追い風アルファ

2005/12/11 (Sun)

[]You can't beat that!

ぷはー。

なんていうか個人的にすごくすっきり!

いい買い物したぜ!


なんかずっと大石みてました。

いつもは沖君側なので、沖君も結構見てるんですが、

(沖君側だと川原君が見えない)

昨日は大石:川原:沖=6:2:2くらいの感じで見てました。


ええと、以下は私一人の需要のための覚書になってます。

よって、まったく面白くないと思いますが宜しければ。(汗)

しかも無駄に長い!ほんとに長い!

あーこういう文章、ほんと苦手です。

スポーツ記者にはなれないな。


--------------------


1.僕らの逃避行

2.スペシャルナンバー

3.吼える犬と君


MC

ツアータイトル「you can't beat that.」についての説明があったのは

ここだったかもしれません。(常にあやふや)

いい買い物したぜ!って意味だそうですが、

沖君が「you can beat that.」と言ってしまい、

大石に「ツアーの最後の最後にきて!」と言われてました。




4.さらばピニャコラーダ

5.ヘイ!ヘイ!

6.幼なじみ


MC

大石、気持ちよくてちょっと涎が出ちゃったそうです。

とうとういっちゃったかと思いましたよ(笑)

でも「ヘイ!ヘイ!」とかすごく楽しくて、

大石が涎をたらしてしまうのもわからんでもなかったです。



●もっと後のMCで沖君が、

ライブが終わると髪の分け目が変わってるという話をしてましたけど、

その最初の分け目の変化はここで起こったんじゃないかなと思います。

幼なじみのところなんか特に。




●あ、で、次にやる曲たちの紹介。

「自分たちを成長させてくれたなと思う曲」と、

「現在の自分たちと共にある曲」、

「そして今の自分たちの先にある曲」を歌います、

という内容のことを言ってました。



7.愛のかたち

8.アンサー

9.ほのかてらす


終わって早々、「ほのかてらす、いい曲やろ?」って言ってました。

他の所でも言ってたそうですが、さすがに自信満々すね!



●まずは愛のかたちとアンサーについて。

愛のかたちはもうしっとりとじんわりと。

サウスケはこういうバラードはもう言うこと無いな!と思います。



●えーと、そしてアンサー。

今更ですが、わたしこの曲がもうどうしようもなく好きなんですよ。

(秋の午後2時頃にこれ聞きながら歩くのが、私的ベストポジションです)

昨日は、出だしの部分、少し音程が下がってて、

「あー喉きついのかなー?」と少し心配になりましたが、

後半はちゃんと出ていて(それとも音程下げたのか)、良かったです。

曲の終わり方が普段よりあっさりしていて、

そこが少し残念でした。しつこいくらいにやってくれて良かったのに!と。




●で、「ほのかてらす」ね。

お盆で実家に帰った時に作った曲だそうですよ。


√線香花火の灯 ほのか照らす君の浴衣姿

 想像するだけで 胸が躍りだすよ


とかいう歌詞で、

「線香花火」とか「君の浴衣姿」とか、その辺がサウスケっぽかったです。

でももう一つのサビのメロディの方が、思い出せないけど好きだな。


あと「煉瓦作りの橋」とか「看板」とか、「埋め立て計画」とか、

そういう歌詞があったと記憶してるんですが、(甘い夜の方だったらもう切腹です)

今25歳の大石たちは、もう何でも歌えるんだなーとこの曲を聴いてて思いました。


私みたいな若造がいうとアレですけど、色んなことに説得力があるというか。

同年代の人たちだとやっぱりこうは行かないなーと思いましてね。

まあ、私が基本、年功序列精神を持ってしまっているのが、

その大きな原因かとは思います。んん。




MC

もうすぐクリスマスという話はこの辺だったかなと思います。

「クリスマスに何が欲しいかランキング」が出たという話題で、

男の人と女の人の欲しいものの差について話してました。


以下「」内は大石ボイスでどうぞ。


「女性の方のランキングね」

ふんふん。

「1位、アクセサリー」

ほうほう。

「2位、指輪」

はははは!

