http://rubikitch.com/に移転しました このページをアンテナに追加 RSSフィード

2009-07-22

[]キーボードマクロで連番を挿入する方法

Emacsで連番を挿入する方法 - http://rubikitch.com/に移転しましたの続き。

キーボードマクロ使い捨てテキスト処理にうってつけだ。<f3>で定義開始、<f4>で定義終了。実行も<f4>でできる。

実はEmacsで連番を挿入するときにもキーボードマクロが使える。

1. 
2. 
3. 
4. 

を挿入することを考える。

まず、連番の初期値1を設定する。C-x C-k C-cを押すと「Macro counter value」と聞いてくるので、1を入力する。

その後は C-x C-k C-i で現在の値を挿入できる。なので、 <f3> C-x C-k C-i . SPC RET <f4> でマクロ定義。あとは<f4>を連打することでどんどん連番を挿入できる。

よー考えれば、こういう処理こそ使い捨ての処理でキーボードマクロに向いてるんだよね。ただ、押しづらいキーバインドなのが残念でならない。コマンドを起動するのに3ストローク以上かかるのは嫌だ。

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/rubikitch/20090722/kmacro