決勝弾ということで西日本スポーツに福王の記事が出ています。

能の福王流宗家の三男ということで、詳しく載っていますね。父は紫綬褒章の福王茂十郎氏、サッカーをやりたい福王は「プロになれば許す」と言われたそうで、Kyuリーグロッソ熊本に来たときにはやはり必死な思いだったのでしょう。そこからチームをJ2まで引き上げ、あのスーパーゴールを決め、昇格戦線をかき回す存在にまでなっているというのはすごいことです。

2010-04-04(日)

九州チャレンジャーズリーグ アウェイ・福岡戦

f:id:rosso-penya:20100405000504j:image:right

今年もサブのメンバーの試合の場として行われる九州チャレンジャーズリーグ(CL)、ロアッソ熊本は初戦をアウェイで福岡と戦いました。場所は雁ノ巣レクリエーションセンターの球技場熊本からも多数のサポーターが観戦に来ていました。

今日の先発はGKが木下、センターバックチョソンジンと山下、左サイドバックに笹垣、右サイドバックに松岡、ボランチ加藤健太と渡辺匠、中盤左サイドに大迫、右サイドに山内、FWにはターレスと藤田が入りました。ターレスがワントップ気味です。

前半は攻撃もしていましたがやや押され気味。27分には木下がボールを持つ相手選手を倒してPKを取られますが、これは木下が自ら止めます。しかし、35分には裏へボールを通され、これがオフサイドではないという判定で失点。その直後の37分にはCKからの流れで失点。ややセットプレイの守備が甘くピンチが多かったです。

後半には大迫に代え平木、ターレスに代え岡村を投入。今日の平木はキレがありました。後半一分には平木のスルーパスからチャンスを作り最後は山内がシュートを打つもヒットせず。後半5分には山内が右サイドからシュート、これがCKになり、平木のCKからの流れで藤田が中央で豪快に蹴りこみます。これで1−2。

後半11分には山内が一人で相手DFを抜いていき最後はペナルティエリア内で倒されますが、PKにならず。後半17分には平木のスルーパスを左で受けた笹垣からのクロスを岡村があわせますが、枠の外。これは綺麗な崩しでした。この直後に藤田がファビオと交代します。

後半27分にはボールを受けた平木がヒール気味のパスを見せ、相手を崩して最後は岡村。しかし、GKに止められCK。そのCKにも岡村が合わせますが枠の外。後半29分には渡辺匠に代わって、交代したはずの大迫が再び登場。これも九州CLではありということなのでしょう。

この間何回かピンチがあり、木下の好守備もありしのいでいましたが35分には木下が抜け出してきた相手選手をペナルティエリアの外で倒し、レッドで退場に。ただ、これも九州CLということで、一人少なくはならず、三浦天悟が代わりに入りました。40分には相手シュートを天悟がナイスセーブする場面もありました。

試合はそのまま終了し、1−2で九州CL初戦は敗戦となってしまいました。攻撃面では見せ場を作るも、守備がやや不安定といった感じでした。ただ、センターバック山下は声も出ており、自信を持ったプレイをしていたように思いました。目立ったのはやはり平木、そしてさすがの山内といっったところでしょうか。

九州CL次戦以降の日程は未定ですが、行ければまた見に行きたいと思います。

J2 第5節終わって、熊本は3位!

http://www.jsgoal.jp/ranking/j2.html

J2 第5節、横浜FC富山に1−2で敗戦、これによりロアッソ熊本は第5節終わって3位と昇格圏内に入りました! もちろんこれは過去最高位です。また水戸が柏に敗れたため、無敗は熊本と首位の柏だけになりました。

そのほかの試合では次節の対戦相手・甲府鳥栖に0−2で敗戦。岐阜札幌にホームで3−0で勝利。これは盛り上がったでしょう。北九州千葉にホームで0−3で敗戦。栃木がアウェイで岡山に2−1で勝利しています。

2010-04-03(土)

草津に勝利! 開幕5試合負け無し

J2第5節、ロアッソ熊本はアウェイでザスパ草津と対戦、2−1で勝利し、これで開幕5試合負け無し。順位も暫定2位、今節終了時で最低でも4位となりました! プチスタで見ていましたがすごい盛り上がりでした。

