Hatena::ブログ(Diary)

古本屋番頭日記

Shop Review 新着
2003 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2004 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2005 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2006 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2007 01 04 05 06 07 08 09 10 11
2008 01 02 04 05 07 08 09 10 11 12
2009 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11
2010 01 05 06 07 08 09 10 11 12
2011 02 04 05 06 08 09 11
2012 02 04 05 07 08 09 12
2013 01 02 05 08 09 11 12
2014 01 02 06 07 08 09 10 12
2015 03 05 06 07 08 09 10 11 12
2016 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10
2017 01 05 06 07 08 09
 

2017/09/04

rover2017-09-04

[] ガン! ガン! ガン! ガン!

若い命が真っ赤に燃えぇ〜…たらシャレにならんがな。今回は軽石庵的にはちょっと珍しい、「月刊GUN」誌のご紹介。主に1990年代後半〜2000年代前半でそこそこ抜けもありますので50冊のご紹介。ピックアップはS&W M19。次元大介の愛銃ですな(w。それにしても毎回「特集」、たくさんあるんですねえ(^^;。というわけでいつもとちょっと記法を変えてのご紹介です。

■MMN0682 月刊GUN 1980年6月号 350円
[通巻221号] 国際出版株式会社 1980年6月1日発行
第1特集:SNUB-NOSE<スナブ・ノーズとガン・プレイ>
第2特集:M3サブマシンガン<with サイレンサー>
■MMN0683 月刊GUN 1993年7月号 450円
[通巻381号] 国際出版株式会社 1993年7月1日発行
第1特集:アメリカ(コルト)対中国(ノリンコ) M1911A1&M1991A1
第2特集:ペン・ガンとミニ・リボルバー 特殊ピストル達
第3特集:ビィーガー・アサルト・ライフル 東ドイツ最後のシステム・ライフル
■MMN0684 月刊GUN 1993年10月号 450円
[通巻384号] 国際出版株式会社 1993年10月1日発行
第1特集:コース・リボルバー ドイツのパイソンといわれている…
第2特集:パトリオット・ピストル 究極のピストル!? 米海軍特殊部隊用
第3特集:マンバ・ピストル 南アフリカ共和国の省力化ピストル
■MMN0685 月刊GUN 1993年12月号 450円
[通巻386号] 国際出版株式会社 1993年12月1日発行
第1特集:S&W356TSW フル・チューン・レーシング・マシン
第2特集:デザート・イーグル44マグナム 14インチ・バレル付き
第3特集:イギリス陸軍・海軍兵器ショー RN&BAEE'93
■MMN0686 月刊GUN 1995年5月号 450円
[通巻405号] 国際出版株式会社 1995年5月1日発行
第1特集:ワルサーPPK 映画「007」シリーズで人気の高い
第2特集:レマット・リボルバー ユニークなバレルを持つパーカッション
第3特集:ステアーMPi81SMG オーストリアのガン・ポート・ガン
■MMN0687 月刊GUN 1995年6月号 450円
[通巻406号] 国際出版株式会社 1995年6月1日発行
第1特集:グロック19 グロック17のコンパクト・モデル
第2特集:スターム・ルガー社アリゾナ工場見学記
第3特集:IWA'95 恒例のヨーロッパ・ガン・ショー、数々の新製品を紹介
■MMN0688 月刊GUN 1995年10月号 450円
[通巻410号] 国際出版株式会社 1995年10月1日発行
第1特集:S&Wベビー・シグマ(380)コンパクト・モデル
第2特集:454カスール 世界最強のハンドガン!?
第3特集:ベレッタM93Rマシン・ピストル 対テロリスト用
■MMN0689 月刊GUN 1995年12月号 450円
[通巻412号] 国際出版株式会社 1995年12月1日発行
第1特集:S&W・M640-1センチニアル 新しいセンチニアル
第2特集:グロック19レーザー・サイト・システム&4000PLUS
第3特集:マテバ・モデル2006M イタリアのユニークなリボルバー
■MMN0690 月刊GUN 1996年1月号 450円
[通巻413号] 国際出版株式会社 1996年1月1日発行
第1特集:U.S.SOCOMピストル 新制式ピストルの全て
第2特集:HI-POINTモデルJH(45ACP)1回のみの特殊作戦用?
第3特集:KEL-TEK・P11&GLOCK26 最新のスモール・ナイン
■MMN0691 月刊GUN 1996年6月号 450円
[通巻419号] 国際出版株式会社 1996年6月1日発行
第1特集:コルトSF-VI コルトの新製品、S&Wレディ・スミスの対抗馬
第2特集:SIG・P239 9mmコンパクト・オート、新しいミニ・ナイン
第3特集:IWA96 ヨーロッパ最大のガン・ショー
■MMN0692 月刊GUN 1996年7月号 450円
[通巻420号] 国際出版株式会社 1996年7月1日発行
第1特集:S&Wレディ・スミス M3913&M36。女性用ハンドガン
第2特集:SIG・P229 .357SIGを撃つ最新モデル
