ろっそるーぽの手記 このページをアンテナに追加 RSSフィード

コメント、トラックバックがあってくれると喜びます。 TBS放送免許剥奪陳情署名ページを開く
2004 | 11 | 12 |
2005 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 01 | 02 | 03 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 07 | 08 | 10 |
2008 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 |
2009 | 11 | 12 |
2010 | 03 |

2005-01-31

[]フルメタル・パニック! 燃えるワン・マン・フォース 2

ちなみに98年以降、常に俺の一番好きなラノベであり続けるシリーズで、ドラゴンマガジンはほぼこれだけのために購読してる。今月も載ってて良かった。

先月から始まった新展開。大して話が進んでないので特筆する事もないけど、とりあえずリングネーム「クロスボウ」には燃えた。

[]アイシールド21 122

ゴーストがこんなに早く潰されるとは思わなかった。止められた時の進の表情が凄い。誰よりも動揺してる感じだ。

それよりも何よりも、「次号『そして一年後』…!!」って何だよ。当てにならないことで定評のあるジャンプの最終ページ下の予告とはいえ、気になってしょうがないんだが。劇中に三年生はそんなに多くないし、泥門のメンバー全員残っての来シーズンという展開もアリかとは思うが、まだ違うよね?473P見る限り巨深戦続くよね?

2005-01-28

[]学校教育について

朝まで生テレビに触発されて。しかし、やはり司会の田原は鬱陶しい。朝生以外にも司会者としてオファーがあるわけだし、司会のノウハウに精通してる人から見れば彼は腕利きの司会者なのだろうか。

子供を出来るだけ有利な条件で社会に適応できるように仕立てる」というのは教育の定義としてそれなりに普遍的に使えると思う。で、その意味での教育歴史的にみると、社会全体で取り組んできたらしいと何かで読んだ。(子供の定義はその社会の構成員として期待されているがまだ未熟な存在とする)で、現在の日本教育システムは家庭や地域がかつて担ってきた役割すらも学校という社会の一部分に期待する連中が増えてきているらしい。それは問題だと思うが、その層の連中は社会の端っこで苦しんでいても俺とはあまり関係ない気がするので大して興味はない。

学校テストで良い点を取っていき、良い大学を目指すモチベーションを支えていたのは、それがブルーよりも遥かに割りの良いホワイトカラーや支配階級である高級官僚、高めの社会的地位等への王道だからだろう。次点以後になら、競争に勝つことや未知を既知にすることで得られる等の快楽があるだろうが。

学校での評価の本質は、知的水準云々よりも、社会適応度だと思う。決められた曜日に、決められた時間に、決められた場所に拘束されて、退屈でも我慢して与えられたことをこなす。これが現代においては、社会の中で生きる際の基本的なパターンなのだから、それを身に染み込ませるのは当人にも大きなメリットがある。

学歴社会」において、多くの一流の会社が一流大学生を求め、彼らに期待したのは、一流の大学において教育された知識、知能なのではなく、面白くない学習生活に耐えた実績を支えたであろう会社への適応可能性だろう。

この、学校で評価されることのメリットに気づくのには個人差がある。同等の評価を得るのに必要な努力にも個人差はある。だからある程度の画一的、押し付け、詰め込み教育必要悪なんだと考える。

押し付けでは身につきにくいが、かといって社会の仕組みの説明もしないままに、「これ(高確率で低賃金労働者へと進んでしまう程度)以上は義務にしないからやるかどうかは任せます」というのはフェアじゃない。ゆとり教育は格差を広げ、低賃金労働者の「もっと勉強しておけば良かった」という愚痴を増やすことに貢献するだろう。それが国益に繋がるかどうかはよくわからんが。

2005-01-27

[]正当化云々について

何か収拾がつかなくなったので一時凍結。気が向いたら書きたい。

[]スノボ行ってきた

今シーズン初。今までレンタルで済ましてた装備も全部買い揃えての滑走。気持ちよかったが、首、腹、腰、股関節周りは筋肉痛確定の様子。

[]AIR 4

佳乃編クリアしても違和感なくシナリオ続行できてていい感じだ。次回は美凪編をメインにしつつも観鈴シナリオも消化する模様。ポテトの出番が激減というか消滅しそうなのはかなり残念だ。登場シーンが多くないというのもあるのだろうけど、ポテトとみちるは常に良く動かされてて観てて飽きない。

