http://rubikitch.com/に移転しました このページをアンテナに追加 RSSフィード

2014-06-27

[][]Emacs×Ruby - PryをEmacsで使ってみる

Pry = IRB.succ

今回は久々にRubyEmacsなお話です。

あなたはRubyプログラミング試行錯誤するときに

どういうツールを使っていますか?

irb

xmp(rcodetools)?

irbRubyインストールしたときに

昔からついてくる対話Rubyです。

シェルインターフェースRubyの式を

書いたら評価結果を表示してくれます。

その進化形がPryです。

で、pryとは何かというと、

『Pry = IRB + Shell + Ruby Shell + Debugger』

といった感じです。

Emacs世界にあるeshellは

『Eshell = IELM + Shell + Emacs Lisp Shell』

なので、pryはRuby界のeshellみたいなものと

思っていただければよいです。

$ sudo gem install pry pry-nav

インストールしてください。

Emacsで使う準備

pryはEmacsから使えます。

Rubyのパッケージには、ruby-mode.elなどのelisp

含まれていますが、古いのでMELPAのものを使います。

昔からEmacsirbを使うにはinf-ruby.elを使うのですが、

MELPA版のinf-ruby.elはpryにも対応しています。

M-x package-refresh-contents

M-x package-install inf-ruby

そして、以下の設定をしてください。

==== pry-init.el

(require 'inf-ruby)

(setq inf-ruby-default-implementation "pry")

(setq inf-ruby-eval-binding "Pry.toplevel_binding")

;; riなどのエスケープシーケンスを処理し、色付けする

(add-hook 'inf-ruby-mode-hook 'ansi-color-for-comint-mode-on)

Emacsと併用するのでpryの設定ファイルである

.pryrcでemacsclientをエディタに設定してください。

==== ~/.pryrc

Pry.config.editor = "emacsclient"

続きはメルマガ

EmacsでPryを使うのは楽しいものです。

続きは明日のメルマガでお話します。お楽しみに!

http://www.mag2.com/m/0001373131.html

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/rubikitch/20140627/pry
リンク元