第3特集:FNモデルP90 FN社が開発した、新しいカテゴリー
■MMN0693 月刊GUN 1996年8月号 450円
[通巻421号] 国際出版株式会社 1996年8月1日発行
第1特集:コルト1851ネービー キャップ&ボールのハンドガン
第2特集:SIG SG550 待望のSG550シリーズの実射テスト
第3特集:ベレッタM8000クーガー 最新のコンパクト・オート・ピストル
■MMN0694 月刊GUN 1996年9月号 450円
[通巻422号] 国際出版株式会社 1996年9月1日発行
第1特集:フル・オート・シューティング in ラスベガス
第2特集:S&W・M60(357マグナムのチーフ・スペシャル)
第3特集:SIG SG550(2) メカニズムと実射テスト
第4特集:ポーランドとブルガリアの兵器ショー
■MMN0695 月刊GUN 1997年12月号 450円
[通巻438号] 国際出版株式会社 1997年12月1日発行
第1特集:S&W・M22A 21世紀に向けた新製品
第2特集:ベルサ・サンダー・ナイン&ステルス9mmオート
第3特集:BAEE97 2年に一度開かれる、ロンドンの兵器ショー
■MMN0696 月刊GUN 1998年1月号 450円
[通巻439号] 国際出版株式会社 1998年1月1日発行
第1特集:SIG/SAUER P239 アメリカ・バージョンのモデル
第2特集:H&K・P7 <ハンドガン・マスターピース・シリーズ> 1
第3特集:ASAIワン・プロ9ピストル スイスの最新ハンドガン
第4特集:S&W・M3スコーフィールド コルト・ピースメーカーのライバルだった…
■MMN0697 月刊GUN 1998年3月号 450円
[通巻442号] 国際出版株式会社 1998年3月1日発行
第1特集:コルトM1991A1コンパクト 45オートの実射!!
第2特集:ワルサーPP、PPK&PPK/S <ハンドガン・マスターピース・シリーズ>
第3特集:マニューリンMR96リボルバー フランスの最新リボルバー
第4特集:ギルモア・マスター・シリーズ 究極のカスタム・ガン
■MMN0698 月刊GUN 1998年4月号 450円
[通巻443号] 国際出版株式会社 1998年4月1日発行
第1特集:名銃商店街 名銃ベスト・セレクション20
第2特集:ブローニング・ポケット・ピストル <ハンドガン・マスターピース・シリーズ>
第3特集:ミリポル97 ミリポルに登場した数々の小火器を分析する
第4特集:バレットM82(口径50)&AUGライフル(本物vsモデル)
■MMN0699 月刊GUN 1998年5月号 450円
[通巻444号] 国際出版株式会社 1998年5月1日発行
第1特集:CZ100ピストル ポリマー・フレームを採用した新製品
第2特集:モーゼルHSc&HK4 <ハンドガン・マスターピース・シリーズ>
第3特集:ストーナー・マシンガン&フィクスト・マシンガン <ミニ・シリーズ 4>
第4特集:'98SHOT SHOW コルト社、S&W社の新製品をスクープ!
■MMN0700 月刊GUN 1998年6月号 450円
[通巻445号] 国際出版株式会社 1998年6月1日発行
第1特集:コルト・ディフェンダー コルト社の新製品&本物vsモデル
第2特集:ブローニング・ハイパワー <ハンドガン・マスターピース・シリーズ>
第3特集:IWA98リポート ヨーロッパ最大のガン・ショー
第4特集:ウィンチェスターM94 懐かしのTVシリーズに登場した…
■MMN0701 月刊GUN 1998年8月号 450円
[通巻447号] 国際出版株式会社 1998年8月1日発行
第1特集:one PRO .45 CZ75のシステムを採用したスイス製のプロの一品!?
第2特集:トーラス・ミレニアムPT111 セルフ・ディフェンスに最適のハンドガン
第3特集:マカロフ・ピストル 2 ブルガリア製&中国製マカロフ
第4特集:'98NRA ビアンキ・カップ 20周年記念大会、日本選手惨敗!!
■MMN0702 月刊GUN 1998年10月号 450円
[通巻450号] 国際出版株式会社 1998年10月1日発行
第1特集:4インチ・リボルバー 357Mag.4機種の実射テスト
第2特集:ニュー・カート357SIG GLOCK32&SIG・P239
第3特集:アメリカ陸軍新制式M240マシンガン
第4特集:ベレッタM3032「トムキャット」&ロス・ガンショップめぐり
■MMN0703 月刊GUN 1998年11月号 450円
[通巻451号] 国際出版株式会社 1998年11月1日発行
第1特集:ハードボーラー 映画「ターミネーター」の7インチ・モデル
第2特集:コルト・ガバメント ハンドガン・マスターピース・シリーズ8
第3特集:SIG・プロSP2340 最新の大型プラスチック多用モデル
第4特集:'98スティール・チャレンジ 本誌リポーター、Tetsu上位入賞!
■MMN0704 月刊GUN 1998年12月号 450円
[通巻452号] 国際出版株式会社 1998年12月1日発行
第1特集:ベレッタM8045クーガー ミニ45のコンシールド・ハンドガン
第2特集:レミントンM700ライフル 驚異のグルーピング! テイクダウン・カスタム
第3特集:AK5アサルト・ライフル スウェーデンの新制式突撃銃
第4特集:S&W・M19コンバット・マグナム <本物vsエアーソフトガン>
■MMN0705 月刊GUN 1999年1月号 450円
[通巻453号] 国際出版株式会社 1999年1月1日発行
第1特集:ベレッタM92FS その存在価値を検証する
第2特集:キンバー・エリート・キャリー &M1カービン誌上シミュレーション
第3特集:ディフェンドリー'98 国際兵器ショーの新型兵器
第4特集:'98U.S.オープン・ナショナルズ 全米チャンプを決める
