http://rubikitch.com/に移転しました このページをアンテナに追加 RSSフィード

2008-08-12

[][]196日で途切れた><カーネルバージョンアップホイールマウスの設定〜

連続稼動記録が196日で途切れた。これからまたuptime記録を作ればいいことだ。

htopイラネ

htopでCPUを喰い潰しているプロセスを殺そうとしたとき、シグナル名を確定しようとEnterを押したら、Xを殺してしまった。プロセスも同時に選択しないといけなかったのだが、それをしなかったため。結局htopを使うのをやめ、通常のtopに戻した。htopは使いづらい。

xorg?それっておいしいの?

俺のXFree86は長時間稼動しているとなぜかX再起動ができない。screenがないとか言われる。謎だ。どれくらいの時間かわからないが、起動直後ならば再起動できる。2年くらい前にxorgを試してみたけど、遅くなったから結局XFree86に戻したのだが、今のxorgはどうなんだろうか、まだ試してはいない。もう5年にもなるPentium4マシンxorgに移行するメリットってあるのかな。

掃除

さて、冬から稼動しているマシンの電源を久々に落とした。電源を落とすことはめったにやらないから、匡体の中の掃除だ。ホコリまみれだった。掃除機で徹底的に掃除CPUファンは特に念入りに。

ブログを書いている時点でuptimeが50分になろうとしているところだが、室温25.6度でCPU温度が36度!再起動前は負荷かけていないのに50度とかになっていたのでホコリが溜まっていたのが高温の原因だと思われる。今までの経験から、掃除すると毎回CPU温度が下がる。

uptime記録を伸ばすのもいいけど、毎年夏前に一旦電源を落として掃除したほうがよさそうだ。

ホイールマウスが使えた

それからX再起動不能病のために先延ばしになっていたホイールマウスの設定だが、X再起動マシン再起動)ではうまくいかなかったのでぐぐって解決。

http://www.nurs.or.jp/~sugi/wheel-red7.htm より

/etc/X11/XF86Config-4 の Driver "mouse"のところに

Option "Button" "5"
Option "ZAxisMapping" "4 5"

の2行を加えたらあっさり認識。生まれて初めてホイールマウスを使ってみたけど、快適すぎて感動!!Firefoxはもちろんのことw3mでも使えるのがよい。これで英語サイトの読解も楽になるだろう。Firefoxはいっそのことマウスのみで操作してみようかな。そもそもGUIブラウザキーボードで操作するのが無謀だと思う。Flashとかが出てくると事実上マウス必須になるし。マウスジェスチャーとかの(俺にとっての)新世界を体感したい。

↑のサイトRedHatと書いてるが、Debian GNU/Linuxでもちゃんと動いた。ようはXFree86の問題であってOSディストリビューションの問題ではないだろと。

カーネルアップグレード

あとは、Linuxカーネルを2.6.22→2.6.26アップグレードaptで一発。ハードディスク換装したとき、古いハードディスクカーネルを置かないとカーネルパニックを起こしていたのだが、アップグレードしたら今のハードディスクカーネルを置いても無事に起動した。なんだったんだろ、前のあれは。

2008-07-29

[]半年突破

連続稼動時間半年突破〜

$ uptime
 13:33:52 up 182 days, 10:20,  1 user,  load average: 0.13, 0.13, 0.10

それにしても負荷かけてないのにCPU温度が50度って大丈夫だろうか。高負荷時で75度以上になるし><夏だからしょうがないのか。

2008-06-30

[]5ヶ月突破

ただいまPC連続稼動153日。冬から夏へ。CPUが熱い…真夏は大丈夫だろうか…

uptime 1年を目標にしよう。

2008-05-31

[]3ヶ月連続稼動

ただいま、122日連続稼働中〜

3ヶ月間もの間ずーっと電源断することなく動き続けられるGNU/Linuxの安定度はすばらしいものがある。ひょっとすると半年とか1年間稼動するかもしれない…。

そこまでいくと、カーネルバージョンアップをしたほうがいいのかな??

$ uptime
 02:23:50 up 122 days, 23:09,  1 user,  load average: 0.34, 0.08, 0.07

追記

そう、ずーっとつけっぱなしです!

せっかくつけっぱだから小規模Webサーバーにしている。

あとはパソコンでテレビ番組を録画するから、録画予約も。

寝ている間の自動バックアップも毎日やっている。

つけっぱだとハードディスクが回転し続けるから寿命が伸びる。ハードディスクはふつうのPCのように頻繁に電源をon/offすると寿命が大幅に縮むから、つけっぱのほうがハードディスクに優しい。

つけっぱだと電気代が〜って声もあるけど、ハードディスクが何倍も長もちするから、元が取れると思う。たぶん。なんといってもバックアップが自動でできるから、データ喪失の心配が減る。

ホイールマウスの設定はまだ(^^; 再起動時にやる。一旦X Window Systemを落としたらなぜか知らんがエラーになるので、再起動するしかなくなる。uptime記録を伸ばすためにホイールマウスの設定は先延ばしになってしまう。あれば便利な程度で、なくても大して困らない。

再起動時にやることは、ホイールマウスの設定、カーネルの更新、PCの内部の掃除など。

2008-05-12

[]100日経過

uptime3桁到達。104日とちょっと。

追記

記憶力は十代のころは自信があったのだが、今はもう死んでる。当然、uptimeコマンドで算出している。

もはや無きに等しい記憶力はいろんなツールを活用することで補っているのが現状。