「指輪ってアクセサリーちゃうんかい!」

客・笑う。まあそう思うよ。

「びっくりしたわーもう」

びっくりしたんかい。




「男の方が純粋だ」と大石は言ってましたよ。

なんてったって8位に愛が入っているそうですから。

これに客は爆笑。

さらに上位に手編みのマフラーが入っているそうですよ。

すごい。




●そうそう、そういえばここで気分の悪い人が出たみたいで、

メンバーも「大丈夫?」って声かけてました。

その人は結局スタッフルームかどこかに連れて行かれたんですが、

ステージの前を通る時に大石が、

「あの、後で、手紙送るから」って言ったんです。

そうしたら漸くここで、川原君が喋ったんですよ!御大登場ですよ!


「直接声かけたれよ」


もっともだ!!


「まどろっこしいわ」


ほんとうだ!!


今までずっと喋らなかっただけあって、

つっこみに切れがあるよ!(そうか?)





●ほんで、

ちょっとざわっとしましたけど、まあ落ち着きをさっさと取り戻しまして、

「上京してきたときは全然アナログ人間だったけど、

今パソコンでデモテープとかのやりとりをしてる」という話。

パソコンいじってる割にブログは更新しないのね!

と、心の中だけでつっこんでおきました。



10.ことばさがし

11.コモリウタ

12.甘い夜


「嬉しいお知らせがあります」

「2/8に甘い夜がシングルで出ます!」

と高らかに宣言した大石でしたが、

間違いであることが次のMCで判明。

これはまた下の方に書きます。



●甘い夜は、タイトルからするとバラードのような感じがしますけど、

アップテンポですごく応援歌っぽいなと私は思いました。

これはまたしてもジュビロのテーマになっちゃうんじゃない?と。


●そしてそして。

「コモリウタ」フォー!!(だいなし)

いやーかっこいーいなー。

まあ結局は暗い歌なんでしょうけど、

その分力入ってて良かったですよ〜。



MC

さっきのクリスマス話の続きー。

男性のランキングは純粋だという話から。


「それに比べて女性は全部物ですよ!」

という大石の台詞に皆笑う。

でも女性客からはブーイングも。

それのフォローを求めて、また沖君に振ったりするけれども

まあ、なんといいますか、沖君ですから。←察してください



でも大石が、

「女性は愛を物という形として受け止めるということですからね」

と上手くまとまったようなまとまってないような締めをして、

この場は事なきを得ました。(大げさ)

「え、今のうまくまとまった?」って本人も言ってましたけど

「3割くらいは騙されてるよ」って川原君がまとめてくれました。



●なんかの時に、大石が川原君を振り返って

目を合わせたように客席からは見えたんですが、

わざわざ川原君が、

「今の目合わせようと思ったけどシンバルで目合ってないですからね」

「振り返ったのしかわからなかったですからね」

って言いました。

かなり笑えましたけど、

ここに書いても読まれてる方には何のことかわからないですよね。

レポへたくそですいません。

とりあえず川原君の話は面白いなということです。(えー)

しかしホントうちの先輩に似ている。




13.エピローグ

14.ピーターパン・シンドローム

15.君という花

16.今ココにあるもの


最後に向けてどんどん盛りあがっていきます。

私の足場もどんどん無くなっていきます。

ブーツを履いたお姉さん、段々後ろに下がってこないで。


●ピーターパン・シンドロームはやっぱ、

代表曲なだけあって会場がひとつになりますね。

人差し指とか特に。(笑)

サウスケ3度目にしてようやくこの感じを味わえました。

2度目はあってないようなもんですからね。


●そして怒涛の「君という花」ですよ。

前回のSUMITOMA2での悔いが残りまくってましたから、

今回やってくれて、「我が人生に悔い無し」といったところです。

これでもう次回はやってくれなくてもいい。(おい)



アンコール

17.同じ空の下で

18.結末のない二人


ビオトープTシャツに着替えての登場〜。

沖君の髪がくしゃくしゃだったのはここじゃないような

気がしますけど、ここに書いておきます。

誰もが思っていたことを、大石が代弁したんです。


「髪の毛ぼさぼさすぎ」と。


沖君は慌ててなおそうとして、分け目をわざわざ変えようとしたんで、

「分け目は変えんでええよ」と大石にいわれてました。

ただ髪の広がり具合の話ね。




●そしてさっきの「甘い夜がシングルで出る」話の訂正がありました。


「出るのはライブDVDで、その中に甘い夜のCDが入っている」

というのが正確な話らしいです。まだ怪しいですけど。


「ぴこぴこっと録った甘い夜がついてきます」

と間違って軽い感じで言ってしまって慌てる大石に、

「怒られるよ〜」と川原君からの追い討ちがかけられます。


でも、お客さんからの反応が良くてほっとしてると。

ここで反応悪かったらもう、

(企画自体が)がけからヒュ〜みたいな感じですからねと身振りで表現。



●ライブDVDってどのライブなんでしょう。

大石のいかれ具合を、DVDなんかで見て冷静でいられるかどうかが

心配です。

あの川原君でさえ、たまに何かが降臨してるようなときありますからね。

や、でもすごく楽しみなことには変わりないんですけど!