今日のスタメンは負傷の宇留野に代え西森が先発。サブには新外国人選手のターレスも入りました。

前半、ある程度ボール支配していながら18分にボールを後ろにそらした場面から失点。嫌な雰囲気が漂います。その後もボールは支配すれどなかなか崩せず。しかし、草津もやや引き気味になり、熊本の支配度が増すに連れチャンスも生まれます。決定機の井畑のシュートはGKにナイスセーブされますが、西が決定機を作った直後のCK。西森が蹴ったボールに矢野が合わせ同点に追いつきます! 矢野は今日でJ100試合出場。それを自らのゴールで祝いました。

後半になっても流れは変わらず熊本がゲームを支配。そして後半6分にハーフライン手前の自陣から福王が大きく蹴りこみます。これが風にも乗ってそのままゴールへ! GKの位置を確認していた福王の超ロングゴールで勝ち越します!

草津もラフィーニャを投入し、流れをつかみます。熊本の危ない場面も多かったですが、なんとかしのぎきり、最後は山下まで投入して勝利! これで引き分けの福岡を抜き、熊本が暫定2位に躍り出ました!

今日はややミスも多く、支配しながら崩せない場面もあったりで厳しい試合でした。こういう試合を勝てたのは大きいと思います。未だ無敗で次節はホーム甲府戦。KKWING、13時キックオフです。

たるおたるお 2010/04/04 23:48 ロアッソ 怖いくらい調子が良いですね。サンフレッチェとともに応援しています。今月末の柏戦は面白そうです。フランサは必見ですよ。

skoharaskohara 2010/04/05 00:45 柏戦はいろいろな因縁もありますし面白くなりそうですね! 水前寺に入りきれないぐらい観客も集まって欲しいです。

2010-04-02(金)

石井は藤枝MYFCへ

http://myfc.jp/owner/modules/d3blog/details.php?bid=583

昨年で退団した石井俊也ですが、東海リーグの藤枝MYFC(リーグ登録名:shizuoka.藤枝MYFC)への移籍が決まったようです。上のページの登録メンバーに背番号7で掲載されています。

藤枝MYFC静岡FCとの合併を行い、今季より東海リーグに参入したチーム。ネットで会員を募集し、その意見を元に運営するチームで意欲的に元Jリーガーを補強しています。ゴン中山獲得を表明したりと何かと話題が多いチームです。石井は藤枝出身ですので地元のチームに戻ってきたことになりますね。このチームでは中心的存在になると思いますし、是非活躍してもらいたいです。

明日、アウェイ・ザスパ草津戦

明日はアウェイでザスパ草津戦、午後1時キックオフです。

草津は開幕から4連敗中。ただ、その相手は徳島愛媛横浜FCジェフ千葉と強豪が多く、また前節の千葉戦では後半37分までリードを奪うなど、充分力は持っていると思います。全Sつは新加入の戸田ボランチに上がり、廣山とのホットラインで点を奪いました。ホームで今季初勝利を上げようとの意気込みは強いと思いますし、攻撃的に来るのではないでしょうか。

熊本は宇留野が負傷で全治10日。中盤の先発がやや代わりそうですし、必然的に全体の枠も一つ空きます。ブラジル人も入ったことですしベンチにどういうメンバーを入れてくるのかも楽しみです。

熊本は今まで全試合一点差以内。明日も接戦になることが予想されます。厳しい時間帯もあるでしょうが、それを耐えて勝ち点3を持って帰ってきて欲しいです。

2010-04-01(木)

ブラジル人、2名加入決定!

http://roasso-k.com/news_view.htm?id=201004&news_id=1023

今日発表があると、本当だろうかと思わず思ってしまいましたが(^^;、ブラジル人選手2名が加入ということです。練習にずっと参加していましたが、ようやく決まりましたね。

背番号27 MFのファビオが19歳、背番号29 FWのターレスが21歳ととても若い2人です。そして身長がありますね(ファビオ190cm、ターレス185cm)。まだまだこれからの選手ではありますが、成長にも期待したいです。