ろっそるーぽの手記 このページをアンテナに追加 RSSフィード

コメント、トラックバックがあってくれると喜びます。 TBS放送免許剥奪陳情署名ページを開く
2004 | 11 | 12 |
2005 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 01 | 02 | 03 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 07 | 08 | 10 |
2008 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 |
2009 | 11 | 12 |
2010 | 03 |

2005-08-27

[]機動戦士ガンダムSEED DESTINY 45

というわけでサクッと小悪党としてジブリール消滅。結局敵役としての正当性というか妥当性を物語上で持たされることなく退場させられる。散り際も執拗に醜悪に描かれる。議長がラスボスとすれば中ボスくらいの存在だとは思うが、この作品ではその程度の敵役には前述の要素は充てられない模様。一応前作からある新人類に嫉妬し恐れ憎む「ブルーコスモス」という設定の描写はおざなりなままと。お子様に視聴者層を絞れば判りやすくてよろしいのかもしれんがね。

見所であるところのメカパートはバンクも多いが充実してた。両軍の量産機総力戦、宇宙に出て真価発揮のドラグーンや、気に入ってるデスティニー紫電掌っぽい技も決まってたかなと。

で、来週は「忘れるなっハロ!」。折富さんの方だろうし、いよいよミーアさんのお掃除ですかね。

2005-08-24

[]フルメタル・パニック!The Second Raid 7

っていうか次回放送9/14って何さ?今や毎週ちゃんと感想書いてる唯一の作品なのに、間隔空き過ぎだよ。

かなめと宗介の離別に一話かけたのはやや意外だった。丁寧なのは結構だが、やや冗長に思える。次回分にまわされた、今回のアニメ化で特に期待してるシーンが三週間もお預けというのが辛すぎるというのが大きな理由だが。ファルケ@クルーゾー@小山力也の活躍が早く観たい。

アニメで心理描写に重きを置くと活字とくらべたら尺をとりすぎてしまう嫌いがあると思う。物語を発表するのには色々な媒体があるが、それぞれに得手不得手、例えば活字系は心理、動画系は活劇に分があるだろう。なので、どちらかというとアニメでは心理描写よりも活劇描写を楽しみたいと常々思っているわけだが、その点で今回の30分(次回予告の告知も含めて)は満足しきれなかった。

ちなみに原作未読の人向けに蛇足すると、レイスの素顔は原作では長編次々回作の「つづくオン・マイ・オウン」まで明かされません。今回の登場シーンでもわざわざ変装してるその道のプロです。

2005-08-23

[]亀田が東洋太平洋タイトルを獲得

ちゃんと咬ませ犬だけでなく強い人にも勝てるんじゃん。見直したよ。

やっぱり自分の天賦を把握した上での大胆不敵に見せかけた慎重極まる歩みなのかね。いまだにキャラは嫌いだが、そうであるならば敬意を持てる。自身の持ち物を把握して目標のために不足な物、必要な物を準備するというのは、何かしらを成すための王道だと思うし。

[]「デュアルコアのPentium 4は急ぎで作ったもの」,Intel技術者が認める

ちょっとWEBを調べれば常識な事でも、製作者が認めたことはそれなりの意味を持つのかね。いかに欠陥品でもDは大手メーカー製を中心にそこそこ売れるのだろうが。はたして大手メーカーでX2を採用してくるところは出てくるのかね。

2005-08-17

[]フルメタル・パニック!The Second Raid 6

丁寧に原作のシーンを消化中。基本的には大変満足の出来だが気になった点をいくつか。

やっぱりブルーノのマッカラン殺しは無いことに。そして、開き直ってミスリルを偽善者と罵るブルーノに怨嗟を吐きだしそうになるテッサのシーンがカット。あと、部下を殺されたカリーニンの感情が伺えるはずの「私なら、指を切り落としている」はもうちょっと間が欲しかった。