■MMN0706 月刊GUN 1999年2月号 450円
[通巻455号] 国際出版株式会社 1999年2月1日発行
第1特集:グロック34 グロックの最新モデル、実射テスト
第2特集:S&W CS45/CS9 オートのチーフ・スペシャル!?
第3特集:ツァスタバ・アームス社 ユーゴの銃器メーカー取材
第4特集:FBIスペシャル M1911A1ベース <本物vsモデルガン>
■MMN0707 月刊GUN 1999年3月号 450円
[通巻456号] 国際出版株式会社 1999年3月1日発行
第1特集:コルト・コンプ・コマンダー コルト・カスタム・ショップの限定銃
第2特集:SIG PRO SP2340 最新モデルの実射リポート
第3特集:バプティ・フィルム社訪問記 映画用特殊エフェクト小火器のワーク・ショップ
第4特集:ワルサーP99 ジェームズ・ボンドが映画で使用した…
■MMN0708 月刊GUN 1999年4月号 450円
[通巻457号] 国際出版株式会社 1999年4月1日発行
第1特集:名銃・珍銃・銘銃(PartⅢ) ユニークなGUN20選!
第2特集:SIG・P245(45ACP) 新しいミニ45の登場!
第3特集:SIG・SG552コマンド・カービン 対テロ部隊用の…
第4特集:シューターズ・メモリー トップ・シューター達の軌跡をたどる
■MMN0709 月刊GUN 1999年6月号 450円
[通巻459号] 国際出版株式会社 1999年6月1日発行
第1特集:S&W・P.C.モデル945 最高の45オートか?
第2特集:クロスカントリー・コンバット・シューティング
第3特集:IWA99の新製品 ヨーロッパ最大のガン・ショー
第4特集:FN-FAL 実銃操作・誌上シミュレーション
■MMN0710 月刊GUN 1999年9月号 450円
[通巻462号] 国際出版株式会社 1999年9月1日発行
第1特集:S&W・M65 ブラインド・シューティングに挑戦
第2特集:トーラスM85Ti38 トータル・チタニウム・リボルバー
第3特集:HK・UMP45サブマシンガン 特殊部隊向けの最新型
第4特集:HK91A2 G3バトル・ライフルの操作・実射を誌上体験
■MMN0711 月刊GUN 2000年3月号 450円
[通巻470号] 国際出版株式会社 2000年3月1日発行
第1特集:ウィルソン・コンバット「KZ-45」タクティカル・キャリー・ガン
第2特集:コルト・ゴールド・カップ 300メートルに挑戦!
第3特集:KEL-TEC P32 & トーラス・チタニウム44
第4特集:北朝鮮軍の小火器 <アサルト・ライフル編>
■MMN0712 月刊GUN 2000年9月号 450円
[通巻476号] 国際出版株式会社 2000年9月1日発行
第1特集:HK・USP「エキスパート」IPSC対応の新製品
第2特集:TAR-HUNT 日本輸出型ハーフ・ライフルド・バレル付き
第3特集:ユーロ・サトリ2000 数々の歩兵用兵器を検証する
第4特集:トーラスPT111T タイタニウム+ポリマーの近未来型
■MMN0713 月刊GUN 2000年10月号 450円
[通巻477号] 国際出版株式会社 2000年10月1日発行
第1特集:SW40VE S&Wシグマの改良モデル
第2特集:S&W・M25-2 古き良き時代のターゲット・モデル
第3特集:ベクターSS77GPMC&ミニSAW 南アのマシンガン
第4特集:HS2000 クロアチア製の隠れた傑作銃
■MMN0714 月刊GUN 2000年12月号 450円
[通巻479号] 国際出版株式会社 2000年12月1日発行
第1特集:コルト・トルーパー 古き良き時代の…
第2特集:グロック36 コンシールド・ハンドガンのNo.1
第3特集:SR88Aアサルト・ライフル シンガポール製の…
第4特集:CZ75PCR チェコ製ポリス用にリニューアル
■MMN0715 月刊GUN 2001年1月号 450円
[通巻480号] 国際出版株式会社 2001年1月1日発行
第1特集:時代の先陣を切ったオート・ピストル P5,P6,P7を徹底比較!
第2特集:ベレッタ9000SタイプF ガルドーネから来たオート
第3特集:ギリシャ・ディフェンドリー2000 2年に一度の兵器ショー
第4特集:ジェリコ941 イスラエルの軍用拳銃
■MMN0716 月刊GUN 2001年6月号 450円
[通巻486号] 国際出版株式会社 2001年6月1日発行
第1特集:IWA2001リポート ヨーロッパ最大のガン・ショーの新製品
第2特集:ロシアン・ナガン・ピストル 帝政ロシアの画期的なピストル
第3特集:ネシカ・タクティカル・ライフル トップ・クラスのスナイパー
第4特集:<本物対モデルガン> パイソン 4インチvsタナカ・パイソン
■MMN0717 月刊GUN 2001年9月号 450円
[通巻490号] 国際出版株式会社 2001年9月1日発行
第1特集:モーゼルM1896 ブルーム・ハンドルと奇っ怪なメカ
第2特集:S&W・M39カスタム・デベル グラマラスでパワフル!
第3特集:ロンドン・アンティーク・ミリタリア&アームズ・フェア2001
第4特集:AR15 9mmカービン コルトの高級プリンカー
■MMN0718 月刊GUN 2001年10月号 450円
[通巻491号] 国際出版株式会社 2001年10月1日発行
第1特集:巨砲480ルガー&SIG・P230 今回は2本立て
第2特集:パリ・エア・ショー ヨーロッパ最大の航空ショー
第3特集:コルト・ピースメーカー 西武に平和をもたらした…
第4特集:マシンガン・シューティング・ツアー フル・オートの醍醐味!
■MMN0719 月刊GUN 2002年12月号 450円
[通巻506号] 国際出版株式会社 2002年12月1日発行
第1特集:DARC スナイパー上級課程 スナイパー・スクール体験記
