http://rubikitch.com/に移転しました このページをアンテナに追加 RSSフィード

2008-01-02

[][][]Ruby リファレンスマニュアルEmacs で参照・ anything.el との連携(改訂版)

前回の Ruby リファレンスマニュアル(通称るりま)と ReFe2 をインストール・ Emacs で参照する・ anything.el との連携 - http://rubikitch.com/に移転しました では欠点があったのでより強化してみた。

refe2x コマンド

ReFe2 よりも bitclust コマンドを使う方がより詳細な説明が出ることが判明。それに ReFe2 だとライブラリリファレンスが見られないようだ。 bitclust ならば見られる。なので、拙作 refe2 コマンドを改訂して refe2x コマンドを作成した。以下からもってけ! refe2x コマンドの BITCLUST_DIR と COLUMNS は適当に書き換えてね。

http://www.rubyist.net/~rubikitch/archive/refe2x

refe2x コマンドの使い方は少しかわっている。以下のように prefix がついている。「 c/ 」がクラス、「 l/ 」がライブラリ、「 m/ 」がメソッドのリファレンスを引く。

$ refe2x c/Abbrev
略
$ refe2x l/abbrev
略
$ refe2x m/Abbrev.#abbrev
略

生成された総目次

さて、次は総目次を作成だ。

生成物は例によって refe2x.e は以下に置いたからもってけ!

http://www.rubyist.net/~rubikitch/archive/refe2x.e

自分で総目次を作成したい人は次の項目へ。

bc-index コマンドで総目次を作成

総目次を作成するコマンド bc-index を作成した。こんな感じに実行する。以下からもってけ!

http://www.rubyist.net/~rubikitch/archive/bc-index

$ bc-index -d ~/compile/ruby-refm-1.9.0-dynamic/db-1_9_0/
l/_builtin
c/Abbrev
l/abbrev
m/Abbrev.#abbrev
c/ACL
m/ACL#allow_addr?
m/ACL#allow_socket?
m/ACL#install_list
m/ACL.new
c/Arc

$ bc-index --sexp -d ~/compile/ruby-refm-1.9.0-dynamic/db-1_9_0/
# (refe2x "l/_builtin")
# (refe2x "c/Abbrev")
# (refe2x "l/abbrev")
# (refe2x "m/Abbrev.#abbrev")
# (refe2x "c/ACL")
# (refe2x "m/ACL#allow_addr?")
# (refe2x "m/ACL#allow_socket?")
# (refe2x "m/ACL#install_list")
# (refe2x "m/ACL.new")
# (refe2x "c/Arc")
(略)

Emacs 使いにとって必要なのは--sexp をつけた方だ。

$ cd ~/compile/ruby-refm-1.9.0-dynamic/bitclust
$ bc-index --sexp -d ~/compile/ruby-refm-1.9.0-dynamic/db-1_9_0/ > refe2x.e

これで refe2x.e ができあがった。

Emacs で refe2 コマンドを使う。

ここから後は以前の設定とほとんど一緒。 s/2/sx/g しただけ。

(defun refe2x (kw)
  (interactive "sReFe2x: ")
  (let ((coding-system-for-read 'euc-japan))
    (with-current-buffer (get-buffer-create (concat "*refe2x:" kw "*"))
      (when (zerop (buffer-size))
        (call-process "refe2x" nil t t kw)
        (diff-mode))
      (setq minibuffer-scroll-window (get-buffer-window (current-buffer) t))
      (goto-char (point-min))
      (display-buffer (current-buffer)))))

anything.el との連携

anything-c-source-static-escript は以前とまったく同じ。 s/2/sx/g しただけ。

(defun anything-c-source-static-escript (symbol desc filename &rest other-attrib)
  `((name . ,desc)
    (candidates . ,symbol)
    ,@other-attrib
    (init
     . (lambda ()
         (unless (and (boundp ',symbol) ,symbol)
           (with-current-buffer (find-file-noselect ,filename)
             (setq ,symbol (split-string (buffer-string) "\n" t))))))
    (action
     ("Eval it"
      . (lambda (cand)
          (with-temp-buffer
            (insert cand)
            (cd ,(file-name-directory filename))
            (backward-sexp 1)
            (eval (read (current-buffer)))))))))
(setq anything-c-source-refe2x
      (anything-c-source-static-escript
       'anything-c-refe2x-candidates "ReFe2x"
       "~/compile/ruby-refm-1.9.0-dynamic/bitclust/refe2x.e"
       '(delayed)
       '(requires-pattern . 3)))
(setq anything-sources (list anything-c-source-refe2))

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証