[]舞-HiME 17

最後に出てきたHiMEは詩帆で決まりかね。で、巫女装束みたいなのがエレメントと。しかし、アリッサと晶と今回登場の1人を足しても12人にならんのだが。深優か真白のどちらかがカウントされてるのかな。

伏線の回収がぼちぼち始まってきてスッキリした。あとは早く命のチャイルドを見せてほしい。

2005-01-24

[]引退をほのめかす細木数子のしたたかな計算

http://news.www.infoseek.co.jp/topics/entertainment/gossip.html?d=22gendainet07116343&cat=30

この記事を信じるんなら彼女の自己演出のスキルには感心するやね。テレビに露出する以前から本業で相当の額を稼いでる上に、テレビを散々利用して引き際も抜かりないわけだ。その他の同類とはちょっと格が違うのかもね。

もっとも、俺は彼女のような毒舌とか説教キャラに嫌悪してる層の人間だ。野村沙知代、デヴィ夫人、長井秀和ギター侍とかも同類として不快を感じる。とにかく奴らみたいなのがテレビで喋ってるのを見るとイラつくのだ。なので、我が精神衛生のためにこのイラつきの合理化と正当化を図ってみたいと思う。

2005-01-22

[]機動戦士ガンダムSEED DESTINY 15

ギャンっぽいの登場で、OPオレンジグフパイロットTMR(ミゲルとは無関係?)らしい。ドムゲルググとかも出るのかね。

怒鳴ってみたものの、達観者気取ってる前主人公に思いっきり言いくるめられるカガリ。っていうか、もし他国を焼くことになっても自国を焼かれるよりは比べようがないほどマシだと思うが。良い政治ってのはベストの選択なんかない中でよりベターな選択を重ねてく事だろ。永世中立なんて容易くできるもんじゃないないし。世界中の事を考えるなんてのは一国のお飾り元首には荷が重過ぎる。ましてや行き当たりばったりの連中でどうこう出来てたまるかと思うが、この物語ではどうにかなっちゃうんだろね。

主人公アスランを挟んでホーク姉妹の確執を描いてくみたいだけど、前シリーズの実績も考えると期待はできんやね。

とりあえず再来週以降は、連合3人組は発進シーンがもらえるのか否かに先ず注目したい。

[]京都アニメーション

スケジュールに無理があると仕事を断る会社だとアニメージュ2月号別冊に書いてあるらしい。

クオリティを犠牲にして大量生産を続けるこの業界にあって、彼らの姿勢を支持するアニヲタは俺も含めて多いだろうと思う。こういう理念をもった会社こそが主流になるような業界になてくれればいいなあと。

2005-01-21

[]五輪マラソン妨害男、聖職停止に

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20050121-00000415-yom-int

死んで詫びれ。

それが適わないならデリマ選手はこいつから天文学的な賠償金をとってくれ。このクソ野郎は今回が初犯ではないらしいし、さらに繰り返す恐れがある。

2005-01-20

[]AIR 3

魅入る。

作画による芝居の細かさが凄い。フルメタル・パニック!無印で活字原作の物語を動画にすることの難しさを再認識したうえで、ふもっふを見せ付けられて「京都アニメーション」の名前を覚えたわけだが、このAIRではさらに凄みを増した感じだ。(誰がこのクオリティを支えてるのかを正確に理解できないけれど)

量の面で数倍の差がある上に、この質のモノを先行発表されたのでは劇場版の製作陣が可哀相だとすら思う。

[]舞-HiME 16

誰もがちょっとは思いついたであろうバトル・ロワイアル編に突入。昨日の味方が敵になるというお約束は大好きだ。しかしながら外敵との戦闘ですら動機付けが弱くて燃えにくかったので、上手くやってくれないと余計につまらなくなりそう。