第2特集:S&W・M386PDスカンディウム 最新のレア・メタル・マグナム
第3特集:アメリカ撃ちある記 ロサンゼルス・西海岸編
第4特集:S&W・M629 3インチ銃身&83/8インチ銃身
第5特集:ドイツ軍ミリタリー博物館(VTS) 東西の兵器を一堂に
■MMN0720 月刊GUN 2003年1月号 450円
[通巻507号] 国際出版株式会社 2003年1月1日発行
第1特集:キンバー・チーム・マッチⅡ 目指すはゴールド・メダル!
第2特集:スワット・トレーニング アメリカ警察特殊部隊訓練施設
第3特集:ディフェンドリー2002 インターナショナル・ディフェンス・ショー
第4特集:コルト・ガバメント 永遠の名銃
第5特集:アメリカ撃ちある記2 ビバリーヒルズ&CZ40B実射リポート
■MMN0721 月刊GUN 2003年4月号 450円
[通巻511号] 国際出版株式会社 2003年4月1日発行
第1特集:S&Wパフォーマンス・センターM945 ガバを超えた
第2特集:M4A1 その装備と実弾演習を実体験!
第3特集:マーク22サイレンサー・ピストルアメリカ海軍(SEAL)開発
第4特集:アメリカ撃ちある記4 カナダはバンクーバーを目指して
緊急特集:マカロフ・ピストル その歴史や密輸入の実態に迫る!
■MMN0722 月刊GUN 2003年8月号 450円
[通巻515号] 国際出版株式会社 2003年8月1日発行
第1特集:S&W・M500 & S&W社工場訪問記
第2特集:S&W1911ガバメント S&Wが放った優れもの!!
第3特集:IDET2003リポート チェコの兵器ショー
第4特集:Smith&Wesson .38 Terrier I(アイ)の誘惑
第5特集:アメリカに機動隊は……? アメリカ最新GUNニュース
■MMN0723 月刊GUN 2003年9月号 450円
[通巻516号] 国際出版株式会社 2003年9月1日発行
第1特集:デザート・イーグル50AE マグナム・オートの最高傑作
第2特集:S&W・M500の実射テスト 世界最強のハンドガン
第3特集:パリ・エア・ショー 2年に一度の国際航空ショー
第4特集:S&W・M1945コンパクト エグゼクティブ・キャリー
■MMN0724 月刊GUN 2003年10月号 450円
[通巻517号] 国際出版株式会社 2003年10月1日発行
第1特集:ベレッタM92FSエリート1A より完成されたツール
第2特集:SOCOMとM4A1カービン 米軍特殊部隊の作戦を総括
第3特集:ベルン・アサルト・ライフルSGC42 ベルン造兵廠が開発
第4特集:ダン・ウェッソン357マグナム ピストル・パック
■MMN0725 月刊GUN 2003年11月号 450円
[通巻518号] 国際出版株式会社 2003年11月1日発行
第1特集:ベレッタM1934&PRO-3タクティカル・ホルスター
第2特集:S&W・M647バーミンター S&Wミディアム・フレームの最新モデル
第3特集:S4Mサイレンサー・ピストル 暗殺用消音ピストル
第4特集:ルガー・セキュリティ・シックス デューティー本位の6連発
■MMN0726 月刊GUN 2004年2月号 450円
[通巻521号] 国際出版株式会社 2004年2月1日発行
第1特集:HK33/HK43 幻のHK33スポーター・モデル
第2特集:パトリオット45 ACPオート 小型軽量45の異端児
第3特集:H&KモデルMP7サブマシンガン 世界最新のサブマシンガン
第4特集:ベレッタM948 M1934 じゃないんです
■MMN0727 月刊GUN 2004年7月号 450円
[通巻527号] 国際出版株式会社 2004年7月1日発行
第1特集:ルガーP08の魅力 名銃のデザイン、メカ、実射
第2特集:S&Wセンチニアル 安全第一! ハンマーレス
第3特集:ベレッタM9000S ベレッタの新世代ポリマー・フレーム・コンパクト・オート
第4特集:ドイツのコレクター・ガン・ショー IWK2003とIWB2004
■MMN0728 月刊GUN 2004年8月号 450円
[通巻528号] 国際出版株式会社 2004年8月1日発行
第1特集:モーゼルHSc 野獣好みのポケット・オート
第2特集:MG4ライト・マシンガン ドイツ軍新制式ライト・マシンガン
第3特集:ステアーAUG ブルパップ・アサルト・ライフルの先駆者
第4特集:テリー・タッシー カスタム・ワークの世界
■MMN0729 月刊GUN 2004年9月号 450円
[通巻529号] 国際出版株式会社 2004年9月1日発行
第1特集:M1917ミリタリー・リボルバー 昔のお巡りさんの回転式拳銃
第2特集:リノのマシンガン・シューティング・イベント
第3特集:ユーロ・サトリ2004 パリの国際ディフェンス・ショー
第4特集:スピード・コンプ イチロー・ナガタに借りました
■MMN0730 月刊GUN 2004年10月号 450円
[通巻530号] 国際出版株式会社 2004年10月1日発行
第1特集:AK47 旧ソ連製オリジナル・モデル
第2特集:ステアーM9 グロックと同じオーストリアのステアー社ポリマー・フレーム
第3特集:スターム・ルガー .22/45マークⅢ コルト/ガバメントの末弟
第4特集:GPEC2004 ドイツのポリス・セキュリティ/ショー
第5特集:コルト・ガバメントMkⅣシリーズ70 本物vsモデルガン
■MMN0731 月刊GUN 2004年11月号 450円
[通巻531号] 国際出版株式会社 2004年11月1日発行
第1特集:スターム・ルガーP345 ルガーの新製品 .45ACP
第2特集:S&W PC M500ハンター パフォーマンス・センターのカスタム・モデル
第3特集:イジェメックMP-446バイキング ロシアのニュー・ジェネレーション・ピストル
第4特集:ハイ・スタンダードSENTINEL MKⅣ オートばかりがハイスタじゃない

