Hatena::ブログ(Diary)

お前の血は何色だ!! 4 このページをアンテナに追加 RSSフィード Twitter

2010-09-05

jQuery のcssプロパティ拡張(独自プロパティ)の作り方

みんな大好き、javascriptライブラリjQueryには、

$(elem).css({ width: 123 });

とか

var width = $(elem).css('width');

とか

$(elem).css('width',123);

とかみたいに、 .css メソッドを利用して値が設定や取得ができます。

ただ、最初から決められたものだけではなくて、自分で好きなプロパティ作って自由に設定したいですよねw

ここでは、前回作った、 クロスブラウザな回転 で rotate や transform を実装したときに使ったテクニックを解説したいと思います。



クロスブラウザーな回転では、 rotate 等の独自プロパティを定義しています。

rotateによって、自由な回転角度を設定できます。

$(elem).css({ rotate: 123 });

とか

var rotate = $(elem).css('rotate');

とか

$(elem).css('rotate',123);

とか、できます。

ソース

ソースコードにコメントを入れながら解説していきます。

(function ($) {
	//cssプロパティ拡張するためにメソッドをフックします。
	//フックするメソッドは $.style と $.curCSS の2つです。
	//まずは、既存のメソッドを保存しておきます。
	var jquery_fix_orignal_style = $.style;			//$.css() 経由で主に値のセット時に呼び出される
	var jquery_fix_orignal_curCSS = $.curCSS;		//$.css() 経由で主に値のゲット時に呼び出される
	
	//transformなどの各ブラウザによって名前が違う可能性があるプロパティを効率よく検索するヘルパー関数です。
	//styleObject		検索するオブジェクトの style 部分。  elem.style
	//styleArgs			プロパティ検索リスト['WebkitTransform', 'MozTransform', 'OTransform' , 'transform'] みたいな.
	//
	//戻り値			プロパティ
	function findstyle_for_crossbrowser(styleObject,styleArgs)
	{
		var i ;
		for( i in styleArgs)
		{
			//プロディが定義されているか調べます。
			if (typeof styleObject[styleArgs[i]] != 'undefined') 
			{
				//定義されていれば、そのプロパティを採用します。
				return styleArgs[i];
			}
		}

		//プロパティが定義されていない場合は、適当に作成します。
		//この場合は、プロパティ検索リストの最後に渡したプロパティで自動作成しています。
		styleObject[styleArgs[i]] = '';
        return styleArgs[i];
	}

	//jquery本体を拡張します!
	jQuery.extend({
		//$.css() 経由で主に値のセット時に呼び出される. 
		//elem				オブジェクト
		//name				プロパティ名
		//value				値 (px 等の文字がつけられている可能性があります.)
		//
		//戻り値			値
		style:	function( elem, name, value )
		{
			switch(name)
			{
			//便利なオレオレプロパティ
			case 'rotate':				//回転
				//回転用の専用関数を呼び出します。
				$(elem).rotate(value);
				//ここで処理は終了です.
				return value;
			case 'scale':				//拡大
				//拡大用の専用関数を呼び出します。
				$(elem).scale(value);
				//ここで処理は終了です.
				return value;

			//transformプロパティの処理
			case 'transform':
				//ブラウザーによって実装が異なるので、どれが実装されているか検索していきます。
				name = findstyle_for_crossbrowser( elem.style || elem , 
					['WebkitTransform', 'MozTransform', 'OTransform' , 'transform'] );
				//処理を jQueryに流します。
				//name を変更するだけがここの case の目的です。
				break;
			}
			
			//jQuery本体の本来の $.style を呼び出します。
			return jquery_fix_orignal_style.apply(this, [elem, name, value] );
		}
		,
		//$.css() 経由で主に値の取得時に呼び出される. 
		//elem				オブジェクト
		//name				プロパティ名
		//force				コレ何? そのままの値をとるか、計算で求めるか?
		//
		//戻り値			値
		curCSS:	function( elem, name, force )
		{
			switch(name)
			{
			//便利なオレオレプロパティ
			case 'rotate':				//回転
				return $(elem).rotate();
			case 'scale':				//拡大
				return $(elem).scale();

			//transformプロパティの処理
			case 'transform':
				//ブラウザーによって実装が異なるので、どれが実装されているか検索していきます。
				name = findstyle_for_crossbrowser( elem.style || elem , 
					['WebkitTransform', 'MozTransform', 'OTransform' , 'transform'] );
				//処理を jQueryに流します。
				//name を変更するだけがここの case の目的です。
				break;
			}
			//jQuery本体の本来の $.curCSS を呼び出します。
			return jquery_fix_orignal_curCSS.apply(this, [elem, name, force] );
		}
	});