原作の地の文では宗介の葛藤がたんまりあった美容室のシーンは台詞の増量でカバーをしてたが当然カットされた部分が多くてやや不足感がある。とはいえ、地の文を全部喋らせればバランスの悪いことになるのだろうから、取捨選択は不可欠なんだろうが、

(訂正。脅威は約一名……)

は台詞で聞きたかった。

その後の演出は不満なし。来週の頭にくるだろうシーンは今週済ませてしまったほうが自然な気はするが、来週になればこれで良かったと思うのだろう。

いよいよ次回からは、あまり使いたくないが広まっている表現で言えば、いわゆる欝展開に突入。しかもアニメ化にあたり、アレンジが無ければ延々ラスト2話くらいまで潜伏期間が続くはず。終盤のカタルシスのためにしっかりと落としていってもらいたいところだ。原作未見の人達には切らないで最後までの鑑賞を薦めますよと。

2005-08-10

[]人権法案 反対派、郵政と連動 執行部手法を徹底批判へ

およそ一ヶ月前の記事だが、最近の中では人権法案と郵政の関連性を取り上げてる記事が見つからなかったので。

郵政民営化人権擁護法案を比べた場合、後者の方が圧倒的に気になるわけだが、今度の選挙の後で今までの人権法案を潰せていたパワーバランスがどうなるのかは楽観視できなそう。

人権法案反対派の中に郵政法案にも反対する議員が多いという事情がある。人権法案の反対派は「法案の問題点を訴え、修正を求める従来のやり方では、法案提出を阻止できない」(反対派幹部)と判断、党執行部の手法を徹底批判する戦術に切り替えることにした。参院の郵政法案審議を揺さぶることもでき、「一石二鳥」になる。

郵政反対もしている人権法案反対派の議員が逆に自民党執行部によって潰されるのは避けてもらいたいがどうなるのやら。とりあえず公明党の議席を減らすためにも投票はしとかないとな。

[]フルメタル・パニック!The Second Raid 5

まんま原作の冒頭再現に安心したが、ブルーノが元ウルズ1マッカラン殺しに貢献してたのはなかったことになってるのかね。まあインターバル長いし、原作未読組に対する親切心故のマオの台詞変更なんだろうけど、マッカラン存在は示しておかないと再来週あたり困ると思うのだが。

しかし、クラスメート大学生彼氏携帯でいちゃついてる事と宗介との電話に出る自分を重ねて照れるかなめとか、「人生設計」「未来」という言葉についての宗介の反応とかは、前者だけならまだしも、後者は流石に京アニの表現力でも地の文がないと伝わらないか。「未来」とつぶやく宗介の心理は原作のサブタイである「終わるデイ・バイ・デイ」にも直結する部分だけに、これだけでは描写不足を感じてしまう。何かしらのフォローはあると思うのだが。

カーチェイスからファルケ登場の流れは期待通り素晴らしかった。ファルケもちゃんと他のM9(というか搭乗員)とは一線を画すアクロバッティックなアクションを魅せてくれたし。

2005-08-09

[]巨人戦ナイター中継、放送延長なしも

日本テレビは8日、巨人戦ナイター中継について、試合内容によっては放送時間を延長しない方針を発表した。

大差がついた一方的な試合などは午後7時〜8時54分の定時放送枠で終了し、これまでのように最大30分の延長を行わない。「後の番組を楽しみにしている視聴者に配慮した」(総合広報部)と説明している

日テレの英断に拍手。こいつらが先陣を切れば他の局も続いてくれることだろう。ニーズのないものの押し付けは本当に不愉快だったので実に良い流れだ。

2005-08-06

[]あやかしびと 色紙

今日届いた。UP環境がないの載せられないが、すずのアップに宗七と会長のちびキャラ

ってかすずシナリオ感想を結局上げてない。忘れた頃に書いてみたいとは思うがいかに。

[]機動戦士ガンダムSEED DESTINY 42

前半の手をつなぎながらのインターセプトジェットストリームアタックのおバカなノリは結構楽しめた。もう何度も言ってるが、ほぼ唯一の要望であるメカアクションリソースを割いてくれてたのでそこは良し。ちょいと燃えた。