今回の追加商品は、軽石庵の新着商品ページからも確認していただけます。

次回の追加は、うーん、陸海空銃、の、どれかになる様な気はします(苦笑)。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/rover/20170904

2017/08/15

rover2017-08-15

[] 8/15にあわせた訳ではないのですが

なぜかそういう本が、しかもハードカバー軍団で。冊数的にはそれほど多くはないのですが、結構嵩張っております(苦笑)。戦記、戦史関連の単行本、28冊の追加です。後に文庫化されたものなどもあるのでレア感、というのはそれほど無いかも知れませんが…。

ピックアップしたのは千早正隆 著「日本海軍の戦略発想」。キャリアのほぼすべてを連合艦隊で過ごした、という非常に珍しい経歴を持つ著者が語る日本海軍の敗因。副題にあるとおり、敗戦からそれほど時を措かずに語られた物だけに多少の修正なども加筆されてはいますが、それでも敗戦の衝撃から立ち直りきれない時期にそれでも理性をふりしぼって語られる日本海軍の敗因、というところへの説得力は、後付けでいろいろな知見を得た上で読んでもやはり示唆に富んでいるのでは。非常に興味深かったのは、日本海軍が主に対米戦における切り札と設定し、そのために戦術、装備の性能に至るまで獲得しようとした「アウトレンジ」のコンセプトこそが日本海軍から勝ちを奪う結果になったのではないか、というところ。

アウトレンジで敵を捉え、一方的に攻撃を加える事ができればそれは確かに有利ではあるけれど、そこに拘泥するあまり、肉薄攻撃を捨てて徒にアウトレンジを保持しようとした、いうならばここぞというところで「捨て身」(もちろんこれは特攻などの『捨て鉢』とは全く別物だよ)の一撃を与えることを考えなかったことが、得られたかも知れない勝利を逃してしまうことになったのでは、という指摘は結構新鮮でした。