●同じ空の下ではもうだいぶ覚えました。

たしかもう3回目ですもん。

シングルで出る予定とかはないのかなー?

嬉しいお知らせってのはこっちの方なのかなと思ってたんですが、

甘い夜のほうだったしなあ。




ダブルアンコール

19.コンパス


後ろのお姉さんたちが、「え、まだやんの!」みたいに

ビックリしてたのを覚えてます。

いやー今回は出てきてくれて嬉しいです!前はなかったですからねえ。


そしてコンパスを合唱〜!

跳ねて終わりっ!


正味2時間半といったところでしょうか。

6時半過ぎから9時までだったので。


も〜お疲れっした!(色んな意味で)




追記:

よそのブログをよませて頂いて思い出したことが数個!


ひとーつ。

大石が初めて歌を作ったのは14,5才の時だったそうなんです。

それがまたクリスマスソングだったらしいんですよ。

で、その歌をちらっと歌ってくれたんです。


♪きっと今夜はsilent night〜


みたいな歌で(笑)

♪きっと今夜はホーリーナーイト

とも歌ってましたね。

でもまあ、そこから歌手・大石の曲作りが始まったと思えば、

こんな素敵なことはないですね。

な い で す ね !(言い聞かせ)





ふたーつ。

川原君が突然、

「わたくしごとですが、このツアー中にですねー」

と、きりだしたんですよ。

え、結婚でもしたか!と思ったら、



「ものもらいになりましてー」。



ってめばちこかーい!!(思いっきりつっこみ)



「ツアー中に治るかなーと思ったら結局治らなくてですねー」



殴られたように見せかけてめばちこかーい!(再つっこみ)





・・・・追記終わり。(しょーもな!)

megumi9megumi9 2005/12/11 17:51 こんにちはー!
ライブすごい楽しかったみたいですね♪セットリストを私が載せてしまったのでroute85さんが楽しめるかちょっと心配だったんですけど(汗)良かったです。私も「同じ空の下で」好きなんでCD化希望してたんですけど、残念です。でもライブDVDどんなんでしょうね〜??私は沖君の暴れっぷりが楽しみですよ(笑)「君という花」と「ピーターパン」は楽しいですよねー。お客さんが一つになった感じで盛り上がりますもんね。
文章すごく面白いですよー。私なんて思いついた事書いてるだけですから、レポとは言えない・・・いつも勉強になります(笑)
長く書いてしまってすいません。ライブやらレポやら、ほんとお疲れ様でした〜!

route85route85 2005/12/11 19:03 わーん!コメント有難うございますー!
あんな長ったらしい文章を読んでくださって・・・(感涙) もうテンションのままに書いているので大変読みづらかったと思います。すいません〜。
ええ、実は今回そちらのセットリストを拝見して行ったおかげで、曲の順番を珍しくも覚えていられたんです。見ないで行ったらもう頭の中ぐちゃぐちゃでしたよ(笑) ほんと重ね重ね有難うございます!
そうそう、そういえば今回はもう常に武藤でしたよ!私たちにも武藤スタイルを要求してました(笑)

bambikoiharubambikoiharu 2005/12/11 22:30 こんばんは。ちなみに栃木は15分押しくらいで終わったのが10時くらいだった気がします。なので3時間ちょいはやりますね・・;
でもあっという間ですよ〜。

megumi9megumi9 2005/12/11 23:02 何度もお邪魔してすいません!(汗)
トラックバックに初めて挑戦してみたんですけど、これで合ってるんでしょうか??変な事してしまってたらすいません。

route85route85 2005/12/12 13:56 >bambiさん
こんにちはー!おお、10時ですか・・・。終わって我に返ったときが恐ろしいです〜(汗) 氣志團のGIGって時間を感じさせないですもんね。時間教えてくださって有難うございます!もういつもお世話になりっぱなしで・・・。

>megumi9さん
わわ!ちゃんとなってるみたいです。有難うございます〜!
あっ、SSのブログ更新されてました?(後でコメントしに行きます/笑)

Connection: close