重複もありうるチャイルドの鍵とか、命の扱いとかがまず気になった。

2005-01-15

[]機動戦士ガンダムSEED DESTINY 14

以下OP雑感。

期待通り新キャラと新機体出まくり。やっぱりオレンジザクTMRかね。もしくは前作1クールOPアストレイのように本編には出てこなかったりなのだろうか。

お決まりの機体バックのカットイン?で強奪3人組とルナマリアが妙に楽しげなのがやや印象的。

最後に、銃を構えるマリューのシーンはかなり良い仕事だなあと。

で、本編。

記号的にはかなり燃えるモノを並べてるわけだが、テンション上がらず。相も変わらずアークエンジェルの連中は行き当たりばったり過ぎだろ。もうちょっとビジョンを示してくれや。ユウナというキャラは底が浅いながらもとった行動は一応国益にかなってたと思う。それを一切説明しないでぶち壊しても共感しかねるんだよね。まあ、カガリがいなくても正統性が弱いだけでオーブの体制にはそれほど影響はないだろうから、この拉致劇もそれほど国益を削ぐ事にはならないのかもね。

しかし国家主席を堂々と拉致しておいて、同居してた連中をお留守番させるのは愚挙でしょう。それとも、ここまでされても手を出せない程マルキオは権力を持ってるのか。

2005-01-14

[]はてなキーワードリンクでまたひとつ学習

感動とかプラスのときに「鳥肌が立つ」という表現はかなり普及しているが実は誤用

昨日の自分の文から辿って初めて知った。得した気分だ。

[]ひぐらしのなく頃に 目明し編 

プレイ中。前原圭一が主人公でないというだけでかなりのプラス補正。57年は例によってCtrl押しまくったけど。

2005-01-13

[]AIR 2

前回見逃した。

鳥の詩のイントロで鳥肌が。本編ともに曲を流用してるのは大正解だと思う。流石の京都アニメーションで、良く動く。音と画の質に関しては心配なさげだ。

ゲームでは本編に直接絡まなかった脇役2人のシナリオを消化するみたいなので、マルチエンドではない一本の物語として上手く構成してくれる事を期待してる。

少女ABCはちゃんとキャスト連れてきてるのにも驚いた。真琴以外は俺のダメ音感不発だったけど。

しかし劇場版の公開も近いみたいだけど、どんな経緯があったんだろう。

[]舞-HiME 15

もうちょっと引っ張るのかと思ったけど戦闘終了。シアーズが退場しちゃうなら今後はどういう展開になるのだろう。画的には良かったけど展開性急すぎてカタルシスは乏しい。

楯は自分が役に立たないことに気づくのが遅すぎなのだが、これからはちゃんと存在意義を示すんだろかね。

それぞれの能力を踏まえた上で的確な指示が下された中で、チャイルド無くて一生懸命走る命と、祈る以外の役目を与えられないシスタ−が切なかった。

2005-01-09

[]EMS機器が欲しい

筋トレするのがかったるい。遅筋鍛えようと思うと時間かかるし。無意識に、自動にオールアウトしてくれるなら凄い。候補はツインビートとエックスフォーマーとトレリート。どれかを買いたい。

2005-01-08

[]機動戦士ガンダムSEED DESTINY 13

OPまだ変わらないんだね。

シンは前回でやっと主人公になれたけど今回もちょっと出て退散し、前主人公に出しゃばられて台無し。せっかく真主人公のアスランがお休みなのに。

前作では明言されてないけど結局カガリナチュラルなのか?オーブは隠れコーディネイターが結構いるらしいし、種割れてたしコーディだと思ってたんだが。

議長は遺伝子の権威という設定が明かされてやっとキャラが持つ胡散臭ささの説明が始まった感じ。ラクスを襲った連中が議長の差し金という可能性も示唆してるしね。連中に関しては連合側のソキウスだとしたらマリュー攻撃しちゃダメっぽいし。しかし、訓練されたコーディネイターにしてはモタツキ過ぎだよな。