前置き長すぎですね。それではリストをどうぞ。

■MMN0654 井上成美 (阿川弘之) 850円
新潮社 1986年初版
【A5ハードカバー・箱付き】
■MMN0655 海の生命線 −シーレーン問題の焦点− (阿曽沼広郷、高坂正尭、曽村保信、田久保忠衛、日野一陽) 800円
原書房 1983年初版
【B6ハードカバー・帯つき】
■MMN0656 海軍技術者たちの太平洋戦争 −「海軍空技廠」技術者とその周辺の人びとの物語− (碇義朗) 800円
光人社 1989年初版
【B6ハードカバー・新刊案内折込】
■MMN0657 オレンジ作戦 −軍縮下の日米太平洋戦略− (NHK"ドキュメント昭和"取材班編) 900円
[ドキュメント昭和 世界への登場5] 角川書店 1986年再版
【A5ハードカバー・箱、カバー付き】
■MMN0658 艦載ヘリのすべて −変貌する現代の海洋戦− (江畑謙介) 800円
[メカニックブックス 17] 原書房 1988年初版
【B6ハードカバー・帯つき】
■MMN0659 兵器マフィア −武器秘密取引の内幕− (江畑謙介) 750円
光文社 1992年初版
【B6ハードカバー・帯つき】
■MMN0660 日本にアジア戦略はあるのか −幻想の中国・雄次の極東− (岡崎久彦、中嶋嶺雄) 800円
PHP研究所 1996年初版
【B6ハードカバー・帯つき】
■MMN0661 陸奥宗光 (上) (岡崎久彦) 750円
PHP研究所 1987年初版
【B6ハードカバー・帯つき】
■MMN0662 陸奥宗光 (下) (岡崎久彦) 750円
PHP研究所 1988年初版
【B6ハードカバー・帯つき】
■MMN0663 連行艦隊参謀長の回想 (草鹿龍之介) 800円
光和堂 1981年3刷
【B6ハードカバー・帯つき】
■MMN0664 意外史 日本海軍 (小池猪一) 1000円
光和堂 1989年初版
【B6ハードカバー・帯、正誤表付き】
■MMN0665 海軍主計大尉小泉信吉 (小泉信三) 500円
株式会社文藝春秋 1967年22刷
【B6ハードカバー】
■MMN0666 アメリカ海兵隊の徹底研究 (稲垣治) 750円
光人社 1990年初版
【B6ハードカバー・帯、新刊案内つき】
■MMN0667 日本海軍の戦略発想 −敗戦直後の痛恨の反省− (千早正隆) 650円
プレジデント社 1983年6刷
【B6ハードカバー】
■MMN0668 日本海軍の驕りの始まり (千早正隆) 750円
並木書房 1989年2刷
【B6ハードカバー・帯つき】
■MMN0669 歴史に見る 火器開発裏面史 (津野瀬光男) 1200円
かや書房 1997年初版
【B6ハードカバー・読者はがき折込】
■MMN0670 ドキュメント 海軍技術研究所 −エレクトロニクス王国の先駆者たち− (中川靖造) 700円
日本経済新聞社 1987年4刷
【B6ハードカバー】
■MMN0671 聯合艦隊作戦室から見た太平洋戦争 (中島親孝) 550円
光人社 1988年2刷
【B6ハードカバー】
■MMN0672 戦争論 (西部邁) 400円
日本文芸社 1991年2刷
【B6ハードカバー・帯、読者はがき付き】
■MMN0673 山本五十六の最期 −検視官カルテに見る戦死の周辺− (蜷川親正) 650円
光人社 1986年初版
【B6ハードカバー】
■MMN0674 海戦史に学ぶ (野村實) 650円
株式会社文藝春秋 1985年初版
【B6ハードカバー】
■MMN0675 軍艦メカ開発物語 −海軍技術かく戦えり− (深田正雄) 650円
光人社 1989年3刷
【B6ハードカバー・帯、新刊案内つき】
■MMN0676 日本戦艦物語 (1) (福井静夫) 1200円
[福井静夫著作集 第一巻] 光人社 1992年初版
【B6ハードカバー】
■MMN0677 世界空母物語 (福井静夫) 1200円
[福井静夫著作集 第三巻] 光人社 1993年初版
【B6ハードカバー・帯つき】
■MMN0678 日本巡洋艦物語 (福井静夫) 1200円
[福井静夫著作集 第四巻] 光人社 1992年初版
【B6ハードカバー・帯つき】
■MMN0679 世界戦艦物語 (福井静夫) 1200円
[福井静夫著作集 第六巻] 光人社 1993年初版
【B6ハードカバー・帯、新刊案内つき】
■MMN0680 南京への道 (本多勝一) 500円
[朝日ノンフィクション] 朝日新聞社 1987年初版
【B6ソフトカバー・帯、新刊案内つき】
■MMN0681 戦史の証言者たち (吉村昭) 500円
毎日新聞社 1981年2刷
【B6ハードカバー・帯つき】

今回の追加商品は、軽石庵の新着商品ページからも確認していただけます。

次回の追加は…何としたものか。周りを見回してみる限り、雑誌かなあというところではあるのですが…。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/rover/20170815

2017/07/23

rover2017-07-23

[] ザ・ワールド! 時よ止ま…らんでも

べつにかまわない(あたりまえ)。陸海空シリーズ、「空」はちょっとウチでは手薄だった「エアワールド」誌、49冊の追加です。特に言うこともないのでさっそくリストをどうぞ。あ、ピックアップは95年12月号。いわゆる「スーパーホーネット」、この時期はまだ航空関係の雑誌読んでた(自分の場合は「航空ファン」)はずなんだけど、この機体についての印象があんまりないのはなぜなんだろう。なんなら別の機体といっても良いくらいのバージョンアップだったはずなのに(^^;。

