労務屋ブログ(旧「吐息の日々」) このページをアンテナに追加 RSSフィード

2018-01-31

[]小池和男企業統治改革の陥穽』

小池和男先生から、ご著書『企業統治改革の陥穽−労組を活かす経営』をご恵投いただきました。ありがとうございます。

冒頭に「わたくしの最後の本となる」とあります。長期にわたる研究生活の早い段階から「発言する職場」に注目してこられた小池先生らしい「最後の本」なのかもしれません。労組・集団的労使関係の経営上の重要性については私も強く同感するところですので、しっかりと勉強させていただこうと思います。

[]鶴光太郎『性格スキル』

慶應大学の鶴光太郎先生から、ご著書『性格スキル−人生を決める5つの能力』をご恵投いただきました。ありがとうございます。

非認知能力については前著『人材覚醒経済』でも1章を割いて論じておられましたが、この本はそれに特化した入門書〜解説書です。この分野では米国が先行しているのですが、前著でも示されたように日米には異なる状況も見られ、わが国の教育や雇用慣行などを前提とした議論は有益だろうと思われます。

[]日本労働研究雑誌特別号

労働政策研究・研修機構様と、日本労使関係研究協会様から、それぞれ日本労働研究雑誌特別号(通巻691号)をお送りいただきました。ありがとうございます。

http://www.jil.go.jp/institute/zassi/backnumber/2018/special/index.html

例によって、昨年6月に開催された労働政策研究会議の報告です。この会議についてはこのブログでも紹介させていただきました(http://d.hatena.ne.jp/roumuya/20170619#p1http://d.hatena.ne.jp/roumuya/20170620#p1http://d.hatena.ne.jp/roumuya/20170626#p1)。参加できなかった自由論題だけでなく、聴講した部分についても(重鎮の重厚な報告などもあり)あらためて勉強したいと思います。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/roumuya/20180131