	//回転
	//大回転 エッケザックスもびっくりの回転をあなたに!
	jQuery.fn.rotate  = function(val) 
	{
		//取得
		if (typeof val == 'undefined')
		{
			if (jQuery.browser.opera)
			{
				//operaだけradで入っている 例: rotate(0.17rad) 
				var r = this.css('transform').match(/rotate\((.*?)\)/);
				return  ( r && r[1])	?
					Math.round(parseFloat(r[1]) * 180 / Math.PI)		:		0;
			}
			else
			{
				//transformをパースする.
				var r = this.css('transform').match(/rotate\((.*?)\)/);
				return  ( r && r[1])	?	parseInt(r[1])	:	0;
			}
		}

		//セット
		this.css('transform', 
			this.css('transform').replace(/none|rotate\(.*?\)/, '') + 'rotate(' + parseInt(val) + 'deg)');
		return this;
	};

	jQuery.fn.scale  = function(val) 
	{
		//取得
		if (typeof val == 'undefined')
		{
			//transformをパースする.
			var r = this.css('transform').match(/scale\((.*?)\)/);
			return  ( r && r[1])	?	parseFloat(r[1])	:	1;
		}

		//セット
		this.css('transform',
			this.css('transform').replace(/none|scale\(.*?\)/, '') + 'scale(' + parseFloat(val) + ')');
		return this;
	};

	//animate メソッドでアニメーションさせる定義
	
	//回転のアニメーション
	jQuery.fx.step.rotate  = function(fx) {
		if ( fx.state == 0 ) {
			fx.start = $(fx.elem).rotate();
//			fx.end =   fx.end;
			fx.now = fx.start;
		}
		$(fx.elem).rotate(fx.now);
	};

	//拡大のアニメーション
	jQuery.fx.step.scale  = function(fx) {
		if ( fx.state == 0 ) {
			fx.start = $(fx.elem).scale();
//			fx.end =   fx.end;
			fx.now = fx.start;
		}
		$(fx.elem).scale(fx.now);
	};

})(jQuery);

コツは、メソッドのフックにあります。

jQuery が内部で使っているメソッドをフックしてそこで好きなことをする、

または、プロパティ名を書き換えるだけして、続きは本来のメソッドにやらせるみたいな。

jQuery って セットするときは、 $.style なのに、ゲットするときは $.curCSS とか名前が微妙に気もしますが、

いろいろな経緯があったのかなと思います。

また、 cssanimate メソッドは、別物なので、 animate の設定もしなくてはだめです。

ちょっとメンドイですね。。。

多様性を確保するには仕方なかったのかも知れませんが。


ソース2

モダンブラウザだとこれだけで回転がぐるぐるできます。

だけど、モダンではない IE はもう少し調整が必要です。

#IEが回転の分野の先駆者なんだから、モダンではないという言い方はおかしい気駕する。


//みんな大好きIEで回転する.
if (jQuery.browser.msie)
{
	//絶対座標を取得する.
	//テーブルなどの子ノードの場合、 親座標からの相対値になってしまうため、
	//DOMのツリーをたどりながら絶対座標を求める.
	//
	//element		オブジェクト
	//
	//戻り値		[x,y]  絶対座標
	function GetAbsoluteXY(element)
	{
		var pnode = element;
		var x = pnode.offsetLeft;
		var y = pnode.offsetTop;
		
		while ( pnode.offsetParent )
		{
			pnode = pnode.offsetParent;
			x += pnode.offsetLeft;
			y += pnode.offsetTop;
			if (pnode != document.body && pnode != document.documentElement)
			{
				x -= pnode.scrollLeft;
				y -= pnode.scrollTop;
			}
		}
		
		return {
			x: x,
			y: y
		};
	}
	
	//position: static を position: absolute に変換する.
	//
	//element		オブジェクト
	function StaticToAbsolute(element)
	{
		if ( element.currentStyle['position'] != 'static')
		{
			return ;
		}

		//今のオブジェクトが抜けると、コンテンツがずどんと落ちてしまわないように余白を入れる.
		var yohakuDiv = document.createElement('div');
		yohakuDiv.style.left  = element.style.left;		yohakuDiv.style.left = element.style.left;
		yohakuDiv.style.width = element.style.width;	yohakuDiv.style.height = element.style.height;
		element.parentNode.appendChild(yohakuDiv);

		//absolute 変換.
		var xy = GetAbsoluteXY(element);
		element.style.position = 'absolute' ;
		element.style.left = xy.x ;
		element.style.top = xy.y ;
	}

	//IEで transform を実装する.
	//
	//element		オブジェクト
	function IETransform(element){
		var r,rx,ry;
		
		var m11 = 1;
		var m12 = 1;
		var m21 = 1;
		var m22 = 1;
		
		//IEは回転することで、他のオブジェクトにも影響を与えてしまう。
		//そのため、 position: absolute に変換する.
		StaticToAbsolute(element);

		//長くなるのでtransformの値を一度コピーしておく.
		var transform = element.currentStyle['transform'] || '';

		//回転
		r = transform.match(/rotate\((.*?)\)/);
		var rotate =  ( r && r[1])	?	parseInt(r[1])	:	0;