■MMN0605 エアワールド 1977年5月号 300円
[通巻3号] 株式会社エアワールド 1977年5月1日発行
【特集:F-15AとF-16Jを比較する/カラー:函館上空のミグ25】
■MMN0606 エアワールド 1979年12月号 320円
[通巻34号] 株式会社エアワールド 1979年12月1日発行
【カラー:F-15 Over the Pacific/荒鷲の列線ホロマンAFB/東欧・中東・アフリカのエアライナー/特集:ジェット戦闘機の最新テクノロジー/自衛隊機の問題点Part2】
■MMN0607 エアワールド 1980年11月号 300円
[通巻45号] 株式会社エアワールド 1980年11月1日発行
【カラー特報:ファーンボロ'80/特集:Royal Air Force】
■MMN0608 エアワールド 1980年12月号 320円
[通巻46号] 株式会社エアワールド 1980年12月1日発行
【総特集:ファーンボロ航空ショー】
■MMN0609 エアワールド 1981年4月号 320円
[通巻50号] 株式会社エアワールド 1981年4月1日発行
【特集:自衛隊航空'81/カラー特報:F-15J第2弾】
■MMN0610 エアワールド 1982年4月号 320円
[通巻62号] 株式会社エアワールド 1982年4月1日発行
【特集:自衛隊航空'82/カラー:F-15J vs T-2アグレッサー】
■MMN0611 エアワールド 1982年12月号 320円
[通巻70号] 株式会社エアワールド 1982年12月1日発行
【カラー:B-1 in Britain/特集:ファーンボロ'82】
■MMN0612 エアワールド 1984年1月号 300円
[通巻83号] 株式会社エアワールド 1984年1月1日発行
【カラー:カール・ビンソンの搭載機/RAFライトニング/総特集:ヨーロッパの第一線機/特集:Tornado in Fight】
■MMN0613 エアワールド 1984年3月号 320円
[通巻85号] 株式会社エアワールド 1984年3月1日発行
【カラー:千歳のイーグル/ディスカバリー/ババリアのF-104/特集:未来機のためのテクノロジー】
■MMN0614 エアワールド 1984年7月号 320円
[通巻89号] 株式会社エアワールド 1984年7月1日発行
【カラー:F-15J/特集:「ソ連の軍事力'84」を分析/第2特集:KC-X候補機】
■MMN0615 エアワールド 1984年12月号 320円
[通巻94号] 株式会社エアワールド 1984年12月1日発行
【カラー:B-1Bロールアウト/ファーンボロ/リノ/特集:ストライクディープ】
■MMN0616 エアワールド 1985年2月号 320円
[通巻96号] 株式会社エアワールド 1985年2月1日発行
【カラー:ACM William Tell '84/特集:現用攻撃機一覧】
■MMN0617 エアワールド 1985年3月号 320円
[通巻97号] 株式会社エアワールド 1985年3月1日発行
【カラー:エグリン・イーグルス/アローズ'84/特集:ソ連電子偵察機】
■MMN0618 エアワールド 1987年4月号 350円
[通巻124号] 株式会社エアワールド 1987年4月1日発行
【カラー:SC ANGのF-16/F-20タイガーシャーク/特集:自衛隊航空'87】
■MMN0619 エアワールド 1987年8月号 350円
[通巻128号] 株式会社エアワールド 1987年8月1日発行
【カラー:F-14/SR-71B/BAeバルカン/特集:朝鮮半島の軍事力】
■MMN0620 エアワールド 1988年1月号 350円
[通巻134号] 株式会社エアワールド 1988年1月1日発行
【カラー:OV-1モホーク/NASミラマー/特集:FS-X F-16改】
■MMN0621 エアワールド 1988年5月号 350円
[通巻138号] 株式会社エアワールド 1988年5月1日発行
【カラー:AH-64Aアパッチ/空自第2航空団/特集:ソ連ジェット爆撃機の系譜】
■MMN0622 エアワールド 1990年11月号 380円
[通巻168号] 株式会社エアワールド 1990年11月1日発行
【カラー:F-117A/飛行教導隊のF-15/特集:最新情報! イラクの空軍力】
■MMN0623 エアワールド 1991年4月号 380円
[通巻173号] 株式会社エアワールド 1991年4月1日発行
【カラー:東ドイツ空軍機 1/初編隊飛行訓練/特集:自衛隊航空1991】
■MMN0624 エアワールド 1991年12月号 380円
[通巻182号] 株式会社エアワールド 1991年12月1日発行
【カラー:パキスタン空軍の翼 1/リノエアレース'91/特集:ソ連空軍の組織と編成】
■MMN0625 エアワールド 1993年8月号 400円
[通巻202号] 株式会社エアワールド 1993年8月1日発行
【カラー:1空団のT-4/F-16AFTI/特集:ステルス技術】
■MMN0626 エアワールド 1994年8月号 400円
[通巻214号] 株式会社エアワールド 1994年8月1日発行
【カラー:戦競'94/特集:沈黙の空軍】
■MMN0627 エアワールド 1994年9月号 400円
[通巻215号] 株式会社エアワールド 1994年9月1日発行
【カラー:戦競'94/B.777初飛行/特集:'94航空総隊戦技競技会】
■MMN0628 エアワールド 1994年10月号 400円
[通巻216号] 株式会社エアワールド 1994年10月1日発行
【カラー:空撮! T-4ブルーインパルス1号機/特集:在日米軍航空戦力】
■MMN0629 エアワールド 1994年11月号 400円
[通巻217号] 株式会社エアワールド 1994年11月1日発行
【カラー:サンダーバーズ来日/特集:U.S.スペースコマンド/第2特集:転機に立つ自衛隊航空】
■MMN0630 エアワールド 1994年12月号 400円
[通巻218号] 株式会社エアワールド 1994年12月1日発行
【カラー:ファーンボロ'94/リノ'94/総力特集:ファーンボロ'94】
■MMN0631 エアワールド 1995年1月号 400円
[通巻219号] 株式会社エアワールド 1995年1月1日発行
