釣りは性欲の延長である。

455943

2016-12-08

実質グラードン入りトリパ

ヤレユータコータスバンバドロで攻撃面は実質グラードンかそれ以上になった気がするパーティ
ヤレユータトリルを遂行できなかったときの貼り直し要因として数値が高く、自身も攻撃参加できるポリゴン2
トリル軸の選出で分が悪いと感じ場合にはコータスドレディア軸で眠り粉を駆使して強引突破を狙う
  

f:id:rozurex:20161206232426p:imagef:id:rozurex:20161204212723p:imagef:id:rozurex:20161206232427p:imagef:id:rozurex:20161206232429p:imagef:id:rozurex:20161204182120p:imagef:id:rozurex:20161206232430p:image

  
ポケモン技1技2技3技4もちもの
ステータス特性
備考
コータスふんかねっぷうソーラービームまもるホノオZ
れいせい 177(252)-*-160-150(252)-91(4)-22ひでり
ワイドガードを誘うことと、HPが削れた状態でも火力が出せるホノオZで採用
バンバドロじしん10まんばりきいわなだれヘビーボンバーとつげきチョッキ
ゆうかん 207(252)-194(252)-120-*-106(4)-36マイペース
ヤレユータンとの並びが強力なためシナジーがあるマイペースで採用
ヤレユータサイコキネシスさいはいいばるトリックルームオボンのみ
なまいき 196(244)-*-124(188)-110-154(76)-58テレパシー
とりあえずステータスが高そうな配分 HP偶数オボン
ポリゴン2トライアタックれいとうビーム10まんボルトトリックルームしんかのきせき
れいせい 191(244)-*-110-172(252)-117(12)-58トレース
呼びやすいギャラドスやもらい火ウインディに有効なトレースで採用
カプ・テテフサイコキネシスサイコショックムーンフォース10まんボルトこだわりメガネ
ひかえめ 145-*-96(4)-200(252)-135-147(252)サイコメーカー
基本はサイキネだがカビゴンやオニシズクモに刺さるショックを両立
ドレディアリーフストームねむりごなおさきにどうぞまもるきあいのタスキ
おくびょう 145-*-95-162(252)-96(4)-156(252)ようりょくそ
ダウンロード意識でDに4振り

  
  
以下採用理由&個別考察等

  
コータス
f:id:rozurex:20161206232426p:image
トリル選出とドレディア選出のどちらになってもパーティの核になってくるポケモンであり選出率はかなり高め
持ち物ホノオZはワイガ対策に採用しなければいけない火炎放射や大文字に割いてしまう技スペを節約できるのが強み
噴火を元にしたときのダイナミックフルフレイムは威力が200になりHP振りのベトベトン程度なら確定で落ちる
配分しだいではありますが半減のポケモンバンバドロの全体攻撃やヤレユータンのサイキネ等で怪しくなるラインまで削れるため、バンバドロの攻撃で相手を倒しつつヤレユータンの威張るでバンバドロの攻撃力を上げる動きに繋がりやすい点も魅力的
采配噴火している瞬間はゲンシグラードン
  
バンバドロ
f:id:rozurex:20161204212723p:image
こちらもトリル選出で強力な勝ち筋になるポケモンコータスの炎技が通りづらいガラガラ、ウインディギガイアス等を処理するのに適したポケモン
ヤレユータンの隣にいるとき限定ですが断崖の剣っぽいのを使えます。
10まんばりきのおかげで誰と並べても困ることなく地面技を使えるところは非常に優秀
WCSルールとはそこまで関係のない話ですが10まんばりきが接触技だという点は非常に残念だと思いました、ギルガルド使います。
  