で、いよいよの「無限正義」出撃。皮肉なんだろうUSAブッシュガンダム8月6日にお披露目ですよと。9月11日とかだったらなおきつかったがね。で、ここの受領シーンでもグチグチのアスラン。「ただ戦士でしかない」発言もなんだか。戦士という存在は単なる指導能力、資格のない戦闘技能保持者の下級職ではないだろう。正直、アスランの意識の持ちようは戦士というよりは士官学校出てまだまだ経験不足の下級将校って感じだと思う。あと、今さらだが回想に出てきた議長の「自身が出来ること、望むことは、自分自身が一番良く知っている」的な主張が大間違いだというのは確か精神分析の大前提のひとつだよね。

結局はお決まりの煙巻きで無責任な言い回しのラクスにやっぱりマインドコントロールされて乗り込むという展開についてはもう文句を言うまい。まさしく種のクオリティだろうし。

あとの注目はミネルバクルードムパイロットの根谷さんの顔が出てきたことかね。

2005-08-04

[]ブッシュ大統領、進化論に異議 「別の考えも教えよ」

ブッシュ大統領が、進化論に異を唱えるキリスト教右派の主張に同意し、公立学校の授業で進化論以外の考えも示すべきだと発言、波紋を広げている。

進化論意外の考えというのが具体的には「インテリジェント・デザイン(ID)」なる見解で、主にキリスト教右派が好む主張らしい。

人間の複雑な細胞の構造は進化論だけでは説明できず、「高度な理知」の手が入ることにより初めて完成するというのがIDの骨格。一部の学者は支持しているが、「科学の衣をまとった信仰だ」との批判が大勢だ。

との事。

近代キリスト圏が他の文化圏を蹂躙した最大の原因と主張する人もいる政教分離とそれが可能にする科学等の利器をブレーキ取っ払って活用するというパターンが崩されるのはよろしくないとは思う。

けれども、そもそも近代科学というものが「全知全能の神の意思を理解する」という宗教情熱に支えられ、一神教のひとつの異端として始まったものであり、その面が払拭されることはほぼないということを考慮すると、こういった主張も大してトンデモないものとはいえないわな。「全能の唯一神存在で世界原理を説明する」というのと、「進歩を重ねいつか全能になるであろう理性による科学で世界原理を説明する」というそれぞれの信仰に本質的な違いは少ない。

2005-08-03

[]フルメタル・パニック!The Second Raid 4

夏姉妹は妹だけでなく両方刃物使いなのな。ナイフが一番得意だったらしいあいつの教え子だし必然か。ミスリルの連中を「まずまずの錬度」扱いの格闘能力はやはり圧巻。実に映える。逆に、格闘センスに乏しいらしいクルツが逃げ切れたのはやや矛盾を感じたが、面白かったので、夏にヤル気がなかったってことでいいや。

AS戦も見ごたえあったし、アーバレストもしっかり敗北してよろし。ここでラムドライバ気軽に発動されても困るわな。ラムドライバ搭載機とはいえ、消耗を待てれば非搭載機でも太刀打ちできるという描写もちゃんとあって良かった。

で、来週はいよいよ原作での冒頭シーンのシチリア。今回しっかり恨まれたブルーノだがマッカラン殺しの余罪も追及されるんだよな。ゲイツらも絡むようだが、原作のコミカルな面白さが減ってしまわないかがやや心配。もっとも、今回のように懸念したことが何らかの形でケアされることは相当期待してる。ファルケ登場も楽しみだ。

2004 | 11 | 12 |
2005 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 01 | 02 | 03 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 07 | 08 | 10 |
2008 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 |
2009 | 11 | 12 |
2010 | 03 |