鍵が二つあって同時にまわさないと開かないというのは芸が細かくて良かった。同じ場所に保管してたら意味無いというボケも含めて。

フリーダム出てきてアークエンジェルも出るみたいだけどあんまりカタルシスはない。バランスが悪いし、キラ、ラクスウザいし。不殺を気取っての達磨量産は見てて気持ち悪いし。

2005-01-07

[]風邪をひいてしまったが

元旦に「節目の意識がない」といった内容を書いたが思い直してきた。節目を考えたくないだけかなと。

思うに、ここ何年か停滞というか不甲斐ない状態が続いてるので、何かしらの節目がくるとそれが痛々しく思い起こされる。よって、年末年始はごくごく軽い鬱状態に入ってしまう事が連続してて今回もそうだった。以上の背景を見て見ぬ振りしたい心理が元旦の文に表れている気がする。

そんなわけで、この状態から抜け出せるようがんばって生きたい。

[]舞-HiME 14

主人公陣営が一度危機に遭い、逆転を図るというお約束。嫌いではないので今後に期待。来週あたり新しく数人HiMEは出るんだろうか。

オーファンを両陣営は召喚して使役できるのが確定。今のところは凪、アリッサ、真白が召喚出来る模様。既出のオーファン全てがこの3人の意向を汲んでるわけではないみたいだけど。

命の意味深なシーンが来る度にチャイルド召喚の期待をしてしまう。いつになったら出すんだろう。

2005-01-03

面白いネタを探してたら凄いモノが転がってた。

[]スマトラ沖地震邦人被災とイラク邦人誘拐事件(素晴らしき世界〜What A Wonderful World)

http://blog.livedoor.jp/midnightpax/tb.cgi/11528312

現在、上記記事は消されてしまったのか繋がらないが「スマトラ沖地震邦人被災とイラク邦人誘拐事件」でググればキャッシュからは見れた。

「某ネット掲示板で、私への個人攻撃、誹謗中傷が相次いだため、身の安全を考えて、当ブログの全記事を一時公開停止にいたしました」とのこと。

掲示板に限らず、方々のブログでも中傷、失笑を受けてるみたいだし、こんな記事書いちゃったら慌てて隠すのはベターな行動だと思う。

イラク人質事件の自己責任はおかしい」の根拠にスマトラ沖地震を持ち出したから批判を受けてるのに「私が「インド洋被災者も自己責任である」と言っているものと決めつけて、そこで思考がストップしちゃってるようですね。」とのコメントを他所のブログにつけたりと的外れな事をしてるんだから面白い。

政府世論感情のために「イラク人質自己責任」を否定する人種もそれなりにいる事に驚きとくだらない優越感を感じる自分を見つけた。

2005-01-01

[]今日も普通にバイト。疲れた。

2004年の総括とかは省く方向で。「〜納め」とか「〜始め」とかの意識が俺自身にあまりないし、何より面倒なので。

[]PRIDE 男祭りK-1 Dynamite!!

予想通り特にザッピングすることもなくPRIDEばっかり見てた。Dynamite!!は楽しみにしてた藤田戦を見逃してしまったのが痛いが、楽しめたのはボビー戦くらいだった。やっぱり判定になる確率が高いK-1ルールだとつまらん試合が起きやすいとはいえそう。

絶対に負けるどころか半殺しにあうんじゃないかと思ってた吉田がKOされなかった事に驚いた。やっぱり大した選手だ。体重差があったとはいえ終にシウバに土をつけたハントにも一応勝ってるわけだし。プロに転向して一本負けはないよね確か。

メインマッチは予想通り見ごたえあったし、早くヒョードルVSミルコを見てみたいと思った。あと、今年は藤田もグランプリに参戦してくれれば面白そうだ。ノゲイラを見てPRIDEにハマったくらい大好きな選手だけど相性的にヒョードルが君臨してるうちは無理っぽいね。

そういえば紅白は一瞬も見なかった。

2004 | 11 | 12 |
2005 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 01 | 02 | 03 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 07 | 08 | 10 |
2008 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 |
2009 | 11 | 12 |
2010 | 03 |
Connection: close