【カラー:仏空軍機の空中給油ミッション/UH-1J/特集:ユーロファイター EF-2000】
■MMN0632 エアワールド 1995年2月号 400円
[通巻220号] 株式会社エアワールド 1995年2月1日発行
【カラー:Keen Edge 95/IDF経国/特集:単段軌道式SSTOの夢】
■MMN0633 エアワールド 1995年4月号 400円
[通巻222号] 株式会社エアワールド 1995年4月1日発行
【カラー:FS-Xロールアウト/阪神大震災の航空救援活動/特集:自衛隊航空1995】
■MMN0634 エアワールド 1995年5月号 400円
[通巻223号] 株式会社エアワールド 1995年5月1日発行
【カラー:空撮! 第204飛行隊のF-15J/特集:中型輸送機バトル】
■MMN0635 エアワールド 1995年6月号 400円
[通巻224号] 株式会社エアワールド 1995年6月1日発行
【カラー:CV-62とその搭載機/特集:ロシアの新世代空対空ミサイル】
■MMN0636 エアワールド 1995年7月号 420円
[通巻225号] 株式会社エアワールド 1995年7月1日発行
【カラー:ギリシャ空軍のミラージュ/零戦日本の空を舞う/第1特集:軽空母と艦載VTOL機/第2特集:エアバス最新情報】
■MMN0637 エアワールド 1995年9月号 420円
[通巻227号] 株式会社エアワールド 1995年9月1日発行
【カラー:パリ・エアショー/'95戦競出場機マーキング/特集:パリ国際航空宇宙ショー95】
■MMN0638 エアワールド 1995年10月号 420円
[通巻228号] 株式会社エアワールド 1995年10月1日発行
【カラー:空自新田原基地/特集:ダグラス75周年】
■MMN0639 エアワールド 1995年11月号 420円
[通巻229号] 株式会社エアワールド 1995年11月1日発行
【カラー:全日空のB.777/飛行開発実験団/特集:航空自衛隊の明日を開く 飛行開発実験団】
■MMN0640 エアワールド 1995年12月号 420円
[通巻230号] 株式会社エアワールド 1995年12月1日発行
【カラー増ページ:F/A-18E/F 初号機ロールアウト/FS-X初飛行/リノ・エアレース'95/デナイ・フライト/特集:B.767軍用派生型の展開】
■MMN0641 エアワールド 1996年1月号 420円
[通巻231号] 株式会社エアワールド 1996年1月1日発行
【カラー:飛行実験を開始したFS-X/空自総演/特集:大型旅客機のフライ・バイ・ワイヤ】
■MMN0642 エアワールド 1996年2月号 420円
[通巻232号] 株式会社エアワールド 1996年2月1日発行
【カラー:NATO/PfP初の演習/特集:B-2開発秘話】
■MMN0643 エアワールド 1996年4月号 420円
[通巻234号] 株式会社エアワールド 1996年4月1日発行
【カラー:T-4ブルーインパルス/STS-72/特集:自衛隊航空1996】
■MMN0644 エアワールド 1996年6月号 420円
[通巻236号] 株式会社エアワールド 1996年6月1日発行
【カラー:OH-Xロールアウト/陸自のAH-1S&CH-47JA/特集:陸上自衛隊航空進化論】
■MMN0645 エアワールド 1996年7月号 420円
[通巻237号] 株式会社エアワールド 1996年7月1日発行
【カラー:空自のU-125AとUH-60J/伊アビアノ基地の31FWのF-16/特集:ナヴスターGPS衛星航法システム】
■MMN0646 エアワールド 1996年8月号 420円
[通巻238号] 株式会社エアワールド 1996年8月1日発行
【カラー:戦競'96/カールビンソン来日/特集:航空自衛隊のF-15J】
■MMN0647 エアワールド 1996年9月号 420円
[通巻239号] 株式会社エアワールド 1996年9月1日発行
【カラー:スウェーデン空軍の翼/戦競'96/特集:前進するA3XX計画】
■MMN0648 エアワールド 1996年10月号 420円
[通巻240号] 株式会社エアワールド 1996年10月1日発行
【カラー:リムパック96/特集:F-22のウエポン・システム】
■MMN0649 エアワールド 1996年12月号 420円
[通巻242号] 株式会社エアワールド 1996年12月1日発行
【特集:ファーンボロ1996】
■MMN0650 エアワールド 1997年1月号 420円
[通巻243号] 株式会社エアワールド 1997年1月1日発行
【カラー:空撮!! 新田原/'96ソウル・エアショー/特集:AH-64D ロングボウ・アパッチ】
■MMN0651 エアワールド 1998年6月号 450円
[通巻260号] 株式会社エアワールド 1998年6月1日発行
【カラー:XOH-1の飛行試験に密着! /E-767 AWACS到着/特集:ロシア戦闘機の最新事情】
■MMN0652 エアワールド 1998年7月号 450円
[通巻261号] 株式会社エアワールド 1998年7月1日発行
【カラー:密着! 小松救難隊の1日/USSエンタープライズの艦載機/特集:最新武装ヘリコプターの世界】
■MMN0653 エアワールド 1999年3月号 450円
[通巻269号] 株式会社エアワールド 1999年3月1日発行
【カラー:日米共同統合演習・千歳/NATO諸国の軍事演習/特集:検証/韓国の航空戦力】

今回の追加商品は、軽石庵の新着商品ページからも確認していただけます。

次回の追加は、どうしたものか…。まだ陸海空シリーズ続ける余力はあるっちゃ、ある(特に陸と海は結構あるぜ)んですが、あえて別な感じの本を並べるのも良いかな、などとも思案中。なんにせよ早めにご紹介できたら、とは思っていますのでお楽しみに。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/rover/20170723
 

HATENA on web古書店

最近のコメント

1. 06/26 タニグチ
2. 06/26 タニグチ
3. 06/03 rover(番頭)
4. 06/03 クサカ
5. 12/04 Mr.F
 

Karuishian Old Books

Powered by HATENA