		//0 〜 360の範囲に収める.
		rotate = rotate % 360;
		if (rotate < 0) rotate = 360 + rotate;

		var radian= rotate * Math.PI / 180;
		var cosX =Math.cos(radian);
		var sinY =Math.sin(radian);

		m11 *= cosX;
		m12 *= -sinY;
		m21 *= sinY;
		m22 *= cosX;

		//skew
		r = transform.match(/skewX\((.*?)\)/);
		var skewX =  ( r && r[1])	?	parseFloat(r[1])	:	0;
		r = transform.match(/skewY\((.*?)\)/);
		var skewY =  ( r && r[1])	?	parseFloat(r[1])	:	0;
		r = transform.match(/skew\((.*?)(?:,(.*?))?\)/);
		if (r)
		{
			skewX =  (r[1])	?	parseFloat(r[1])	:	0;
			skewY =  (r[2])	?	parseFloat(r[2])	:	0;
		}

		//0 〜 360の範囲に収める.
		skewX = skewX % 360;
		if (skewX < 0) skewX = 360 + skewX;

		skewY = skewY % 360;
		if (skewY < 0) skewY = 360 + skewY;


//		m11 = m11;
		m12 = m12 + Math.tan(skewX * Math.PI / 180);
		m21 = m21 + Math.tan(skewY * Math.PI / 180);
//		m22 = m22;


		//拡大
		r = transform.match(/scaleX\((.*?)\)/);
		rx =  ( r && r[1])	?	parseFloat(r[1])	:	undefined;
		r = transform.match(/scaleY\((.*?)\)/);
		ry =  ( r && r[1])	?	parseFloat(r[1])	:	undefined;
		r = transform.match(/scale\((.*?)(?:,(.*?))?\)/);
		var scaleX =  ( r && r[1])	?	parseFloat(r[1])	:	(typeof rx != 'undefined' ? rx : 1);
		var scaleY =  ( r && r[2])	?	parseFloat(r[2])	:	(typeof ry != 'undefined' ? ry : scaleX);

		m11 *= scaleX;
		m12 *= scaleX;
		m21 *= scaleY;
		m22 *= scaleY;

		//フィルターで回転と拡大縮小を加えます。
		element.style.filter =  (element.style.filter || '').replace(/progid:DXImageTransform\.Microsoft\.Matrix\([^)]*\)/, "" ) +
			("progid:DXImageTransform.Microsoft.Matrix(" + 
				 "M11=" + m11 + 
				",M12=" + m12 + 
				",M21=" + m21 + 
				",M22=" + m22 + 
				",FilterType='bilinear',sizingMethod='auto expand')") 
			;

		//absolute時には軸を補正してあげないとだめだ。
		//ブラウザとして軸がずれている。
		//計算式元ネタ http://p2b.jp/200912-CSS3-Transform-for-IE8

		//offset*系のサイズは回転によって生じたゆがみも考慮されるらしい。
  		var w = parseInt(element.offsetWidth);
  		var h = parseInt(element.offsetHeight);
		//拡大縮小も同じ.
		//this.get(0).style.width や height には拡縮の影響を受けない元の数字が入っている
  		ow = parseInt(element.style.width)
  		oh = parseInt(element.style.height);


		var quarter_radian= (rotate%90) * Math.PI / 180;	//90度で割らないと変になるよ!!
		var quarter_cosX =Math.cos(quarter_radian);
		var quarter_sinY =Math.sin(quarter_radian);
		
		//回転の補正
		var dx = 1/2 * (w - h * quarter_sinY - w * quarter_cosX);
		var dy = 1/2 * (h - w * quarter_sinY - h * quarter_cosX);

		//skewの補正(rotate しながらskew すると補正がおかしくなります。 これがわからない)
		dx = dx - ow/2 * Math.tan(skewX * Math.PI / 180);
		dy = dy - oh/2 * Math.tan(skewY * Math.PI / 180);

		//拡大の補正
		dx = dx - (((ow*scaleX) - ow) / 2);
		dy = dy - (((oh*scaleY) - oh) / 2);

		//DX DY で補正しても効かないときがあるので一番確実なマージンで与えます。
		element.style.marginLeft = Math.floor(dx);
		element.style.marginTop  = Math.floor(dy);

		return(true);
	}

	//jquery を再度フックし、 tranform を IETransform に流します。
	var jquery_iebug_fix_orignal_style = $.style;
	jQuery.extend({
		//$.css() 経由で主に値のセット時に呼び出される. 
		style:	function( elem, name, value )
		{
			var r = jquery_iebug_fix_orignal_style.apply(this, [elem, name, value] );

			switch(name)
			{
			case 'transform':
				IETransform(elem);
				break;
			}
			return r;
		}
	});
}

こんな感じです。

面白い独自プロパティができればいいなと思います。

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/rti7743/20100905/1283645546