・ヤレユータ
f:id:rozurex:20161206232427p:image
コータスバンバドロ専用の相方かと思いきやカプ・テテフと並べることにより
サイコフィールドの効果で猫だましが飛んでこないことと、トリル選択ターンに高火力で圧力をかけられるためトリルの成功率が上がるという恩恵を得られる。
トリル後は次のヤレユータン行動順に采配でテテフを動かす事ができるので特別鈍足で揃える必要のないところがヤレユータンを使ったトリパの強みです。
ちなみに采配は直前に攻撃した方向へ再度攻撃になるので、それとは逆方向にテテフの技を選択しておけば
采配で前ターン攻撃していた左側を攻撃→テテフ自身が選択した右側を攻撃
といった感じで打ち分けることが可能になるトリル中にヤレユータンより速くなってしまうとこの打ち分けはできない
スイッチトリパでもない限り従来トリパには高速アタッカーを採用することはあまり無かったのですがヤレユータンに限ってはこのような芸当が可能なので、従来のトリパと比べて素早さの高いポケモンを採用しやすい。
  
・ポリゴン2
f:id:rozurex:20161206232429p:image
役割は初手のトリル要員兼トリルアタッカー、中盤のトリル貼り直しなど
ステータスと技範囲が優秀なので思考停止気味で採用できるポケモンでもある
ヒードランクレセリアメガガルーラニンフィアバンギラスボルトロス等処理に時間を要する相手が少なくなったのでかなり強い
上にも書きましたが主にギャラドスともらい火ウインディ意識でトレースを採用、現在のWCS環境ではBよりDが高いポケモンの方が割合的に多くてダウンロードが機能しづらいのではないかと考えています。(自分のマッチングした相手のみを見ての感想ですが)
ただ相手に別天候のポケモンがいるときにはトレースがデメリットに感じます。
  
カプ・テテフ
f:id:rozurex:20161204182120p:image
数値の暴力
眼鏡テテフをあまり警戒してる人がいないように感じました。ドヤ顔で居座るウインディやガラガラあたりは数え切れないほど葬ってきてるのでそろそろ意識され始めて動きにくくなる頃合いかなとも思います。
ショックはパーティ単位で苦手なオニシズクモやカビゴンを強く意識した技ですが、ギャラドスライチュウ等を一撃で倒せたりと便利な技です。
シャドーボールが無いことのデメリットは感じませんでした。
  
ドレディア
f:id:rozurex:20161206232430p:image
トリパミラー等で選出して粉連打してることが多いです。
選出率こそ低めの裏選出用ポケモンですが、何気に出した試合は全部勝ててるのでなんだかんだでそれなりに強いポケモンだと思います。
ただ、主軸にしたいポケモンではありませんでした。
  
  
・選出
一番多いパターンがヤレユータン+テテフ先発、相手次第でポリ2コータスバンバドロから後発を選択
ゲンガーウツロイド等テテフを上からワンキルできる可能性のあるポケモン+ヤレユータンをワンキルできそうなフェローチェ、オニシズクモ、ラッタワルビアル等の組み合わせが見えた場合ポリゴン2やドレディアを軸にした選出にシフトといった感じです。
ガオガエンベトベトンの場合は組み合わせ関係なしに単体が厄介で、対トリパの選出を捻じ曲げる強さを持っている気がしました。
  
  
・使われて厄介に感じたポケモンリスト
シルヴァディ(ノーマル)f:id:rozurex:20161204233115p:image
・ジジーロンf:id:rozurex:20161208224828p:image
アクジキングf:id:rozurex:20161208224829p:image
・オニシズクモf:id:rozurex:20161208224830p:image
ガオガエンf:id:rozurex:20161208224831p:image
ベトベトンf:id:rozurex:20161208224832p:image
カビゴンf:id:rozurex:20161208225047p:image
  
ヤレユータンは今作のダブルバトルを遊ぶ上で最も無視できないポケモンの1つではないでしょうか?
6世代までのダブルバトルではトリックルームを主軸にした戦術はどうしても一線級とは言い難いところで止まっていた印象ですが、ヤレユータンの登場により対策必須の強力な戦術に進化したように感じます。
とは言え、弱点らしい弱点もしっかり存在するので対策するためにも一度は使ってみることを推奨するポケモンです。

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/rozurex/20161208/1481206182
Connection: close